東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」

新技のお披露目!
そして、物語は新たな局面へ……。

さて本編。

前回、最後のプリンセススターカラーペンを入手したところで、フワに食事をさせると、新たなペンが生まれ、フワも成長。

しかし、牡牛座のプリンセスが言うには、まだ不完全とのこと。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」01

このまま成長したら、それこそ本当に馬サイズになってしまう!……と心配するスター。
わりとかっこいいので、それはそれでアリのような気がします。

「ともかく、フワを成長させなければなりません」
「星の輝きも戻らず……宇宙の平和も訪れません」

自動的に、惑星レインボーの復活もお預けに。
段階が進んだのは喜ばしいことですが、ゴールかと思っていた地点が、そこに辿り着いてからまだ中途だったと知らされるのは、なかなかキツいですよね……。

そんなことがあって、スターパレスを後にした一行。
トッパー代表にも、顛末を報告します。

まだ解決には至らないとわかったトッパー代表。
「こちらからノットレイダーに攻め込めれば……」とぼやきます。

それに対し、ユニが「無理よ。ガルオウガのワープでしか、ノットレイダーのいる星には行けないわ」と言います。
「言えるのは……ブラックホールが近い、宇宙の片隅とだけ」

場所的には、ガルオウガがキーなのですね。
この口ぶりからして、ほかの幹部もガルオウガが迎え入れなければ帰還はできなさそうです。

ところで、トッパー代表は、仮に攻め込めたとして、勝算はあるのでしょうか?
まあ恐らくは、できるかぎりのことをしたいという気持ちの表れだとは思うのですが。

ややあって。
フワを成長させるためにできること……といえば、食事。

トゥインクルブックとプリンセススターカラーペンを使い、各自フワに色々と食べさせます。
現状、それしかできることがないともいいます。

結果、フワは満腹になりますが、当然、目立った成長はありません。

お腹が膨れたので、「じゃ、みんなで遊ぶフワー!」と、飛び立つフワ。
以前より遥かに高く飛べるようになったこともあり、そういう意味でも楽しいのでしょうね。

フワを追いかける一行。
そちらを気にしながら飛行するフワは、開けた場所で何者かに衝突してしまいます。

それは……ガルオウガ!
前回の失態を挽回すべく、フワ奪還に燃え、やって来たようです。

まさに大ピンチ!……ですが。
「プリキュア……フワを寄越せ!」と言って、当のフワを投げ返してしまいます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」02

まあ、フワが成長して見違えるほどになったことを、ガルオウガは知りませんからね……。
コイキングを捕まえに来たらギャラドスがいたようなものでしょう。

そんなわけで、フワ防衛戦です。
フワをプルンスに預け、変身する一行。

今回は地上戦。
空気の問題も心配いりませんし、ガルオウガは前回の敗戦を深く悔いているようで、同じような失敗はしないことでしょう。
つまり、単体としては過去最大の強敵といえますね。

ガルオウガは、相変わらずのパワーとショートワープ。
スピード自体はそれほどでもなさそうですが、特性と能力の組み合わせが厄介なことこの上ありません。

それでも、果敢に挑んでいくプリキュア。
まずは、スター、ソレイユ、セレーネが相手です……が。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」03

『牡牛座・スターパンチ』はショートワープで回避され、反撃を受けるスター。
炎の踵落としは受け止められ、投げ捨てられるソレイユ。
セレーネアローを防がれ、さらにショートワープで背後に回られ、一撃をもらうセレーネ。

「お前たちは何も知らない。力なきものは、何も救えぬ!」と激昂するガルオウガ。
「私のようにな……」と、過去を語り始めます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」04

「圧倒的な力の前では、すべては無力!」
「私は星を、仲間を失った……」

同じく母星を亡くしたコスモには特に響くようで、戦闘中にもかかわらず、様々な思いが去来します。
その隙に、距離を詰めるガルオウガ。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」05

「お前なら、わかるな!この憤り!」と、コスモを殴り飛ばします。

さらに続けるガルオウガ。
「私は、失った星の近くに居続けた」
「やがて、星を追われ、居場所を失ったものたちが集う地となり、我らの元に、ダークネストさまが現れた」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」06

