東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PC、テレビ番組などについての話題や感想すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【CrystalDiskMark 8.0.4】KIOXIA EXCERIA PRO SSD-CK1.0N4P/N+α

ノートPCにSSD(とメモリ)を増設したので、ベンチマークテストです。
使用するのは、いつもどおり『CrystalDiskMark 8.0.4』です。

ノートPCのスペックはこちら。

KIOXIA EXCERIA PRO SSD-CK1.0N4P/N
【CrystalDiskInfo 9.1.1】KIOXIA EXCERIA PRO SSD-CK1.0N4P/N 【CrystalDiskMark 8.0.4】KIOXIA EXCERIA PRO SSD-CK1.0N4P/N
Read
SEQ 1MiB (Q=8, T=1)6,904.613 MB/s6,585 IOPS
SEQ 128KiB (Q=32, T=1)6,997.950 MB/s53,390 IOPS
RND 4KiB (Q=32, T=16)4,223.284 MB/s1,031,075 IOPS
RND 4KiB (Q=1, T=1)65.359 MB/s15,957 IOPS
Write
SEQ 1MiB (Q=8, T=1)6,039.428 MB/s5,760 IOPS
SEQ 128KiB (Q=32, T=1)6,065.191 MB/s46,274 IOPS
RND 4KiB (Q=32, T=16)3,415.433 MB/s833,846 IOPS
RND 4KiB (Q=1, T=1)197.726 MB/s48,273 IOPS
(CrystalDiskInfo画像はクリックで全体表示)

システムやアプリケーション以外を置いておく汎用ドライブ。
個人的には、初めてのキオクシアSSDです。

測定のセッティングは、NVMe用のデフォルトです。

まず、シーケンシャルリードがほぼ7GB/sです。
悪くはないのですが、公称値が『7,300MB/s』という表記であることを考えると、できれば7GB/s以上の数字が見たかった……というのが本音でもあります。

シーケンシャルライトも、公称値6,400MB/sに対して実測6GB/s。
こちらもリードと同様に5パーセントほどの不足ですが、数値が大台に乗ってはいるので、気分的には悪くはないです。

ランダムリードは、公称値1,000,000IOPSに対して実測も1MIOPS。
なぜかは不明ですが、これだけ若干公称値より良好な値が出ました。

ランダムライトは、公称値1,100,000IOPSに対して実測0.83MIOPS。
リードがよかったのとは対照的に、ここの速度がもっとも悪い結果となりました。

ここで、インテル公式のブロック図を見るかぎり、このSSDスロットはおそらくCPU直結ではなく、チップセット(HM770)配下のPCIe4.0。
ランダムリードがよかったことについては本当に謎ですが、それ以外の速度が低下しているのは、このためかもしれません。

SoftPerfect RAM Disk
【CrystalDiskMark 8.0.4】SoftPerfect RAM Disk
Read
SEQ 2MiB (Q=1, T=16)49,542.315 MB/s23,624 IOPS
RND 4KiB (Q=1, T=14)10,160.651 MB/s2,480,628 IOPS
Write
SEQ 2MiB (Q=4, T=23)58,156.232 MB/s27,731 IOPS
RND 4KiB (Q=1, T=14)4,086.245 MB/s997,618 IOPS

揮発性テンポラリードライブ、いわゆるソフトウェアRAMDiskです。
今回の換装によりメモリ容量が大幅に増加した(16GB→64GB)ので、満を持しての導入です。

測定のセッティングは、手動で最適化しました。

シーケンシャルアクセスは、リードが50GB/s弱でライトが60GB/s弱。
SSDもHDDと比べれば桁違いですが、RAMDiskはさらに桁が違います。

メモリモジュールがDDR5-4800(PC5-38400)なので、理論値としては、デュアルチャンネルが完全に効いたとして76.8GB/sでしょうか。
そんな都合のいい状況はそうそうないでしょうし、何よりソフトウェア処理を挟んでいるので、今回の結果でもかなり上々だと思います。

ランダムアクセスは、リードが10GB/s(2.5MIOPS)でライトが4GB/s(1MIOPS)。
主とした活躍がTEMPやCacheなので、ここが高速なのは素晴らしいことです。

RAMDiskは、電源を落とすとデータが消えるのが特徴(欠点であり利点でもある)。
ノートPCにはバッテリーがあるので、不意の電源喪失に対して耐性を持ち、相性はいいと思います。
 
FC2 Blog Ranking
2023/11/08 17:12|PCTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/7075-f09fc6b0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

X(Twitter) 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.