東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PC、テレビ番組などについての話題や感想すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【ひろがるスカイ!プリキュア】第42話:APPENDIX

第42話の感想の付録。
冒頭、提供、ED、次回予告、エンドカードなどについてです。

【今回の1枚】

【ひろがるスカイ!プリキュア】第42話:APPENDIX-01

キュアスカイ。
今回いちばん気迫があり、気合の入っている、迫力ある画面です。

技自体は、いつもの単独技『ヒーローガール・スカイパンチ』そのもの。
しかし、迷い、悩み、その果てに辿り着いた自身の『ヒーロー』ぶつけるパンチは、やはり普段とは別格でした。

実際、技の発動時から拳のオーラも色が普段と異なる金色の特別仕様。
押し合いの中で力に覚醒したのではなく、技を繰り出した段階で既に一段上という演出だったのだと思います。

スキアヘッドが見栄を張るとも思えないので、そのデスボールを彷彿とさせる攻撃の威力は、実際に街を滅ぼすものだったのでしょう。
しかし、少なくとも街に大穴を開け、壊滅させるに十分な威力があろう攻撃を、スカイは見事に破り、スキアヘッドと同じ高さに立ってみせました

主役(のひとり)としてスカイを見た場合、中盤のシャララボーグを乗り越えた(第23話)あたりで、ヒーローとして概ね完成してしまったきらいがありました。
……なので、ここまで出番こそ恒常的にあったものの、文字どおり仲間のひとりや家族としての出番が多かったように思っていました。

今回(正確には前回の終わりから)、実はそうではなくまだまだで、ある意味アニメの少年(少女)主人公らしさがあったという話。
そして今回ソラの結論は、自身が完成してその世界に果てが訪れるくらいなら、世界がひろがり続ける未熟なままであることを選びました

子供向けアニメの主人公として、また、アニメの少年(少女)主人公として、満点の回答といっていいと思います。
つまりここの部分は紛れもなく王道といえるので、その選択の是非は、この物語をどう締めるかに委ねられたことになります。

さて、対するスキアヘッドですが、今回やたらとスカイに『未熟』を連呼、いくらなんでもしつこいくらい言っていたように思います。
ここで思い出すのは、序盤のカバトンが『TUEEE』にこだわり、相手に対しずっと『YOEEE』と連呼していた件でしょう。

直接的には明かされていませんが、推測や他方面からの状況証拠から、やはりコンプレックスを持つ理由は存在していたように思います。
そう思うと、スキアヘッドにもかつて、自身の未熟さに辛酸をなめさせられたつらい経験があるのかもしれませんね。

それが拗れる形で、いま愛するお方の望みを叶えるために奮闘している……というのは、ありそうな話ではあります。
何にせよ、ここへ来てようやく敵側が饒舌になってきてくれたので、これまで溜めていた分を存分に吐き出してくれることを期待します。

【冒頭】

【ひろがるスカイ!プリキュア】第42話:APPENDIX-02

今回も冒頭の挨拶などはありませんでした。
……が、ソラのエピソードが前回から直接の続きとなるためか、その部分の回想が行われました。

【前提供】

【ひろがるスカイ!プリキュア】第42話:APPENDIX-03

今回は前回と同じく、前提供は独立して存在するパターンでした。

【エンディング前】

【ひろがるスカイ!プリキュア】第42話:APPENDIX-04

今回の登場は、キュアスカイでした(7回目)。
お話のメインがスカイだったので、流れとしてはもちろん自然ではあります。

でもそうなると、なぜ前回がウィングだったのかというのが疑問点に。
内容的にもバランス的にも、前回はプリズムが出てきて然るべきだったはず……。

まあ、いくらなんでも、次回はプリズムが出てくることになるとは思いますが。

【エンディング】

【ひろがるスカイ!プリキュア】第42話:APPENDIX-05

そんなわけで、今回のEDに登場したのはスカイでした。

【次回予告】

【ひろがるスカイ!プリキュア】第42話:APPENDIX-06

次回は第43話「プリズムシャイン!心を照らして!」。
連続こそしなかったものの、ここのところ多い紋田さん編で、いよいよ佳境っぽい雰囲気です。

予告を見聞きするかぎり、紋田さん=バッタモンダーという正体は白日のもとにさらされそうですね。
そして、おそらくスキアヘッドにより、バッタモンダーも怪物化して襲ってくることになりそうです。

さて、まず気になる要素はもちろん、紋田さんの正体を知ったときの、特にましろの反応でしょうか。
すべてが嘘で塗り固められ、騙していたことは間違いないのですが、それで悪事ということはほとんどなかったはずなので、どう出るか。

そのあたり、おそらくスキアヘッドや紋田さんの正体を知るタイミングやシチュエーションに大きく依存するような気がします。
ほぼ間違いなく、強制的に怪物化したスキアヘッドには激怒すると思うのですが、紋田さんに怒りを向けることがあるかどうかは……。.

