東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad】公式プレビューカードレビュー28 #MTGSOI

今回は13枚。
4回に分けて紹介しています。

この記事では、その4として3枚を紹介(13/13)。
その1(3枚)その2(4枚)その3(3枚)はこちら。

ソースはこちら。

偏執的な皮剥ぎ人/Obsessive Skinner (1)(G)
Creature - Human Rogue (U)
偏執的な皮剥ぎ人が戦場に出たとき、クリーチャー1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。
昂揚―各対戦相手のアップキープの開始時に、あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれる場合、クリーチャー1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く
1/1


When Obsessive Skinner enters the battlefield, put a +1/+1 counter on target creature.
Delirium - At the beginning of each opponent's upkeep, if there are four or more card types among cards in your graveyard, put a +1/+1 counter on target creature.
1/1


シングルシンボル2マナ1/1の人間・ならず者。
『イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad』の新能力語『昂揚/Delirium』持ち。

《鋼胴の甲虫/Ironshell Beetle(JUD)》に新能力『昂揚/Delirium』がついてコスト据え置きの上位互換。

cip能力は《戦闘の成長/Battlegrowth(MRD)》
回避能力を持ったクリーチャーを対象としたいですが、最悪でも自身を対象とすれば、《灰色熊/Grizzly Bears(10E)》にはなります。

『昂揚/Delirium』状態であれば、対戦相手のアップキープに《戦闘の成長/Battlegrowth(MRD)》が誘発します。
永続強化を集中させることも分散させることもできるので、上手く活用したいところ。

再度の収穫/Second Harvest (2)(G)(G)
Instant (R)
あなたがコントロールするトークン1つにつき、そのパーマネントのコピーであるトークンを1つ戦場に出す。


For each token you control, put a token onto the battlefield that's a copy of that permanent.


ダブルシンボル4マナのインスタント。

トークンを倍にするインスタント。
このセットには、『手掛かり/Clue』トークンを出すものもクリーチャー・トークンを出すものも結構充実しているので、活躍できる機会は多そうです。

インスタントなので、隙を最小限にで切るのもいいですね。

村の伝書士/Village Messenger (R)
Creature - Human Werewolf (U)
速攻
各アップキープの開始時に、直前のターンに呪文が唱えられていなかった場合、村の伝書士を変身させる。
1/1


Haste
At the beginning of each upkeep, if no spells were cast last turn, transform Village Messenger.
1/1

Moonrise Intruder
[R] Creature - Werewolf (U)
威迫(このクリーチャーは2体以上のクリーチャーによってしかブロックされない。)
各アップキープの開始時に、直前のターンにプレイヤー1人が2つ以上の呪文を唱えていた場合、月の出の侵入者を変身させる。
2/2

Menace (This creature can't be blocked except by two or more creatures.)
At the beginning of each upkeep, if a player cast two or more spells last turn, transform Moonrise Intruder.
2/2


1マナ1/1・速攻・変身の人間・狼男。

《山賊/Mountain Bandit(PTK)》に変身がついてコスト据え置きの上位互換。

変身条件は、いわゆる普通の狼男。
直前のターンに呪文が唱えられていなかった場合に変身します。

変身後は、色指標が赤で2/2・威迫の狼男。

性質的に活躍の場は序盤なクリーチャーなので、変身できるかどうかは微妙なラインですが、序盤にほとんど何もしてこない相手なら、うまくはまる可能性もあります。

理想的には、最初は速攻で攻撃を通し、相手が壁となるクリーチャーを出して安心して土地を伸ばし始めたら、変身して威迫で脇をすり抜ける……という感じでしょうか。 
FC2 Blog Ranking
2016/03/22 05:20|MTGTB:0CM:0

【イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad】公式プレビューカードレビュー27 #MTGSOI

今回は13枚。
4回に分けて紹介しています。

この記事では、その3として3枚を紹介(10/13)。
その1(3枚)その2(4枚)はこちら。

ソースはこちら。

精神病棟の訪問者/Asylum Visitor (1)(B)
Creature - Vampire Wizard (R)
各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーの手札にカードがない場合、あなたはカードを1枚引き、1点のライフを失う。
マッドネス(1)(B)(あなたがこのカードを捨てるなら、これを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでこれを唱えるか、これをあなたの墓地に置く。)
3/1


At the beginning of each player's upkeep, if that player has no cards in hand, you draw a card and you lose 1 life.
Madness {1}{B} (If you discard this card, discard it into exile. When you do, cast it for its madness cost or put it into your graveyard.)
3/1


シングルシンボル2マナ3/1・マッドネスの吸血鬼・ウィザード。

《骸骨蛇/Skeletal Snake(POR)》のパワーが増えて能力が2つつき、コスト据え置きの上位互換。

1つめの能力は、条件付き《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena(9ED)》
条件はそのターン進行中のプレイヤーの手札が空のときなので、相手の手札はハンデスなどを駆使してなんとか達成したいところ。

2つめの能力はマッドネス。
互いに手札を捨てる呪文や能力と組み合わせて使いたいですね。

来世の警告/Behold the Beyond (5)(B)(B)
Sorcery (M)
あなたの手札を捨てる。あなたのライブラリーからカードを3枚探し、それらのカードをあなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。


Discard your hand. Search your library for three cards and put those cards into your hand. Then shuffle your library.


