東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」

えれな回。
今作が始まり、第42話にして初めて、各話タイトルに『☆』がつかないお話です。

序盤からかなり安定しているキャラだけに、個人のクライマックス回が連続話。
あんなに強く頼もしかったえれなが、弱ったり、踏み出せなかったり。

まどかとの対比、そしてテンジョウとの対比で見ていくとよさそうですね。

さて本編。

前回の出来事を、みんなに報告するまどか。
留学は一旦白紙に戻して、自分で考えて決めるというやつですね。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」01

留学するなら次の秋入学でしょうし、しないのならほかの生徒と同様に高校受験でしょう。
余裕たっぷりというわけではありませんが、ここで焦っても無意味になるだけですし、落ち着いて決めるべきです。

まどかの問題が解決をみたことで、同学年である自分のことを、否が応にも意識せざるを得ないえれな。
さらに帰り道、すっかり晴れやかな表情になったまどかから、「えれなはどうするんですか?」と話を振られます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」02

「地元の高校に進学かな」と答えるえれな。
「弟や妹たちの面倒もあるし。卒業したら、そのままうちの花屋を手伝うのもいいかなって」

回答自体はしっかりしていますが、表情はどう見ても微妙。
やはり、何か引っかかるものがあるのでしょうね。

夢はあるが、家庭が人手不足で、離れるのは気が引ける。
実家を継ぐのも、嫌な話ではない……といった感情が渦巻いている感じでしょうか。

えれなが帰宅すると、そこには仕事でいないはずのお母さんが。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」03

どうやら、早く終わったので帰れたようです。
夕食は久しぶりにお母さんのご飯ということで、えれなの弟や妹たちも「ママご飯」と大喜び。

しかし、そこでスマホが鳴ります。
どうやら急な仕事が入ったようで、ママご飯は中止に。

泣きそうになるあんなに引っ張られ、沈む雰囲気。
そこでえれなが「後はあたしに任せて」と空気を引き上げ、お母さんを送り出します。

天宮家の、えれな依存が垣間見える感じです。
依存というか、えれなが頑張っているという話なのですが。

そして翌日。
進路に関する三者面談の日で、えれなのところはお母さんが参加。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」04

「天宮さんの学力なら、地元の高校以外でも十分狙えます」と太鼓判を押す先生。
今作の上級生組は、どちらも学業優秀ですからね。

「何かやりたいこととか、ないのか?」と問う先生。
えれなは何か言いかけますが、それを飲み込んで「今のところ、特に……」と答えます。

そこで、えれなの様子に違和感を覚えたお母さん。
帰り道で、「何か、迷ってるんじゃないの?」と問いかけます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」05

えれなは「ううん、そんなことないよ」と答えますが……。
そんなことがないはずがないのは、表情を見れば明らかですよね。

三者面談での先生やお母さんの様子を察するに、天宮家のえれな依存は、えれなが背負い込みすぎなのでは?
もちろん、いれば助かるしいなければ大変ではあるものの、いなければ行き詰まるというほどのレベルではなさそう。
経済的な問題があるようには一切描かれていませんし、弟や妹たちも大きくなるわけですし。

しかし、お母さんが何か言う前に、SONRISAの配達カーが。
何も知らず、底抜けに明るい家族と合流し、この話は有耶無耶に。

さらにそこへ、ひかるとララも現れます。
スペシャルサービスデー(通常価格の1/4!)で買い込んだ山ほどのドーナツを抱えて、えれなも行こうと誘います。

断ろうとするえれなですが、お母さんに促され、ひかるたちと行くことに。
「せっかくだから行ってらっしゃい。今日は早く帰れるから、うちのことは大丈夫」
「えれな、あなたはあなたの好きなようにすればいいのよ」