予告の映像で、バッタモンダーがミラージュペンを持っていることが気になるところ。
ただもうここまで来ると、一時的に計略で奪い取るも返すとか、ましろが盗られるかなくすかしたものを返すとか、そんな感じの裏切りに見えます。

これがカバトンやミノトンであれば、最後の決闘を1対1で申し込むやつにも見えなくありませんが……どうでしょうね。
それに近いパターンがあるとすれば、禊として、最期の戦いを挑むということはあり得なくもないかもしれません。

そして予告の音声からは、ましろ(プリズム)の決意が聞こえてきます。
おそらくこれをもって、ましろの個別シナリオに区切りがつくのではないかと予想できるところです。

最後に、サブタイトル……この『プリズムシャイン』が新技なのか新現象なのか、非常に気になるところ。
プリズム自体が『ふわりひろがる優しい光』であるわけなので、そこを上手く使って締めてくれるのではないかと期待できますね。

【後提供】

【ひろがるスカイ!プリキュア】第42話:APPENDIX-07

今回は前回と同じく、後提供も独立して存在するパターンでした。

【エンドカード】

【ひろがるスカイ!プリキュア】第42話:APPENDIX-08

最後のエンドカードは、見直し配信の告知に戻りました。
ある意味、これですべてが平常運転に戻った恰好になったといえます。  
FC2 Blog Ranking
2023/11/27 00:00|TV・CD・本TB:0CM:10
コメント
今週の土曜日の2023年12月2日の土曜日になったら判明をする来週の土曜日の2023年12月9日の土曜日に放送のキボウノチカラ〜オトナプリキュア'23。〜の第10話のサブタイトル名なんですのですが。
今週の土曜日の2023年12月2日の土曜日になったら判明をする来週の土曜日の2023年12月9日に土曜日に放送のキボウノチカラ〜オトナプリキュア'23。〜の第10話のサブタイトル名なんですのですが実は現在でのをEPG電子番組表では第9話をが有る理由、そう、詰まり2代目のチョッピ役の女性声優名をが伏せていているが為にその関係にもをが有っていて2代目のチョッピ役の女性声優名次第で以下でのを第10話のサブタイトル名の判明が反映をしますので。
1:今週中に放送前に2代目のチョッピ役の女性声優名をが放送前に発表をがしていていましたら。⇒今週の土曜日の2023年12月2日の土曜日の午前0時にてでEPG電子番組表にてでのを発表。
2:今週中に放送前に2代目のチョッピ役の女性声優名をが放送前に発表をがし無かったら。⇒今週の土曜日の2023年12月2日の土曜日に放送の第9話の「フタリノキズナ。」の本編終了後でのエンディング後の次回予告にてで第10話のサブタイトル名をが判明。
それから本家のひろがるスカイ!プリキュアなんですのですが第44話をか又はその第45話では聖あげは(声優:七瀬彩夏。)の最後の個人話で有り2人の姉に加えていてご両親をが出て来ると思います。第46話ではクリスマスのお話なんですので。
しょう #qoLMz.1o|2023/11/27(月) 15:31 [ 編集 ]
キュアスカイの攻撃がいつも青色なのに黄金色になって美しくて強力でしたね。

スキアヘッドの過去も近いうちに明かされるでしょうか?

次回はましろちゃんと紋田さんの話ですね。紋田さんがついにバッタモンダーをましろちゃんの前で明かす回ですね。
ましろちゃんは紋田さんがバッタモンダーだと知ったらどんな反応をするのか気になります。悲しみと怒りが出るのでしょうか?

バッタモンダーがドラゴンボールのブロリーの様な肉体派にパワーアップするようですが、スキアヘッドの仕業でしょうか?それともバッタモンダー自身のパワーアップでしょうか?

バッタモンダーがミラージュペンを持っていましたが、あれはましろちゃんのでしょうか?ましろちゃんから奪ったものでしょうか?ましろちゃんが落としたのを拾ったのでしょうか?

