東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

ダービースタリオン96の1代配合(ワイルドアゲイン×トップシークレット)

大人気アニメ『ウマ娘 プリティーダービー』に影響され、久々に競馬熱が。
……とはいえ、賭ける方ではなく、育てる方の、それもゲームの話。

そのソフトは、SFCの『ダービースタリオン96』です。
リアルタイムのころは、かなり熱中しました。

それが再燃です。
いま改めて見てみると、当時は分からなかったことが色々解明されていたりして、新しい驚きがあったりします。

ダビスタといえば、最終的には最強馬の作成……ですが、それはそれこそ究極なので、ここではゲーム内で購入できる繁殖牝馬からの1代交配でどこまでいけるのかを試してみることにします。

ここで注目する配合は、『ワイルドアゲイン』×『トップシークレット』。
要素としては、以下のとおり。

  • ワイルドアゲイン
    • 気性・底力・健康:A
  • トップシークレット
    • スピード:80
    • スタミナ:70
  • インブリード
    • ニアークティック[SP]:3×4
    • ネアルコ[SP・底+]:(4×5)×5
    • ネイティヴダンサー[SPW・ST]:4×5
    • ハイペリオン[SP・底+]:(4×5)×5
    • マームード:5×5
  • 面白配合

危険配合でも同系配合でもなく、スピード上昇効果のインブリードが6本もあり、面白配合です。

まず初めに、そうやって作った全産駒のデータを、以下のリンク先に置いておきます(各2MB以上あるので注意)。
タブ切りテキストなので、表計算ソフトで色々弄ってみてください。

ここでは、牡馬に注目します。
牝馬は勝負根性の上限が低いので、最終世代としてはやはり牡馬ということになります。

【スピード】

【ワイルドアゲイン×トップシークレットの産駒(牡馬)】スピード
(画像クリックで高解像度版表示)

産駒のスピードは、最大125(9頭)で最小54(291頭)となりました。
仕様上の最大値は、超晩成ボーナスを含めないと129なので、なかなか迫れたのではないでしょうか。

ちなみに、スピードに関しては、牡馬も牝馬も同じものを持って生まれてきます。

【スタミナ】

【ワイルドアゲイン×トップシークレットの産駒(牡馬)】スタミナ
(画像クリックで高解像度版表示)

産駒のスタミナは、最大119(1頭)で最小50(359頭)となりました。
120の大台には乗りませんでしたが、スタミナのインブリードが1本しかないのに、ここまで伸びたのはむしろビックリで、大健闘といえるのではないでしょうか。

【スピードとスタミナの組み合わせ】

ダビスタ96では、両親と性別が同じなら、産駒の能力パターンは有限です。
つまり、各々の能力が高くなる可能性があっても、すべての能力が高い産駒が存在しない可能性もあります。

そこで、スピードとスタミナの組み合わせの傾向を見てみます。

【ワイルドアゲイン×トップシークレットの産駒(牡馬)】スピード・スタミナ
(画像クリックで高解像度版表示)

有限とはいえ絶対数が多いので、スピードやスタミナ単体のグラフから推測される形状に、かなり素直に従っている感じになりました。
父(ワイルドアゲイン)が実績Bのためか、母(トップシークレット)より若干劣る産駒が多いようです。

【勝負根性】

【ワイルドアゲイン×トップシークレットの産駒(牡馬)】勝負根性
(画像クリックで高解像度版表示)

産駒の勝負根性(底力)は、最大99(2,134頭)で最小70(2,166頭)となりました。
父(ワイルドアゲイン)と母父(ノーザンテースト)がともに底力Aで、面白配合なので、下限は70です。
一切の例外なく。

多少の差はありますが、概ね平らなグラフですね。
この配合では、勝負根性は70以上がランダムで出現すると思ってよさそうです。

【気性】

【ワイルドアゲイン×トップシークレットの産駒(牡馬)】気性
(画像クリックで高解像度版表示)

産駒の気性は、最大100(1,194頭)で最小51(1,364頭)となりました。
父(ワイルドアゲイン)が気性Aなので、下限が51になっています。

こちらも、勝負根性と同じく、平らなグラフです。
数値の幅が広いので、狙った値を出すのは難しそうですね。

【スピード+スタミナ+勝負根性+気性】

少し乱暴ですが、ここまでの4つの才能の合計で、産駒の総合的な能力を見積もることができます。

【ワイルドアゲイン×トップシークレットの産駒(牡馬)】スピード+スタミナ+勝負根性+気性
(画像クリックで高解像度版表示)

産駒の4要素合計値は、最大401(105+111+90+95)で最小233(54+50+73+56)となりました。
各々の最大値の合計なら443(125+119+99+100)ですが、やはり、そんな都合よくはいきません。

