東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【カラデシュ/Kaladesh】公式プレビューカードレビュー22 #MTGKLD

今回は8枚。
3回に分けて紹介しています。

この記事では、その3として3枚を紹介(8/8)。
その1(2枚)その2(3枚)はこちら。

ソースはこちら。

害悪の機械巨人Noxious Gearhulk

害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk (4)(B)(B)
Artifact Creature - Construct (M)
威迫
害悪の機械巨人が戦場に出たとき、他のクリーチャー1体を対象とする。あなたはそれを破壊してもよい。これによりクリーチャーが破壊されたなら、あなたはそれのタフネスに等しい点数のライフを得る。
5/4


Menace
When Noxious Gearhulk enters the battlefield, you may destroy another target creature. If a creature is destroyed this way, you gain life equal to its toughness.
5/4


ダブルシンボル6マナ5/4・威迫のアーティファクト・クリーチャー・構築物。
神話レア。

以前紹介した、《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》(緑)《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》(青)に続く、機械巨人/Gearhulkサイクルの黒。

黒は威迫と除去。
除去は黒にも使える代わりに再生を許す《霊魂切断/Sever Soul(8ED)》
再生されるとライフを得られませんが、結構お得感のあるcip能力です。

除去でブロッカーを減らし、威迫ですり抜ける……という感じでしょうか。

逆毛ハイドラBristling Hydra

逆毛ハイドラ/Bristling Hydra (2)(G)(G)
Creature - Hydra (R)
逆毛ハイドラが戦場に出たとき、あなたは(E)(E)(E)(エネルギー・カウンター3個)を得る。
(E)(E)(E)を支払う:逆毛ハイドラの上に+1/+1カウンターを1個置く。ターン終了時まで、これは呪禁を得る。
4/3


When Bristling Hydra enters the battlefield, you gain {E}{E}{E} (three energy counters).
Pay {E}{E}{E}: Put a +1/+1 counter on Bristling Hydra. It gains hexproof until end of turn.
4/3


ダブルシンボル4マナ4/3のハイドラ。

今回のハイドラは『エネルギー/Energy』カウンター。
cip能力で3個持ってきて、3個を+1/+1カウンターと交換でき、その際に呪禁がついてきます。

少なくとも5/4にはなれるので、《轟くベイロス/Rumbling Baloth(M14)》の上位互換。
もっと大きくなる可能性もありますし、『エネルギー/Energy』カウンターは別のことを使ってもいいですし、除去の回避に呪禁を期待してもいいです。

街の鍵Key to the City

街の鍵/Key to the City (2)
Artifact (R)
(T),カードを1枚捨てる:クリーチャーを最大1体対象とする。このターン、それはブロックされない。
街の鍵がアンタップ状態になるたび、あなたは(2)を支払ってもよい。そうしたなら、カードを1枚引く。


{T}, Discard a card: Up to one target creature can't be blocked this turn.
Whenever Key to the City becomes untapped, you may pay {2}. If you do, draw a card.


2マナのアーティファクト。

タップ能力は、ブロックされなくするもの。
コストとして手札を消費しますが、共鳴者的に使うこともできます。

もう1つの能力は、アンタップの際、マナを支払うとドローできるというもの。
タップ能力で消費した手札を補充しろという感じでしょうか。
往復で、2マナでクリーチャーを1体アンブロッカブルにする感じですね。
 
FC2 Blog Ranking
2016/09/09 04:57|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/5571-a875ad28

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.