東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PC、テレビ番組などについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」

キュアマジェスティ大変身!

キュアマジェスティ、一体何者なんだ……?
キュアマジェスティ、なんて強さだ……!

さて本編。

衝撃の戦闘から一夜明け。エルちゃんは変わらず元気ですが、ソラたちは沈痛な面持ち。

その悪い空気を察したあげはさんは、みんなを元気づけるために明るく振る舞います。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」01

「前を向いて、気持ちアゲてこ!」

あげはさんが言うからこそ、ソラたちもついて行けるという部分も大きいでしょう。
やはりこういうとき、気の配れる年長者の存在はありがたいところです。

そして話題はキュアマジェスティに。
こういうときの頼みの綱、ヨヨさんは現在スカイランドに行っている様子。

そんなことを話していると、エルちゃんが反応を示します。

「える!」
「どうしたんです?」
「キュアマジェスティの正体、知ってたりして」
「えっ!? 教えてください!」

誰がどこまで本気かわかりませんが、明らかに空気は変わったのでいいことです。
そして、エルちゃんの返答は……。

「えるだよ!」
「えっ?」
「える、きゅあまじぇすてぃなの!」

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」02

満面の笑顔でそう答えるエルちゃん。
一同みんなビックリです。

「でもキュアマジェスティは……」
「エルちゃんよりずっと年上だったよね!?」
「でも、あり得るかも。運命の子だもん」

変身魔法少女において、変身することで年齢が少し上がるというのは、珍しいことではなくむしろ普通。
エルちゃんの場合はその幅が大きいということ以外、別に不思議なことはないのですよね。

「そういえばカバトンは、エルちゃんの力を狙っているようなことを……」
「もし、それが最強のプリキュアに変身する力だとしたら……」

「プリンセスがキュアマジェスティだとしても、おかしくないです!」
「エルちゃん、いま、キュアマジェスティに変身できる?」

ソラたちも納得したようで、エルちゃんに変身を頼んでみます。
そして……いざ、変身の時が。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」03

「ひーおーがーるー! ちぇーんじ!」

しかし、何も起きません(光ったのは単なる演出と思われます)。
それもそのはず、エルちゃんが手に持っているのは普通の子供用スプーンです。

変身できず、泣き出すエルちゃん。
そんなエルちゃんの頭を、あげはさんが優しく撫でます。

「大丈夫。ウソなんて思ってないよ」
「でも、いまはなぜか変身できなくて、困った困ったーなんだよね?」

ここで重要なのは、完全に家族となっているやり取り。
何かが足りないとは思っていても、誰ひとりとして、エルちゃんの言うことについては疑っていません。

「よっしゃ! ここは最強の保育士目指している、私の出番かな」
「どうすれば変身できるか、一緒に考えてみよ」
「みんなはもっと強くなるために頑張る!」

あげはさんの号令で、全員のファイトに火がつきました。
これもまたお上手……もうみんな、すっかり立ち直りましたね。

まずはソラ。
わかりやすく、格闘の稽古に余念がありません。

そこに、エルちゃんたちが見学にやって来ます。
先輩扱いされ、舞い上がるソラ。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」04

張り切って、いわゆる百烈拳とか流星拳とかいわれるタイプの技を披露。
やはり……人間状態でもただ者ではありませんね……。

それを見たエルちゃんは、自分もその技を繰り出せばプリキュアに変身できるのではと期待。
鼻息も荒く、結構様になっている予備動作から技を繰り出そうとしますが……当然、足がもつれて失敗してしまいます。

「トレーニングしたら、変身できると思ったんだよね?」
「えるぅ……」
「まだまだチャレンジ!」

そして次は、ましろのところへ。
ましろは、ヨーグルトのおやつを製作中。

「もっと強くなるために、ビタミンたっぷりレモン果汁入り!」
「すっごく元気出そう!」

ましろらしいアプローチではあります。

それを見たエルちゃんは、それを食べればプリキュアに変身できる力が得られるのではと期待。
鼻息も荒く、あげはさん用に用意された、つまり大人用のものを口に入れますが……エルちゃんには酸っぱすぎます。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」05

焦るましろを横に、落ち着いてミルクで口直しをさせるあげはさん。
やはり頼りになります。

「食べたら元気出て、変身できると思ったんだよね?」
「える……」
「うんうん、頑張った」

そして次は、ツバサくんのところ。
ツバサくんは科学的アプローチを模索中なので、エルちゃんに真似できそうにはありませんが……。

ツバサくんが使用中の、ミラージュペンに目をつけたエルちゃん。
ある意味、ほとんど正解(完全な解答ではない)といえるところに辿り着いたようです。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」06

