東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話:APPENDIX

第5話の感想の付録。
冒頭、提供、OP、ED、次回予告、映画宣伝などについてです。

【今回の1枚】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話:APPENDIX-01

キュアフラミンゴ。
……の、変身バンクの途中です。

髪をかきあげる仕草というのはいいものですね。
アニメ的にはそうやすやすと見られるものではないので、バンクありがたいです。

今回はあすか登場回で、当然あすかがメインだったわけですが、あすかとの絡みにおけるまなつの表情も、とてもかわいくてよかったと思います。

みのりもそうですが、そのみのり以上に、わりと降って湧いた感というか、突然出てきた感があるキャラなので、今後の仲間内での絡みに期待。
まあ、そのあたりは抜かりなくやってくれるとは思いますが。

【冒頭】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話:APPENDIX-02

今回も、冒頭の挨拶はありませんでした。
さあ次回、あるのかないのか……?

【前提供】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話:APPENDIX-03

今回も、前提供は本編に組み込まれているパターンでした。

【オープニング】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話:APPENDIX-04

今回のOPは、前回のものとまったく同一でした。
映画宣伝バージョンといえば、毎回少しずつ見せる部分を変えていくのが定例でしたが……やはり、元の映画が短編(約5分)なので、これ以上は流石に無理ということなのでしょう。

この段階で、既にだいぶ出血大サービスであるともいえます。

【エンディング前】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話:APPENDIX-05

ED前も、前回と同一。
動きもまったく同じで、完全に同じものであると思われます。

【エンディング】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話:APPENDIX-06

EDも、前回と同一でした。
このリレーバージョンを作るのに、相当労力をかけているでしょうしね。

【次回予告】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話:APPENDIX-07

次回は、第6話「今はじまる! その名は、トロピカる部!」。
メンバー集めが完了し、いよいよ部活結成のようです。

部活を作るとなると、生徒会長が壁になるのはお約束。
「ミトメラレナイワァ」とか言ってくれないかな……?

会長がメインを張るなら、あすかの話から始まるということでしょうか。
まだその辺りは、含ませ匂わせだけで進行していく可能性もありますけども。

立ち上げの問題は山積のようですが、部なので、顧問も必要になりそうですね。
まあ、その点はここまで不自然なまでにちょいちょい出てくる桜川先生がなんとかしてくれそうではあります。

【トロピカおしゃレッスン】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話:APPENDIX-08

今回は、『キュアフラミンゴのおしゃレッスン!』です。
これでひとまわりなので、次回どうするのか気になりますね。

【後提供】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話:APPENDIX-09

後提供も、番組内に組み込まれているパターンでした。

【映画宣伝】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話:APPENDIX-10

今回も、ラストは絶賛公開中の『映画 ヒーリングっど♥プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!』の宣伝でした。
 
FC2 Blog Ranking
2021/03/29 18:18|TV・CD・本TB:0CM:2

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」

4人目のプリキュア誕生!
初期メンバー最後のプリキュアは、どんな子なのでしょうか。

さて本編。

今日も今日とて街を行くまなつ。
……そこに、急に番長が!

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」01

どうやら、『トロピカってる』を『ツルピカってる』と聞き間違えたようです。
ツルピカってきょうびあんまり聞きませんね……。

迫り来る番長とその手下!
そこに「待ちな!」と、ヒーロー『滝沢あすか』(CV=瀬戸麻沙美)が登場します。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」02

何というか、完全に『セーラームーン』シリーズの木野まことを彷彿とさせるようなキャラですね?
登場自体はタキシード仮面さまみたいでもありますが。

そういえば、今作のプリキュアメンバーは全員名字に三水偏がつきますね(海・涼・瀬・滝)。
今作らしい要素で、必ずしも水そのものではないというのは、いい塩梅です。

まなつと番長の間に割って入るあすか。
たまらず飛び出した子分たちの攻撃をスッと避け、同士討ちでKOします。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」03

これにはローラも舌を巻き、まなつもこの表情。
恋心入っちゃったみたいな顔しやがって……。

そして番長。
大きく振りかぶって殴りかかりますが……あすかはそれを回避し、逆にその勢いを利用して投げ飛ばしてしまいます。

フィジカル自体はまなつも相当なものだと思いますが、ケンカはあすかの方が強そうですね。
おそらく深掘りされることはないと思いますが、ケンカ慣れしている感じがあります。

