東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」

夏だ!海だ!サンドアートだ!
プリキュアってサンドアート好きですよね……。

さて本編。

前回、テストに惨敗(全教科)したまなつ。
追試で合格点を取らなければ、部活動は停止となってしまうわけですが、はたして……?

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」01

見事に、全教科とも合格。
追試ということを考えると、点数自体はまずまずですが……元が悪すぎたので、大幅な進歩といえます。

それもこれも、まなつのやる気と、みんなの協力があればこそ。
より一層、部活へのモチベーションも上がるというものです。

「部活、1週間ぶりだもんね。何する?」
「何かパーッと、イベントみたいなことやりたいな! 私たちトロピカる部だけじゃなくて、もっとたくさんのみんなとトロピカれるような……」
「ほかの部活の人も?」
「そう!」
「じゃあ、部活対抗イベント……とか?」
「それ、いい!」
「ビーチでできるようなことは? ちょうど、もうすぐ海開きだし」

なんか、トントン拍子で進んでいきますね。
チームワークというか、一体感も出てきたという感じです。

そして、競技は『サンドアート』に。
まなつの『砂遊び』から、みのりん先輩が膨らませてくれました。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」02

「チームごとに作品を作って、その出来を競う大会形式にすれば……」
「確かに、みんなでできるな」
「面白そう!」
「早速、先生に相談してみよっか」
「うん! 今回の部活動は、サンドアート大会! みんなで……トロピカっちゃおう!」

かくして、トロピカる部主催『あおぞら中学・部活対抗サンドアート大会』が開催。
トロピカる部のほかには、5つほどの部活が参加してくれたようです。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」03

そして、大会のルール説明。
まずはサンドアートのルールを説明です。

「明日の夕方までに、部活ごとのチームでサンドアートを完成させること!」
「使っていいのは、己の肉体とシャベル、あとは霧吹きだけ!」
「優勝は、最後に全員の投票で決めます!」

そして、優勝チームに贈られる賞品は……『トロピカルメロンパン』一年分!

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」04

どうやって調達したかは謎です。
上手いこと協賛に抱き込んだ感じでしょうか。

かくして、スタートです!

この日は、絶好の行楽日和。
サンドアート大会だけでなく、いろんな人が海を楽しんでいるようです。

逆に、そうなると外に出られないのがローラ。
やはり、人魚が見つかると騒ぎになってしまいますからね。

「人に見られたらマズいことになるから、くれぐれも外に出るなよ」
「はいはい、わかってるわよ」
「ローラ、ごめんね」
「別に、私、砂遊びなんて興味ないし」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」05

口ではそう言いますが、基本的にローラが参加したがりな性格なのは、これまでからも明らか。
本人が明確に自覚しているかはわかりませんが、表情は浮かないものになっていますね。

さて、トロピカる部もサンドアートの作成に取りかかります。
何を作るかは、まなつが絵に描いてきてあるそうです。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」06


……!?

「どうかなー?」
「あぁ……えっと……」
「どうかなー?」
「わからない」

しばらく考え込んでいたあすか先輩、まなつからスケッチブックを借りると、何やら描き始めます。
そして……翻訳版『まなつデザインのサンドアート』のスケッチが出来上がります。

どうやら、あすか先輩は絵もお上手。
見た目がヤンキーっぽいことを除けば、本当にかわいらしい人ですね。

そうして、作業開始。
キャッキャウフフ和気藹々と、イベントを満喫します。

そうなると、ひとり疎外感を覚えることになるローラ。
退屈凌ぎに、まなつたちの変顔でも撮ってやろうと、盗撮を始めます。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」07

まあ、そんなことをすれば……余計に孤独感が強まるわけですが。
人魚だからみんなと交われないというのが、これでもかと強調されている感じです。

その後も、イベントは続きます。

主催ということで、ほかの部からも声を掛けられることも多いトロピカる部。
こうして見ると、徐々に知名度を増しているというか、存在が浸透していっているという感じですね。

そうしていると、桜川先生も様子を見にやって来ます。
いや本当に、ちょいちょい出番の多い人ですね。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」08

「すごいわよねー、こんな大きな大会を主催するなんて……トロピカる部も学校を代表するような部活になったってことねー」
「いえ、まだそこまでは」
「違うの?」

まだ気の早い話ですが、いずれそうなっていくであろうことは、想像に難くありません。

先生の差し入れ『マリングミ』で、一旦休憩。
いつものメロンパンは景品にしてしまったので、別の食べ物を登場させた……というところでしょうか。

そして、作業再開。
ジュゴンのヒレに格闘するまなつたちに、黙っていられなくなったローラが参加します。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」09

そうはいっても、大々的に登場できないローラ。
フラストレーションは徐々に、しかし確実に積み上がっているようです。

そうこうしているうちに日は傾き、大会1日目が終了。
「本日の作業は終了です! 続きはまた明日!」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」10