【ダート適性】

【ワイルドアゲイン×トップシークレットの産駒(牡馬)】ダート適性
(画像クリックで高解像度版表示)

産駒のダート適性は、最大4(26,455頭)で最小1(5,318頭)でした。
父(ワイルドアゲイン)がダート◎、母父(ノーザンテースト)がダート○なので、0や5のような極端な適性を持つ産駒は生まれないようです。

5は生まれませんが、4に向かって単調増加なので、ダートは得意な配合といってよさそうです。

【丈夫さ】

【ワイルドアゲイン×トップシークレットの産駒(牡馬)】丈夫さ
(画像クリックで高解像度版表示)

産駒の丈夫さ(健康)は、最大7(15,661頭)で最小1(2,515頭)でした。
危険配合ではないので、0は生まれないようです。

6以上で丈夫なので、丈夫な産駒が生まれやすい配合です。

【回復力】

【ワイルドアゲイン×トップシークレットの産駒(牡馬)】丈夫さ
(画像クリックで高解像度版表示)

産駒の疲労回復力は、最大30(708頭)で最小16(1,394頭)でした。
この能力、競争に直接関係しないパラメータで、丈夫さ以上に情報が少なく、仕様上の上限下限は不明です。

【成長型】

【ワイルドアゲイン×トップシークレットの産駒(牡馬)】成長型
(画像クリックで高解像度版表示)

産駒の成長型は、『普通』が最も多い結果(22,104頭)でした。
父(ワイルドアゲイン)が普通なので、普通と遅普通がメインになったようです。

いわゆるバグ成長型は生まれませんでした。
まあ、デメリットしかないようなバグなので、出ないのはいいことです。

【X月】

『X月』とは、「それ以降にレースに出すと能力が下がる月」です。
成長型が開始時期なら、X月は終了時期に対応します。

また、このゲームは少し古いので、馬齢の数え方が現在とは異なります。
ここでは、もちろんゲームの方にあわせています。

【ワイルドアゲイン×トップシークレットの産駒(牡馬)】X月
(画像クリックで高解像度版表示)

産駒のX月は、『6歳3月』が最も多い結果(22,666頭)でした。
基本的には成長型と関係しているパラメータなので、対応した感じになっています。

【成長型とX月】

【ワイルドアゲイン×トップシークレットの産駒(牡馬)】成長型とX月
(画像クリックで高解像度版表示)

成長型とX月の組み合わせでは、『遅普通』で『6歳3月』が最も多い結果(10,809頭)となりました。
成長型だけ見ると普通が多かったわけですが、組み合わせでは違ってくるのですね。

4歳でクラシック走って、5歳で古馬レースと凱旋門賞、最後に有馬記念で引退という感じでしょうか。

以上です。
個人的には、119/82/95/86/4あたりがよさそうに思います。

1代配合ということで、ワイルドアゲイン×トップシークレットの紹介でした。
2代配合の方が、もちろんもっと強い馬が作れるわけですが、産駒パターンが2乗になりますからね……(実際は下位互換だったりが多数存在するので、それよりは少なくなりますが)。 
FC2 Blog Ranking
2018/05/31 19:46|ゲームTB:0CM:0

【HUGっと!プリキュア】第17話:APPENDIX

第17話の感想の付録。
開幕、提供、アイキャッチ、次回予告、エンドカードなどについてです。

【今回の1枚】

【HUGっと!プリキュア】第17話:APPENDIX-01

ルールー。
すっかり瞳に光が宿ってますね。

【開幕】

【HUGっと!プリキュア】第17話:APPENDIX-02

今回は、冒頭の寸劇はなし。
やはり、シリアスな流れだと変則的になるようですね。

【前提供】

【HUGっと!プリキュア】第17話:APPENDIX-03

今回は、前提供が独立して存在するパターン。
前提供のイラストを見るのも、久しぶりですね。

【アイキャッチ】

【HUGっと!プリキュア】第17話:APPENDIX-04

アイキャッチは、はぐたんにアスパワワを与えるパターンでした。

【次回予告】

【HUGっと!プリキュア】第17話:APPENDIX-05

次回は第18話「でこぼこコンビ!心のメロディ!」。

ルールーとえみるのお話のようです。
やはり、このふたりはセットでコンビになるようですね。

今回のラストで色々目撃したえみるがどう出るのか。
クライアス社から離れたルールーがどう変化するのか。
いろいろ楽しみです。

【後提供】

【HUGっと!プリキュア】第17話:APPENDIX-06

後提供も、前提供と同じく独立して存在するパターン。

【エンドカード】

【HUGっと!プリキュア】第17話:APPENDIX-07
 
FC2 Blog Ranking
2018/05/28 01:00|TV・CD・本TB:0CM:0

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」

いよいよ、ルールーと直接戦闘!
果たして、その顛末やいかに!?