鼻息も荒く、ツバサくんからミラージュペンを借りるエルちゃん。
今度こそと、変身シーケンスに入ろうとしますが……やはり失敗。

「プリンセス。そのペンは、ボク専用なんです。だから変身は……」

今度こそと思った分ショックも大きかったのか、今度こそ大泣きをしてしまうエルちゃん。
ここまで完全にエルちゃんの行動の意図を把握したあげはさんは、今度も抱きしめて、優しく慰めます。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」07

「エルちゃん、すっごくすっごく頑張ったんだよね? でも、なかなか上手く行かなくて、悲しくなっちゃったんだよね?」
「エルちゃんには、エルちゃんだけのミラージュペンがあるはずだよ」
「それは、エルちゃんにしか見つけられないものなんだ。でも、きっとエルちゃんなら見つけられる」

実際、現プリキュア4人のときを振り返ると、ミラージュペンは自身の内側から出てきているのですよね。
それにエルちゃんのスカイトーンを加えて、プリキュアへの変身を成し遂げています。

したがって、まずは自分だけのミラージュペンをというのは、完全に正しいと思われます。
そして、ミラージュペンが出現した状況とはと考えると……今回のあげはさん、何から何まで本当にすごい人ですね。

そんなこんなでひとまず落ち着くと、鳥の報せ。
ツバサくんの鳥友達たちが、街での異常事態を知らせに来てくれました。

ソラたちが急いで向かうと、そこにはミノトンが。
しかし様子がおかしく……どうやら怪物と化し、凶暴化している様子。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」08

ミノトンの背後には、スキアヘッドの姿が。
どうやら、ミノトンをこの有り様にしてしまったのは、スキアヘッドのようです。

「ヤツは、アンダーグ・エナジーで生まれ変わった。我らの目的を果たす、忠実なしもべとしてな」
「シャララ隊長に使ったのと同じ手を! 許せません!」

ミノトンは脇道に逸れる性質があるため、単純明快な戦闘マシーンにしてしまったというところでしょうか。
敵とはいえ、そのあまりの非道に憤るソラ。

「プリンセスは、お前らなんかに渡さない!」
「もはや、我らはプリンセスを連れ去ることにこだわってはいない。ここで、貴様らもろとも消えてもらう」

スキアヘッドにより、敵の目的が変わったことを知るソラたち。
そしてこれは同時に、エルちゃんにとって命だけでも安全な状態というものがなくなったことを意味します。

街を救い、エルちゃんを守るため、変身する一行。
スキアヘッドはこの場をミノトンに任せ、自分は撤退します。

プリズムとバタフライが牽制し、ウィングがスカイを逆スカイラブの体勢で撃ち出します。
そしてスカイは、その勢いで渾身の『ヒーローガール・スカイパンチ』を繰り出しますが……真正面から耐えられてしまいます。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」09

そして、掴み上げられるスカイ。
そのまま握り潰そうとするミノトンですが、それはウィングが決死の阻止。

「食らうがいい。最強となった我の攻撃を!」

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」10

かめはめ波あるいは波動拳。
そのエネルギー波が、プリキュアを襲います。

それにいち早く気付き、先頭に立ってシールドを展開するバタフライ。
背後には仲間たち、そしてエルちゃんがいます。

到底これをひとりで抑えきれるものではありませんが、もちろん仲間がいます。
4人がかりで、ミノトンのエネルギー波に耐えます。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」11

「エルちゃんは!」
「プリンセスは!」
「私たちが!」
「絶対に!」

「守る!」

シールド自体もボロボロに砕けていきますが、4人の気持ちをひとつに、押し返します。
守る力こそプリキュアの力の根源であるということを、思い出させてくれますね。

なんとか、ここは痛み分け。
そのダメージの反動か、ミノトンも少し自我を取り戻した様子。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」12

「グッ……ここまでやるとは……敵ながら褒めて……」

しかし、ここで再び狂戦士に。
それだけ、アンダーグ・エナジーを注がれるということは大変なことなのでしょう。

それにしても、ここへ来てようやく、4人がかりならミノトンと渡り合えそうな感じが出てきましたね。
新戦力だけではなく、生え抜きもちゃんと成長しているのです。

ミノトンは、今度こそトドメとばかりに、先程のエネルギーをチャージし始めます。
万事休す……なのですが、ここまでの戦いを見守っていたエルちゃんが動きます。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」13

