東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話:APPENDIX

第13話の感想の付録。
冒頭、提供、次回予告、ラッキー星座、キャンペーンなどについてです。

【今回の1枚】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話:APPENDIX-01

羽衣ララ。
やはりララには、夏カラーがさわやかでよく似合いますね。


【冒頭】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話:APPENDIX-02

今回は、冒頭の挨拶は健在。
このまま、ひかる単体でずっと通していくのでしょうか。

【前提供】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話:APPENDIX-03

今回も、前提供が番組内に組み込まれているパターンでした。

【次回予告】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話:APPENDIX-04

次回は第14話「笑顔 de パーティ!家族のソンリッサ☆」。

えれな回。
ようやく出番が回ってきた感があります。

やはり、家族の話がメインになるようです。
今作においてはえれなに限りませんが、少し特殊な家庭なので、普通とは、多様性とは……という感じで、テーマの根幹に関わる話になるのかもしれません。

【星座占い】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話:APPENDIX-05

【後提供】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話:APPENDIX-06

後提供は、独立に存在するパターンでした。
こちらは、見る機会が増えてきてありがたいことです。

できれば、前提供ももっと見たいのですが……。 
FC2 Blog Ranking
2019/04/29 00:00|TV・CD・本TB:0CM:0

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」

ララ学校へ!

恒例になった感のある、転入イベントです。
はたして、ララの学校生活はどのようなスタートになるでしょうか。

さて本編。

地球で暮らせることになったララ。
ひかるにやってみたいことを聞かれ、答えます。
「私、学校に……行ってみたいルン!」

そしてララ初登校の日。
制服も揃え、ララが学校に行く準備は完璧です。

いつものようにAI手袋を着けようとしますが……それをやめます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」01

「着けていかないのですか?」と問うAI。
ララは「ルン。学校は勉強しに行くところルン」と答えます。

誰に言われるでもなく、自らその選択をするのは、なかなか大したものですね。

そうしていると、ひかるが迎えにやって来ます。
制服を身に纏い、扉を開けるララ。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」02

かわいい。
色合い的にも、とても似合います。
「キラやばーっ!」です。

ちなみに、ララの入学手続きはアブラハム監督がやってくれたとのこと。
宇宙星空連合の調査員なら、その程度のことは朝飯前ということでしょうか。

登校するララとひかる。
えれなとまどかは既に登校していましたが、ララを見かけ、声をかけます。

見慣れない生徒……つまり転校生が、観星中の太陽と月と既に知り合いということで、少しざわつく取り巻きたち。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」03

……とはいえ、この絵面に反して、不穏な感じではなさそう。
『あいつ……できる!』とかそういう方向のようです。
やさしい世界。

そして、ひかるのクラスに転入となったララ。
お決まりとして外国から来たと紹介されたララですが、どのような挨拶をしてくれるのでしょうか。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」04

まず無言。
そして、『担任教師』(CV=赤澤涼太)に促され「ララルン!よろしくルン!」と挨拶をします。

サマーンでの挨拶は触角タッチなので、自己紹介のタイミングとわからなかったのでしょうね。
板書も普通ですが、まだ日本語の読み書きはできないと思われるので、これは先生が書いたと考えられます。

それ以上に、「ルン!」が珍しかったのか、少し騒然となるクラス。
まあ、語尾キャラって実際にはなかなかいませんからね……。

そして、座席の決定へ。
ララの席は、ひかるのふたつ隣。

しかし、ひかるの隣の席が空いていたため、ララはそこに座ります。
すると、遅刻者『軽部タツノリ』(CV=榎木淳弥)が登場。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」05

ララが座ったのは、この男の席でした。
自分席に、見慣れない女子がいるので「誰?」と聞く軽部。

「羽衣ララルン」と答えるララ。
「そこ、オレの席だけど、ララルン」と指摘する軽部。
「ララルンじゃないルン。ララ、ルン」と訂正するララ。

こういうやり取りは結構好きです。
音声のある媒体ならではという感じがします。

ここで、「羽衣さん、君の席はもうひとつ隣」と言う先生。
「自分の選んだ席に座れないルン?」とひかるに聞くララ。
「まあ、その……決まりなの」と答えるひかる。

そう言われ、席を移動するララ。
いわゆる常識的なものを知らなかったというだけで、別にわがままなわけではないですからね。

軽部もララに自己紹介します。
「転校生か?オレ、軽部タツノリ!よろよろ、しく36!」

何という軽いノリ。
「みんなからはカルノリって呼ばれてるけどね」とひかるがいうのももっともな話です。

そういえば、これって九九が語尾になっているということでは……?
いたわ語尾キャラ。

そして休み時間。
例によって、転校生は質問責めです。

打ち合わせが足りないのか、なかなかに綱渡りですね。
まあ、なんだかんだ何とか切り抜けられたようで、よかったです。

次は、授業。
ひかるが、何の気なしに2桁の暗算をこなしているのを見て、衝撃を受けるララ。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」06