さて本編。

利的行動がバレ、クライアス社に回収されたルールー。
パップルの手により、『不要な記憶』が削除されています。

すると、パップルの上司『リストル』(CV=三木眞一郎)が横槍を。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」01

ルールーを戦闘用に調整するようです。
さらに、試作品である専用パワードスーツも装着するようです。
そこまでする気はなかったパップルは、ちょっと引き気味ですが。

場面変わって、ビューティーハリー。
ルールーを探しに行こうとする3人を、ハリーが止めます。

ルールーがスパイだったと、3人に告げるハリー。
ハリーはルールーがクライアス社のアンドロイドであることに気付いたようです。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」02

まんまと騙されたいたと言うハリーに、はなは騙されてないと言い張ります。
ムキになって言い合いに。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」03

騙されていた……というより、ルールーが自分たちを騙していたと思いたくないのでしょうね。

2人がケンカを始めたので、はぐたんが泣き出します。
必然的に、それは中断されます。
まさに、子はかすがいですね。

ほまれは、自分から一度は奪い取ったプリハートを、背中を押す形で返したルールーを見て、最初はともかく、最後は違うと言います。

それで納得したのか、ハリーももう止めません。
お人好しなのはみんなそうですよね、3人も、ハリーも。

それにしても、ハリーの言動の端々から、元クライアス社の人間なのではないかという気配が立ちこめてきましたね……。

そうこうしている間に、ルールー『RUR-9500』の調整が終了。
即座に出撃していきます。

そして、ルールーを探す3人と、公園で対面。

ルールーの無事を喜ぶはなですが、そのルールーは、別れたときのルールーではありませんでした。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」04

はなの手を払いのけたルールーは、プリキュアを倒すこと以外頭にない様子。
パワードスーツを呼び出し、装着(合体)します。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」05

やったー!カッコイイー!

ルールーの攻撃に戸惑うはな。
このままでは話もできないということで、変身し、対話のための戦闘が始まります。

遅れて、ルールーの監督にパップルが登場。
プリキュアに、ルールーの記憶を消したことを告げます。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」06

「返して!消したの返して!」と訴えるエール。
捨てたデータはもう戻らないと答えるパップル。

さらに、記憶は消しても戦闘データは残したと言うパップル。
手作業でひとつひとつ確認しながらやってたっぽいのは、そういうことだったのですね。
……一旦まっさらにして、戦闘データだけ後で組み込めばよかったのでは……。

戦闘プログラムのルールーの合理性、試作型パワードスーツで強化されたパワーと武装、そして戦闘データにより、有利に戦闘を進めていくルールー。
しかし、圧倒的かといえばそうではなく、プリキュアは意外にも善戦します。

そのころ。
下界(街)での騒ぎに、えみるが気付きます。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」07

プリキュアとロボの戦いを見て、駆けつけるべく家を飛び出します。
ルールー絡みといえばえみるも外すことはできないでしょうし、何か重要な役割を担っていそうですね。

場面戻って、プリキュアとルールー。
戦いに決着をつけるべく、力いっぱい両腕を振り下ろすルールー。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」08
(画像クリックで高解像度版表示)

受け止めるプリキュア!

「本当にこれでいいの!?」
「思い出して!」
「ルールー!」
口々に、ルールーに呼びかけます。

さらに出力を上げるも、プリキュアを押し潰すことができないルールー。
本来ならもっと圧倒してもおかしくないはずなので、更なる分析の必要性を感じます。

そして、データを集めつつ戦っていく中で、ルールーに変化が。
データと共に、消したはずの記憶がフラッシュバックします。

やがて攻撃の手は緩み、ついには止まってしまいます。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」09

苦しみだすルールー。
3人の記憶や、お仕事体験、そしてえみるの記憶が蘇り、現在のルールーを苛みます。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」10

この期に、エトワールとアンジュが『スタースラッシュ』と『フェザーブラスト』を繰り出し、パワードスーツを破壊。
中のルールーが顕わになります。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」11

かつてのルールーを取り戻したようですが、さらに苦しみ続けるルールー。
「痛い……胸が……痛い……!」

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」12

そして、「私に近づかないで!」と、闇雲に攻撃を始めます。
与えられた命令と、芽生えた自分の意志の間でコンフリクトしているのでしょうか。

流れ弾は、ハリーとはぐたんの方へも。
それは『ハート・フェザー』と『ハート・スター』で撃ち落とすことに成功しましたが、なかなかに危うい。
ルールーのまわりも、もちろんルールー自身も。