「女の子ひとりに寄ってたかって、そういうの許せないんだよ!」
ビシッとセリフを決めるあすか。
これには、番長と手下も諸手を挙げて退散です。

「あっ、あの、助けてくれてありがとうございます!」
「別に……じゃあ、私はこれで」
「私は夏海まなつです! あなたは?」
「名乗るほどのものじゃないけど、滝沢……あすか」

かっこいい! シビれる!
まあ、この直後にOPなので、面白おかしいあすかが待っているわけですが。

そして明くる日、学校で。
さんごを連れて、まなつはあすかを捜索中。

先日のあすかは、ローラも気に入ったようで、プリキュアの勧誘です。
「絶対4人目のプリキュアにしてみせるんだから!」と、やる気満々。

体育館裏で、あすかを発見。
初手で、ローラが姿を現します。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」04

本当に、隠す気ゼロですね……。
この場合、目的がプリキュアに勧誘することなので、この判断はきわめて合理的ではありますが。

「あなたをスカウトしに来たわ!」
「えっ……人魚!?」

通り一遍のリアクションと説明(をしたと思われる)後、改めて誘うローラ。
「……というわけで、あなた、プリキュアになって!」

「いや、人魚とかプリキュアとか、いきなり訳がわからない。とにかく、ほかをあたってくれ」
きわめて真っ当な返答をされてしまいます。

「待って! あなた、とっても向いてると思うの」
そう言って、追いすがるローラ。

「力を貸して!」
「人魚の国を救うためなんです!」
「そして、私が人魚の国の女王になるの!」

「気に入らないな。あんた、自分が偉くなりたいだけなんだろ?」
「それのどこがいけないの? そうすれば、人魚の国も人間の国も救えるのよ。いいことずくめじゃない」

本当、ローラはいい性格してますね……。
ただ、あっけらかんと言ってのけるので、変にこじれることもなく、悪い子ではないというのはわかります。

半ば強引に、あすかにパクトを持たせるローラ。
「これであなたもプリキュアの仲間入りよ」

「……仲間?」
その言葉に、少し反応するあすか。
どうやら、過去に何かあったのでしょうね……そして、それが今作におけるこのキャラの核ではないでしょうか。

それには気付かず、テンション上げて説明(?)するまなつ。
「そのトロピカルパクトでメイクして、気合いを入れるの! プリキュアになるときも、よし、やるぞ……」

「もういい」
まなつの言葉を遮り、立ち去るあすか。

わかってはいたことですが、やはりというか、パクトは光りませんでしたね。
今回もいままでと同様、心をひとつにするということができていないので、当然ではあるのですが。

あすかを追いかけるまなつとさんご。
そこに、生徒会長『白鳥百合子』(CV=福原綾香)が現れ、まなつを呼び止めます。

生徒会長の用件は、部活の申請書について。
・部活名:これから決めます!
・活動内容:学校生活をとにかく楽しくする部!

『涼宮ハルヒ』の『SOS団』みたいな部活ですね……。
申請書に書くようなないようではない……。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」05

これを読んださんごもびっくりです。
「わぁー。何だか、いろんな可能性を秘めてるね……」
オブラートの達人!

「そもそも空きの部室はないので、これ以上新しい部室は作れないんです」
申請書だけでなく、学校サイドの都合でも、創部は難しそうです。

「おい、それはおかしいだろ」
一部始終を聞いていたあすかが、ここで口を挟みます。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」06

「あら、何がおかしいの? 滝沢あすかさん」
「部室の空きがないのは、その子のせいじゃない」
「そんなこと言われても、こちらにはどうすることもできないわ」
「ふん、生徒会が無能ってだけだろ」
「随分な物言いね」
「じゃあ、あなたが部室を用意できるっていうの?」
「ああ、やってやろうじゃないか」

何か無茶苦茶言ってますが、話の勢いで協力してくれるようです。
あすかと生徒会長には、並々ならぬ因縁があることも伝わってきます。

そして、3人で部室探し。
当然、通常の部室は既にいっぱいなので、いろいろな場所を探します。

すると、みのりがいい場所を知っているとのこと。
それは……屋上の小屋。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」07

入ってみると、そこは物置。
不用品が、所狭しと放置されていました。

「でもここ、きれいにしたら部室として使えるかも。よーし、なんだかトロピカってきた!」
かくして、大掃除が始まります。

まず、桜川先生に確認し、言質を取ります。
……先生、何気に出番多いですね?

そして、みのりが清掃計画をまとめます。
特別なことは何もないのですが、わかりやすくまとめることで、まなつでも安心!