ミノトンが技を出す前に、割って入るエルちゃん。

スカイたちは心配しますが、エルちゃんにも退く気はないようです。
これまでの戦い、プリキュアの守る戦いを見てきて、今度は自分が仲間を守るために飛び込んだのです。

「みんな、だいじ! だいすき! えるも……まもる!」

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」14

その想いが、エルちゃんだけの、エルちゃんにしか見つけられないミラージュペンを呼び起こします。
エルちゃんはそれを抱きしめ、変身します。

「みつけたの……えるも! ぷりきゅあ!」

「スカイミラージュ!」「トーンコネクト!」
「ひろがるチェンジ!」「MAJESTY!」

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」15
(画像クリックで高解像度版表示)

「煌めきHOP!」
「爽やかSTEP!」
「晴れ晴れJUMP!」

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」16
(画像クリックで高解像度版表示)

「降り立つ気高き神秘! キュアマジェスティ!」

かくして5人目のプリキュア、キュアマジェスティの正式な誕生です。
最初にくるっと成長する描写が入り、そこからミラージュペンを手に取り、変身シーケンスに入るようです。

荘厳な面と可愛らしい面の同居する、なかなか不思議な感じ。
耳のトゲトゲがちょっと気になるところではありますが、全体的には僕の好きな感じです。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」17

「キュア……」「マジェスティ!」「やりましたね」
「見つけたんだね……エルちゃんだけの、ミラージュペン!」

「あのペンは、自分の中の気持ちが形になったものです!」
「バタフライ、最初からわかってて……」

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」18

ポーズをキメるバタフライ。

これは適当にノッたわけではなく、本当に最初からわかっていたのでしょうね。
バタフライ(あげはさん)だからこそ、理解できていたわけです。

「信じてくれて……ありがとう」

ここでミノトンが攻撃再開。
そのエネルギー弾を、すべていなしてかわすマジェスティ。

そしてアッパーを見舞い、流星蹴りのようなキックをぶち当てます。
一撃一撃が重く、あのミノトンですら、倒れないまでもふらつかせることができています。

次は目にも留まらぬ速さで背後に回り、回転蹴りで吹っ飛ばし、電線で感電させます。
それでも向かってくるミノトンに、今度は強烈な掌底を叩き込みます。

もう完全に一方的で、ミノトンのエネルギー弾も蹴っ飛ばすことが可能。
そして距離を詰め、パンチの乱打を叩き込みます。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」19

前半でできなかったソラの真似を、ここで満を持してやってのけるというのがいいですね。
そうしてミノトンのガードを崩し、スカイたちのお膳立て。

「いまよ!」

フィニッシュはスカイとプリズムの『プリキュア・アップドラフト・シャイニング』。
ミノトンは浄化され、破壊された街も元に戻りました。

しかし、浄化されたミノトンは、そのまま連れ去られてしまいます。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」20

「まだお前には戦ってもらう……」

本当に、だいぶ外道ですねスキアヘッド。

戦いが終わったところで、マジェスティは力を使い果たしたのか、エルちゃんの姿に。
やはりお疲れのようで、揺りかごの中でお休みです。

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」21

その帰り道。
すやすや眠るエルちゃんを見つつ、今後の話。

「みんな、どう思う? 心配は心配だけど、これからは私たちの目の届くところで、一緒に戦った方がいい気がするな」
「確かに」「はい!」

実際、これからはひとり仲間外れにする方が危険でしょうし、その方がいいと思います。
まあ変身に制限があったりすると、また違った話になりますが……どうなるでしょうね。

