東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PC、テレビ番組などについての話題や感想すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【わんだふるぷりきゅあ!】第01話:APPENDIX

第1話の感想の付録。
冒頭、OP、提供、アイキャッチ、ED、次回予告、キャンペーン(?)、エンドカードなどについてです。

【今回の1枚】

【わんだふるぷりきゅあ!】第01話:APPENDIX-01

キュアワンダフル。
……の、変身バンクの途中です。

もうほとんど変身完了しているように見えますが、帽子とポーチがまだの状態。
今回のバンクも、やはりどこを見てもいい感じに美麗で素敵なので、見入ってしまいます。

変身の掛け声が『マイエボリューション』なのも、個人的には好き。
単に姿を変えるだけでなく、種族から新しくなる必要があるというこむぎの願いを感じます。

変身中の『スリー』『ツー』『ワン』も、今作ならではでいい感じ。
3から順に指を折っていくのはよくあるやつですが、ワンが1本指でなく、犬のポーズなのがニクイですね。

変身後の名乗り口上で、「一緒に遊ぼ!」なのも、とても犬っぽいと思います。
ただ、もしかしたら、このセリフは最後の方で効いてくるやつになる予感もありますね……。

あと、ちょっと気になったのは、今回の変身バンクがちょっと短いということでしょうか。
短縮されていそうな気配はないので、今作のバンクが短いということなのかもしれません。

その理由を考えるなら、プリキュアがいつもより多いとか、そんなところでしょうか?
仮に、ふたり1組で増えていくとすると、4人の次は6人だったり、さらに追加でひとり増えたりとかありそうですし。

変身そのものはまとめることが可能ですが、名乗り口上を含めると、人数の影響は大きそうですしね。
個人的には、あまり人数が増えすぎるのは好ましくないと思っているのですが、作品に必要ならそれはそれです。

変身アイテム『ワンダフルパクト』はコンパクトミラーで、お化粧道具は変身において王道ですね。
本編感想でも触れましたが、それと、今作ならではの『鏡石』をどう絡ませるかというのも、ひとつ見ものだと思います。

戦闘シーンでは、懐かしの『ぷにシールド』を思い起こさせる肉球バリア(名称不明)を使用
今回の敵が割と強力そうに見えただけに、それを完全に防ぎ、押し返したのは、非常に心強いです。

今後、仲間が増えるとは思うのですが、肉球持ちなら標準装備になりそうな印象。
逆にいえば、肉球がなければこれは使えず、代わりの特技があったりしそうな気配を感じます。

そして衝撃的だったのは、基本的に戦闘をまったくせず、技も使うことなく浄化まで漕ぎ着けたことでしょうか。

技に関しては、これから増えていくのは間違いないとは思います。
まさか、このままずっとこれというのも、あらゆる意味で厳しいでしょうし。

戦闘に対するスタンスがどうなのかは、しばらく見守る必要がありそうに思います。
現状、敵は闇に染められた味方(?)であるような演出で、しかも苦しんでいるっぽい描写でしたからね。

さて、こむぎは犬なので、この変身は二段変身。
中間形態の人型もかわいいのですが、どういう感じで物語は進むのでしょうね。

まあ予想としては、妥当なところで、犬型と人型を行ったり来たりのパターンでしょうか。
第1話を見るかぎり、変身時のみ人型ってことはないでしょうし、かといって、犬型を捨てられるはずもないでしょうし。

一緒に生活するにおいて、家族にどう説明するかも見ものではありそう。
家族の前では犬に戻るというパターンを使うと、学校とか行けず、結局お留守番ですからね……どうするのか。

ところで、この人型のときの服装、前半で通りすがった小学生の着ていた服に似ていると思います。
あの直後で悪夢を見て、さらに悪夢のような出来事に巻き込まれたので、やはり印象が強かったのでしょうか。

さてさて、繰り返しますが、こむぎは犬。
小型犬(パピヨン)ではありますが、だからといって子犬かどうかは、難しい問題でもあります。

いろはとの思い出が結構あるようで、それは言い換えると、長い間一緒に過ごしてきたということでもあります。
まあ、もちろんそのあたりは上手くボカして、人間形態のこむぎの姿がすべてということにしてもいいとは思いますが。

実際、今作は犬側が主人公なので、それはそれで大いにアリだとも思います。
人間側が主人公だと、どうしても飼い犬を通じての成長という要素に、悲しいお別れが避けられないという印象ですが。

まあ杞憂は置いておいて、いまは目の前の、始まったばかりの物語を楽しむのです。
特に、この序盤、さらに次は第2話ということで、かなり重要な要素が散りばめられることが、予想に難くありません。

【冒頭】

【わんだふるぷりきゅあ!】第01話:APPENDIX-02

今回は初回ということもあって(?)、冒頭の挨拶などはありませんでした。

結局のところ、前作では一度もそういうのがありませんでしたが、今作ではどうなるのでしょうね。
個人的に、現在感じている雰囲気的には、そういうのをやってもおかしくない空気感ではありそうに思いますが……?