また、ゴミの量が膨大なので、一日で終わる話ではない様子。
しばらくの間、みんなで放課後に集まって作業に当たることに。

わりと大きなゴミが多いので、協力して運びます。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」08

さんごが力仕事やり慣れてない感満載なのがいいですね。
ここに限らず、表情・姿勢・動作が、不慣れな人のそれです。

ローラは口を出す係。
仕事はしません。

「ちょっとは手伝ったらどうだ? そこにあるものをまとめたり……」
「そういうことはしないの。私、人魚だし」

「おい、なんであんなわがまま人魚とつるんでいるんだ?」
「ローラは自分の思ったことをそのまま言っちゃうだけ」
「そのままって……」
「プリキュアになってほしいって言ってたのも、ローラが本当に先輩のことを、強くて頼れると思っているから……ですよ」
「ふーん……まぁ、悪いヤツではない……のか?」

このあたりの会話に、ローラについてが凝縮されていると思われます。
いい性格ですが、悪いやつではないです。

その後も掃除は進み、みのりとゴミ出しに行くあすか。
その途中、誰もいないテニスコートに、意味ありげな視線を送ります。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」09

明らかに、過去、何かあったのでしょうね。
ベタに考えると、以前は生徒会長と一緒にテニス部をやっていたものの、生徒会に入るために一方的に辞めてしまった……とかでしょうか。

その後。
「購買の『トロピカルメロンパン』、みんなで食べよう!」と、まなつがメロンパンを持ってきます。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」10

「マンゴー味メロンパン! 先輩!」
「これ、ありがと」
「美味しいでしょ! 私、これ、マンゴー味が大大大好きで!」
「私もマンゴー味が一番好きだな」
「あっ! 交換する?」
「いや……いい」

『魔法つかいプリキュア!』の『いちごメロンパン』みたいな代物でしょうか。

「あすか先輩は、部活やらないの?」
「私には仲間なんて必要ない。夏海はなんで部活をやりたいんだ?」
「私、地元に年の近い友達がいなかったから、仲間と一緒に毎日トロピカるぞー!って決めてて」
「仲間なんて……意味あるのか?」
「えっ? 意味?」

そんなこと考えたこともないといった風に首をかしげるまなつ。
少しばかり考えたあと、「あっ!」と何か思いついた様子。

「私たちって、いま、一緒にメロンパンを食べる、メロンパン仲間!」
「えっ?」
「へへっ、なーんて!」

まあでも、そういうことですよね。
まなつのストレートな気持ちは、こういうとき効きそうです。

「先輩、掃除まで手伝ってくれて、ありがとう! すっごく助かっちゃった!」
「私は……別に……」

偶然の出会いが重なっての縁でしたが、この共同作業はあすかにも影響を与えていそうですね。

そして、ついに最終段階。
リヤカーに大物を積み込み、リサイクルセンターに運びます。

ここからは3人で大丈夫ということで、あすかとはお別れ。
ひとりになったあすかは、鞄を取って帰ろうとしますが、そこで、書き置きとメロンパン(マンゴー味)を見つけます。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」11

もう『メロンパン仲間』ですからね。

そのころ、リサイクルセンターにヌメリーが出現。
捨てられていたトーテムポール(!?)から、ヤラネーダを生み出します。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」12

ヤラネーダは、職員からやる気パワーを吸い取ります。

ちょうどそこに、まなつたちが到着。
3人で変身し、対処に当たります。

ヤラネーダの攻撃はコーラルが防ぎ、サマーとパパイアが攻撃を連打。
わりといい流れか……と思われましたが、やはりそうやすやすとはいきません。

トーテムポールの各顔パーツが分離し、回転攻撃。
どんどん分裂するヤラネーダに、手を焼かされます。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」13

『がんばれゴエモン』で見たことあるようなボスですね……。

大ピンチ!
……というところで、騒ぎに気付いたあすかが駆けつけます。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」14

「人魚! その力! 貸しな!」
「フッ……その気になったのね」
「あんたのためじゃない。私がこうしたいってだけだ!」

あすかがパクトを受け取ると、その指に『ハートクルリング』が出現。
さあ、変身です。

「プリキュア!トロピカルチェンジ!」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」15
(画像クリックで高解像度版表示)

「レッツメイク! キャッチ!」
「チーク! アイズ! リップ! ヘアー! ドレス!」

4人目は、やはり『ヘアー』。
元から長い髪をなびかせるのは、やはり迫力があります。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」16
(画像クリックで高解像度版表示)