「最強のエルちゃんを守るため、私たちはもっともっと強くなるのみです!」

【ひろがるスカイ!プリキュア】第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」22

「おぉー!」
「頑張りますよ!」
「うん……」

ましろだけ乗り気でないのが気になるところですね。
まあ、優しいので、こんな提案に飛びつくことはないのでしょう。
 
FC2 Blog Ranking
2023/09/10 14:01|TV・CD・本TB:2CM:4
コメント
第37話をから第42話までにでのを計6話分でのサブタイトル名での判明表示は暫くはなかよしがトップバッターを飾ります。特に第38話では。(少しの第37話でのネタ付き。)。
上記の通りに第37話をから第42話まででの計6話でのサブタイトル名をは暫くは2ヶ月連続でなかよしで判明と言うなかよしをが第37話をから第42話までにでのを計6話分でのサブタイトル名での判明表示でのトップバッターをがなかよしをが約2ヶ月でトップバッターを取ります。コレは再来月の2023年11月5日の日曜日が毎年の11月での第1日曜日なので有りあの駅伝で放送をがお休みで有る為なんですので。そしてそれからなんですのですが。
1:今月の2023年9月24日の日曜日に放送予定での第34話でのサブタイトル名。⇒「もんもん!ましろと帰ってきたアイツ。」。
2:来月の2023年10月1日の日曜日に放送予定での第35話でのサブタイトル名。⇒「助っ人ソラ!エースとヒーロー。」。
3:来月の2023年10月8日の日曜日に放送予定での第36話でのサブタイトル名。⇒「あげは、最強の保育士失格!?」
次の第33話で第31話をから約3話にてでお送りをがして来て渡って来ていたキュアマジェスティに関する3話連続での超大作話をが終えた後に放送をする上記でのサブタイトル名をから見ると来月の2023年10月15日の日曜日に放送を予定での第37話ではこの上記でのサブタイトル名でのその流れからでは明らかに夕凪ツバサのお話をがやると思われます。昨日で今年での2023年の6月から約3ヶ月間展開をがして来ていた自分でのキュアマジェスティ(プリンセス・エルちゃん。)予想の第1章をが終えていて今日から第2章をが今日から始まりました。この第2章では変身前でのエルちゃんをがキュアマジェスティとの同じ身長までに伸びていてそしてそのままソラとましろ(声優:加隈亜衣。(1988年9月9日生まれ。)。)と同じでのソラシド中学校にとをが通るのかをが問題なんですのですがソラシド中学校に通うのは早ければ来月の2023年10月22日の放送分での第38話をから初めてソラシド中学校に初めて編入をすると思われます。
しょう #qoLMz.1o|2023/09/11(月) 08:25 [ 編集 ]
>> しょう さん
> 第37話をから第42話までにでのを計6話分でのサブタイトル名での判明表示は暫くはなかよしがトップバッターを飾ります。特に第38話では。(少しの第37話でのネタ付き。)。
> 上記の通りに第37話をから第42話まででの計6話でのサブタイトル名をは暫くは2ヶ月連続でなかよしで判明と言うなかよしをが第37話をから第42話までにでのを計6話分でのサブタイトル名での判明表示でのトップバッターをがなかよしをが約2ヶ月でトップバッターを取ります。

月刊誌だと、発売日と曜日のめぐり会わせが効いてくるわけですね。
まあ、だからといって別にそんな律儀に速報していただかなくても……。

> コレは再来月の2023年11月5日の日曜日が毎年の11月での第1日曜日なので有りあの駅伝で放送をがお休みで有る為なんですので。そしてそれからなんですのですが。

もうそんな時期ですか……。
放送内容についてはいろいろありますが、休止については公式が早めに告知すべきだと思うのですよね。

> 次の第33話で第31話をから約3話にてでお送りをがして来て渡って来ていたキュアマジェスティに関する3話連続での超大作話をが終えた後に放送をする上記でのサブタイトル名をから見ると来月の2023年10月15日の日曜日に放送を予定での第37話ではこの上記でのサブタイトル名でのその流れからでは明らかに夕凪ツバサのお話をがやると思われます。

ツバサくんが来そうというのは、ローテーションとしては妥当なセンでしょう。
もちろん、途中で別の流れが挟まったとしても、何も不思議ではないのですが。

> 昨日で今年での2023年の6月から約3ヶ月間展開をがして来ていた自分でのキュアマジェスティ(プリンセス・エルちゃん。)予想の第1章をが終えていて今日から第2章をが今日から始まりました。この第2章では変身前でのエルちゃんをがキュアマジェスティとの同じ身長までに伸びていてそしてそのままソラとましろ(声優:加隈亜衣。(1988年9月9日生まれ。)。)と同じでのソラシド中学校にとをが通るのかをが問題なんですのですがソラシド中学校に通うのは早ければ来月の2023年10月22日の放送分での第38話をから初めてソラシド中学校に初めて編入をすると思われます。

はたして成長後の姿で固定されるのか、そしてそうなったとして同学年なのかというのは、結構難しいところ。
見た感じ、マジェスティ変身前状態でもソラやましろより少し大きく見えるのですよね。
華乃音 #D4atu1bQ|2023/09/12(火) 06:19 [ 編集 ]
ソラちゃんの百裂拳はいいですね。

