東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」

久々に学校回。
学校自体は最近(第33話)も少し出ましたが、メインとなると第13話以来となるのではないでしょうか。

さて本編。

生徒会もそろそろ3年生は引退の時期。
生徒会長であるまどかも3年生なので、次期会長を選出せねばなりません。

観星中では、代々会長が次期会長を指名してきたようです。
このシステム、ノベルやマンガではよく見かけますが、現実にあるんでしょうかね……?

それは承知の上で、立候補を募るまどか。
「わたくしは、自分の想いを持って、この観星中をよりよくしていける方に、会長を引き継ぎたいと思っています」とのこと。

そのとき、観星中の金星(自称)、桜子の目が光ります。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」01

『ガツガツしては印象がよくありませんわ。焦りは禁物、ここはみんなに頼まれて……』
などと、画策している様子。

そうして、立候補者のいないまま、この段階では保留に。
このとき推薦を募ったかどうかは定かではありませんが、桜子を推してくれる生徒会メンバーがいるかどうかは……。

これは、いかに現生徒会長であるまどかに依存した、ワンマン生徒会だったかということでもあると思われます。
もちろん独裁という意味ではなく優秀だったという意味ですが、ここまで誰も会長職をやりたがらないのは、少々異常です。

ところ変わって。
ひかるたちはちょうど、宇宙と学校行事を絡めた話をしていました。

「例えばって話だよ」と、ひかるが話します。
「ほかの星から、修学旅行で地球に来てもらって、観星中の生徒たちで、町を案内できたら楽しくない?」

宇宙人の話になっているのがひかるらしいですが、文化交流はよさそうですね。
同じような境遇(中学生)なら、打ち解けやすいだろうという目論見もありそうです。

ちょうど合流したまどか。
「素晴らしいです!」と、ひかるの手を取ります。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」02

「ひかる。その発想力を、生徒会長になって活かしてみませんか?」
まさにジャストタイミングとばかりに、会長職を勧めます。

「宇宙からの修学旅行や合同生徒会……実現は簡単ではありません」
「けど、そういう新しい発想を持った方にこそ、次の生徒会長をやって欲しいのです」

当然驚くひかるですが、周囲の反応は上々。
遂には、生徒会長に立候補する決意を固めます。

実際、適性も能力も十分ありますよね。
ただ、難を挙げるなら……学校に対する愛が、果たして、人並み以上にあるのかどうか……。

翌日。
ひかるが立候補したことを知ると、もちろん異を唱えるのは桜子。
「あなたは生徒会のことを何も御存知ない!」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」03

まあ、腹づもりは完全に裏目に出ましたね。
今までや、今回これからの流れを見ても、色々とかなり裏目に出やすい子ですよね……。
会長の資質としても、そこは結構クリティカルのような……。

桜子は捲し立て、宣言します。
「仕方ありませんわ。最早、このわたくしがやるしかございませんわねぇ!」

ここはキッチリ自分の要求を通しているあたり、謀略とか仕込みといった感じのこと以外なら、結構有能そうです。

さて、候補者がふたりになりました。
どうしたものかというところですが、生徒会メンバーの提案により、選挙を行うことに。

かくして、選挙戦が始まります。
助手にララを従え、タスキにポスターなどを装備し、街頭(校門前)演説を行うひかる。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」04

「おはようございまーす!この度、次期生徒会長に立候補した、2年、星奈ひかるでーす!」
「私が生徒会長になりました暁には、この観星中を!」
「キラやばーっな学校にしたいと思います!」

一般生徒には『キラやばーっ』が通じないため、感触は今ひとつ。
さらに話が宇宙へ飛ぶため、雲行きはかなり怪しげです。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」05

それはララをして、「みんな、ひかるを宇宙人を見るような目で見てるルン」を言わしめるほど。
もうすっかり名誉地球人ですね、ララ。

その後、朝立ち(選挙用語)の反省をするひかる。
状況を把握し、反省と対策をキッチリ立てられるのが、ひかるの頭のよさですよね。

「みんなが望む生徒会長って何だろう?」と思案するひかる。
通りすがりの女子生徒の会話からヒントを得て、「最高の生徒会長……これだ!」と閃きます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」06

「ずばり!最高の生徒会長のやることが、一番正しいことって訳でしょ!」
最高の生徒会長、つまりまどかのような生徒会長を目指すということですね。

そうして、放課後、新しい演説を始めます。
「わたくし、星奈ひかるは!」
「香久矢まどか先輩の意志を継ぎ、まどか先輩のやり方で、より素晴らしい学校にしたいと思います!」
「目指せ!まどか会長!一歩先行く、気遣いの生徒会長!」