「はためく翼! キュアフラミンゴ!」

長い髪という要素だけでなく、バンクを通じて全体的にかなりアグレッシブな印象を受けます。
エッジが立っているというか、ほかの3人はもっとやわらかいというか……。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」17

かくして、4人目のプリキュアが誕生です。
ローラのパクトは4つだったので、これが通常の方法における最後のプリキュアですね。

フラミンゴは、非常に攻撃的。
もちろん仲間を助けるために奮戦するわけですが、攻めることで事態の打開を図るタイプですね。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」18

「そうだ! みんな、ヤラネーダを1か所に集めて!」
「よし! 片付けのときみたいに呼吸を合わせるんだ!」
「了解!」
「いくよ! いち・にの・さん!」

3人がそれぞれのパーツを弾き飛ばし、フラミンゴがそれを積み上げます。

そして、もとに戻したところで、ローラが『マーメイドアクアポット』でやる気パワーを回収。
今回は『水色』でした。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」19

「フッ……やるな、人魚」
「まぁね」

お互い認め合うフラミンゴとローラ。

「とにかく、私の後輩を傷つけるヤツは、許さない!」
その想いに反応し、サマーのリップが分裂し、赤いリップがフラミンゴの手に。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」20

「けじめ、つけさせてもらう!」
そう言うと、手にしたリップが『ハートルージュロッド』に変化。

「ハートルージュロッド!」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」17
(画像クリックで高解像度版表示)

『プリキュア・ぶっとびフラミンゴスマッシュ』!

リップにキスし、それを風船のように膨らませるとことまでは共通。
フラミンゴの場合、それが太陽のような巨大な火球となり、それをラケットのようなオーラを纏ったハートルージュロッドで撃ち込みます。

これを受けたヤラネーダは、こんがり黒焦げに。
そしてフィニッシュはもちろん「ビクトリー!」です。

バンクでは、ちょいちょい目が怖いというか、火が出てますね。
ちょっと『スター☆トゥインクルプリキュア』の最終盤を思い出しました。

かくして、ヤラネーダは浄化され、やる気パワーは持ち主に返されました。
ヌメリーも撤退し、めでたしめでたしです。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第05話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」22

「もう一度、信じてみるか」
そう言って空を見上げるあすか。

これで4人、仲間です。
 
FC2 Blog Ranking
2021/03/28 17:09|TV・CD・本TB:2CM:2

web拍手レス

昨日あたりEVA見に行きたかったけど行けなかった。

web拍手。
web拍手
(画像クリックで原寸大版表示)

2021年3月23日
23:45@がパーンされる確率は…極めて高い!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

不正を感じる……。・゚・(ノД`)・゚・。 
FC2 Blog Ranking
2021/03/25 04:32|web拍手TB:0CM:0

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話:APPENDIX

第4話の感想の付録。
冒頭、提供、OP、ED、次回予告、映画宣伝などについてです。

【今回の1枚】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話:APPENDIX-01

キュアパパイア。
……の、変身バンクの途中。

小っちゃくてかわいい先輩でした。
勉強できる枠のようですが、今作のメンツに囲まれて、それがどうなってしまうのか……。

OPから抱いていた印象からすると、意外なほど表情豊かでした。
キャラ紹介にも『ポーカーフェイス』とあるので、変身前状態だと無表情(時折崩れる)……という感じで行くのでしょうかね?

ちなみに、『パパイヤ』ではなく『パパイア』。
個人的に、果物の方は『パパイヤ』と表記することが多いのですが、使い分けできてむしろ好都合です。


【冒頭】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話:APPENDIX-02

今回も、冒頭の挨拶はありませんでした。

【前提供】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話:APPENDIX-03

今回も、前提供は本編に組み込まれているパターンでした。

【オープニング】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話:APPENDIX-04
(画像クリックで高解像度版表示)

先週末から映画も始まり、OPはその宣伝バージョン。
今作がメインとなっている『映画 トロピカル~ジュ!プリキュア プチ とびこめ!コラボ♥ダンスパーティ!』のチラ見せですね。

ただ、タイトルからもわかるとおり、これは短編映画です。
相対的に、かなりの大部分を流すことになっているのではなかろうか……。

【エンディング前】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話:APPENDIX-05

今回も、エンディング前の3Dキャラに変化がありました。
前回から映画に誘導する感じになっていますが、今回はそれにグレースが加わり、ふたりがかりです。

【エンディング】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話:APPENDIX-06
(画像クリックで高解像度版表示)

