東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【メインPC】CrystalDiskMark 4.0.2

ベンチマークのお時間です。
今回は、『CrystalDiskMark 4.0.2』

ベンチマーク
  • CrystalDiskMark 4.0.2[この記事]
  • ドラゴンクエストX ベンチマークソフト(予定)
  • ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(予定)
  • PCMark 7(予定)
  • PCMark 8(予定)
  • その他(未定)

【メインPC】概要
(画像クリックで原寸大版表示)

メインPCのスペックはこちら。

【CDM4.0】SHPM2280P2/480G【CrystalDiskMark 4.0.2】SHPM2280P2/480G
Sequential Read (Q= 32,T=14)1062.379 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T=14)960.661 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T=14)390.890 MB/s95432.1 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 32,T=14)280.890 MB/s68576.7 IOPS
Sequential Read (T= 1)662.482 MB/s
Sequential Write (T= 1)1007.881 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1)39.729 MB/s9699.5 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1)99.911 MB/s24392.3 IOPS

システムドライブの M.2 SSD。
速度、容量、価格、興味のトータルを見てチョイスしました。

シーケンシャルアクセスはリード、ライトともに1,000MB/s程度。
4桁達成は、なかなか感慨深いです。

ライトはいいのですが、リードはカタログスペックによると1,400MB/sのはずなので、僕の環境では少し遅いようです。
システムが入っているからか、設定が悪いのか……。

ランダムアクセスはリードが約400MB/sでライトが約300MB/s。
システムドライブなので、この性能が高いのは大変ありがたいです。

【CDM4.0】MD04ACA300 【CrystalDiskMark 4.0.2】MD04ACA300
Sequential Read (Q= 32,T=14)303.869 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T=14)159.288 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T=14)1.762 MB/s430.2 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 32,T=14)1.992 MB/s486.3 IOPS
Sequential Read (T= 1)158.979 MB/s
Sequential Write (T= 1)157.073 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1)0.747 MB/s182.4 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1)1.630 MB/s397.9 IOPS

データドライブのHDD。
やっぱり僕はHGSTと東芝のHDDが好き。

シーケンシャルアクセスはリードが約300MB/sでライトが約160MB/s。
HDDなのでそこまで速度は重要視していないのですが、データ移行の時などのことを考えると、やはり速いに越したことはないです。

ちなみに、このドライブが録画ファイルのエンコードの受け側になります。
エンコードの際のドライブのスピードを重要視する向きもありますが、僕の場合、エンコードの速度が書き込みよりもはるかに遅いのでそちらが律速になり、ドライブのスピードはほとんど関係ないことを確認しています。

【CDM4.0】RAID 0 DT01ACA300 x 5 【CrystalDiskMark 4.0.2】RAID 0 DT01ACA300 x 5
Sequential Read (Q= 32,T=14)256.599 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T=14)238.914 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T=14)0.561 MB/s137.0 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 32,T=14)0.447 MB/s109.1 IOPS
Sequential Read (T= 1)248.760 MB/s
Sequential Write (T= 1)233.001 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1)0.565 MB/s137.9 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1)0.444 MB/s108.4 IOPS

録画ドライブの外付けHDD-RAID。

RAID 0 なのに遅いのは、I/F(というかコントローラー)がSATA2(3Gbps)だから。
このドライブの場合、1ドライブとしてのサイズ、外付けとして単体で完成したドライブであることを重視したため、速度がある程度のところで犠牲になりました。

ちなみに、このドライブがエンコード(通常)のソース側。
やはり、エンコード速度が律速になるので、ドライブ速度は特に問題になりません。

問題になるとすると、やはりデータ移行。
ドライブが巨大ということもあって、丸々コピーしようとすると丸一日(単純計算で16時間)かかるわけで……なかなか大事になります。

コントローラーがSATA3.0(6Gbps)に対応した外付けケースが出れば、単純に速度は倍になると思われるので、そちらに乗り換えたいところではありますが……ちょっと望み薄でしょうかね。

【CDM4.0】RAID 0 CSSD-S6T128NHG6Q x 2 【CrystalDiskMark 4.0.2】RAID 0 CSSD-S6T128NHG6Q x 2
Sequential Read (Q= 32,T=14)1067.793 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T=14)933.111 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T=14)658.296 MB/s160716.8 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 32,T=14)342.722 MB/s83672.4 IOPS
Sequential Read (T= 1)857.233 MB/s
Sequential Write (T= 1)734.922 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1)20.985 MB/s5123.3 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1)70.973 MB/s17327.4 IOPS

不揮発性テンポラリードライブのSSD-RAID。
きっかけは、SSDでRAIDしたらどれくらいの速度になるのかなという興味からでした。

結果、シーケンシャルアクセスはリード、ライトともに約1000MB/s。
先述の『SHPM2280P2/480』に匹敵するスコアを叩き出しました。

ランダムアクセスに至っては、リードが約660MB/sでライトが約340MB/sと、『SHPM2280P2/480』を凌駕しました。

まあ、とはいえ RAID 0 ドライブなので、システムにはしませんけどね。
まず大丈夫だとは思うのですが、念には念を入れるのと、OSのインストールが面倒になるのを嫌ったためです。

【CDM4.0】QSoft RAMDrive Enterprise x64【CrystalDiskMark 4.0.2】QSoft RAMDrive Enterprise x64
Sequential Read (Q= 32,T=14)37931.866 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T=14)40937.843 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T=14)4324.852 MB/s1055872.1 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 32,T=14)3414.304 MB/s833570.3 IOPS
Sequential Read (T= 1)6758.348 MB/s
Sequential Write (T= 1)9256.053 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1)1662.111 MB/s405788.8 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1)1153.706 MB/s281666.5 IOPS

揮発性テンポラリードライブのRAMDisk。

メモリ自体がDDR4-2400(PC4-19200)と高速になったため、RAMDiskもとても速いです。
シーケンシャルアクセスがリード、ライトともに約40GB/sで、ランダムアクセスがリード約4GB/s、ライト約3GB/sというのは、もう異次元の領域。

再起動(やシャットダウン)をしたら消滅することと、容量が小さい(8GB)わけですが、このドライブでできることは、このドライブを使うのが一番早いです。  
FC2 Blog Ranking
2015/05/05 00:31|PCTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/5078-b6edb6fc

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.