キュアマジェスティにまた変身しようとするエルちゃんが可愛いです。

ミノトンが魔改造されて登場しましたね。

ミノトンが改造されて激怒するソラちゃんはいいですね。カバトンの時の様に助けるパターンという感じです。

キュアスカイがミノトンに両手で捕まったシーンで骨を折られるのではないかと心配しました。

ミノトンが少し正気に戻ったがすぐに洗脳されましたね。

エルちゃんがプリキュアとミノトンの間に入って止めるシーンはいいですね。

キュアマジェスティの変身シーンは良いですね。

マジェスティの一撃で電車のパンタグラフで感電するシーンは印象に残りました。

ソラの百裂拳をマジェスティがするシーンは面白かったです。

ミノトンは浄化されてまらスピアヘッドに回収されて更なる魔改造されそうで心配です。





ノコノコ&テレサ #-|2023/09/12(火) 22:31 [ 編集 ]
>> ノコノコ&テレサ さん
> ソラちゃんの百裂拳はいいですね。

概ねギャグシーンなのですが、張り切っているのがよく伝わってきます。

> キュアマジェスティにまた変身しようとするエルちゃんが可愛いです。

つまり、精神としては連続してるということなのですよね。
少女の精神で幼児の肉体は、想像するとなかなかつらそうではあります。

> ミノトンが魔改造されて登場しましたね。
> ミノトンが改造されて激怒するソラちゃんはいいですね。カバトンの時の様に助けるパターンという感じです。

ヒーローガールですから、そういう行いはまさに絶対許せないところでしょう。

> キュアスカイがミノトンに両手で捕まったシーンで骨を折られるのではないかと心配しました。

作風が違えば、握り潰されて大ダメージ(死にはしない)というところでした。
まあ、その場合も、ちょっとしたら普通に立ち上がってるやつだとは思いますが。

> ミノトンが少し正気に戻ったがすぐに洗脳されましたね。

あれが何を意味するのかはちょっと気になるところ。
次回また狂化する感じなので、重ねがけの影響がどちら方向に出るのか……。

> エルちゃんがプリキュアとミノトンの間に入って止めるシーンはいいですね。

本当に決死の覚悟。
もはや生かしておく必要がないといわれたばかりですからね。

> キュアマジェスティの変身シーンは良いですね。

やはり、新しいバンクはいつもいいものです。

> マジェスティの一撃で電車のパンタグラフで感電するシーンは印象に残りました。

ギャグっぽいシーンで、実際コミカルタッチなのですが、電気攻撃だったことは少し気になります。
メタ的に何か示唆している可能性も……?

> ソラの百裂拳をマジェスティがするシーンは面白かったです。

前半の小ネタをちゃんと拾うのがいいですね。

> ミノトンは浄化されてまらスピアヘッドに回収されて更なる魔改造されそうで心配です。

もう一度アンダーグ・エナジーを注ぐときのシーンが描写されるのかどうか。
されるなら、既に浄化されているミノトンが何を言うのか気になるところですが……。
華乃音 #D4atu1bQ|2023/09/14(木) 06:12 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
ひろがるスカイ!プリキュア 第32話「大変身!キュアマジェスティ‼」 
ひろがるスカイ!プリキュアの第32話を見ました。 第32話 大変身!キュアマジェスティ‼ 突然現れたスキアヘッド、そしてキュアマジェスティのことを思い出し、ソラたちは朝から重々しい雰囲気となっていた。 ひとり上機嫌の<font color="plum">エルが自分がマジェスティだと主張したため、ソラたちは驚きつつも、<font color="plum">エルに「変身できる?」と聞いて...  
MAGI☆の日記 2023/09/10(日) 18:30
ひろがるスカイ!プリキュア 第32話「大変身!キュアマジェスティ!!」 
える、きゅあまじぇすてぃなの! 自らバラしていくスタイルを選んだエルちゃんwww ぷいきゅあにへんしんだー! ひーろーがーるー ちぇーんじ! ^^;^^;^^; まだどうやって変身したか勝手がわかっていないようで… しょんぼりエルちゃんを傷つけない、あげはさんのフォローがさすがでしたね。 そうこうしているうちに、スキアヘッドが来襲。 手駒に使ったのはなんとアンダーグエナジー...  
のらりんすけっち 2023/09/16(土) 23:04
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/7046-beb00232

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

X(Twitter) 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.