今回のエンディングは特別仕様。
アニメだけでなく、曲からして『エビバディ☆ヒーリングッデイ!&トロピカ I・N・G エンディングリレー』となっています。

EDという短い時間に、よく2曲をメドレーで繋いだなという感じです。
アニメも、ちょいちょいクロスオーバーが挟まり、目が離せない作りになっています。

【次回予告】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話:APPENDIX-07

次回は、第5話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」。
引き続き、仲間集めの話になりそうです。

4人目のプリキュアということで、初期メンバー集めとしてはこれが最後のひとりでしょうね。
本編外でちょいちょい見かけるマスコットがまだ加入していない(第1話には出てる)ので、その加入が別個である可能性はありますが。

『リップ』『チーク』『アイズ』担当のキャラが既に出ているので、次は『ヘアー』でしょう。
まあ、どの映像でも髪をなびかせているので、最初から明らかではありますが。

『フラミンゴ』という名前も気になるところ。
通常、フラミンゴといえば注目するのは『色』と『脚』なので、赤系で長身キャラになったのでしょうか。

【トロピカおしゃレッスン】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話:APPENDIX-08

今回は、『キュアパパイアのおしゃレッスン!』です。

【後提供】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話:APPENDIX-09

後提供も、番組内に組み込まれているパターンでした。

【映画宣伝】

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話:APPENDIX-10

今回も、ラストは先週末(20日)公開の『映画 ヒーリングっど♥プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!』の宣伝でした。
この、来場者プレゼント第2弾は、年齢制限がないらしいですよ?
 
FC2 Blog Ranking
2021/03/22 18:39|TV・CD・本TB:0CM:2

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」

3人目のプリキュア誕生!
今まで影も形もなかった新キャラは、はたしてどんな子なのでしょうか。

さて本編。

開幕『人魚姫』。
プリキュアシリーズって、ちょくちょく人魚姫の話が出てきますよね。

それを読むのは、『一之瀬みのり』(CV=石川由依)。
図書室にメガネっ娘……定番ながら、それだけにベストマッチですね。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」01

そのころ、まなつとさんご。
プリティホリックの2階部分で、お茶をしていました。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」02

まなつは、未だに部活を決められずにいる様子。
「みんなトロピカってて選べないよー!」と嘆いています。

「いっそ、好きなことが全部できちゃう部があれば、めっちゃトロピカっちゃうんだけどなー」
「なければ作れば?」

悶えるまなつに、ローラが横から参加。
「グランオーシャンじゃ、なければ自分で作るが基本よ」

この案には、まなつも目から鱗。
「そうか! その手があった!」と食いつきます。

「けど、何部にしようかな?」
「そうだわ! いっそプリキュア部ってどうよ?」

いいことを思いついたとばかりに提案するローラ。
自分が直接かかわるわけではないからか、あまり機密保持には積極的ではないですね。
あるいは、目的のためには多少の犠牲は厭わないというやつでしょうか。

ここへ来て、「そもそも、プリキュアって何?」と疑問を口にするまなつ。
「確か、伝説の戦士って……」と、さんごが続けますが、ふたりが知っているのはそこまでですよね。

「そうよ。グランオーシャンに伝わる伝説。人魚の世界と人間の世界を救った戦士、それこそがプリキュア!」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」03

そう説明するローラ。
情報が……何も増えてなくね?

「聞いたことないよ。知ってる?」
「さぁ……」

訝しむまなつ。
確かに、人間の世界も救ったというなら、人間側にも伝承があっていいはずではあります。

「よーし! それじゃ、明日、調べてみよう!」
「それよ! プリキュアのことを調べれば、自然と新しいプリキュアも見つかるはずだわ!」

根本的なところでズレていますが、何かわからんが意気投合するふたり。
困惑するさんご……これは苦労しますね……。

そして、翌日の放課後。
まなつとさんごは、図書室でプリキュアについて調査です。

当然ながら、そのものズバリが存在するはずもなく。
「じゃあ、人魚とか海の要請は?」と、範囲を拡げてみます。

そして話題は『人魚姫』に。
しかし、後ろ歩きのまま会話するまなつは、ほかの生徒にぶつかってしまいます。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」04

「ご……ごめんなさい!」
「だいじょうぶですか?」
「私なら、大丈夫……気にしてないから」

慌てて謝るまなつと、気遣うさんご。
そして、ぶつかった相手は……みのりでした。

みのりの手には、『人魚姫』。
それを見たまなつは、一気に距離を詰めます。

「私、1年5組、夏海まなつです! あなたは?」
「私は、2年2組、一之瀬みのり」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」05