「闇に追われしものたちよ……我に従え」
「さすれば……力を与えん」

これが、ノットレイダーの始まりのようです。
立ち上げメンバーは、ガルオウガ、カッパード、テンジョウの3人と、降臨したダークネストのようですね。
やはり、アイワーンはそもそも少しイレギュラーな存在だったようです。

「お前たちは甘い!」と吼えるガルオウガ。
「守るべきものが大きければ、力が出るだと?たまたま拾ったそいつのために力が?」

今作におけるプリキュア初変身は、全員がフワを守るための気持ちから。
そこを突いてきました。

加えて、プリキュアの想いを「そいつを子供扱いしているだけ!」と切って捨てます。
「自分の力が上だと思っているがゆえの発想!」

そういって、ミルキーを殴り飛ばすガルオウガ。
さらに、スターの腕を掴み、上空に投げ飛ばし……。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」07

ショートワープで上を取り、両手をハンマーのように叩きつけます。
『ドラゴンボール』(のゲーム)でよく見る、メテオ系の連携攻撃ですね。

圧倒的なガルオウガ。
何も言い返すことのできないスターに、トドメの一撃を見舞おうとします……が。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」08

割って入ったのは、コスモ!
「自分が星を守れなかったからって、ダークネストの力に頼って、奪っていい訳ない!」

コスモとガルオウガのマッチング、体術ならスピードで翻弄できるコスモが有利でしょうか。
ただし、やはりガルオウガにはショートワープが……というところで、ミルキーたちも戦線復帰。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」09

ミルキーショックで、ショートワープの使用をインターセプトするミルキー。
「自分が上だなんて、思ったことないルン!」
「ただ……守りたいって思っただけルン!」

より高所から、縦回転の踵落としを仕掛けるソレイユ。
「出会ったのがさ、ぬいぐるみだと思ったら……プリンセスの希望だったってだけだよ!」

ショートワープを読み、背後を取るセレーネ。
「驕りなんてありません」
「ただ、必死に……フワのことを、思っていただけです!」

先ほどは負けてしまった攻防を、今度は想いの力で上回るというのは、やはりいいものですね。

そしてスター。
「私……確かにプリキュアになって……何でもできるって、ちょっぴり思ってた!」
「何も知らなかったから……」

「だから何だ!宇宙を知って、強くなったとでも言うか!」と、スターを押し戻すガルオウガ。

一呼吸おいて、「違う!わかったんだ……」と答えるスター。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」10

「宇宙って、広いんだなぁって。いろんな人たちがいて、いろんな考えがあって」
「まだ……よくわからないし……」
「あなたのことも、めちゃくちゃ怖い……」
「でも……フワを守りたい!あの気持ちだけは、変わらない!……ってか、変えられない!」
「だから!私は……フワを守る!」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」11

そう繰り出したスターパンチは、ガルオウガを押し返します。

新技の回ですが、その前に成長を見せてくれるのはいいですね。
新技が降って湧いてきたものではないということですし、その新技様々ということにもならないわけです。

ガルオウガは「御託はもういい!」と、勝負を決めにかかります。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」12

「まとめて、消し飛ばしてくれる!」
それはおそらくハッタリではなく、本当にそれだけのことができるエネルギーがあるのでしょう。

ここで、フワが動きます。
ここまでプリキュアたちの言葉を聞いていて、じっとしていられるはずがありません。

「守るフワ!フワも……プリキュアを守るフワ!」
プリキュアとフワの想いを受け、前回フワを成長させたペンが再出現します。

「みんなの想い!重ねるフワー!」
「シャイニートゥインクルペン!」

「声を重ねるフワー!」
「キラキラー!」「トゥインクル!」「キラキラー!」「トゥインクル!」
「フーワー!」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」13
(画像クリックで高解像度版表示)

「イマジネーションの輝き!」
「なりたい自分に!」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」14
(画像クリックで高解像度版表示)

「星の力、輝くフーワー!」
「想いを重ねて!」
『プリキュア・スタートゥインクルイマジネーション』!