サマーン星人には、2桁の足し算は暗算ではできない様子。
肌身離さずAIがついていれば、そうなるのでしょうかね。

ますますもって、サマーンのディストピア感が高まってきたような気がします。
支配するなら、人民はあんまり賢くない方が楽ですからね……。

昼休み。
相次ぐカルチャーショックで、すっかり元気をなくしてしまったララ。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」07

フワに励まされ、笑顔で応じますが……ちょっとダメージは大きそうですね。

そして、掃除の時間。
モップで床拭きなのですが、今度は道具の使い方がわからないララ。

頼みの綱のAIは持ってきていないので、自分で考えて実行します。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」08

だばぁ
水をひっくり返し、モップをかけようとします。

まあ、惜しいといえば惜しい……。
あと、これは日本人でも使ったことがなければ使い方は分からないと思うので、カルノリあたりに聞いてもよかったのですけどね。
おそらく、これまでの蓄積で、地球人なら知っていてしかるべきと思い込んでしまったのでしょう。

本人はいたって真剣ですが、傍目からは奇行に映ったのでしょう。
「ララルンってマジ変わってるなー」と、軽いノリで口走るカルノリ。

しかし、それは今のララには効果覿面。
いたたまれなくなったのか、飛びだして行ってしまいました。

翌日。
ひかるが迎えに行くと、ララはちゃんと出てきました。

取り敢えず、ハードランディングで登校拒否ということにはならなかったようです。
ただ、少し様子はおかしく……「おはようル……ございます」と挨拶をします。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」09

そして、手にはAIが。

学校では、えれなやまどかに対しても「おはようございます。えれな先輩、まどか先輩」と挨拶するララ。
どうやら、どうするのが最良か、AIに指示を仰いでいるようですね。

その後も、AIのお陰で、授業も掃除もつつがなくこなしていくララ。
ただ、ララにとっても、ひかるたちにとっても、ちょっと悲痛な空気ですね……。

個人的には、いわゆるその年齢までに獲得すべき常識に関しては、覚えるまでAIのアシストがあってもいい気がします。
自転車にたとえると、最初は押して貰ったり補助輪付きで、そしてやがてひとりで乗れるようになる感じのステップアップは必要ではないでしょうか。

放課後。
ララをよく見ているひかるは「ねぇララ、今日、学校楽しかった?」と尋ねます。

ララの答えは「う……うん。AIのお陰で失敗しなくてほっとしてる」というもの。
それを聞いて、「別に失敗したっていいじゃん」と反論するひかる。

「そうはいかないルン!いえ、いかないわ!」
「私が変なことばかりしていたら、ひかるや、えれなや、まどかまで変な目で見られるルン!」
「いえ、見られてしまう」

そういって笑顔を作るララ。
やはり、自分のことよりもひかるたちのことを想っての判断でした。

その夜。
ララの言葉を反芻するひかる。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」10

何かを思い立ち、えれなに連絡を取ります。

翌日。
休日ですが、いつもの4人で学校へ。

休日でも、学校にいるかぎり、自分を押し殺し、普通の地球人のフリをしようとするララ。
そんなララに、ひかるは「ララ、どうして学校に行きたいって思ったの?」と問います。

「それは、地球の文明を知るために……」
「ほんとに?」
「……楽しそうだったルン」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」11

「私も、みんなと楽しく……なりたかった……ルン……」

ようやく本音を語ったララに、ひかるが語りかけます。
「ララ、私ね、ララのこと学校で友達って紹介できるの、楽しみだったんだ」
「この学校でララと一緒に、これから色んなことをするのが、楽しみなんだよ!」

そうして、黒板を指差すひかる。
ララがそちらを見ると……。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」12

そこには、ひかるとララの名前が。
「みんながね、最初の日直を私と一緒にやれば、ララも安心だと思うって」
「ララはね、もう、このクラスのララなんだよ」

温かい世界。
みんなの想いは、ララにもしっかり届いたようです。

自然と笑顔になる4人。
そんなとき、突如カッパードが現れます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」13