ダブルシンボル7マナのソーサリー。
神話レア。

手札をすべて捨てる代わりに好きなカードを3枚手に入れることができるソーサリー。
ちょっと《不正利得/Ill-Gotten Gains(USG)》を思い出しますが、影響が自分だけで、墓地ではなくライブラリーから探せるので、重くなった分、より強力になっています。

コンボデッキならキーカードを揃えることができるでしょう。
除去とハンデスで下準備をして、手に入れたカードを使うまでに死なないようにしたいところです。

つぶやく悪鬼/Gibbering Fiend (1)(R)
Creature - Devil (U)
つぶやく悪鬼が戦場に出たとき、これは各対戦相手にそれぞれ1点のダメージを与える。
昂揚―各対戦相手のアップキープの開始時に、あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれる場合、つぶやく悪鬼はそのプレイヤーに1点のダメージを与える。
2/1


When Gibbering Fiend enters the battlefield, it deals 1 damage to each opponent.
Delirium - At the beginning of each opponent's upkeep, if there are four or more card types among cards in your graveyard, Gibbering Fiend deals 1 damage to that player.
2/1


シングルシンボル2マナ2/1のデビル。
『イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad』の新能力語『昂揚/Delirium』持ち。

《ごろつきゴブリン/Goblin Bully(POR)》にcip能力と新能力『昂揚/Delirium』がついて、コスト据え置きの上位互換。

cip能力は各対戦相手に1点のダメージ。
火力としては小さなものですが、2マナパワー2に付いてくるオマケとしては悪くないと思います。

『昂揚/Delirium』状態なら、相手のアップキープにも1点が飛びます。
ブロッカーが現れ、攻撃できなくなっても、仕事をしてくれそうですね。 
FC2 Blog Ranking
2016/03/22 04:57|MTGTB:0CM:3

【イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad】公式プレビューカードレビュー26 #MTGSOI

今回は13枚。
4回に分けて紹介しています。

この記事では、その2として4枚を紹介(7/13)。
その1(3枚)はこちら。

ソースはこちら。

永遠の見守り/Always Watching (1)(W)(W)
Enchantment (R)
あなたがコントロールするトークンでないクリーチャーは、+1/+1の修整を受けるとともに警戒を持つ。


Nontoken creatures you control get +1/+1 and have vigilance.


ダブルシンボル3マナのエンチャント。

白によくある、自軍全体強化エンチャント。
このカードは、トークンでないクリーチャーを強化します。

トークンのみを強化する《無形の美徳/Intangible Virtue(ISD)》の逆バージョンですね。

トークンと違い、一気に大量展開は難しいですが、汎用性はあります。
いい感じの能力を備えた軽量クリーチャーを並べるウィニーに活躍の場を求めたいところ。

偏執的な教区刃/Paranoid Parish-Blade (2)(W)
Creature - Human Soldier (U)
昂揚―あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれるかぎり、偏執的な教区刃は+1/+0の修整を受けるとともに先制攻撃を持つ。
3/2


Delirium - Paranoid Parish-Blade gets +1/+0 and has first strike as long as there are four or more card types among cards in your graveyard.
3/2


シングルシンボル3マナ3/2の人間・兵士。
『イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad』の新能力語『昂揚/Delirium』持ち。

《真珠色の一角獣/Pearled Unicorn(5ED)》のパワーが増え、新能力『昂揚/Delirium』までついて、コスト据え置きの上位互換。

『昂揚/Delirium』状態だと、パワーが増えて先制攻撃がつきます。
タフネスは増えないので、火力やマイナス修整には弱いですが、戦闘に関しては頼りになる地上戦力になりますね。

疑惑の裏付け/Confirm Suspicions (3)(U)(U)
Instant (R)
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
調査を3回行う。(調査を行うとは、「(2),このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無色の手掛かり・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1つ戦場に出すことである。)


Counter target spell.
Investigate three times. (To investigate, put a colorless Clue artifact token onto the battlefield with "{2}, Sacrifice this artifact: Draw a card.")