2段変身し、星形のエネルギーを射出!
これはガルオウガの攻撃をかき消し、さらに余波でダークネストの腕輪を破壊します。

完敗のガルオウガですが、破壊された腕輪から、ダークネストの思念体のようなものが出現します。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」15

完全に姿がわかる状態での対峙は初めてですね。

「とうとう……器が完成したか」と呟くダークネスト。
「だが……器だけでは……」と言い残し、不敵な笑い声とともに虚空に消えてゆきます。

ガルオウガも、ワープで戦線離脱。
かくして、危機は去りました。

見るかぎり、ガルオウガに授けた腕輪は、アイテムというよりダークネストの力の一部という感じがしますね。
ちょうど、スタープリンセスに対するプリンセススターカラーペンのような……。

無事を喜びあっていると、またスターパレスに召喚される一行。
何というか、強引ですねスタープリンセスたち……。

「プリキュア、ありがとう。あなたたちの想いが、フワに力を与えたのです」と言う牡牛座のプリンセス。

今度こそ、期待を込めて「じゃあ、惑星レインボーは!」とユニ。
しかし、プリンセスたちは沈黙。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」16

堪らず詰め寄るユニ。
これはもうしょうがないですよ。

「まだ、完成ではありません」と言う牡牛座のプリンセス。
「最後の希望を真の形にするためには、集めなくてはなりません」と、魚座のプリンセス。

それは、『トゥインクルイマジネーション』。
「それが、フワを大いなる力へと導きます」と続ける獅子座のプリンセス。

「どこにあるっていうの?」というユニ。
牡牛座のプリンセスは「それは、あなた方が探し当てるしかありません」と答えます。

手掛かりも何もないというのは、つらいですね……。
それでもひかるは、顔を上げ、宣言します。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」17

「見つければいいんだね!トゥインクルイマジネーション」
ほかにどうしようもない以上、探すしかありませんからね……。

帰還し、トッパー代表に報告する一行。
トゥインクルイマジネーションについては、トッパー代表も調査してくれるとのこと。

「君たちは君たちで探すでアル」との言葉に、連合に加える意志がもうないことを察するえれなとまどか。
「フワと君たちに、連合の立ち入る隙はないでアル」と言うトッパー代表。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第32話「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」18

さらに、「地球の近く、星空連合の支部、天の川ステーションにとどまるでアル!」と、トッパー代表。
「何かあれば、私に言ってくれでアル」とまで言ってくれます。

今回の戦いを間近で見守っていたのが大きいのでしょうが、話のわかる大人ですね。
第一印象(の状況)のせいで勘違いしていましたが、悪い人ではなかったようです。

さあ、ここからはトゥインクルイマジネーションを探す旅です。
 
FC2 Blog Ranking
2019/09/15 13:15|TV・CD・本TB:0CM:12
コメント
ガルオウガの過去の回想でカッパ―ドとテンジョウが黒いマントを着てダークネストに忠誠を誓うシーンがありましたが、アイワーンがいませんでした。アイワーンは特別な存在でしょうか?

アイワーンは元は良い子で宇宙星空連合の上層部になる科学精鋭チームの若いながらそこのNo.3の地位に属していて。ユニークな想像力と常人離れした科学力に目を付けられるまたはスターパレスや宇宙星空連合の正体を知ってしまうなどで捕まり洗脳されてアイワーンになったという可能性はあるでしょうか?

アイワーンは実は惑星レインボー出身のレインボー星人でユニの瓜二つで赤髪でツインテールかショートカットの美少女で普段は男みたいな中性的な口調で喋り、二つ目だが左目に眼帯をし、未来予知や透視能力や相手の技をコピーしたり5分の間、相手に幻惑を見せるなどのレインボー星人が数世代に1人出てくる特異体質の持ち主という設定になってほしいです。
アイワーンの本当の名前は「ウノ」か「ケニ」か「レニ」で声優は黒沢ともよさんか伊藤かな恵さんになってほしいです。

アイワーンはオレンジ色の6人目のプリキュアになってほしいです。アイワーンのイメージカラーの黄色と赤色を混ぜてオレンジ色のプリキュアに覚醒してほしいです。第35話までに。

次回はアイワーンが出撃するのでしょうか?

ユニコーンフワとアイワーンがもし遭遇したら、どんな会話のやり取りになるのでしょうか?魔法使いプリキュアの第15話のはーちゃんがスパルダに話しかけるみたいにフワもアイワーンに話しかける展開になるのでしょうか?
フワ「」
アイワーン「」

ユニコーンフワがワープ能力を使い、アイワーンがいる所にワープしたらどうなるでしょうか?
ルイージサイコロ&クリボーサイコロ #-|2019/09/15(日) 23:43 [ 編集 ]
ダークネストはプリキュアが12星座のプリンセススターカラーペンを揃う事も計画の内でしょうか?揃えさせるのが狙いなのでしょうか?