本当に唐突な……。
戦いで校舎を破壊されないように、グラウンドに移動し、変身する4人。

プリキュアとカッパードが戦闘を開始したころ。
ひとり、とぼとぼ歩くカルノリの姿が。

ララに悪いことを言ってしまったと、後悔しているようです。
ひとりのときは、軽いノリではないのですね。
軽薄なだけのキャラではなさそうです。

そして、戦闘に遭遇。
カルノリの、歪んだイマジネーションの力に気付いたカッパードは、ダークネストにより強化された武器の力を使用します。

「我が刃よ!とくと吸え!歪んだイマジネーション!」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」14
(画像クリックで高解像度版表示)

カルノリから歪んだイマジネーションの力を吸い取り、武器が変化。
空を滑るサーフボードのような形状になりました。
「おぉ、ノレる!ノリノリだ!」

吸い取ったイマジネーションの性質に応じて、様々に変化しそうな雰囲気ですね。
どんな人を犠牲にしてどんな武器に変えるのかも、見ものです。

ノリノリで校庭を破壊していくカッパードに、ミルキーが吠えます。
「やめるルン!」
「学校を傷つけるのは、許さないルン!」

「ここには、私の知らない世界がたくさんあるルン!」
「とっても面白いルン。もっと知りたいルン」
「私は、まだ日直をやってないルン」
「だから、この学校を守るルン!」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」15

まさにプリキュアという要素が詰まった言葉ですよね。
傍から見れば些細とも取れることでも、それさえも奪おうというなら、絶対に守るという意志。
守る想いがプリキュアの力。

その叫びを聞き、「ならば……守ってみろ!」と矛先をミルキーに向けるカッパード。
そんなカッパードに、ソレイユとセレーネが、側面から『ソレイユシュート』と『セレーネアロー』を見舞います。

しかし、それはボードを回転させたカッパードに防がれます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」16

なかなか高性能な武器ですね。

間髪入れず、ミルキーを撃ち出すスター。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」17

その勢いで『プリキュア・獅子座・ミルキーショック』を食らわせます。
回転盾のバリアも、空間を埋め尽くす電撃は防ぎきれなかったようです。

武器が強化されても相変わらず、カッパードはミルキーと相性が悪いみたいですね。
これは、この先もずっとこんな感じなのではあるまいか。

そして、トドメはもちろん全員での『プリキュア・サザンクロスショット』!

カッパードには回避されましたが、武器の浄化に成功。
武器を回収したカッパードは撤退し、カルノリは助かりました。

流れで、語尾に「ルン」をつけてしまうララ。
それを聞いて、笑い出すカルノリ。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」18

とんでもなく酷いやつ……というわけではなく。
「オレさ、そっちのノリの方が断然好きなんだよな!」

ありのまま受け入れた……ということでしょうか。

ところで、カルノリはどうしてこの場に来たのでしょうか。
ひかるが聞くと「えっ?今日って休みだっけ?てっきり遅刻したと思った!」と返答。
マジか……。

そして翌日。
クラスメイトの女子から「おはようルンちゃん!」と挨拶されるララ。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第13話「ララのドキドキ初登校☆」19