これは、今のことだけではなく将来のことも含めての言葉ですね。
当のえれなも、それはちゃんと受け取った様子。

こういうのは空振りというか、(その場では)上手く伝わらないというパターンも多いので、ちゃんと伝わるあたり、母娘の絆を感じます。

そして、ララのロケットでドーナツ回。
たくさん買っていましたが、お裾分けしてなお、ひとり1箱レベルでドーナツがあります。

ふと、プルンスに話しかけるえれな。
「ねぇ、プルンスって、色々な星の言葉、話せるんだよね?」

「まぁ、それほどでも……あるでプルンス!」とドヤ顔のプルンス。
「大したことではないでプルンスが、通訳として星空連合評議会に出ていたこともあるでプルンスよ!」と、さらにドヤ顔。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」06

常々、只者ではないと思っていましたが、本当にすごいヤツだったのですね。
みんなもっとプルンスを大事にしてあげるべき。

それを聞いて、「すごいなぁ」と目を輝かせるえれな。
気付いたのは、まどかだけのようですが……。

そうしていると、ひかるとフワが難しい顔をして唸っています。
何事かというと、ひかるは3種のドーナツ、フワは2種のおやつのどちらにするかを迷っている様子。

悩み抜いた末、ふたりの出した結論は……。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」07

「全部食べる!」
この幸せそうな笑顔!

そして、帰り道。

いつもどおりを装うえれなに、まどかが話しかけます。
「何かあったんですか?」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」08

「今日、三者面談でしたし、ひょっとして、進路のことですか?」
「別に何も……」とはぐらかそうとするえれなですが、まどかも引きません。

「この前、えれなは、わたくしに『笑顔が輝いている』と言ってくれました」
「あの言葉に、わたくしは救われたんです」
「困ったときは頼ってと、言ってくれましたよね?」
「今度は、わたくしの番です」

そうして、前と同じくベンチに座り、前とは逆に、今度はえれなが話します。

「わからないっていうのが、正直な気持ち。自分はどうしたいのか」
「家のことや店の手伝い、プリキュア、どれも大好き」

「えれなは、みんなソツなくできています」と言うまどか。
えれなも「それは、まどかも同じじゃない」と答えます。

「わたくしたち、実は、とても似てるんじゃないかって思うんです」と語りかけるまどか。
「色々できるようで、何か引っかかると前に進めなくなる」
「本当は、とても不器用なのかもしれませんね、わたくしたち」

「不器用か……」と、反復するえれな。
それを見て「何か、迷ってるんですね」と問いかけるまどか。

えれなは頷き、続けます。
「プリキュアになってさ」
「色々あったよね」
「いろんな星に行ったり、全然価値観が違う人たちと出会ったり」
「そういうの、素敵だなって」
「この経験、無駄にしたくないなって」
「でも、どうしたらいいのか」

困った様子のえれなに、まどかは「ちゃんとヒントはあるじゃないですか」と優しく言います。
「自分の経験してきたことを、無駄にしたくない」
「それはひょっとしたら、えれながもっともっと新しい経験を求めているんじゃないでしょうか」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」09

「そう……なのかな」と自信なさげなえれなに、まどかはさらに「笑顔」と続けます。
「わたくしは見たいです。えれなが、選んだ道で輝いている笑顔を」

「ごめんなさい、何のアドバイスにもなってないですよね」と言うまどかに、えれなは「ううん、ありがとう」と首を振ります。
そして、「悩むことは、きっと回り道じゃありません」と言うまどかに、「うん」と答えるえれな。

何というか……やはり、このふたりは別格ですね。
似ているのかもという話でしたが、見方によっては好対照、見方によってはそっくりと、本当に太陽と月のような関係です。

一方そのころ。
えれなのお母さんは、仕事を終わらせ、帰路を急ぎます。

すると、目の前にも家に帰ろうとする親子が。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」10

微笑ましい家族の様子を見て、思い出すのはえれなの笑顔。
そこで、つい、ため息をひとつついてしまいます。

子供が親に気を遣っている状態なわけで、それに気付いているとなると、ため息も出ますよね。
善意であり好意なので、無下にもできませんし。

それを見逃さなかったのが、テンジョウ。
やはり、えれなの対がテンジョウなのですね。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」11