ダークネストと12星座のプリンセスはグルでしょうか?

アイワーンはイレギュラーなのでしょうか?
アイワーンは洗脳されて一つ目のギャル小娘の姿にされてノットレイダーの一員になったのでしょうか?
ルイージサイコロ&クリボーサイコロ #-|2019/09/20(金) 00:22 [ 編集 ]
12星座のプリンセスが本性を現して、ひかる達の動きを封じる装置を発動して、プリンセスの背後からアイワーンが登場する展開はあるでしょうか?

そこで惑星レインボー石化事件はアイワーンのせいではなく、ダークネストかプリンセスが真犯人だったという流れはないでしょうか?アイワーンは実はひかる達もよりもプリキュアに目覚めていた実質1人目のプリキュアで、プリキュアの資格を失わせるために大罪を犯させたという展開にならないでしょうか?
もしそれを聞いたユニやひかる達はどんなセリフを言うと思いますか?
ユニ「」
ひかる達「」


赤キュアの6人目を第35話か第36話で誕生して登場してほしいです。

地球じゃなくどこかの惑星で誕生するのでしょうか?

プリキュアがガンダムシリーズに出てくる兵器「ファンネル」みたいな武装を装備したら似合わないでしょうか?赤色の6人目のプリキュアが8基ぐらい武装していたらどうでしょうか?最強でしょうか?

赤色の6人目のプリキュアが登場したら、赤キュアが他のプリキュアメンバー特にひかるやララやまどかと2人がメインの回を第37話~第42話までに放送してほしいです。

次回のフワがメイン回で敵幹部は誰が出撃するのでしょうか?アイワーンは登場しないでしょうか?フワとアイワーンが遭遇したり話をしたりする展開の話を見てみたいです。第20話の時のフワとブルーキャットが会話するみたいに。
ルイージサイコロ&クリボーサイコロ #-|2019/09/21(土) 00:03 [ 編集 ]
ユニが「これで惑星レインボーは元に戻れる。」と言った時にプリンセスが沈黙していましたが、あれは予想以上にガルオウガを追い払ったり新フォームを身に付けたり予想外な展開になって時間稼ぎのために苦し紛れに言った言葉だったりして。
トゥインクルイマジネーションなんて本当は存在しなかったりして。

プリンセス達の本心は永遠のオリ―フィオを復活させなくない事だったりして。
惑星レインボーの石化事件は本当はアイワーンのせいではなくプリンセスが真犯人だったりして。
ルイージサイコロ&クリボーサイコロ #-|2019/09/21(土) 00:09 [ 編集 ]
もし赤キュアの6人目が登場したら、キュアコスモを上回るパワーとスピードと知能の持ち主になるのでしょうか?頭の回転が速くてトラブルなどをすぐ解決出来たり敵の弱点を一瞬で見抜く能力がある設定で。
ルイージサイコロ&クリボーサイコロ #-|2019/09/21(土) 00:33 [ 編集 ]
>> ルイージサイコロ&クリボーサイコロ さん
> ガルオウガの過去の回想でカッパ―ドとテンジョウが黒いマントを着てダークネストに忠誠を誓うシーンがありましたが、アイワーンがいませんでした。アイワーンは特別な存在でしょうか?

本文でも触れましたが、僕もそんな感じを受けました。
これまでの過去エピソードでも、アイワーンだけ異質でしたしね。


> アイワーンは元は良い子で宇宙星空連合の上層部になる科学精鋭チームの若いながらそこのNo.3の地位に属していて。ユニークな想像力と常人離れした科学力に目を付けられるまたはスターパレスや宇宙星空連合の正体を知ってしまうなどで捕まり洗脳されてアイワーンになったという可能性はあるでしょうか?

