東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PC、テレビ番組などについての話題や感想すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【わんだふるぷりきゅあ!】第04話:APPENDIX

第4話の感想の付録。
冒頭、OP、次回予告、キャンペーン(?)などについてです。

【今回の1枚】

【わんだふるぷりきゅあ!】第04話:APPENDIX-01

こむぎ&ユキ。
おそらく今作での、主従でないペット同士のコンビ……ということになりそうなふたりです。

主人公がいろはであるなら、自分のペットと友人(親友になるかも?)のペット。
こむぎであるなら、飼い主の友人のペットという関係になりますが、この親交も気になりますね。

それでこの画像のシーンですが、本編感想でも触れた通り、犬と猫というのがよく出ていてとてもいいと思いました。
実際、同等もしくは犬の方がメンタルが幼い場合、こんな感じになりますよね……。

そう思うと、やはり年齢的なものも気になるところではあります。
おそらく実年齢を反映させるような作品ではないので、いわゆる精神年齢的なものですが。

こむぎが犬でも人でも幼さ一直線なのに対し、ユキは名前のとおり結構クール。
それが猫だから……だと不詳というだけなのですが、キャラとしては結構お姉さんなのではないかという気はします。

クールといえば、悟くんのところの大福もかなりクール。
ユキと大福の絡みがあるなら、どんな感じになるのでしょうね……まあ、その前にまゆと悟くんが邂逅する必要がありますが。

前提供イラストなどから汲み取れる感じだと、ペット組はマイペース。
これはあくまでこのときのイメージだとは思いますが、交流にはこむぎの立ち回りが重要になってきそうな雰囲気ですね。

それで、ユキといえばその名前の由来が雪なのも語られました
この様子だと、全員の出会いや名付けについてしっかり設定は用意されていそうです(本編で使われるかどうかはまた別)。

このあと、まゆの学校や人づきあいが始まったりして大きな障害にぶつかったとき、そういう乗り越える話はあるでしょう。
その回想で、どのくらいの付き合いの長さなのか、あるいはどのくらいの年齢なのかが推測できてしまったりするのでしょうね……。

僕もたまにここで触れていますが、ペットの年齢についてどう扱うのかというのは慎重に見ていこうと思っています。
メインがペットなので、むしろ敢えて避けるという選択も可能ではあるので、杞憂して勝手に絶望するのは避けたいところ。

OPの最後の方がかえって不穏だとか、このテーマなら普通は避けないだろう(特にエピローグ)とか……。
弱い心で見てしまうと、不安を挙げれば切りはないのですが……。

【冒頭】

【わんだふるぷりきゅあ!】第04話:APPENDIX-02

今回も、冒頭の挨拶などはありませんでした。
第2のメインペアとして、第1話冒頭のいろは&こむぎと重ねる(対比させる)感じにしたのだと思います。

【オープニング】

【わんだふるぷりきゅあ!】OP比較[第03話・第04話]
(画像クリックで高解像度版表示)

今回、OPに手が加えられていました。
左が第3話、右が第4話、下がその差分です。

変化は前々回の微修正に続いて2回目といえますが、今回は結構大きな修正です。
非常に広い1か所という言い方をすれば、1か所だけであるということも可能ではありますが……。

これについては、もう少し詳しく、別記事にて取り扱う予定です。

【次回予告】

【わんだふるぷりきゅあ!】第04話:APPENDIX-03

次回は第5話「つながるキズナ フレンドリータクト!」。
サブタイトルからすると、新アイテムが登場しそうな気配です。

前作でいうと、合体技の登場が第5話なので、そういう頃合いといえるのでしょう。
ただ今作の場合、ここまでまともに戦えていない(攻撃できていない)ので、それがどうなるかというところではあります。

ちなみに、その『フレンドリータクト』と思しきもの自体は、EDで既にバッチリ見えています

流石に、ここへ来て突然棒で殴り始めるというようなことはないと思うので、どう活用していくのか楽しみです。
ただ、浄化技にのみ登場のアイテムだと、いまとあんまり変わらないような気がするので、そこは上手くやってほしいですね。

また、予告の音声を聞いていると、思い出の想いからアイテムが生まれるパターンにも見えます。
お散歩好きなこむぎが、どうしてそうなったのか、初めからそうだったわけではなさそうというのが、次回のメインの話なのでしょう。

また、タクトは後提供イラストでも見えていますが、持っているのはワンダフル&フレンディのみ。
あとのふたりは、まったく違うエピソード経て、別のアイテムを入手する(あるいはしない)感じになりそうですね。

【あなたのおうちのわんだふる】

【わんだふるぷりきゅあ!】第04話:APPENDIX-04
 
FC2 Blog Ranking
2024/02/26 01:00|TV・CD・本TB:0CM:4
コメント
こむぎとユキの犬と猫の交流が良かったですね。

ユキが懐いてくるこむぎを鬱陶しそうにする振る舞いが面白かったです。

まゆの学校生活はどうなるのでしょうか?

