東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

閃ブレード

UO購入LEDサイリウム購入に続く、イベント後のサイリウム関係記事3部作のトリ。

まず、購入したのはこちらのLEDライト。

GENTOS 閃 SG-305
撮影:LUMIX DMC-FX150(画像クリックで高解像度版表示)。

GENTOS『閃 SG-305』
単4電池3本で使える、LEDの懐中電灯です。

特長はなんといってもその明るさ。
場合によっては使いづらいのではないかと思えるほどの光量を誇ります。
ちなみに、光の形は四角形。

ストラップが何気にいい感じです。
手が滑っても、落としたり飛んでいったりすることがありません。

そして、ここからが『閃ブレード』。
要は、LEDサイリウムの光源をこの『閃』にしてしまおうという話です。

まず、接続部の作成。
これは、PETボトルのフタを使います。
PETボトルのフタのネジ溝が、ターンオンのネオンライトの筒に切ってあるネジと合致することを利用するわけですね。

そして、光を通すため、中央に丸い穴を空けます。

【閃ブレード】接続部
撮影:LUMIX DMC-FX150。

ちなみに、この写真は閃ブレード制作後、撮影のためにもう1つ追加で作ったものなので、以下の話ではこれを使っているわけではありません。
まあ、本質的にはなにも変わりませんが。

そして、向きに注意して閃の先に接着。
テープで補強して、接続部分は完成。

できあがったものがこちら。

【閃ブレード】完成
撮影:LUMIX DMC-FX150(画像クリックで高解像度版表示)。

ここで重要なのは、筒の先端処理。
先述の通り、大変明るいライトを使用しているため、光が漏れると周りの人の目が大変危険です。
必ず、何らかの処理をして下さい。
僕は、写真のとおりメタルテープを巻きました。

そして、いざ点灯。

【閃ブレード】点灯(ピンク)
撮影:LUMIX DMC-FX150。

オリジナルとは比べられないほどまぶしいですね。
同色で比べられないのが残念なところですが、僕は今のところこの2本しか持っていないので……。

電池がLR44×4から単4×3になったのも、入手性やコスト的にすばらしいです。
耐久テストはしていないのですが、恐らく持続時間も同等か延びているのではないでしょうか?

見た目も、もともと閃のデザインがライトセイバーっぽいので、まさに「閃ブレード」という感じになっています。
ただ、少し全体が長くなってしまうので、その点を気にする場合は注意して下さいね。

次に、UOとの比較。

【閃ブレード】UOとの比較

UOは折った直後の一番明るいときのものです。
さすがに少し及びませんが、かなり肉薄する光量だと思います。

しかし重要なのは、閃ブレードはこの光量が時間単位で持続するというところ。
3分もすれば、UOより明るいです。

最後に、ここまでピンクばかりだったのでブルーも。

【閃ブレード】ブルー

これも相当の明るさですね。
実にすばらしいです。

そして閃ブレードの強みは、一度本体を用意すれば、あとは筒を差し替えるだけでいいという利便性にあります。
欲しい色のネオンスティックを買えばいいだけなのでラクチン。
その気になれば自作も可能です。

そんな感じで制作したわけですが、例によって使うようなイベントへの参加予定がないのですよね……というオチを想定して閃を発注したわけですが、この現状です。
光り物はすべて防災用具になるので、今この閃ブレードはブルーをセットして非常用持ち出し袋に入っています。
あと、停電の時に1人で振ってます。  
FC2 Blog Ranking
2011/03/16 17:38|未分類TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/3680-d266cbef

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.