僕が受けた印象としてはむしろ逆で、ガルオウガたちは圧倒的な力を前に星を失い、こうなってしまったのに対し、アイワーンは最初からああいう精神性だったのかなという風に受け止めました。


> アイワーンは実は惑星レインボー出身のレインボー星人でユニの瓜二つで赤髪でツインテールかショートカットの美少女で普段は男みたいな中性的な口調で喋り、二つ目だが左目に眼帯をし、未来予知や透視能力や相手の技をコピーしたり5分の間、相手に幻惑を見せるなどのレインボー星人が数世代に1人出てくる特異体質の持ち主という設定になってほしいです。
> アイワーンの本当の名前は「ウノ」か「ケニ」か「レニ」で声優は黒沢ともよさんか伊藤かな恵さんになってほしいです。
>
> アイワーンはオレンジ色の6人目のプリキュアになってほしいです。アイワーンのイメージカラーの黄色と赤色を混ぜてオレンジ色のプリキュアに覚醒してほしいです。第35話までに。

少しずつ補強しつつ、ずっとそれを言い続けるのですね……。


> 次回はアイワーンが出撃するのでしょうか?

それはわかりませんが、モノローグなどの雰囲気としては、カッパードが来そうな気はします。
ここ最近を見るかぎり、カッパードはガルオウガには仕えている感がありますが、ダークネストに対しては力に圧倒されているという印象画ありますよね。


> ユニコーンフワとアイワーンがもし遭遇したら、どんな会話のやり取りになるのでしょうか?魔法使いプリキュアの第15話のはーちゃんがスパルダに話しかけるみたいにフワもアイワーンに話しかける展開になるのでしょうか?
> フワ「」
> アイワーン「」

まず、現在のフワをフワと認識するとこからですね。
ただ今のアイワーンはユニ以外眼中にない感じなので、そもそも気にしない可能性もあります。


> ユニコーンフワがワープ能力を使い、アイワーンがいる所にワープしたらどうなるでしょうか?

そうするからには何か強い目的があるはずで、それを実行しようとするのではないでしょうか。


> ダークネストはプリキュアが12星座のプリンセススターカラーペンを揃う事も計画の内でしょうか?揃えさせるのが狙いなのでしょうか?

どちらでもいいという感じは受けました。
自らペンを揃えてもよし、揃ったペンを奪い取るもよしというような。


> ダークネストと12星座のプリンセスはグルでしょうか?

プリンセスが胡散臭いのは事実ですが、それはどちらかというと台詞とか演出の所為のような気がするので、グルということはないと思います。


> アイワーンはイレギュラーなのでしょうか?
> アイワーンは洗脳されて一つ目のギャル小娘の姿にされてノットレイダーの一員になったのでしょうか?

イレギュラーというか、幹部よりノットレイの方に近い存在なのかもしれませんね。


> 12星座のプリンセスが本性を現して、ひかる達の動きを封じる装置を発動して、プリンセスの背後からアイワーンが登場する展開はあるでしょうか?

そこまでやったら、まあ、大したものでしょう。


> そこで惑星レインボー石化事件はアイワーンのせいではなく、ダークネストかプリンセスが真犯人だったという流れはないでしょうか?アイワーンは実はひかる達もよりもプリキュアに目覚めていた実質1人目のプリキュアで、プリキュアの資格を失わせるために大罪を犯させたという展開にならないでしょうか?
> もしそれを聞いたユニやひかる達はどんなセリフを言うと思いますか?
> ユニ「」
> ひかる達「」

プリキュアの資格というのも、難しい話ですよね。
仮に惑星を石化させても、恐らくそれで資格を失いプリキュアになれない……ということにはならないでしょうし。

まあ、それで絶望して自暴自棄になれば、結果としてプリキュアとして守る心をなくし、変身できなくなるかもしれませんが。


> プリキュアがガンダムシリーズに出てくる兵器「ファンネル」みたいな武装を装備したら似合わないでしょうか?赤色の6人目のプリキュアが8基ぐらい武装していたらどうでしょうか?最強でしょうか?