あっという間に、お母さんを巨大ノットレイに仕立て上げるテンジョウ。
「煽れ団扇よ!膨れろ!歪んだイマジネーション!」

悲鳴を聞きつけたえれなが駆けつけたときには、既におかあさんは巨大ノットレイに。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」12

肩の扇風機みたいなものが、ため息を武器化したデザインでしょうか。

巨大ノットレイとされてしまったことで、本音が漏れるお母さん。
「はぁ……えれな。毎日私や家族のために笑顔で頑張って」
「でも、あの笑顔は、えれなの本当の笑顔じゃない」
「心からの笑顔を見せてくれない。はぁ……」

やはり、お母さんはすべて見抜いていたようです。

そんな衝撃の告白に、狼狽えるえれな。
「そんな……あたしはいつだって、みんなの笑顔のために、私も笑顔で……」

「だーかーらー」と、ここぞとばかりにテンジョウが。
「お前のその笑顔、笑顔ってところが、母親を苦しめていたんじゃないの?」
「歪みがなければ、膨らますこともできない」
「これが本心ってことよ」

周囲を笑顔にするための笑顔であって、えれなの本心からの笑顔はどこに?ということですね。
笑顔は笑顔を呼ぶという信条で、実際にそう行動し、できていたえれなにとっては、やはりショックであり、迷いが生じるところでしょう。

そこに、遅れて仲間たちが駆けつけます。
事態を解決するため、変身!……といきたいところですが……。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」13

えれなが上の空。
こういう分割で誰かが欠けるというのも珍しいですし、その枠に向かって話しかけるというのは初めて見ましたよ。

えれなに呼びかけ、気を取り直したところで……変身です。
流れ的に、えれなが変身不能な感じになるかとも思いましたが、問題なく変身は完了。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」14

いつものように、ひとり1シーンでノットレイたちを蹴散らします。
コスモが猫だましするのは、日頃は飛びかかって猫パンチしていることを思うと、なかなかよくできていると思います。

まあ、もちろん問題は巨大ノットレイとテンジョウ。
ため息をモチーフにした旋風がソレイユを襲います。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」15

特に何もできず、吹き飛ばされ、叩きつけられるソレイユ。
そんな弱ったソレイユに、テンジョウは言いたい放題です。

「言っただろう?笑顔なんかで、人と人が繋がるなんてあり得ないって」
「そんなくだらないものを守るって?それこそ、お笑いぐさよ!」
「フン、笑顔の意味なんてわかってないくせに」

一方的にやられるソレイユに、仲間たちが駆けつけます。
「そんなことありません!」
「つらいとき、苦しいときにこそ、笑顔になることで、癒やされ、救われる。前を見ることもできる!」
「ソレイユが、それを教えてくれたんです!」

そんなセレーネの言葉を、一笑に付すテンジョウ。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」16

「それがうわべだって言ってんのよ」
「現にお前の笑顔は母親を苦しめてたんじゃないの?」

言いたい放題言われ、セレーネの影で土を握りしめるソレイユ。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」17

そのままの姿勢で、ソレイユに語りかけるセレーネ。
「わたくしたちは信じています。あなたが守ろうとしてきたものを」

仲間たちも、思いは同じ。
それが、ソレイユを勇気づけます。

「あたしは……笑顔を……守る」
「みんなの笑顔を……守るんだ」
「だから……だから負けない!」
「負けるわけには……いかないんだ!」

立ち上がったソレイユ。
『天秤座・ソレイユシュート』で、巨大ノットレイの扇風機を片方破壊します。

そして、体勢が崩れたところで、『プリキュア・スタートゥインクルイマジネーション』!
かくして、巨大ノットレイは浄化され、お母さんも解放されました。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」18

テンジョウも、「私は認めないよ!」と言い残し、撤退です。

しばらくして。

えれなのお母さんも意識を取り戻し、帰宅を急ぎます。
それを木陰から見守る、えれなの心中やいかに。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」19

何か言われる前に、振り返ることなく「大丈夫だよ」と言うえれな。
「チャオ」と言い残し、自宅へ向かいます。

そして、家の前。
漏れ聞こえる楽しそうな会話を前に、足を止めるえれな。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」20

気合いを入れ、強張る表情を柔らかくして、笑顔で帰宅。
つまり、問題は、まだ解決をみていません。
 
FC2 Blog Ranking
2019/12/01 12:35|TV・CD・本TB:1CM:4
コメント
次回でテンジョウは浄化され笑顔を認めて改心し、ノットレイダーを離脱するのでしょうか?

