東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【アヴァシンの帰還/Avacyn Restored(AVR)】公式プレビューカードレビュー21

今回も8枚。
前後編に分けて紹介しています。

この記事では、その後半として残りの4枚を紹介。
前半(4枚)はこちら。

ソースはこちら。

人間の脆さ/Human Frailty (B)
Instant (U)
人間・クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。


Destroy target Human creature.


1マナのインスタント。

部族除去。
対象とするのは人間なので、ほかのどのクリーチャー・タイプよりも範囲が広く、使いやすいのではないでしょうか。

この除去が回避される状況というのは、おそらくどの単体除去でも回避されている状況だと思うので、それならコストが軽いに越したことはありませんよね。
1マナのインスタントというのは非常に優秀だと思います。

奈落に住まう騙し屋/Treacherous Pit-Dweller (B)(B)
Creature - Demon (R)
奈落に住まう騙し屋がいずれかの墓地から戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはそれのコントロールを得る。
4/3
不死(このクリーチャーが死亡したとき、それの上に+1/+1カウンターが置かれていなかった場合、それを+1/+1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)
4/3


When Treacherous Pit-Dweller enters the battlefield from a graveyard, target opponent gains control of it.
Undying (When this creature dies, if it had no +1/+1 counters on it, return it to the battlefield with a +1/+1 counter on it.)
4/3


ダブルシンボル2マナ4/3不死のデーモン。

高効率ですが、デメリット持ち。
不死により墓地から舞い戻ると、裏切ります。

死なないように守るか、能動的に+1/+1カウンターを載せてしまうか、裏切ったら死んでもらうか、一切合財無視して速攻を行うか……といった感じでしょうか。
デザイン的には、火力なりドレインと併用して、一気に決めたいところですね。

破滅の儀式/Rite of Ruin (5)(R)(R)
Sorcery (R)
アーティファクト、クリーチャー、土地の順番を決める。各プレイヤーは第一のタイプのパーマネントを1つ生け贄に捧げ、第二のタイプのパーマネントを2つ生け贄に捧げ、第三のタイプのパーマネントを3つ生け贄に捧げる。


Choose an order for artifacts, creatures, and lands. Each player sacrifices one permanent of the first type, sacrifices two of the second type, then sacrifices three of the third type.


ダブルシンボル7マナのソーサリー。

合計6つのパーマネントの生け贄を強制します。
自分にも影響が及びますが、例えばアーティファクトをコントロールしていない状況でアーティファクトを第3のタイプに選べば自軍への被害は最小限になるわけなので、相手によってはかなり一方的な除去になり得ます。

選択権がこちらにあるのはいいのですが、相手を選ぶのと重いのがネックですね。

ソンバーワルドの賢者/Somberwald Sage (2)(G)
Creature - Human Druid (R)
(T):あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ3点を加える。このマナは、クリーチャー呪文を唱えるためにのみ使用できる。
0/1


(T): Add three mana of any one color to your mana pool. Spend this mana only to cast creature spells.
0/1


シングルシンボル3マナ0/1の人間・ドルイド。

マナ・クリーチャー。
生み出せるマナは圧巻の《Black Lotus(2ED)》で、しかも使い回せます。
ただし、クリーチャー呪文限定ですが。

そういう意味で、《ヴィダルケンの技術者/Vedalken Engineer(DST)》の亜種といえるでしょう。
こちらは、出せるマナが多い代わりに能力には使用できませんが。

3マナもブーストできれば、次は6~7マナですので、夢が広がりますね。
3ターン目に《原始のタイタン/Primeval Titan(M12)》でも《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite(NPH)》でも出せます。  
FC2 Blog Ranking
2012/04/18 14:17|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/4111-36af2909

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.