【オープニング】

【わんだふるぷりきゅあ!】第01話:APPENDIX-03
(画像クリックで高解像度版表示)

OP曲は『わんだふるぷりきゅあ!evolution!!』。
歌うのはシリーズ常連のED歌手、『吉武千颯』さんです。

OPアニメは、わりとシンプルめに印象的にまとまっていて、いい感じ。
そして、ラストがプリキュアでないというのは、初めてではありませんが、やはりインパクトがあります。

そして、ここでもやはり本格的な戦闘がありません。
あくまでも、優しく捕まえるといった感じの描写ですね。

【前提供】

【わんだふるぷりきゅあ!】第01話:APPENDIX-04

前提供イラストは、恒例となる、変身前の面々。
いろは、まゆ、悟とそれぞれのペットということで、まさに今回登場して紹介された面々です。

【サブタイトル】

【わんだふるぷりきゅあ!】第01話:APPENDIX-05
(画像クリックで高解像度版表示)

サブタイトルの表示は、ワンダフルとフレンディがなかよしをして、鞄が出てきてそこからという感じ。
まあ、フレンディも鞄も妖精も、まだ全然出てきていないので、まずはそこからですね。

あと、デザイン的に、見覚えのある感じの妖精(?)がチラホラと……。
いやまあ、他人のそら似だとは思いますが。

【アイキャッチ】

【わんだふるぷりきゅあ!】第01話:APPENDIX-06
(画像クリックで高解像度版表示)

アイキャッチ(おそらく第1弾)は、こむぎといろはがメイクしてなかよし……の夢。

前作では、仲間が増える度にアイキャッチがリニューアルされていました。
そして、新しくなる度に変身前と後を行き来していましたが……今作はどうなるでしょうか。

【エンディング前】

今回は、ED前に特別なことはなにもありませんでした。
ただ、前作でも第1話の段階ではなにもなかったので、次回以降どうなるかは不明です。

まあ、玩具連動やら何やらがあるのなら、やはりちょうどいいここに何かが挟まることになるのでしょう。
そうなると、EDをイントロ部分から堪能できるのは、初回である今回が数少ないチャンスということになりそうです。

【エンディング】

【わんだふるぷりきゅあ!】第01話:APPENDIX-07
(画像クリックで高解像度版表示)

ED曲は『FUN☆FUN☆わんだふるDAYS!』。
歌うのは、『石井あみ』さんと『後本萌葉』さんです。

石井さんは、前作でOPとED(前期)の両方を歌っていたのが記憶に新しいところ。
後本さんは、『映画デリシャスパーティ』で主題歌を歌っていた人ですね。

3Dダンスは、毎度のことながらやはりすごいです。
現状ふたりですが、仲間が増えれば追加されるのでしょうね。

気になるといえば、それっぽい鏡とその中で踊るプリキュア、あとスティック状の得物でしょうか。
現状では戦闘も技もありませんが、武器(?)とその技は追加されそうですね。

【次回予告】

【わんだふるぷりきゅあ!】第01話:APPENDIX-08

次回は第2話「みんな友達、キュアフレンディ!」。
早くも、ふたりめのプリキュアが誕生しそうな気配です(もう見えてますが)。

今作がペットと飼い主のバディものだとするなら、相方も一刻も早く隣に並び立つ存在になる必要がありますね。
まあ一応、予告の中では誰がフレンディになるのかというのは明言しないようにしている感じですかね?

予告を見るかぎり、今回救出した羊妖精が仲間に加わる感じでしょうか。
羊の執事はいくらなんでもベタすぎる気もしますが、このままだと話を誘導するキャラがいませんしね……。

さらに見ると、次回の敵(?)はダチョウっぽい感じに見えます。
羊と鳥が同居するグループというと、妖精のモチーフは十二支とかでしょうか。

ただ、サブタイトル背景とかには、それに無関係な連中も沢山いるのが見逃せないところ。
もっとシンプルに動物という括りなのか、いろいろいる中で十二支が特別という感じになるのか……それとも?

【あなたのおうちのわんだふる】

【わんだふるぷりきゅあ!】第01話:APPENDIX-09

いわゆる、視聴者投稿コーナー。
今回の例にあるようなペット写真を募集しているようですね。

写真投稿コーナーは過去何回かあったように思いますが、はたして今回は……?

【後提供】

【わんだふるぷりきゅあ!】第01話:APPENDIX-10

後提供イラストは、こちらも恒例となる、変身後のプリキュアたち。
本編未登場でもOPにいる、初期メンバーになるであろう面々は、既に描かれています。

それにしても、前のふたり、いいおなかしてますね。
なでたい。

【エンドカード】

【わんだふるぷりきゅあ!】第01話:APPENDIX-11

エンドカードというか、最後に配信のお知らせ。
これも、前作から定番となりましたね。
 
FC2 Blog Ranking
2024/02/05 17:19|TV・CD・本TB:0CM:7

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

X(Twitter) 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.