「……ってことは先輩! みのりん先輩って呼んでもいいですか?」
「ちょ……ちょっと、まなつ……」
「別にかまわないけど……」

本当にグイグイ行きますね……圧がすごい。
そしてやはり、名前を名乗って相手の名前を聞くのがワンセットになっています。

人魚の本を探しているまなつに、自分の持つ『人魚姫』を差し出すみのり。
「作られた物語を探しているなら、そこにはないわ。どうぞ」

喜ぶまなつに、みのりも少し興味を持った様子。
「人魚や妖精のお話、好きなの?」

「はい! みのりん先輩も、『人魚姫』好きなんですね!」
屈託のない返事をするみのり。

少しハッとして、「そうね」と答えるみのり。
「ラストは少し残酷な気もするけど、私は大好き」

まさに素敵な先輩といった感じ。
そんなみのりに、まなつが何の気なしに質問をします。

「そういえば、みのりん先輩は人魚や妖精って信じますか?」
「えっ?」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」06

「お話としては、好きだけど。あくまでおとぎ話だから、実際にいるかっていうと、どうかな……」
少し俯いて、「それじゃ……」と言い残し、立ち去るみのり。

この質問、みのりでなくても、出会ったばかりの後輩にされるとかなり難しいのではないでしょうか。
中学生ということも考えると、余計にいろいろと。

その後、帰路。
みのりについて話をするまなつとさんご、そしてローラ。

「そうだ! みのりん先輩、プリキュアになれるんじゃないかな?」
「どうかしら。ちょっと頼りない感じじゃない?」
「そうかなぁ。実はすごい空手家かもよ!」

まなつの脳内では、みのりは瓦を割るキャラなのか……。
ただ、頼りない見た目に反して内に秘めたる想いがあるという意味では、間違ってはいない……といえなくもないかもしれません。

翌日。
みのりについて、先生に聞いてみるまなつ。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」07

「一之瀬みのりさん? 確か、前は文芸部にいたと思うけど」
「文芸部かぁー」
「そう、成績優秀で、中でも国語は学年トップだったわ」
「すごい!」
「確か、文芸部の雑誌にも、文章を書いていたはずよ」

みのりの学業成績は上々の様子。
メガネキャラですし、『ハートキャッチプリキュア!』のつぼみを思い出しますね。

そして、図書室へ移動。
件の、みのりの書いた文章を3人で読みます。

「すごい!人魚と人間の女の子の冒険のお話、めちゃトロピカってるー!」
大絶賛のまなつ。

そこに、みのりが登場。
みのりは、まなつの手にある文芸誌を見ると、少したじろいだ様子。

「それって……」
「そうです!」

再び、一気に距離を詰めるまなつ。
身長差もあるので、圧が。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」08

「みのりん先輩の小説『マーメイド物語』。すっごくトロピカってる!」
「えっ? トロ……ピカ?」
「こんなすごい物語が書けるなんて、本当にすごいです!」

困惑するみのりに、早口で捲し立てるまなつ。
止まらないまなつに、ついには「やめて!」と声を荒げてしまうみのり。

「みのりん……先輩……?」
「そ……それは、私が勝手に空想した話だから、人魚なんて、現実にはいないし。私の小説も、つまらないただのおとぎ話だし……」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」09

みのりの脳裏をよぎるのは、文芸部と思しき情景。
どうやら、文芸部には認められなかったようで……筆を折ってしまったようですね……。

そして、我に返るみのり。
「ご……ごめんなさい。それ、昔書いたものだし。それに、今はもう文芸部も、その……辞めちゃったから……」

みのりがここまで言っても、最後にひと言だけは続けるまなつ。
「でも! 本当に面白かった! 私、この続きを読みたいって思いました!」

好きなものを好きと伝えるのは、何があっても絶対に止めないという信念でしょうね。
いい方にばかり働くわけではないのですが、眩しいです。

「それに、こんなに人魚のことを好きなら……」
「ごめんなさい。この話は、もういいの……」

会話を打ち切り、逃げるように立ち去るみのり。
まなつは小説の話を終えてプリキュアの話に移るつもりだったのでしょうが……まあ、無理ですよね……。

その後、ひとり水族館で、似つかわしくないため息をつくまなつ。
人の心がないアホではないので、流石にショックは受けているようです。

そこに、館長さんがやってきます。
「まなつさん、本当に人魚が好きなのねぇ」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」10

「そうだ! 博物館には、もう行ったかしら?」

そう言って取り出したのは、2枚の入場券。
博物館では『特別展 人魚の世界』が催されているようです。

そして翌日。
まなつは、さんごとともに博物館へ。

大興奮のまなつですが、当の人魚であるローラからすると、人魚展はツッコミどころしかないようです。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」11

思わずポットから出て、どこへともなく非難の嵐です。
……などとやっていると、人の気配が!