現職の支持基盤を受け継ぎ、既に最高の評価を受けている路線を踏襲する。
その現職の推薦を受けていることも含め、これ以上ない最適解といえます。

実際、聴衆の反応は上々。
よほどのことがない限り、これに勝つのは並大抵のことではないでしょうね。

一方の桜子。
別の場所で、やはり演説を行います。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」07

「わたくし姫ノ城桜子が、生徒会長として目指す観星中!」
「それは!生徒会による校内風紀の徹底、罰則規定の制定」
「そして、生徒会長、姫ノ城桜子のお茶会の開催!桜子の部屋の解説!桜子の目安箱を各階10個ずつ設置!」
「姫ノ城桜子の姫ノ城桜子による姫ノ城桜子のための生徒会長」
「姫ノ城桜子ですわ!」

途中までは真面目な生徒からは好感触が伺えましたが、名前を連呼しだしたあたりから雲行きが怪しい感じに。
まあ、そりゃそうなるでしょうねという有様でもあります。

こうして、選挙戦が進みます。
それに連れ、ひかる本人の評価も。

「なんか、ひかる変わったね」
「うん。前は、あまりまわりのことに興味なさそうだったんだけど」
「まどか先輩みたいになろうって頑張ってるし、次の生徒会長はひかるかもね!」

やはりというか、今までは学校のことは『興味なさそう』に見える生活だったのですね……。
序盤から今までもそんな気配を漂わせていましたが、明確に言葉にされるとは……。

その日の学校が終わり、自宅で休むひかる。
そこに、お婆ちゃんがやってきます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」08

「ひかる。夢中になってるかい?」
「小さいころのひかるは、何でも自分の好きなことに夢中になってたわ」
「それこそ、まわりのことなんかお構いなし」
「でも、好きなことを話しているときはとっても楽しそうでね、聞いてるこっちまで幸せな気分になったわ」

「ここ何日か、ひかるの口から聞くのは、『大変』『頑張る』『もっと』」
「心配になるわ」

そう言われ、ふと我に返るひかる。
『夢中……私、夢中……なのかな……』

翌日。
野球部の試合の応援に行くため、土手を走るひかるとララ。

そこで、カルノリと遭遇。
「あのさ、オレは姫ノ城の方が、いい感じって思うんだよなぁ」などと言い出すカルノリ。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」09

「あいつ、意外と面白いっしょ」とも。
ひかるが「まどかさんは、生徒会長を面白い面白くないでやってないよ!」と反論。

対し、「でもさぁ、どうして桜子の部屋やりたいとか、お茶会やりたいとか、知りたくならねぇ?」と言うカルノリ。
「それにさぁ、あいつ、なんか毎日遅くまで、学校に残ってるみたいだし」と付け加えます。

それを聞いて、学校に急行するひかるとララ。

一方そのころ、まどかとえれなはロケットでお話。
話題はもちろんひかるのことで、プルンスからも「ひかる、『まどかさんのように、まどかさんのように』って、毎日呪文みたいに繰り返してるでプルンス」と言われる始末。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」10

当のまどかは、「わたくしは、もっとひかるらしくやって欲しいと思っていたんですけど……」と告白。
まあ、推薦した経緯から考えても、そうですよね。
求めたのはひかるらしい自由な発想であって、自分の後継者ではありませんから。

そして学校では、桜子がひとりで学校の備品をチェック。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」11

思いのほか、気の回る子でした。
ただ、本当に人知れずやっているのが……それをもっと前面に押し出しても、バチは当たらないと思うのですが……。

道行く女子生徒の会話でも「姫ノ城さんってさぁ、自分が目立ちたいだけに見えちゃったりするんだよね」という評価。
まあ、あの演説を聞いてしまうと、そういう結論になるのもやむなしではあります。

それでも、あくまで自分を貫く姿勢を見せる桜子。
ただ、やはり多少は動揺したのか、気付かずメモ帳を落としていってしまいます。

そして、そのメモ帳を拾ったのがひかる。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」12

メモ帳には、校内備品の不具合か所や、会長になってからのプランが記されていました。
特に『桜子の部屋』は、『生徒たちの悩みを聞く場に。お茶会をやりながら……気楽な会話の中で、新しい意見も出るかもしれない。生徒会といえども、部活のように楽しく、生徒が話せる観星中に』という記述。

カルノリたちの反応からすると、このことは桜子本人以外誰も知らないと考えられます。
そしてあの演説で誤解を振り撒き、完全な自分本位と思われているわけですね。
つまり、単純にいうと、桜子は選挙戦が致命的に下手ということです。

機転はわりと効く方だと思うのですが、策を巡らせるのはダメダメ。
思えば、今回の話は最初から、桜子が立候補を勿体ぶったことが元凶な訳で。

その桜子、ふたりの候補者ポスターの前で、上手く行かないことに憤っています。
それでも、ひかるのポスターが剥がれかけているのを見て、直してあげようとするくらいに善人。

しかし、魔が差すのか、イライラが募るのか、ポスターをつまむ手に力が入り、震えます。
剥がす、あるいは破ってしまおうとする衝動と、本人の善性がせめぎ合っているのが見て取れます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」13

