東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

Summer Pockets

ゲーム買いました。

Summer Pockets
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

Key『Summer Pockets』

Key最新作の恋愛ADV。
近年の例どおり、レーティングは全年齢。

エビテン限定版なので、特典は『3Dクリスタルセット』です。

【Summer Pockets】3Dクリスタル“空門蒼
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

発光体の写真は難しいです。
台座は安っぽいですが、なかなかいい感じに光ります。

さて、僕にとっては久々のADVゲームで、しかもKeyです。
前情報にはあえて触れずにいたので、どんな作品なのかはまったく知りませんが、期待だけは膨らんでいます。

わくわく。 
FC2 Blog Ranking
2018/06/30 00:00|ゲームTB:0CM:0

web拍手レス

最終回シーズン。

web拍手。
web拍手
(画像クリックで原寸大版表示)

2018年6月22日
07:42ボールは友達( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

友達は大切に。・゚・(ノД`)・゚・。 
FC2 Blog Ranking
2018/06/29 22:41|web拍手TB:0CM:0

web拍手レス

あつい。

web拍手。
web拍手
(画像クリックで原寸大版表示)

2018年6月21日
06:09イメージを損なうような( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

事実は小説よりも奇なりという言葉があってな。・゚・(ノД`)・゚・。
でもイメージって言葉は便利だからな……。 
FC2 Blog Ranking
2018/06/28 21:37|web拍手TB:0CM:0

【CrystalDiskMark 6.0.1】WD Black NVMe WDS100T2X0C

SSDを換装したメインPCのベンチマークテストです。

使用ソフトは『CrystalDiskMark 6.0.1』
いわゆる、「いつものやつ」です。

測定PC(メインPC)のスペックはこちら

【WD Black NVMe WDS100T2X0C】

WD Black NVMe WDS100T2X0C
【CrystalDiskMark 6.0.1】WD Black NVMe WDS100T2X0C
Sequential Read (Q= 32,T= 1)3,128 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1)2,843 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 8,T= 8)1,710 MB/s417,457 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 8,T= 8)1,357 MB/s331,415 IOPS
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1)600 MB/s146,372 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1)366 MB/s89,397 IOPS
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1)44 MB/s10,861 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1)185 MB/s45,266 IOPS

不揮発性テンポラリードライブのSSD。
一時的になファイルで、再起動などで消失してしまっては困るものを置きます。
例えば、ブログの下書きのテキストファイルなどですね。

シーケンシャルリードは、3,000MB/s超え。
高速タイプのSSDならきょうび珍しくもないラインですが、ちゃんと超えてくれました。

カタログスペックとしては3,400MB/sなので、それよりは少々遅い感じ。
何が足を引っ張っているかは……今のところ不明です。

シーケンシャルライトは、2,800MB/s強。
これが2,000MB/sを超えるあたりから最新世代という感がありますが、大幅に超えてくれました。
大容量モデル(1TB)を選んだ甲斐があるというものです。

ちなみに、カタログスペックは2,800MB/sなので、ちょうどそのくらいということになります。

ランダムリードは40万IOPS強で、ランダムライトが30万IOPSを大きく超えるくらい。
最近の高速SSDはここに力を入れていることが多いのですが、その中でもそれなりに大した数字です。

カタログスペックは50万IOPSと40万IOPSなので、それぞれ少しずつそれに足りません。
数字だけ見ていると、ちょうど1つ下の容量のモデル(500GB)の値であるのが気になるところ。

実使用環境なのでちょっと遅くなっているのか、ファームウェアに成長の余地があるということなのか……後者なら、アップデートで高速化が期待できるわけなので、そうであるとありがたいです。

そういう感じのベンチマーク結果になりました。 
FC2 Blog Ranking
2018/06/27 00:00|PCTB:0CM:0

【HUGっと!プリキュア】キュアマシェリ・キュアアムール変身比較[第20話・第21話]

大絶賛放送中のアニメ『HUGっと!プリキュア』。
第20話でキュアマシェリとキュアアムール、ふたりのプリキュアが誕生しました。
そのバンクはまさに必見というものだったのですが、第21話で少し修正が入ったようです。

そんなわけで比較です。
まず、この手の比較で恒例の、差異のないシーンで画像の見方を説明します。

【HUGっと!プリキュア】キュアマシェリ・キュアアムール変身比較[第20話・第21話]00

左が第20話、右が第21話、下がその差です。
差異がない場合、このように下半分が真っ黒になります。

差異があるところにばかり目が行きがちですが、差異がないところでそれが確認できるというのは、こういう話をするときに非常に重要になります。

さて本題。

1つめは、14.80秒から。

【HUGっと!プリキュア】キュアマシェリ・キュアアムール変身比較[第20話・第21話]01
(画像クリックで高解像度版表示)

プリハートから出る光に、色がつきました。
このシーン以外でもそうなっているので、全体的に印象が濃ピンクに寄っています。

個人的には、以前の、透過光みたいな方が好みです。

2つめは、19.85秒から。

【HUGっと!プリキュア】キュアマシェリ・キュアアムール変身比較[第20話・第21話]02
(画像クリックで高解像度版表示)

光球がスプラッシュな感じに。
もともとの球も、紫色になって残っています。

3つめは、38.41秒から。

【HUGっと!プリキュア】キュアマシェリ・キュアアムール変身比較[第20話・第21話]03
(画像クリックで高解像度版表示)

マシェリの手袋が、なくなりました。
この段階ではまだ装着していなかったはずなので、修正ですね。

4つめは、43.46秒から。

【HUGっと!プリキュア】キュアマシェリ・キュアアムール変身比較[第20話・第21話]04
(画像クリックで高解像度版表示)

同様に、アムールの手袋もなくなりました。
こちらも、手袋の装着はこの後のハイタッチでなので、修正のようです。

5つめは、57.80秒から。

【HUGっと!プリキュア】キュアマシェリ・キュアアムール変身比較[第20話・第21話]05
(画像クリックで高解像度版表示)

着地までの時間が変わりました。
その後、すぐにタイミングは再び揃うので、見映えの問題と思われます。

いや、まあ、もちろん究極的にはほぼすべて見映えの問題ですが。

6つめは、続く58.85秒から。

【HUGっと!プリキュア】キュアマシェリ・キュアアムール変身比較[第20話・第21話]06
(画像クリックで高解像度版表示)

少しカメラが近づきました。
この段階で、先述のタイミング自体は揃っています。

また、最後の決めポーズでカメラが引くので、そこでキャラは重なります。

最後は、ラストシーン。

【HUGっと!プリキュア】キュアマシェリ・キュアアムール変身比較[第20話・第21話]07
(画像クリックで高解像度版表示)

周囲を舞っている菱形が、光の奥側だったのが手前になりました。
これにより、視認性がよくなった感じです。

以上です。
メインは手袋の修正で、そのほかもできるかぎり向上を目指したというところでしょうか。

 
FC2 Blog Ranking
2018/06/26 00:00|TV・CD・本TB:0CM:2

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.