東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【メインPC】CINEBENCH R20.0

定番ベンチマークソフト“CINEBENCH”が新しくなったので、試してみました。

測定PCはメインPC。
どうやら、純粋なCPUベンチになったようなので、新調したビデオカードが威力を発揮できそうにないのが、ちょっと残念です。

CINEBENCH R20.0
CINEBENCH R20.0
今回
CPU7,648 cb
CPU (Single Core)377 cb
(画像クリックでその他の項目表示)

まず実行の面では、やはり、かなり負荷は強くなっている感じです。
わざわざ案内文に明記するだけのことはあるようです。

R15と比べると、“OpenGL”の項目がなくなり、まさにCPUベンチに生まれ変わったことがわかります。

また、CPUスコアの単位は依然として“cb”ですが、R15との互換性はないとのこと。
実際、同じ環境で測定しても、数値は大分変わっています。

それでいて、“MP Ratio”は似たような値になるので、測定の妥当性はちゃんと確保されていそうです。

“CPU”のスコアは7,648cb。
サンプルスコアとの比較によると、“Ryzen Threadripper 1950X”以上“Xeon E7-4890”以下というところ。
まあ、至極単純に、コア数の暴力ですね。

“CPU (Single Core)”のスコアは377cb。
単純に1/36にならないのは、やはり Turbo Boost Technology 3.0 がちゃんと効いているのでしょう。

【CINEBENCH R20.0】Turbo Boost Technology 3.0

サンプルスコアとの比較によると、これは“Core i7-6700HQ”以上“Ryzen 7 1700X”以下。
もっとわかりやすいところをチョイスすると、“Core i7-6700HQ”より上で“Core i7-7700K”より下です。
周波数が同じなら世代が新しい方が上で、世代が同じなら周波数が高い方が上ということがうかがえます(ただし、i9-7980XEはSkylake-Xなので、厳密には世代の前後の話をするのは微妙なのですが)。

シングルもマルチも、やはりどうしても、掲載されていないCPUのスコアが気になるところ。
i9-7900Xやi9-9980XE、i7-9900Kあたりのスコアと並べたものも、見てみたいですね。

以上、『CINEBENCH R20.0』でした。
 
FC2 Blog Ranking
2019/03/15 17:55|PCTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/6217-1a0cd4c7

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.