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」12

咄嗟に展示物と一体化するローラ。
そして、現れたのはみのりでした。

昨日のことを謝り合うまなつとみのり。
そして、ふと、人魚像に違和感を覚えます。

「あれ? すごく、リアル……」
「そうですね! 言われてみれば!」
「本当に、人魚が好きなんですね!」

慌てて誤魔化すまなつとさんご。
みのりは、「うん。幼稚園のころに読んだ『人魚姫』がきっかけ」とさんごの話に続けます。

「魔女の力で人間になった人魚姫は、足と引き換えに声をなくしたの。だから、王子に想いを伝えることができなかった……」
「それで王子は、人魚姫の気持ちを知らないまま、ほかの女性と結婚してしまうの」
「絶望した人魚姫に、魔女はこういうの。『再び人魚に戻りたければ、王子の命を奪いなさい』って」
「でも、愛する人の幸せのために覚悟を決めた人魚姫は、海に飛び込み、泡となって消えてしまうの」

ここまで丁寧に話をするということは、今作の根幹にもかかわってくるのでしょうね。
まあ、まさに人魚がそこにいますからね……。

「はぁ!? 人間の為に消える!? 何?それ!」
ここまで聞いて、辛抱できなくなったローラが声を上げます。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」13

本物の人魚の登場に、みのりもびっくりです。
いや、OPは何だったんだというくらい、感情豊かですね?

そして、場所を移して話の続き。
ローラは、博物館の庭の噴水に入ります。

「人魚が……本当に……」
「何なら尾ひれに触ってみる?」
「ほ……ほんと!? やっぱりいい!」

触ろうとするも、途中で手を引っ込めるみのり。
夢にまで見た空想上の存在なので、むしろ触れてしまうことが怖かったのでしょうね。

「まぁ、とにかくそういうわけなので。みのりん先輩もプリキュアになっちゃいませんか?」
何がどうそういうわけなのかまったくわかりませんが、プリキュアに勧誘するまなつ。

困惑するしかないみのりに、パクトを投げ渡すローラ。
みのりはそれを受け取りますが……パクトには変化なし。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」14

ここまでのふたりと同様、ファーストタッチは失敗ですね。
まあ、いきなり言われても、(主に人間側の)気持ちができていない状況なので、至極当然の結果ではあるのですが。

「プリキュアなんて、私には……」
「きっと、大丈夫だと思います」
「そうそう! 人魚が大好きで、あんな素敵な物語を書けるなら……」

励ますさんごとまなつの言葉を遮り、声を上げるみのり。
「私には無理、できない! 空想と、現実は違う……。私は、ファンタジー小説の主人公じゃないもの……」

そう言ってしまうみのりに、「自信がないときは、これ!」と、件のリップを取り出すまなつ。
「メイクで気合いを入れるの。みのりん先輩も、やってみませんか?」

「そしたら、体の内側からトロピカるぞーって、勇気が湧いてくるから」
「メイクなんて、私には……」
「まぁまぁ……やってみないと、わからないですよ」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」15

そう言って迫るまなつ。
なんか、そこはかとなくえっちでは……?

すんでのところで、絹を裂くような悲鳴が!
新幹部『ドクターヌメリー』(CV=渡辺明乃)が、チョンギーレの代わりに現れたようです。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」16
(画像クリックで高解像度版表示)

「出てらっしゃい、ヤラネーダ!」
そう言って、土偶像からヤラネーダを生み出します。

ちなみに、今回のチョンギーレは負傷。
コックさんなので、調理中に手を切ってしまったようです……そんなバカな。

また、ヌメリーの役職は医者。
モチーフは……ナマコかウミウシかアメフラシあたりと思われます。

そうして、人々からやる気パワーを吸い取るヌメリー。
目の前での一大事に、まなつとさんごはプリキュアに変身し、対処に当たります。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」17

