東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」

スケートが続き、今回はほまれ回。
いよいよ、ほまれの恋も決着です。

さて本編。

ワールドジュニアカップも、次はいよいよほまれの出番。
最終調整にも熱が入ります。

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」01

はたして、輝く星を掴むことはできるのでしょうか。

ビューティーハリーでは、アンリに続いてほまれの応援の準備に大騒ぎ。
いつもどおりの空間ですね。

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」02

いつものお返しとばかりに頬を引っ張られ、茹でダコみたいに赤くなるほまれ。
ここまで分かりやすいのに、ほとんど誰もほまれの想いに気付いていないというのは……逆にすごいですね。

ただ、さすがに様子がおかしいとは思ったのか、パップルに相談するはな、えみる、ルールー。
はな以外は、ある意味、年少組といえるかもしれません。

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」03

パップルはズバリ恋と断定します。
「恋はするものじゃない、落ちてしまうものだから。自分じゃどうにもできないのよ」と、いかにもそれらしいことを口にします。

そういえば、敵としてのパップルの最後は、そういう感じに思い詰めての凶行でしたね。
そう考えると、なかなか重い言葉です。

一方、ほまれのところにはさあやが。
ちょくちょくそういう描写がありましたが、さあやはちゃんと気付いていた様子。

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」04

「好きな人のことを考えて、いつも心配しているほまれはかわいいよ」
「いや、好きとか……バレバレ?」

そうやってしっとりと会話していると、ハリー登場。
話は聞かれていなかったようですが、突然の本人にふたりはビックリです。

さあやは、慌てふためきながら適当なことを口にし、その場を去ります。
この女優、演技下手すぎる……。

残されたほまれは、ハリーとふたりきり。
しかし、ほまれの気持ちにまったく気付いていないハリーは、ほまれが大会前で緊張していると捉えてしまいます。

生来のイケメンであるハリーは優しいですが、この状況ではその優しさがほまれを悩ませます。
結局、ほまれはつい憎まれ口を叩いて、ハリーを突き放してしまいます。

夕刻、ほまれをどうやって応援したものかと思案するはな。
前回であれば、チャラリートが通りかかって背中を押してくれたシチュエーションですが、今回遭遇したのは……クライアス社のプレジデント、ジョージ・クライ。

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」05

そういえば、みんな『プレジデント・クライ』と呼ぶのに、はなは『ジョージ・クライ』と呼ぶのですね。

身構えるはなですが、プレジデント・クライには事を構える気はなさそうです。
「君に会いに来たんだよ」などと宣います。

「野乃はなのまわりには、奇跡が満ちている」
「希望とは、すぐに絶望に変わるものだと、君は気付いている」
「君は本当に素敵な女の子だ」
「じゃあ、またね」

ほぼ一方的な会話。
それだけ言うと、プレジデント・クライは姿を消します。

場面変わって、ほまれ。
リンクで、トレーニングをしていますが……調子は今ひとつのようです。

「やっぱり悩んでるね、全然集中できてない。自分の心から目を逸らしている」

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」06

アンリにそう言われ、いくつかの言葉で言い返すほまれですが、アンリはもう完全に見抜いてますね。
「スケートを言い訳にしないでくれ。誰のためでもなく、ほまれのために滑ればいい」
「100パーセントの輝木ほまれを見せてくれ。それが、ボクたちの笑顔になる」

その夜。
縁側で物思いにふけるほまれに、お母さんが上着を掛けてくれます。

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」07

母娘の恋愛相談。
ほまれの家庭は両親が離婚しているので、なかなか複雑です。

「恋は難しいよね。告白しても、絶対付き合えるわけじゃないし、一度くっついても、別れちゃうこともある」
「けど、お母さんはお父さんのこと、好きになってよかった」
「一緒にいて、傷つくこともあったけど、たくさんの宝物もくれた」

「ほまれちゃん、よく笑うようになった」
「もし傷ついても、その笑顔をくれた友達が、涙を吹き飛ばしてくれる」

そういえば、物語開始時点では、ほまれは笑顔をなくした子でしたね。
その状態は、どれだけ心配だったことでしょうか、そして、そこから立ち直って、どれだけ救われたことでしょうか。

そして翌日。
ついに、大会当日です。

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」08

応援の準備もバッチリですね。
ハリーは寝不足らしく、目の下にクマが。

ほまれのところには、はなとさあやが。
アンリに背中を押され、お母さんに励まされたほまれ、遂に意を決します。

「はな、フレフレして!さあやも、はぐたんも。」
「今から私のハート、100パーセントマジ上げするから、お願い!」

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」09

「フレフレほまれ!ファイト!」
「サンキュ!」

そうして、ほまれは決戦の舞台に駆け出します。
それはスケートリンク……ではなく、アリーナの屋上。

そこには、連絡を受けたえみるとルールーが連れてきた、ハリーの姿が。
そして、みんなは話を盗み聞きなどせずに立ち去り、完全なふたりきりの空間を作ります。

遠い距離を、緊張の面持ちで少しずつ詰めるほまれ。
しかし、この期に及んで、ハリーはまだほまれの気持ちには気付いていないようです。

「ほんとに鈍感」
「ギャグつまんないし、すぐふざけるし、大事なこと隠すし、ねずみだし」
「ほんとに、優しいんだから……」
「なんでだろ、あんたといると、全然上手く喋れないし、喧嘩しちゃったり、そんなのばっか」
「なのに……」

