東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【スイートプリキュア♪】第03話「ジャジャ~ン!響は音楽嫌いニャ?」

初戦闘、初勝利も終え、ここから平常運転かしら?

北条家の朝。
ハミィは目覚まし時計の電子音は嫌いなようですね。

そして、朝から爆音で音楽を鳴らす響父。
まあ、本人はヘッドホンを使っているつもりだったらしいのですが。

【スイートプリキュア♪】第03話「ジャジャ~ン!響は音楽嫌いニャ?」

しかしこの髪型……スイーツ部に似たようなのがいたような気が……。

この親子のギクシャク感は微妙におなか痛くなるレベル。
よくこれでねじれずに数年間……。

響の登校風景として描写される加音町。
……いや、何でもない平日にいくらなんでもこれはちょっとやり過ぎじゃ……というレベルの音楽プッシュの町。
圧巻です。

そしてここで、イケメン登場。

【スイートプリキュア♪】第03話「ジャジャ~ン!響は音楽嫌いニャ?」

シャベッタアアア!
これはスポンサーへの配慮だろうか……。

かくして、しゃべっただけで周りの女子がこの有様なイケメン。
名前は『王子正宗』というそうです。

プリキュアとしては久々に真っ当そうな相手役としてのイケメンが出てきたということで、騒然となったことと思います。
……とはいえ、歴代でまともに機能した男(人間)キャラは藤P先輩だけな貴ガス。

そして今回、最序盤の段階からチームiPSレベルが高すぎる主人公2人を前にして、どうなるのか……。
現状、響は興味なさそうですし、王子先輩も響父にしか興味なさそうです(既に薄い本制作に取りかかった人もいそうですね)。

物議を醸しそうなのはこの人。

【スイートプリキュア♪】第03話「ジャジャ~ン!響は音楽嫌いニャ?」

この表情をどう読むか。

それはともかく、響は音楽が嫌い……と言い張っているようです。
今回のプリキュアには変身条件として音楽を愛する心が必要なわけで、変身できたということは逆に音楽が好きということを示しているわけでもあります。

響が音楽嫌いを公言するようになったのは小学3年の音楽会のあとから。
そこで何かがあったようです。

しかし、響も言っていますが、そんなことよく覚えてるな……さすがの貫録。
ついにスプラッシュスター超えかと言われるだけのことはあります。

一方のマイナーランド勢。
時計塔にアジトを構えたようです……が……。

【スイートプリキュア♪】第03話「ジャジャ~ン!響は音楽嫌いニャ?」

地域放送の音響機器も兼ねているようで、音楽が病的に大好きなこの町では当然楽しい音楽がことあるごとに使用されるわけで……その度に苦しんでいたら、身が持たないと思います。

それはさておき、響。
コンサートへ行くことを拒否して帰宅したわけですが、そこへ奏がケーキを持って来訪。
しかし、部屋の鍵が壊れ、閉じ込められることに。

壊れたドアを挟んで、響の音楽嫌いの原因を聞く奏と話したくない響。
少しのケンカのあと、響からついにそのことが語られます。

【スイートプリキュア♪】第03話「ジャジャ~ン!響は音楽嫌いニャ?」

お父さんと遊園地に行く約束をしていた日、急にピアノの代打ちを頼まれ、それをミスなく完璧にこなしたものの、お父さんから「音楽を奏でていない」と言われて落ち込んでしまったようです。
その言葉の意味がわからないまま、現在まで来てしまったようです。

それを聞いた奏。
その奏から後押しを受けた響。
2人の心がつながり、ドアが開きました(具体的には2人同時にドアノブを回したことによるのかもしれませんが、まあ、それは些末なこと)。

そして、奏のケーキで気合いを入れ、音楽王子隊の控え室に殴り込み。
そこでは、響のように「音楽を奏でていない」と言われる王子先輩の姿が。

音楽家を目指すなら、その意味は自分で考えろというのは、きっと何があっても曲げない教育方針なのでしょうね。
その結果、互いに大好きなのに5年も微妙に不仲なのか……。

本番の時間。
お父さんは最後に若干のヒントを。
「音楽ってなんだろうね?」

そして本番開始……の前に、現れるマイナーランド。
王子隊のチェロに音符を確認し、ネガトーン化。

響と奏も、変身して応戦。
しかし、心にモヤモヤを抱えているせいか、苦戦します。

そこで、ネガトーンの音楽に「音楽を奏でていない」とダメ出しをするお父さん。
ネガトーンの力でも落ち込まないあたり、実は相当の強キャラ……!

そして、本物の音楽を実演するお父さん。
その姿を見て、言葉の真意を理解するメロディ。

【スイートプリキュア♪】第03話「ジャジャ~ン!響は音楽嫌いニャ?」

まず演者自身が楽しむことが絶対必要ということだったわけですね。
昔の響は完璧にこなしてはいたものの嫌々でしたし、今回の王子先輩も完璧にこなそうとして楽しめていなかったということでしょう。

モヤモヤも晴れ、反撃開始。
やはり、精神状態は非常に重要ですね。

そして、『プリキュア・パッショナートハーモニー』。
無事、ネガトーンを倒すことに成功しました。

それにしても、この技の最初、メロディとリズムが社交ダンスしているようなシーン、いいよね……。
実にすばらしい。

かくして、コンサートも無事行われました。
……ところで、響は正解にたどり着いたわけですが、王子先輩はたどり着けたのでしょうか?
きっとまた出てくるキャラでしょうし、テーマ的にその時も音楽は欠かせないと思うので、その辺り気になりますね。  
FC2 Blog Ranking
2011/02/22 15:48|TV・CD・本TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://exemptyjmpd.blog.fc2.com/tb.php/3645-9b7b1a27

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.