「あれが……プリキュア……」
人魚と出会って、伝説の戦士も目の当たりにしたみのりは何を思うか。

土偶のヤラネーダは、自らの体をコマのように回転させて攻撃。
咄嗟にバリアを張るコーラルですが……破られこそしないものの、弾かれてしまいます。

そして、ヤラネーダは上空から落下攻撃。
ふたりは潰されてしまった……かに見えますが。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」18

例のポーズで、堪えるプリキュア。
しかし、耐えてはいますが、時間の問題といったところ。

震えて見守るみのりに、ローラが声をかけます。
「助けたいんでしょ? だったら、あなたが行きなさい!」

「でも……私は……」
後ずさるみのりに、ローラは続けます。

「また何もできない? そんなのばっか」
「私には無理、できない、どうせ私なんか……」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」19

パクトを差し出すローラ。
「まなつは信じてる。あなたならプリキュアになれるって」

「もっと自分を信じたらどうなの?」
「最初からできないなんて、決めつけてないで、やってみなさいよ!」

「あなたがいないって決めつけてた人魚だって、ほら、ここにいるし!」
「自分でダメだって言ってた小説だって、まなつは言ってたでしょ? 面白いって!」

「勇気を持って前に踏み出せば、なんだってできる!」
「その足は、何のためについてるの?」

「私……私!」と前に踏み出し、ローラからパクトを受け取るみのり。
「私、助ける! 彼女たちを!」

そのとき、パクトが光り、みのりの指には『ハートクルリング』が。
いざ、変身です。

「プリキュア!トロピカルチェンジ!」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」16
(画像クリックで高解像度版表示)

「レッツメイク! キャッチ!」
「チーク! リップ! ヘアー! アイズ! ドレス!」

メガネを投げ捨て、少女は変身します。
そんなみのりのポイントは、やはり『アイズ』ですね。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」16
(画像クリックで高解像度版表示)

「閃く果実フルーツ! キュアパパイア!」

落下から、尻で弾んで転がって、キメる!
黄色の例に漏れず、カワイイで推してきますね。

そして、そのまま参戦。
駆けつけからの強烈なキックを見舞い、サマーたちを救出します。

お次は、ヤラネーダの反撃。
例の回転攻撃ですが、新戦力パパイアはどう捌くか……?

「ここは任せて!」と言うと、妙な動作からの……。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」16
(画像クリックで高解像度版表示)

目からビーム!
正確には、耳の半月切りにしたキウイみたいなやつ(パパイヤ?)を少し巨大化させ、メガネとしてそこからビームを放ちます。

ビームはヤラネーダの目に命中!
技の出掛かりを潰す……なんて有効な手段なんだ……!

この隙に、サマーとコーラルが攻撃し、ヤラネーダを転倒させます。

そして、ローラが『マーメイドアクアポット』でやる気パワーを回収。
今回は緑色でしたが、もう色の言及はしなくなりましたね……?

改めて非日常を実感するパパイア。
「すごい……まるで空想のお話みたい……でも、これが私のリアル!」

『リアル』というのが、みのり(パパイア)のキーワードなのでしょうね。
さんご(コーラル)の『かわいい』に相当するものだと思われます。

その覚悟に、サマーのリップが反応。
コーラルのとき(第3話)と同様に分裂し、パパイアのもとへ。

「私も、みんなを助けたい!」
自らの創作した主人公のように、それを掲げるパパイア。
リップは、『ハートルージュロッド』に形を変えます。

「ハートルージュロッド!」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」16
(画像クリックで高解像度版表示)

『プリキュア・ぱんぱかパパイアショット』!

リップにキスし、それを風船のように膨らませるところまでは、ほかのふたりと同じ。
パパイアはそれに包まれ、巨大パパイヤと化し、中からそれを両断。
その種を飛ばし、ヤラネーダを蜂の巣にします。

最後はもちろん「ビクトリー!」
表情がかわいいです。

かくして、ヤラネーダは浄化され、やる気パワーも持ち主に戻り、ヌメリーは撤退。
一件落着です。

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」24

「どう? 一歩踏み出した気分は」
「どうかな……でも、何だかいい気分」

【トロピカル~ジュ!プリキュア】第04話「はじけるキュアパパイア! これが私の物語!」25

「それをトロピカってるっていうの」
「これが……そっか……」

「で、もう一度聞くけど……尾ひれに触る?」
そう差し出された尾ひれを、今度は迷わず触ってみるみのり。

「どう?」
「あっ……すごくリアル!」

ローラはこの感想に不満げですが、みのりは晴れやかな、いい表情です。
 
FC2 Blog Ranking
2021/03/21 15:04|TV・CD・本TB:2CM:2

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.