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」10

「あんたが、好き」
「輝木ほまれは、ハリーのことが大好きです!」

遂に言ったほまれ。
その瞳には、涙が。

ハリーは一歩踏み出し、手をのばせば触れられる距離に。
しかし、ハリーの回答は「すまん……。オレはお前の気持ちに、応えられへん」

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」11

「未来に帰っちゃうから?」と聞くほまれに、「そやない」と答えるハリー。
「オレも、気持ちを伝えたいと思ってるヤツがおる」
「それを有耶無耶にしたまま、お前の気持ちには応えられへん」
「ごめんな……」

真摯に振るのも、イケメンですね……。
そして今作が『HUGっと!プリキュア』だからこそ、ここでハリーがほまれを抱きしめないことで、ハリーの真面目さと優しさが際立ちます。

ほまれは涙を流した顔を上げ、「ありがとう!スッキリした!」と言って走り去ります。
そこに待っていたのは、仲間たち。

「どうだった?」と聞くはな。
「やっぱり……ダメだった……」と答えるほまれ。

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」12
(画像クリックで高解像度版表示

両腕を開いたはなの胸に飛び込み、大泣きするほまれ。
やがて……「星を掴むために、私は跳ぶ!」と笑顔を見せます。

そして、ほまれの演技が始まります。
家族や仲間たちの見守る中、ほまれのスケートが冴え渡ります。

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」13

『不思議。すごく集中できる。バラバラになっていた心が、ひとつになったみたいに』
『ずっと想ってた、片想い。叶わない恋に、意味はあるのかなって』
『でも!』

そのとき、応援席からハリーの声援が。
「フレフレほまれ!」

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」14

手には、大きな応援旗が。
寝不足だったのは、これを作っていたのですね。

やがて、ほまれの演技もクライマックスに。

『きっとあった!』
『ドキドキした気持ちも、胸がキューッとなって流した涙も、今、私の心で輝いてる!』
『フレフレ私!』

そして、ほまれは4回転ジャンプを成功させます。
『ありがとう』

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」15

仲間も、家族も、みんな笑顔。
『ありがとう、みんな。ありがとう、ハリー』

その余韻もそこそこに、猛オシマイダーを連れてビシンがやってきます。
演技の最中とかじゃなくてよかったですね……。

変身して対処に当たるプリキュアたち。
しかし、ややあって、猛オシマイダーの手に捕まってしまうエトワール。

そこにビシンが近づき、「ハリーは、お前のことなんか……」と言いかけますが、エトワールは「知ってるよ!」と返します。

エトワールの失恋を知り、高らかに笑うビシン。
「あれだけ教えてやったのに、バカなヤツ!」

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」16

それに言い返したのは、エール。
「そんなことない!」

「勇気を出して行動した人を!」
「バカにする権利なんて!」
「誰にもない!」

仲間たちの声援に、少したじろぐビシン。
「強がるなよ!」
「お前はもう、明日なんていらないと思ってるんだろ?」

そう思ったのが、今のビシンですね。
それに対し、エトワールは。

「私は、自分の大好きな人の幸せを、輝く未来を願ってる」
「だから、時間を止めたいなんてイケてないこと、思わない!」

ミライブレスで繋がるプリキュアの絆。
エトワールはみんなのパワーを受け取り、猛オシマイダーの手をこじ開けます。

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」17

さすがは『力』のプリキュアですね。
そしてそのまま、『スタースラッシュ』で猛オシマイダーを吹っ飛ばします。

フィニッシュはもちろん、全員での『みんなでトゥモロー』!
かくして、猛オシマイダーは浄化され、ビシンは撤退です。

今回の本筋にビシンがほとんど絡んでこなかったということは、ビシン単体(というかハリハリ族)のお話がまだあるということでしょうか。
リストルも解放とはなりませんでしたし、気になるところです。

それはともかく、大会は見事ほまれの優勝で幕を閉じます。
その胸に、金メダルが輝きます。

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」18

仲間たちはもっと眩しいです。
ほまれまわりのお話は、これで締めですね。

そして、次はさあやの番。
遂に、念願の母親との共演が実現するようです。

【HUGっと!プリキュア】第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」19
 
FC2 Blog Ranking
2018/12/09 13:18|TV・CD・本TB:2CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
HUGっと!プリキュア 第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」 
こういう恋も、素敵じゃないか(^^) すごく少女マンガしてましたね。 小さいお友だちにはちょっと早いかなと思うところもありましたが。 悲恋に終わったほまれっちの告白。 ハグプリはそれぞれのキャラが向き合ってることを実に真摯に描いてるなと。 ストーリーをはぐらかさない姿勢が素晴らしい。 恋は少女を強くする。 ほまれっち、いい顔してる!優勝おめ!(^^) ...  
のらりんすけっち 2018/12/09(日) 16:58
HUGっと!プリキュア 第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」 
HUGっと!プリキュアの第43話を見ました。 第43話 輝く星の恋心。ほまれのスタート。 ワールドジュニアカップもいよいよほまれの出番となるのだが、ハリーの姿を見たほまれの顔が真っ赤になってしまう。 大会に集中するため、ハリーには会わないと決めたほまれだったが、思うように滑れずにいた。 はな達はハリーとほまれを2人きりで会わせ、ほまれは自分の気持ちを伝えるのだった。 ...  
MAGI☆の日記 2018/12/09(日) 21:40
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/6145-74889a5f

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.