月面でのスター対ガルオウガ戦で、スターがニュータイプじみた空間戦闘をこなしていたので、まあファンネルやビットくらいなんとかなるのではないでしょうか。


> ユニが「これで惑星レインボーは元に戻れる。」と言った時にプリンセスが沈黙していましたが、あれは予想以上にガルオウガを追い払ったり新フォームを身に付けたり予想外な展開になって時間稼ぎのために苦し紛れに言った言葉だったりして。
> トゥインクルイマジネーションなんて本当は存在しなかったりして。

まあ、ついに願いが叶うと瞳をキラキラさせている子供に、実はまだダメだよというのは気が引けることでしょう。
後出しじゃなくて最初から言っておけという話で、そういう意味では子供から見た大人のいやらしさみたいなのが感じられますね。


> プリンセス達の本心は永遠のオリ―フィオを復活させなくない事だったりして。
> 惑星レインボーの石化事件は本当はアイワーンのせいではなくプリンセスが真犯人だったりして。

オリーフィオが重要な鍵となるのか、ユニにとって大事な人という以上の意味はないのか……復活が待ち遠しいところです。


> もし赤キュアの6人目が登場したら、キュアコスモを上回るパワーとスピードと知能の持ち主になるのでしょうか?頭の回転が速くてトラブルなどをすぐ解決出来たり敵の弱点を一瞬で見抜く能力がある設定で。

追加キャラでそれができてしまうと、もう全部あいつひとりでいいんじゃないかなとなってしまうので、難しいでしょう(『ドキドキ!プリキュア』のキュアエースは制約として時間制限が)。
むしろ、それをやれる可能性があるのは、スターなのではないかと思われます。
華乃音 #D4atu1bQ|2019/09/22(日) 04:37 [ 編集 ]
アイワーンか姫ノ城桜子のどちらかが6人目のプリキュアに変身する展開が来るでしょうか?10月中旬までに。

アイワーンをそろそろ出撃してほしいです。第34話か第35話に地球に登場するでしょうか?
ルイージサイコロ&クリボーサイコロ #-|2019/09/29(日) 08:28 [ 編集 ]
アイワーンは後から洗脳されてノットレイダーに入ったのでしょうか?
元は二つ目の美少女で善人だったりしないでしょうか?
ルイージサイコロ&クリボーサイコロ #-|2019/09/29(日) 08:30 [ 編集 ]
>> ルイージサイコロ&クリボーサイコロ さん
> アイワーンか姫ノ城桜子のどちらかが6人目のプリキュアに変身する展開が来るでしょうか?10月中旬までに。

https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/blog-entry-6346.html#comment3376


> アイワーンをそろそろ出撃してほしいです。第34話か第35話に地球に登場するでしょうか?

第34話では出ませんでしたね。
その投稿から1分ちょっとで始まる話なので、見てからでもよかったのでは……。

第35話ではどうなるでしょうか。


> アイワーンは後から洗脳されてノットレイダーに入ったのでしょうか?
> 元は二つ目の美少女で善人だったりしないでしょうか?

これまでの情報からすると、ガルオウガのノットレイダーは難民互助会なので、そういうことはしなさそうな気がします。
まあ、ダークネストが自らスカウトということであれば、その可能性はあるかもしれませんが……。
華乃音 #D4atu1bQ|2019/10/06(日) 05:02 [ 編集 ]
アイワーンはどういう経緯でノットレイダーに入ったのでしょうか?

アイワーンは洗脳され姿も変えられたのでしょうか?
ルイージサイコロ&クリボーサイコロ #-|2019/10/11(金) 22:06 [ 編集 ]
6人目の正式メンバーのプリキュアは登場しないでしょうか?6人になった時、ピースサインで星を作る時、六芒星になる展開になって欲しいです。
星座と六芒星があっても可笑しくないと思っていますが、どう思いますか?
ルイージサイコロ&クリボーサイコロ #-|2019/10/11(金) 22:14 [ 編集 ]
>> ルイージサイコロ&クリボーサイコロ さん
> アイワーンはどういう経緯でノットレイダーに入ったのでしょうか?
> アイワーンは洗脳され姿も変えられたのでしょうか?

それは僕も気になっているところではあります。
まあ普通に、能力を活かして好き放題に暴れられるから……と入団したとしても、なんら不思議はないのですが。


> 6人目の正式メンバーのプリキュアは登場しないでしょうか?6人になった時、ピースサインで星を作る時、六芒星になる展開になって欲しいです。
> 星座と六芒星があっても可笑しくないと思っていますが、どう思いますか?

六芒星は……どうでしょうね……?
華乃音 #D4atu1bQ|2019/10/13(日) 04:28 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/6341-3e7021fc

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.