ましろちゃんはバッタモンダーを許すのでしょうか?話をして和解する流れでしょうか?今回のソラちゃんがスキアヘッドを受け入れたように。

「プリズムシャイン」はプリズムの新しい技でしょうか?それでバッタモンダーを善人にするのだろうか?バッタモンダーの額の石は何でしょうか?あれが取れると紋田さん状態の普通の人間の姿になるのでしょうか?
ノコノコ&テレサ #-|2023/11/27(月) 22:40 [ 編集 ]
>> しょう さん
> 今週の土曜日の2023年12月2日の土曜日になったら判明をする来週の土曜日の2023年12月9日に土曜日に放送のキボウノチカラ〜オトナプリキュア'23。〜の第10話のサブタイトル名なんですのですが実は現在でのをEPG電子番組表では第9話をが有る理由、そう、詰まり2代目のチョッピ役の女性声優名をが伏せていているが為にその関係にもをが有っていて2代目のチョッピ役の女性声優名次第で以下でのを第10話のサブタイトル名の判明が反映をしますので。
> 1:今週中に放送前に2代目のチョッピ役の女性声優名をが放送前に発表をがしていていましたら。⇒今週の土曜日の2023年12月2日の土曜日の午前0時にてでEPG電子番組表にてでのを発表。
> 2:今週中に放送前に2代目のチョッピ役の女性声優名をが放送前に発表をがし無かったら。⇒今週の土曜日の2023年12月2日の土曜日に放送の第9話の「フタリノキズナ。」の本編終了後でのエンディング後の次回予告にてで第10話のサブタイトル名をが判明。

まあ、何も知らずに本編に臨んでもいいと思いますけどね。
……とはいえ、やはり判明した段階でひと騒ぎにはなりそうですが。

> それから本家のひろがるスカイ!プリキュアなんですのですが第44話をか又はその第45話では聖あげは(声優:七瀬彩夏。)の最後の個人話で有り2人の姉に加えていてご両親をが出て来ると思います。第46話ではクリスマスのお話なんですので。

さて、どうなるでしょうね……?
華乃音 #D4atu1bQ|2023/11/29(水) 06:22 [ 編集 ]
>> ノコノコ&テレサ さん
> キュアスカイの攻撃がいつも青色なのに黄金色になって美しくて強力でしたね。

もともとだいぶ強力な技ではあるのですけどね。
やはり、一皮剥けた影響はとても大きいようです。

> スキアヘッドの過去も近いうちに明かされるでしょうか?

過去というほどのものかはわかりませんが、そろそろ動機とかは明かされるのでは。
わかることで世界がひろがる作品ではありますが、敵周りは本当に全然わかってませんね……。

> 次回はましろちゃんと紋田さんの話ですね。紋田さんがついにバッタモンダーをましろちゃんの前で明かす回ですね。
> ましろちゃんは紋田さんがバッタモンダーだと知ったらどんな反応をするのか気になります。悲しみと怒りが出るのでしょうか?

明かすのかバレるのかというところも気になります。
まあ、明かす理由はなさそう(それでましろがショックを受けることに考えが及ぶかが微妙)なので、個人的にはバレる方だと思っていますが。

そのときのましろの感情は、おそらく次回の大きな見どころでしょう。
ただ、もう怒りはそんなになさそうな気はします。

> バッタモンダーがドラゴンボールのブロリーの様な肉体派にパワーアップするようですが、スキアヘッドの仕業でしょうか?それともバッタモンダー自身のパワーアップでしょうか?

どちらも可能なのですよね。
ただ、どちらの力で発動させるにせよ、その原因はアンダーグ帝国側の都合になりそうに思います。

> バッタモンダーがミラージュペンを持っていましたが、あれはましろちゃんのでしょうか?ましろちゃんから奪ったものでしょうか?ましろちゃんが落としたのを拾ったのでしょうか?

メタ読みにもなりますが、まあ、ましろのペンで間違いないと思います。
もっと序盤であれば、ソラのペンをましろが取り返す話とかもできたかもしれませんが。

> ましろちゃんはバッタモンダーを許すのでしょうか?話をして和解する流れでしょうか?今回のソラちゃんがスキアヘッドを受け入れたように。

基本、現在悪いことをしていなければ、過去は水に流すタイプの作品だと思います。
ハロウィンが若干微妙なラインですが……。

> 「プリズムシャイン」はプリズムの新しい技でしょうか?それでバッタモンダーを善人にするのだろうか?バッタモンダーの額の石は何でしょうか?あれが取れると紋田さん状態の普通の人間の姿になるのでしょうか?

