東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad】公式プレビューカードレビュー25 #MTGSOI

今回は13枚。
4回に分けて紹介します。

この記事では、その1として3枚を紹介。
各カードのリンク先にソース。

罪を誘うもの/Sin Prodder (2)(R)
Creature - Devil (R)
威迫
あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。どの対戦相手も「あなたはそのカードをあなたの墓地に置く。」を選んでもよい。あるプレイヤーがそうしたなら、罪を誘うものはそのプレイヤーにそのカードの点数で見たマナ・コストに等しい点数のダメージを与える。誰もそうしないなら、そのカードをあなたの手札に加える。
3/2


Menace
At the beginning of your upkeep, reveal the top card of your library. Any opponent may have you put that card into your graveyard. If a player does, Sin Prodder deals damage to that player equal to that card's converted mana cost. Otherwise, put that card into your hand.
3/2


シングルシンボル3マナ3/2・威迫のデビル。

《ボガートの粗暴者/Boggart Brute(ORI)》に誘発型能力がついてコスト据え置きの上位互換。
その《ボガートの粗暴者/Boggart Brute(ORI)》《ゴブリンの騎兵隊/Goblin Cavaliers(P02)》の上位互換で、それすらも《ゴブリンの勇士/Goblin Hero(6ED)》の完全上位互換という、クリーチャーの質の向上が見て取れるカードですね。

アップキープ誘発能力は、ライブラリーのトップを公開し、相手はそれを手札に入れることを許容するか、ダメージを負うかという選択をするというもの。
最終的に相手に選択権があるカードではありますが、懲罰者カード(《怒鳴りつけ/Browbeat(TSB)》など)のように、どちらを選ばれても構わない状況はままあると思うので、なかなか強力な能力だと思います。

不屈の追跡者/Tireless Tracker (2)(G)
Creature - Human Scout (R)
土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、調査を行う。(「(2),このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無色の手掛かり・アーティファクト・トークンを1つ戦場に出す。)
あなたが手掛かりを1つ生け贄に捧げるたび、不屈の追跡者の上に+1/+1カウンターを1個置く。
3/2


Whenever a land enters the battlefield under your control, investigate. (Put a colorless Clue artifact token onto the battlefield with "{2}, Sacrifice this artifact: Draw a card.")
Whenever you sacrifice a Clue, put a +1/+1 counter on Tireless Tracker.
3/2


シングルシンボル3マナ3/2の人間・スカウト。
『イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad』の新キーワード処理『調査/Investigate』持ち。

《ゴリラの戦士/Gorilla Warrior(USG)》に能力が2つついてコスト据え置きの上位互換。

1つめの能力は、土地を出すたびに新能力『調査/Investigate』を行うというもの。
上陸っぽい能力ですね。

2つめの能力は、『手掛かり/Clue』を生け贄に捧げるたび、自身を永続強化するもの。
プレイヤーがほかのことをしている間に、余分なコストをかけることなく、永続的に大きくなっていくクリーチャーはいいですね。

ウルヴェンワルドの謎/Ulvenwald Mysteries (2)(G)
Enchantment (U)
あなたがコントロールするトークンでないクリーチャーが1体死亡するたび、調査を行う。(「(2),このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無色の手掛かり・アーティファクト・トークンを1つ戦場に出す。)
あなたが手掛かりを1つ生け贄に捧げるたび、白の1/1の人間・兵士・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。


Whenever a nontoken creature you control dies, investigate. (Put a colorless Clue artifact token onto the battlefield with "{2}, Sacrifice this artifact: Draw a card.")
Whenever you sacrifice a clue, put a 1/1 white Human Soldier creature token onto the battlefield.


シングルシンボル3マナのエンチャント。
『イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad』の新キーワード処理『調査/Investigate』持ち。

トークンでないクリーチャーが死ぬとトークンが出てくるエンチャント。
このカードは新能力『調査/Investigate』により、『手掛かり/Clue』トークンが生成されます。

そして、『手掛かり/Clue』生け贄誘発能力も持っていて、それによりクリーチャー・トークンが生成されます。
2つの能力の組み合わせで、クリーチャーの数は減らない……という感じのデザインなのでしょう。

『手掛かり/Clue』によるドローでクリーチャーを引いて出す体制に持って行ける感じのデッキで、トークンをためて攻撃したり、トークンで時間を稼いでいる間に何か大きなことを準備したりしたいですね。  
FC2 Blog Ranking
2016/03/22 03:54|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/5379-0b5a5cf0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.