まゆちゃんは一人ぼっちだったのでしょうか?それとも苛められていたのでしょうか?ハグプリのはなと同じように。

次回はワンダフルとフレンディのタクトの新アイテムが出現する様ですね。

次回は鳥型のガルガルみたいですね。空飛ぶガルガルに対する新しい技を披露するのでしょうか?

ノコノコ&テレサ #-|2024/02/27(火) 00:06 [ 編集 ]
>> ノコノコ&テレサ さん
> こむぎとユキの犬と猫の交流が良かったですね。
> ユキが懐いてくるこむぎを鬱陶しそうにする振る舞いが面白かったです。

ある意味、今作の真骨頂のひとつでしょう。
基本的には主従のバディだとは思いますが、こういうのも大切だと思います。

> まゆの学校生活はどうなるのでしょうか?
> まゆちゃんは一人ぼっちだったのでしょうか?それとも苛められていたのでしょうか?ハグプリのはなと同じように。

何かトラウマがありそうな描写でしたね。
ただあれを見た感じ、本人が極端に内向的という感じに見えました。

そのあたりがいろはとの関わりで改善されれば……というところではないでしょうか。
まあ、もちろんまだ詳細はわかりませんけどね。

> 次回はワンダフルとフレンディのタクトの新アイテムが出現する様ですね。

そのようです。
どういう感じに活用してくれるのか、楽しみです。

> 次回は鳥型のガルガルみたいですね。空飛ぶガルガルに対する新しい技を披露するのでしょうか?

予告を見た感じ、ペンギンのような……。
いや、ペンギンも紛れもなく鳥ではありますが……。
華乃音 #D4atu1bQ|2024/02/27(火) 05:43 [ 編集 ]
妄想科学シリーズ ワンダバスタイルをは観ていていましたのでしたのでしょうか?
妄想科学シリーズ ワンダバスタイルをは観ていていましたのでしたのでしょうか?秋茂あやめ役でのを女性声優名でのを斎藤千和をが猫屋敷すみれの役のご出演で妄想科学シリーズ ワンダバスタイルで結成をがしていていたユニット名でのをみっくすJUICEの内咲ーSaki。-シリーズでのを池田華菜役でのを女性声優名でのを森永理科をがみっくすJUICEのメンバー名でのを中では唯一プリキュアシリーズ未出演でのを女性声優名とをなりました。森永理科にもをプリキュアシリーズにご出演をがしていていたいのですよね。スフィアをからでは豊崎愛生(1986年でのを10月28日生まれ。)のみだけをがまだ残っていていますのですし。
しょう #qoLMz.1o|2024/04/16(火) 17:28 [ 編集 ]
>> しょう さん
> 妄想科学シリーズ ワンダバスタイルをは観ていていましたのでしたのでしょうか?秋茂あやめ役でのを女性声優名でのを斎藤千和をが猫屋敷すみれの役のご出演で妄想科学シリーズ ワンダバスタイルで結成をがしていていたユニット名でのをみっくすJUICEの内咲ーSaki。-シリーズでのを池田華菜役でのを女性声優名でのを森永理科をがみっくすJUICEのメンバー名でのを中では唯一プリキュアシリーズ未出演でのを女性声優名とをなりました。森永理科にもをプリキュアシリーズにご出演をがしていていたいのですよね。スフィアをからでは豊崎愛生(1986年でのを10月28日生まれ。)のみだけをがまだ残っていていますのですし。

いえ、僕はその番組は見ていませんでしたね。
声優さんの出演については、本人にその意志があるのであれば、可能性はあるといえるのではないでしょうか。
華乃音 #-|2024/04/17(水) 06:26 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/7127-95eb8708

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

X(Twitter) 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.