東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

CPUクーラーとPCケースの換装

PCケースとCPUクーラー買いました。

『Core V51 TG CA-1C6-00M1WN-03』
『H150i PRO RGB CW-9060031-WW』
『T.B.Silence ADV UCTBA14P』
『T.B.Silence ADV UCTBA12P』
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

Corsair『H150i PRO RGB CW-9060031-WW』
Thermaltake『Core V51 TG CA-1C6-00M1WN-03』
ENERMAX『T.B.Silence ADV UCTBA14P』
ENERMAX『T.B.Silence ADV UCTBA12P』

【H150i PRO RGB CW-9060031-WW】

Corsairの360mm簡易水冷クーラー。
3連装の12cmファンで、CPUを冷やします。

夏に向けて、冷却を見直そうという感じですね。
まあ、今のシステムでも去年の夏を何も問題なく乗り越えられたわけで、換装しなければ死ぬというわけではないのですが。

本当は、去年の今ごろに換装する予定だったのですが、GW明けあたりから僕の調子が悪かったので、ちょっと延期になっていたのを、一念発起で実行した感じです。

取り敢えず、ファンとグリスは付属のものを使います。
そのつもりで、ファンも含めて検討した結果、この製品をチョイスしました。

そのファンは、磁気浮上モーター採用の『ML120』シリーズ。
これの、回転数を落としたバージョンと行った感じ。

【Core V51 TG CA-1C6-00M1WN-03】

ThermaltakeのATXケース。
いままではいわゆる密閉ケースでしたが、今回はメッシュです。

360mm水冷はケースを選ぶ……というわけで、ケースも新調。
ケースを換えると、まさに見た目が変わるので、PC一式を買い換えたような気分になります。

360mmに対応し、5.25インチベイも諦めないとなると、なかなか選択肢は少ない現状。
もうそろそろ、光学ドライブは外付けで必要なときだけ接続するという時流に乗るべきなのかもしれません。

このケースは、天面あるいは全面に、最大420mmまでのラジエーターを装着できます。
今回、僕は天面に上記の360mmを取り付けました。

天面がメッシュなので、埃が積もらないように、常時微量でも風が吹き出すようにと考えています。

そして、全面と天面だけでなく、底面もメッシュ仕様。
電源の吸気だけでなく、そのほかにもう1つ12cmファンを取り付けました。

また、このケースの特徴として、サイドが強化ガラスです。
個人的には、魅せるケースに対して特に思うところはないのですが……。

【T.B.Silence ADV UCTBA14P】

ENERMAXの14cmファン。
カテゴリーとしては、静音ファンです。

ケース全面に2つ、背面に1つ取り付けました。

【T.B.Silence ADV UCTBA12P】

『T.B.Silence ADV UCTBA14P』の12cmバージョン。
ケース底面に1つ取り付けました。

換装を終えたPCがこちら。
せっかくなので、ガラス越しに撮影してみたり。

【H150i PRO RGB CW-9060031-WW・Core V51 TG CA-1C6-00M1WN-03】組み立て完了
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

すべてのパーツを移動させるわけなので、まあ、大手術でした。

きょうびもう標準的ですが、やはり裏面配線はいいものですね。
スッキリして、エアフローもよさそうです。

実際に使用してみた感じとしては、メッシュのケースになりましたが、CPUクーラーのファンが低速になったため、静かになりました。
そして、360mmの威力として、静かな割りによく冷えます。

ただ、最高性能で回し続けることを想定するなら、もうちょっと冷却の最大性能に余裕が欲しい気もします。
しばらく使って気になるようなら、やはりファンは交換するかもしれません。

……とはいえ、現実的には100パーセントで長時間ブン回すということは、実際の使用ではほとんどないのですけどね。
大体の作業で高負荷になるのはごく短時間ですし、長時間の負荷といえばエンコードですが、CPUとGPUを併せて使っているので、どちらも6~8割程度だったりします。

今回の換装で、スペックはこうなりました。

最後に、正面から。

【H150i PRO RGB CW-9060031-WW・Core V51 TG CA-1C6-00M1WN-03】正面
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)  
FC2 Blog Ranking
2019/05/08 00:00|PCTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/6257-fdef9d17

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.