額の石は、バッタモンダーだけでなくカバトンにもミノトンにもついていて、力を行使するときの起点になっているように見受けられます。
それが、現段階で全員そのまま残っているというのが、僕も気になっている部分ではあります(実際まだ力は使えるわけですし)。
華乃音 #D4atu1bQ|2023/11/29(水) 06:34 [ 編集 ]
クイズです。
1:花咲つぼみ。
2:花寺のどか。
3:輝木ほまれ。
4:菓彩あまね。
この上記でのを4人役の女性声優でのを有る共通点とは何でしょうか?ヒントをは幾つかをが複数有りますのですが以下でのを複数をがヒントなんですので。
1:野乃はなが制服の時に付けていていた「アレ。」。
2:勿論江戸川コナンにもを付けていている。
3:蝶ネクタイでのをタキシードをが着る際にする「アレ。」。
4:6文字でのをオールカタカナで有りそれが〇〇〇〇〇ー。
しょう #qoLMz.1o|2023/11/29(水) 15:08 [ 編集 ]
緊急速報!!!プリキュアシリーズの真の20周年記念作品名で有る第22作目(キボウノチカラ〜オトナプリキュア'23。〜にもを含む。本家としてでは第21作目。)作目は下のアドレスでのをわんだふるぷりきゅあ!に大確定!!!
緊急速報!!!プリキュアシリーズの真の20周年記念作品名で有る第22作目(キボウノチカラ〜オトナプリキュア'23。〜にもを含む。本家としてでは第21作目。)作目は下のアドレスでのをわんだふるぷりきゅあ!に大確定!!!わんだふるぷりきゅあ!はプリキュアシリーズの真の20周年記念作品名で有りキボウノチカラ〜オトナプリキュア'23。〜にもをが含めていていましたらプリキュアシリーズでのを第22作目(本家としてでは第21作目。)作目にとなりますのでしょうかね?
しょう #qoLMz.1o|2023/11/30(木) 14:55 [ 編集 ]
今月の2023年12月に判明の新たなるサブタイトル名情報の第1弾。そして。
1:来週の土曜日の2023年12月9日でのを土曜日に放送のキボウノチカラ〜オトナプリキュア'23。〜の第10話でのをサブタイトル名。⇒サイゴノヤクソク。(それよりももう直ぐ2代目でのをチョッピ役でのを女性声優名でのを発表間近か?)
2:今月の2023年12月10日でのを日曜日に放送の本家のひろがるスカイ!プリキュアの第44話でのをサブタイトル名。⇒大きなプリンセスと伝説のプリキュア。
3:今月の2023年12月17日でのを日曜日に放送の本家のひろがるスカイ!プリキュアの第45話でのをサブタイトル名。⇒アンダーグ帝国の優しい少女。
4:今月の2023年12月24日でのを日曜日でのをクリスマスイブの日に放送の本家のひろがるスカイ!プリキュアの第46話でのをサブタイトル名。⇒ヒーローたちのクリスマス。(年内でのを最後の放送。)。
そして残念ながら聖あげは(声優:七瀬彩夏。)の最後の個人話をは無しに。このおかげであげはの両親をがは未登場に。なお、キボウノチカラ〜オトナプリキュア'23。〜では今月の2023年12月23日の土曜日でのを平成の天皇誕生日にてで先ず第1シーズン(?。)をが先ず終わる見たいだそうです。
しょう #qoLMz.1o|2023/12/01(金) 12:31 [ 編集 ]
>> しょう さん
> クイズです。
> 1:花咲つぼみ。
> 2:花寺のどか。
> 3:輝木ほまれ。
> 4:菓彩あまね。
> この上記でのを4人役の女性声優でのを有る共通点とは何でしょうか?ヒントをは幾つかをが複数有りますのですが以下でのを複数をがヒントなんですので。
> 1:野乃はなが制服の時に付けていていた「アレ。」。
> 2:勿論江戸川コナンにもを付けていている。
> 3:蝶ネクタイでのをタキシードをが着る際にする「アレ。」。
> 4:6文字でのをオールカタカナで有りそれが〇〇〇〇〇ー。