次回予告でテンジョウは仮面が外れ自ら巨大ノットレイ化していたようですが、浄化したら次回でテンジョウは敵から味方になるのでしょうか?あれはテンジョウ自らの行動でしょうか?それともダークネストがノットレイ達にテンジョウを巨大ノットレイ化しろと命令して無理矢理あの姿にされたからでしょうか?第21話のノットリガー化したアイワーンを意識を乗っ取ったようにテンジョウも乗っ取られるのでしょうか?裏切りを許さないダークネストがやるのでしょうか?

テンジョウの母星のグーテン星は社会的に問題がアリな星なのでしょうか?スリとか暴力とかしょっちゅう起こるほど治安が最悪な星なのでしょうか?

アイワーンは次々回で登場するでしょうか?アイワーンが次にユニ達プリキュアと会ったらどんなやり取りになるのと思いますか?

プリキュア達はノットレイダーの星に行く時、どんな方法で行きそうだと思いますか?

プリキュアはノットレイダーの星を見つけるためになぜグーテン星を行くのでしょうか?

スタプリのテレビアニメ第2期を2021年の2月に放送をやってほしいです。
プリキュア5Gogo!は2年連続にやったから人気も売り上げも落ちたのでしょうか?
ルイージサイコロ&クリボーサイコロ #-|2019/12/01(日) 19:47 [ 編集 ]
テンジョウはグーテン星と異星のハーフなのでしょうか?鼻が短いのはその遺伝のせいなのでしょうか?

もしテンジョウは巨大ノットレイ化から浄化されて負けて改心した後はどうなるのでしょうか?グーテン星に残るのでしょうか?それともひかる達と一緒に地球に行くのでしょうか?ロケットに乗って。

テンジョウの仮面のおでこの黄色い模様と上の先端の紫色の部分が第39話の過去の回想ではありませんでしたが、あれはノットレイダーの加入した時に付いたのでしょうか?ダークネストに操られているみたいな感じでしょうか?

ルイージサイコロ&クリボーサイコロ #-|2019/12/06(金) 10:40 [ 編集 ]
ひかる達はグーテン星の住民達のあまりにも酷い理不尽な態度を見て怒ったら、「あなた達がそんな態度を取るからテンジョウはノットレイダーになったんだよ!!」的なセリフを言うでしょうか?ひかるかえれなかまどかあたりが。
ルイージサイコロ&クリボーサイコロ #-|2019/12/06(金) 10:45 [ 編集 ]
>> ルイージサイコロ&クリボーサイコロ さん
> 次回でテンジョウは浄化され笑顔を認めて改心し、ノットレイダーを離脱するのでしょうか?

まさにそこが核心でしょうね。
何かしらの動きがあることは間違いなく、笑顔を認めるところまでは行くとは思うのですが、改心や離脱に関しては、見てみないとわからない部分だと思います。


> 次回予告でテンジョウは仮面が外れ自ら巨大ノットレイ化していたようですが、浄化したら次回でテンジョウは敵から味方になるのでしょうか?あれはテンジョウ自らの行動でしょうか?それともダークネストがノットレイ達にテンジョウを巨大ノットレイ化しろと命令して無理矢理あの姿にされたからでしょうか?第21話のノットリガー化したアイワーンを意識を乗っ取ったようにテンジョウも乗っ取られるのでしょうか?裏切りを許さないダークネストがやるのでしょうか?

こちらもなかなか難しい。
個人的な予想としては、やはりダークネストの力と考えていますが……そこまでの流れ次第ともいえます。


> テンジョウの母星のグーテン星は社会的に問題がアリな星なのでしょうか?スリとか暴力とかしょっちゅう起こるほど治安が最悪な星なのでしょうか?