そこに、カッパードが。
「素晴らしい。歪んだイマジネーションを感じるぞ!」と言って、桜子の歪んだイマジネーションを吸い取り、武器を生成します。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」14

桜子を探していたひかるたちが、カッパードを発見。
ひかるを目撃していたユニに連れられ、まどかたちも合流します。

武器の形状から、犠牲者を察したひかる。
桜子を助けるため、みんなで変身して戦いに臨みます。

開幕、『スターパンチ』『セレーネアロー』『ミルキーショック』『ソレイユシュート』でノットレイたちを一網打尽に。
最早、有象無象といった様相です。

コスモは、『コスモシャイニング』でカッパードを狙います。
しかし今回のカッパードの武器が強いのか、真正面からの撃ち合いで一方的に飲まれます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」15

そのまま、黒い桜吹雪でプリキュア全員を拘束するカッパード。

その風に乗って、桜子のポスターがスターに。
すると、精神攻撃のつもりか、カッパードが先ほど見ていたことを伝えます。

「そこに描かれた女、さっきはお前の絵を破ろうとしていたぞ」
「ハハハハ……お前への歪んだイマジネーション!」
「今日の武器は強い!実に、狂おしいほどに強い!」
「これが、あの女の想い。歪んでいる!実に歪んでいる!」

「違う!歪んでなんか……いない!」と反論するスター。
「私、何も知ろうとしてなかった。姫ノ城さんのこと……」
「でも……今は少しだけわかる」
「私……もっと知りたい!彼女のこと!」

それを聞いて「同感だ。敵を知れば弱点もわかる。倒すのに好都合というもの!」と言うカッパード。
実際に対立候補ではありますが、敵はあくまで倒すべき敵というのが、カッパードらしいスタンスですね。

それに対し、「違う!私は……私のことも知って欲しい!」とスター。
思わぬ言葉に、「敵に自分を?ハッ、何のためにだ」と尋ねるカッパード。

はっきりと、「わかり合うため!」と答えるスター。
「わかり合うだと?くだらん。そんなことに意味はない!」と言い放つカッパード。

カッパードの技を受け続け、削られながらも、なおも反論するスター。
「意味なく……なんかないよ……」
「きっと……そこから、きっと生まれるんだ!」
「キラやばーっなものが!」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」16

胸から輝きを放つスター。
それはスターパレスにいるスタープリンセスたちも気付くほどのもの。

おそらく、これこそが『トゥインクルイマジネーション』なのでしょうね。
まさしく『キラやばーっなもの』が生まれました。

カッパードの技も、残っていたノットレイも、まとめて吹き飛ばす大きなイマジネーションの光。
そして拘束が解けたことで、全員で『プリキュア・スタートゥインクルイマジネーション』!

かくして、カッパードの武器は浄化され、カッパード本人は撤退。
大きな光の正体は、敵・味方ともに誰も答えを持っていませんが、何はともあれ桜子は助かりました。

意識を取り戻した桜子は、ひかるのポスターを直します。
そこにひかるが現れ、メモノートを返します。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」17

そして翌日、投票日。
投票前の、最終演説です。

(おそらく立候補順で、)まずはひかるから。
「えー、私、星奈ひかるは!全力で!」
「姫ノ城桜子さんを応援します!」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」18

これには当然、全校の誰もが驚きます。
これが、ひかるの出した答えなのですね……まあ、視聴者的には予想どおりの結末ではありますが。

そうして、桜子の応援演説を始めるひかる。
その最後に「姫ノ城さんが生徒会長になったら、とってもキラやばーっな学校になると思います!」

選挙に勝つための最善手から、学校にとっての最善手にシフトしたという見方もできます。
ひかるらしさも取り戻したわけで、まさにベストアンサーといえるでしょう。

そして、当選した桜子。
生徒会室でまどかと向き合い、次期生徒会長として認められた桜子の目から、涙があふれ出ます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」19

まどかは、そんな桜子の肩を抱きます。
学校の描写は少ない作品ですが、登場の度にまどかを目標としていたことは描かれていましたし、まさに感無量なのでしょう。

そして放課後。
ひとり下校する桜子に「おめでとう!次期生徒会長!」と声をかけるひかる。

「私、気がついたの。自分はまどかさんのマネっていうか、後を追いかけることをしてただけだって」
「でも、姫ノ城さんは自分のやり方で頑張ろうとしてた。夢中になってた!」

「わ……わたくし、観星中の金星に真っ向勝負など、100年早いお話ですわよ!」と照れ隠しする桜子。
「観星中の金星……ほぇー、私は何かなー?」と言うひかるに、桜子は……。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」20

「あなたは、そうねぇ、観星中の……銀河におなりなさい!」
スケールの大きな話ですが、ひかるに似合っているともいえますね。
 
FC2 Blog Ranking
2019/10/06 13:07|TV・CD・本TB:1CM:6

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.