ヒントだけみると、答えは間違いなく『サスペンダー』なのですが。
肝心の声優さん4人について、サスペンダーをつけているイメージもそれを好むという話も聞かないので、どうしようもないところですね……。

> 緊急速報!!!プリキュアシリーズの真の20周年記念作品名で有る第22作目(キボウノチカラ〜オトナプリキュア'23。〜にもを含む。本家としてでは第21作目。)作目は下のアドレスでのをわんだふるぷりきゅあ!に大確定!!!わんだふるぷりきゅあ!はプリキュアシリーズの真の20周年記念作品名で有りキボウノチカラ〜オトナプリキュア'23。〜にもをが含めていていましたらプリキュアシリーズでのを第22作目(本家としてでは第21作目。)作目にとなりますのでしょうかね?

緊急速報とのことですが、その速報をここで打っても見る人はほとんどいないのではないかと思われます。

> 今月の2023年12月に判明の新たなるサブタイトル名情報の第1弾。そして。
> 1:来週の土曜日の2023年12月9日でのを土曜日に放送のキボウノチカラ〜オトナプリキュア'23。〜の第10話でのをサブタイトル名。⇒サイゴノヤクソク。(それよりももう直ぐ2代目でのをチョッピ役でのを女性声優名でのを発表間近か?)
> 2:今月の2023年12月10日でのを日曜日に放送の本家のひろがるスカイ!プリキュアの第44話でのをサブタイトル名。⇒大きなプリンセスと伝説のプリキュア。
> 3:今月の2023年12月17日でのを日曜日に放送の本家のひろがるスカイ!プリキュアの第45話でのをサブタイトル名。⇒アンダーグ帝国の優しい少女。
> 4:今月の2023年12月24日でのを日曜日でのをクリスマスイブの日に放送の本家のひろがるスカイ!プリキュアの第46話でのをサブタイトル名。⇒ヒーローたちのクリスマス。(年内でのを最後の放送。)。
> そして残念ながら聖あげは(声優:七瀬彩夏。)の最後の個人話をは無しに。このおかげであげはの両親をがは未登場に。なお、キボウノチカラ〜オトナプリキュア'23。〜では今月の2023年12月23日の土曜日でのを平成の天皇誕生日にてで先ず第1シーズン(?。)をが先ず終わる見たいだそうです。

まあ、あげはさんの両親についてはそんなことだろうとは思っていました。
まだエピローグには、その可能性が残ってはいますが。
華乃音 #D4atu1bQ|2023/12/02(土) 06:23 [ 編集 ]
真の答えは「中の人が共に何れも別の作品で後ろをがYでのをサスペンダーをが吊っていていた女子キャラクターをが演じていていた共通点。」です。理由をは以下でのを通り。
1:花咲つぼみ役。⇒水樹奈々。⇒時空探偵ゲンシクンの大和ソラ役。(声優デビュー作。)。
2:花寺のどか役。⇒悠木碧。⇒夢色パティシエールの主人公の天野いちご役。(初主演作の1つ。)。
3:輝木ほまれ役。⇒小倉唯。⇒はじめてのギャルの藤ノ木寧音役。
4:菓彩あまね役。⇒茅野愛衣。(1987年9月13日生まれ。)。⇒アオハライドの槙田悠里役。
しょう #qoLMz.1o|2023/12/02(土) 16:00 [ 編集 ]
>> しょう さん
> 真の答えは「中の人が共に何れも別の作品で後ろをがYでのをサスペンダーをが吊っていていた女子キャラクターをが演じていていた共通点。」です。理由をは以下でのを通り。
> 1:花咲つぼみ役。⇒水樹奈々。⇒時空探偵ゲンシクンの大和ソラ役。(声優デビュー作。)。
> 2:花寺のどか役。⇒悠木碧。⇒夢色パティシエールの主人公の天野いちご役。(初主演作の1つ。)。
> 3:輝木ほまれ役。⇒小倉唯。⇒はじめてのギャルの藤ノ木寧音役。
> 4:菓彩あまね役。⇒茅野愛衣。(1987年9月13日生まれ。)。⇒アオハライドの槙田悠里役。

歴戦の声優陣に対して、その問題は無理筋では……。
出題者の趣味というメタ読みがあるならあるいはという感じではないでしょうか。
華乃音 #D4atu1bQ|2023/12/07(木) 06:11 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/7082-594b8d12

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

X(Twitter) 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.