それでも諦めず、ルールーに駆け寄ろうとするエール。
ルールーは、風の障壁を展開し、エールを近づけまいとします。

しかしエールは、アンジュとエトワールの『フェザーブラスト』『スタースラッシュ』が合体した鳥に乗り、その内部へ侵入を果たします。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」13
(画像クリックで高解像度版表示)

ふたりだけの空間。
悲鳴のような独白を交え、エールを攻撃するルールー。
それは、自分を責めているかのように。

そして、ここでもエールは「騙されてなんか……ない!」と言い切ります。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」14
(画像クリックで高解像度版表示)

そして合わさる拳と拳。
「私がそう思ってないから!そうなの!」

拳と言葉が、気持ちを伝えます。
許されそうになること、やさしくされること……それが、ルールーの中の『正しい世界』を破壊します。

「こんな痛みに苦しむくらいなら、記憶は消された方がよかった……」と言うルールー。

「苦しいのは、私も一緒だよ……」
「もう……ルールーと戦いたくない」
「さっきから……体よりも胸の奥の方が、ずっと痛いんだよ……」
「ルールーのことが……好きだもん」

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」15

ルールーの手を取るエール。
「今さら、嫌いになんてなれない!」

そして、ふたりともエネルギーのスパークに弾かれます。

気付くと、ルールーのそばにははぐたんが。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」16

一度攻撃を向けられ、怖い思いをしているのに、そのルールーを慰めるように、頭をなでるはぐたん。
すると、ルールーの目に光が宿り、涙があふれ出ます。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」17

大泣き。
おそらく、生まれて一度も泣いたことなどなかったのでしょう。
つまり、これがルールーの産声なのですね。

パップルはそんなルールーに命令を下します……が。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」18

「去りなさい。私のプログラムは上書きされました」
「もう従順な機械人形ではありません」

袂を分かった感じですね。
威嚇とはいえ、これまでの利敵行為とは明らかに一線を画する、直接攻撃です。

パップルは攻撃されるなど思ってもいなかったようで、慌てて退散。
戦闘は終わりました。

胸の痛みは、温かみに。
ルールーにも、心が生まれたということです。

そして、両手をひろげるはな。
「おかえり、ルールー」

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」19

ルールーはハグに応え、「ただいま」と言います。
めでたしめでたしですね。

その一部始終を木の陰から見ていたものがいます。

【HUGっと!プリキュア】第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」20

えみる。
ルールーにとって重要な人物なのは間違いなく、今回回想以外で出番がなかったのは正直意外でしたが……。
やはり、今後、もっと深く関わりそうですね。 
FC2 Blog Ranking
2018/05/27 12:13|TV・CD・本TB:2CM:8

web拍手レス

昼は間違いなく暑いのに、朝晩はそこそこ冷える。

web拍手。
web拍手
(画像クリックで原寸大版表示)

2018年5月22日
07:22小数点以下の確率で( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーンされないとかされなくないとか

めっちゃ高確率ですよね?。・゚・(ノД`)・゚・。
ガセネタすぎる……件のあれも、そっち方向のウソ混入なら、すぐに気づけたでしょうに。 
FC2 Blog Ranking
2018/05/26 04:36|web拍手TB:0CM:0

【HUGっと!プリキュア】第16話:APPENDIX

第16話の感想の付録。
開幕、提供、アイキャッチ、次回予告、エンドカードなどについてです。

【今回の1枚】

【HUGっと!プリキュア】第16話:APPENDIX-01

はな。
前回と今回、かなり影薄かったですね……。

【開幕】

【HUGっと!プリキュア】第16話:APPENDIX-02

今回も3人。
追加戦士が来たら増えることは間違いないと思いますが、変則的にひとりだったりふたりだったりになる可能性は、今後あるのでしょうか。

【提供】

【HUGっと!プリキュア】第16話:APPENDIX-03

今回も、提供は本編内に組み込まれているパターン。

【アイキャッチ】

【HUGっと!プリキュア】第16話:APPENDIX-04

アイキャッチは、はながタンバリンするパターンでした。

【次回予告】

【HUGっと!プリキュア】第16話:APPENDIX-05

次回は第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」。

ロボだこれ!
……そんなわけで、ルールー回のようです。

「さよなら」とは穏やかではないですね。
『調整』の結果、一部の記憶をなくしてしまうようですが、果たして……?

ところで、サブタイトルはまた過去作品を彷彿とさせるものに戻った気がします。
第9話から第14話まではそんな感じだと思っていたのですが、ここ2話ほどはそうでもなく、単なる勘違いかとも思い始めていたのですが……どうなのでしょうね。

【エンドカード】

【HUGっと!プリキュア】第16話:APPENDIX-06

【めちょっく】

【HUGっと!プリキュア】第16話:APPENDIX-07
 
FC2 Blog Ranking
2018/05/21 01:00|TV・CD・本TB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.