「語尾にルンをつけるのがかわいいから、ルンちゃん!」
まあ、本人がまったく嫌がっておらず、むしろ喜んでさえいるので、これはこれでいいのでしょう。
 
FC2 Blog Ranking
2019/04/28 12:18|TV・CD・本TB:1CM:8

視聴番組:2019Q2

今期(2019年春)視聴しているテレビ番組などをリストアップしてみました。

視聴番組:2019Q2
曜日開始番組ハッシュタグ原作
0:30MX/BS11ぼくたちは勉強ができない#ぼく勉マンガ
8:00EXスター☆トゥインクルプリキュア#precureアニメ
22:00MX群青のマグメル#群青のマグメルマンガ
23:30MX消滅都市#アニメ消滅都市ゲーム
0:00MX/BS11Fairy gone フェアリーゴーン#フェアリーゴーンアニメ
0:30MX/BS11真夜中のオカルト公務員#オカルト公務員マンガ
1:00MX洗い屋さん!~俺とアイツが女湯で!?~#洗い屋マンガ
1:05MXなんでここに先生が!?#なんここマンガ
1:35TX八月のシンデレラナイン#ハチナイゲーム
21:54MX八十亀ちゃんかんさつにっき#八十亀ちゃんマンガ
22:00MXどろろ#どろろマンガ
0:00MX超可動ガール1/6#超可動ガールマンガ
0:15MX女子かう生#女子かうマンガ
0:20MXノブナガ先生の幼な妻#ノブ妻マンガ
0:30MXRobiHachi#robihachiアニメ
1:35TXKING OF PRISM -Shiny Seven Stars-#kinpriアニメ
21:54MX/BS11アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON#しんげきマンガ
0:30MX異世界かるてっと#いせかるアニメ
0:45MXストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!#w_witchアニメ
22:00MXこの世の果てで恋を唄う少女YU-NO#yu_noゲーム
23:30MX世話やきキツネの仙狐さん#仙狐さんマンガ
18:25TXアイカツフレンズ!~かがやきのジュエル~#aikatsuゲーム
22:00MX叛逆性ミリオンアーサー#アニメ叛逆性MAゲーム
23:30MX/BS11賢者の孫#賢者の孫ノベル
0:55CXさらざんまい#さらざんまいアニメ
1:05MXジョジョの奇妙な冒険 黄金の風#jojo_animeマンガ
1:55TBS川柳少女#川柳少女マンガ
2:10TBSみだらな青ちゃんは勉強ができない#みだらな青ちゃんマンガ
2:25TBSひとりぼっちの○○生活#ぼっち生活マンガ

29番組。
まあ、いつもと大体同じです。

今期はアニメ業界に何かあったのか、再放送によって番組表が歯抜けになっているのが目立つ気がします。
金曜夜と日曜夜以外、スカスカといって過言ではないレベルではないでしょうか。

そのくせ、例の時間帯では新番組で時間被りがしっかり発生しているあたり、ままなりません。
『フルーツバスケット』や『四月一日さん家の』も見たかったのですが、諦めました(録画のみ)。

それで、今期特に注目しているのは『ぼくたちは勉強ができない』『八月のシンデレラナイン』『RobiHachi』『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』『世話やきキツネの仙狐さん』『さらざんまい』あたりでしょうか。

『ぼくたちは勉強ができない』は、いわゆるラブコメ。
それにしても、勉強できない感じのタイトルや内容の作品が最近多いような気がします。

『八月のシンデレラナイン』は、女子野球の作品。
令和最初の『大正野球娘。』になるアニメですね。

内容はいいのですが、現時点で既に作画の息切れを感じるのが心配です。
なんとか頑張ってもらいたいところですが……。

『RobiHachi』はオリジナルアニメ。
オリジナルアニメならではの先の読めなさが、破天荒な作風と相まって本当に予測不能です。

まあ、下敷きが『東海道中膝栗毛』なら、ある程度全体としての予想は可能かもしれませんが……各話の展開の予想は困難を極めると思われます。

『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』は、プリティーシリーズの派生にして正統後継。
クオリティは折り紙付きと思われます。

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』は、懐かしのえろげアニメ化。
平成も終わろうというのに、どうして今、それをアニメ化したのでしょうか……?
放送がかなり浅い時間帯なのも謎ですよね。

実をいうと、僕は原作未プレイなので、結構楽しみにしています。

『世話やきキツネの仙狐さん』は、いわゆる癒やし系(?)作品。
癒やし系というか、甘やかし系とか肯定系とか、そういう言い方の方がしっくりくるかもしれません。

どうしてこれが週の真ん中、水曜夜なのか……。
こういうのは大抵日曜夜では……。

『さらざんまい』は、いわゆるイクニ作品。
8年前に『輪るピングドラム』、4年前に『ユリ熊嵐』ときて、今年はこれです。

はたして、どういう物語になるのでしょうか……。
 
FC2 Blog Ranking
2019/04/25 20:00|TV・CD・本TB:0CM:0

web拍手レス

雨は嫌です。

web拍手。
web拍手
(画像クリックで原寸大版表示)

2019年4月21日
12:21( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーンを止めるな!

止めろ!。・゚・(ノД`)・゚・。
 
FC2 Blog Ranking
2019/04/24 22:53|web拍手TB:0CM:0

web拍手レス

服を用意。

web拍手。
web拍手
(画像クリックで原寸大版表示)

2019年4月20日
03:51またいかがわしいアニメ見とるんか!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

そっちはまだマシな方で、本当にいかがわしい曜日が……。・゚・(ノД`)・゚・。
 
FC2 Blog Ranking
2019/04/23 23:52|web拍手TB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.