外から見て、問題がある星なのは間違いないと思います。
やはり、身体的(あるいは血統的)特徴による差別の蔓延る環境なのではないかと思います。

治安に関しては、正直予想は難しいです。
回想を見るかぎりではガラの悪そうな感じは漂っていましたが、テンジョウがそういうところに身を置いていただけで、星全体としてはそれほどでもないという可能性もあり得ます。


> アイワーンは次々回で登場するでしょうか?アイワーンが次にユニ達プリキュアと会ったらどんなやり取りになるのと思いますか?

普通に再開するとなると予想はかなり難しいですが、ピンチを助けに来る形になるなら、憎まれ口を叩きつつも……というのが容易に想像できます。


> プリキュア達はノットレイダーの星に行く時、どんな方法で行きそうだと思いますか?
> プリキュアはノットレイダーの星を見つけるためになぜグーテン星を行くのでしょうか?

結局のところ、フワのワープに頼らざるを得ないとは思います。
フワのワープはファジーなので、テンジョウの想いが強く残る母星であるグーテン星に飛んでしまうのではないでしょうか。


> スタプリのテレビアニメ第2期を2021年の2月に放送をやってほしいです。
> プリキュア5Gogo!は2年連続にやったから人気も売り上げも落ちたのでしょうか?

たしか『Yes!プリキュア5』→『Yes!プリキュア5GoGo!』では売上は落ちていなかった気がします。
単純に、よほどのことがないかぎり、連続作品にすると新規が入りづらいというだけの話だと思います。
そもそも、そう何年もずっと見ることを想定したような作品ではありませんし。


> テンジョウはグーテン星と異星のハーフなのでしょうか?鼻が短いのはその遺伝のせいなのでしょうか?

おそらく、そうなのではないかと予想しています。
そのあたりが、上手くえれなとオーバーラップするのではないでしょうか。


> もしテンジョウは巨大ノットレイ化から浄化されて負けて改心した後はどうなるのでしょうか?グーテン星に残るのでしょうか?それともひかる達と一緒に地球に行くのでしょうか?ロケットに乗って。

少なくともこの時点では、まだどちらでもないと思います。
地球で暮らすことは絶対になさそうだとは思いますが、母星への帰還も、やるとしたらエピローグではないでしょうか。


> テンジョウの仮面のおでこの黄色い模様と上の先端の紫色の部分が第39話の過去の回想ではありませんでしたが、あれはノットレイダーの加入した時に付いたのでしょうか?ダークネストに操られているみたいな感じでしょうか?

時間が経ってデザインが変わっただけの可能性もあります。


> ひかる達はグーテン星の住民達のあまりにも酷い理不尽な態度を見て怒ったら、「あなた達がそんな態度を取るからテンジョウはノットレイダーになったんだよ!!」的なセリフを言うでしょうか?ひかるかえれなかまどかあたりが。

今作、異性の文化は尊重するので、明らかに酷い差別が蔓延っていたとしても、グーテン星を変えるという話にはならないと思います。
変えるとすればテンジョウの方で、差別に負けない強い笑顔を手に入れるか、そういう差別のない星で暮らすかという感じになるのではないでしょうか。

あるいは、テンジョウが立ち上がってグーテン星を変えていくというようなエピローグもアリかもしれませんね。
華乃音 #D4atu1bQ|2019/12/08(日) 05:19 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
スター☆トゥインクルプリキュア 第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」 
まどかさんも友達思いじゃのう(^^) 自分のことは二の次タイプのえれなさん。 「みんなを笑顔に」をモットーに、お家のことも学業も全力投球。 しかし自分から真の笑顔が消えていた。 えれなさんが選んだ道なら、みんな全力で応援してくれると思いますが。 いつも他人のことを優先してきただけに、迷いが生じてしまった感じ。 そんな進路に迷う十五歳の心に優しく響くまどかさんアドバイス。 良き決断の道...  
のらりんすけっち 2019/12/01(日) 18:45
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/6383-445a69d4

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.