そして帰る前に、各チームの作品を見て回ることに。
それぞれの部活が、特色を発揮して作品を制作しています。

料理部はホールケーキ。
野球部はグラブとボール。
柔道部は嘉納治五郎。
園芸部は前衛的なアート。
美術部はサグラダ・ファミリア。

みんな力作な上に、それぞれのテーマの文化レベルも高いような……。
案外すごい中学校なのかもしれません。

そして翌日。
気合もバッチリ、制作を再開しますが……雨が。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」11

片メカクレの子(美術部)かわいい。

雨はサンドアートには致命的。
すぐやめばいいのですが、それどころか、どんどん本降りに。

雨宿りをする参加者に、重い空気と、諦めムードが流れ始めます。
それを感じ取ったまなつは、飛び出し、その辺にあったパラソルで作品たちを保護しようと試みます。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」12

しかし、その程度のパラソルでどうにかできるようなものでもなく。
風にあおられ、まなつ自身も危険です。

「そんなんじゃ防ぎきれないでしょ!」
「だって! ほかに雨を防げるものなんて……」
「あっ! ねぇ、まなつ! これは使えない?」

そう言って、昨日撮った写真を見せるローラ。
そこに写り込んでいたのは、パラグライダー。

そして、まなつは即行動。
どこからかパラグライダーのキャノピーを持ってきて、サンドアートに被せ、雨を防ぎます。
いわゆるブルーシートの代わりにしたわけですね。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」13

「今、一番大事なことは……みんなで作ったサンドアートを守ること!」

それに感化されたトロピカる部が、そしてほかの参加者が、サンドアートを守るために奮起。
みんなで協力し、パラグライダーのキャノピーを被せていきます。

それが終わるころ、ヌメリーが出現。
まあ、まさにやる気パワーに満ち満ちている空間ですからね。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」14

そして、消波ブロックからゼンゼンヤラネーダを生み出します。
もう、ゼンゼンヤラネーダが標準なのですね。

開幕一番、大会参加者からやる気パワーを吸い取るヤラネーダ。
それを黙って見過ごせるはずもなく、まなつたちは変身し、奪還に挑みます。

「雨にも負けない!トロピカル~ジュ!プリキュア!!」

戦闘開始。
序盤のぶつかり合いを経て、本番に入ります。

突起部を射出するヤラネーダ。
そして、それにはワイヤーが仕込まれていました。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」15

当然のように回転するヤラネーダ。
いわゆる『たまごツイスト』や『ステッピー』のような状態となり、飛び跳ねることを強要されるフラミンゴとパパイア。

落ち着いて見れば、外側に逃げることもできますし、そもそも内側の本体は完全にお留守です。
ただ、こういう遊具状態だと、そういう発想は盲点になってしまうものなのかもしれません。

何にしても、ふたりの危機。
それを打開するアイデアが、サマーに浮かびます。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」16

サマーが砂を掛け、コーラルが水を掛けます。
砂が固まり、回転が止まるという寸法。

サンドアートでやっていたことの応用ですね。
そうして、ヤラネーダはサンドアートになってしまいました。

動きを止めたところで、ローラの出番。
『マーメイドアクアポット』で、ヤラネーダの右の首筋(?)から『赤』のやる気パワーを回収します。

続いて、フィニッシュはもちろん『プリキュア・ミックストロピカル』!
かくして、ヤラネーダは浄化され、ヌメリーも撤退、やる気パワーも持ち主に戻されました。

そして、勝利を祝福するかのように雨が上がります。
「サンドアート大会、再開だー!」

そうして日も暮れるころ、大会の結果発表。
「投票の結果、『あおぞら中学・部活対抗サンドアート大会』優勝は……美術部に決定です!」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」17

雨で少し崩れましたが、見事にリカバー。
そしてアレンジを加えることで、『サグラダ・ファミリアをモチーフとした作品にとって完成とは?』というという問いに見事に答えています。

惜しくも優勝は逃したトロピカる部。
しかし、作品は見事に完成です。

「優勝は、できなかったね」
「でも、素敵な作品ができた」
「あすか先輩が描いてくれた完成予定図とは変わっちゃったけど……」
「これはこれでトロピカってる!……で、いいのか?」
「うん!」

そして何より、サンドアート大会が大成功です。
みんなにハイタッチをして回るまなつ。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」18

慣れていないのか戸惑うみのりん先輩にも、しっかりハイタッチ。
またひとつ、みんな仲よくなりましたね。

さてしかし、側にいるのに、その輪に入れない子がひとり。
ローラは何を思うのか。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」19

「違うわ! これは寂しいとか羨ましいとかなんかじゃないってば!」
首をかしげるくるるんに、全部自分で説明してくれるローラ。

そして、その夜。
プライベート水槽で、ひとり月を眺めるローラに、まなつが訪れます。

「今日はローラのお陰で大成功だったよ!」
「別に私は何もしてないし……」
「ありがとう、ローラ!」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第11話「もりあがれ!海辺のサンドアート!」20

「今度は、ローラも一緒にやれる部活を考えるからね!」
「私、部活なんて……」
「ねっ!」
「うん……」

押すまなつとしおらしくなるローラ。
こういうの、いいですよね……。
 
FC2 Blog Ranking
2021/05/09 12:04|TV・CD・本TB:2CM:2

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.