東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

Sandisk Extreme PRO SDHC and SDXC UHS-I Card SDSDXXY-256G-GN4IN

SDカード買いました。

『SDSDXXY-256G-GN4IN』『SDDR-C531-GNANN』
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

SanDisk『SDSDXXY-256G-GN4IN』
SanDisk『SDDR-C531-GNANN』

【SDSDXXY-256G-GN4IN】

SanDisk SDSDXXY-256G-GN4IN
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

Sandiskの“Extreme PRO SDHC and SDXC UHS-I Card”シリーズの256GB(SDXC)。
型番末尾が“GN4IN”のグローバル仕様です。

スピードクラスは『C10』『U3』『V30』に対応。
速度の公称値は、リードが170MB/sで、ライトが90MB/s。

賢明な方なら既にお察しの通り、以前購入したmicroSDカードの兄弟みたいなSDカードです。

つまり、UHS-Iの限界(104MB/s)を超える170MB/sという速度に関しては、注釈がつきます。

Up to 170MB/s read speeds, engineered with proprietary technology to reach speeds beyond UHS-I 104MB/s, require compatible devices capable of reaching such speeds.


ちなみに、デジカメ(RX100VI[DSC-RX100M6])で使用する予定です。

【SDDR-C531-GNANN】

SanDisk SDDR-C531-GNANN
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

同じくSanDiskのSDカードリーダー。
I/FはUSB3.0で、対応カードはUHS-IまでのSDカードのみです。

きょうび、多機能なカードリーダーも珍しくありませんが、これはUHS-IIすら対応外のシンプルさ。
その代わり、UHS-Iの限界(104MB/s)を超える170MB/sに独自対応したカードを、その速度で扱うことができます。
まさに、型番“SDSDXXY”のためにあるようなカードリーダーですね。

ちなみに、使ってみるとびっくりするほどカードが入れづらい……というか、固いです。

【ベンチマーク】

そんなわけで、ベンチマークテストです。
使用ソフトはもちろん『CrystalDiskMark 6.0.2』

【CDM6.0.2】SDSDXXY-256G via SDDR-C531
【CrystalDiskMark 6.0.2】SDSDXXY-256G-GN4IN via SDDR-C531-GNANN
Sequential Read (Q= 32,T= 1)178.641 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1)101.521 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 8,T= 8)6.589 MB/s1608.6 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 8,T= 8)2.578 MB/s629.4 IOPS
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1)6.614 MB/s1614.7 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1)2.647 MB/s646.2 IOPS
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1)5.800 MB/s1416.0 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1)2.504 MB/s611.3 IOPS

シーケンシャルリードが、UHS-Iの限界104MB/sを超え、公称値の170MB/sすら超え、180MB/s近い数値を叩き出しました。
ようやく真価を発揮できたとともに、謳い文句が虚偽でないことも示されました。

シーケンシャルライトも、公称値を超える100MB/sオーバー。
基本的にSanDiskは公称値がギリ控えめなので、これもそんな感じなのでしょう。

ランダムアクセスに関してですが、SDカードにはmicroSDカードと違って、アプリケーションパフォーマンスクラスなどの規定がないので、最低値の保証は特にありません。
まあ、SDカードなら大体こんなもの……という範疇ではないでしょうか。

また、リードもライトも、QやTの値に関わらず、それぞれ似たような値になるようです。
まあ、これもSDカードなのでそんなものでしょう(HDDやSSDなら違いが出る)。

取り敢えず、全体を通して期待通りというか満足できる結果でした。
 
FC2 Blog Ranking
2019/06/05 18:00|カメラTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.