ダブルシンボル5マナのインスタント。
『イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad』の新キーワード処理『調査/Investigate』持ち。

恒例の、付加価値のついたカウンター呪文。
このカードは、新能力『調査/Investigate』を3回行います。

すぐさま何かを得られる能力ではありませんが、ドローの種が一度に3つ手に入ります。
相手のエンドなどの隙を生じにくいタイミングで、ドローに変換していきたいですね。

単純にアーティファクトの頭数を増やす手段にもなります。

躁の書記官/Manic Scribe (1)(U)
Creature - Human Wizard (U)
躁の書記官が戦場に出たとき、各対戦相手はそれぞれ自分のライブラリーの一番上から3枚のカードを自分の墓地に置く。
昂揚―各対戦相手のアップキープの開始時に、あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが4種類以上含まれる場合、そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上から3枚のカードを自分の墓地に置く。
0/3


When Manic Scribe enters the battlefield, each opponent puts the top three cards of his or her library into his or her graveyard.
Delirium - At the beginning of each opponent's upkeep, if you have four or more card types among cards in your graveyard, that player puts the top three cards of his or her library into his or her graveyard.
0/3


シングルシンボル2マナ0/3の人間・ウィザード。
『イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad』の新能力語『昂揚/Delirium』持ち。

cip能力で、対戦相手のライブラリーを削ります。
範囲は各対戦相手なので、多人数戦でより強くなる能力ですね。

新能力『昂揚/Delirium』状態であれば、対戦相手のアップキープに、ライブラリーを削る能力が誘発します。
このセットでは中途半場にライブラリーを削ると余計にひどいことになりかねないので、どんどん削って一刻も早く終わらせたいところです。 
FC2 Blog Ranking
2016/03/22 04:28|MTGTB:0CM:0

【イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad】公式プレビューカードレビュー25 #MTGSOI

今回は13枚。
4回に分けて紹介します。

この記事では、その1として3枚を紹介。
各カードのリンク先にソース。

罪を誘うもの/Sin Prodder (2)(R)
Creature - Devil (R)
威迫
あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。どの対戦相手も「あなたはそのカードをあなたの墓地に置く。」を選んでもよい。あるプレイヤーがそうしたなら、罪を誘うものはそのプレイヤーにそのカードの点数で見たマナ・コストに等しい点数のダメージを与える。誰もそうしないなら、そのカードをあなたの手札に加える。
3/2


Menace
At the beginning of your upkeep, reveal the top card of your library. Any opponent may have you put that card into your graveyard. If a player does, Sin Prodder deals damage to that player equal to that card's converted mana cost. Otherwise, put that card into your hand.
3/2


シングルシンボル3マナ3/2・威迫のデビル。

《ボガートの粗暴者/Boggart Brute(ORI)》に誘発型能力がついてコスト据え置きの上位互換。
その《ボガートの粗暴者/Boggart Brute(ORI)》《ゴブリンの騎兵隊/Goblin Cavaliers(P02)》の上位互換で、それすらも《ゴブリンの勇士/Goblin Hero(6ED)》の完全上位互換という、クリーチャーの質の向上が見て取れるカードですね。

アップキープ誘発能力は、ライブラリーのトップを公開し、相手はそれを手札に入れることを許容するか、ダメージを負うかという選択をするというもの。
最終的に相手に選択権があるカードではありますが、懲罰者カード(《怒鳴りつけ/Browbeat(TSB)》など)のように、どちらを選ばれても構わない状況はままあると思うので、なかなか強力な能力だと思います。

不屈の追跡者/Tireless Tracker (2)(G)
Creature - Human Scout (R)
土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、調査を行う。(「(2),このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無色の手掛かり・アーティファクト・トークンを1つ戦場に出す。)
あなたが手掛かりを1つ生け贄に捧げるたび、不屈の追跡者の上に+1/+1カウンターを1個置く。
3/2


Whenever a land enters the battlefield under your control, investigate. (Put a colorless Clue artifact token onto the battlefield with "{2}, Sacrifice this artifact: Draw a card.")
Whenever you sacrifice a Clue, put a +1/+1 counter on Tireless Tracker.
3/2


シングルシンボル3マナ3/2の人間・スカウト。
『イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad』の新キーワード処理『調査/Investigate』持ち。

《ゴリラの戦士/Gorilla Warrior(USG)》に能力が2つついてコスト据え置きの上位互換。

1つめの能力は、土地を出すたびに新能力『調査/Investigate』を行うというもの。
上陸っぽい能力ですね。

2つめの能力は、『手掛かり/Clue』を生け贄に捧げるたび、自身を永続強化するもの。
プレイヤーがほかのことをしている間に、余分なコストをかけることなく、永続的に大きくなっていくクリーチャーはいいですね。

ウルヴェンワルドの謎/Ulvenwald Mysteries (2)(G)
Enchantment (U)
あなたがコントロールするトークンでないクリーチャーが1体死亡するたび、調査を行う。(「(2),このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無色の手掛かり・アーティファクト・トークンを1つ戦場に出す。)
あなたが手掛かりを1つ生け贄に捧げるたび、白の1/1の人間・兵士・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。


Whenever a nontoken creature you control dies, investigate. (Put a colorless Clue artifact token onto the battlefield with "{2}, Sacrifice this artifact: Draw a card.")
Whenever you sacrifice a clue, put a 1/1 white Human Soldier creature token onto the battlefield.


シングルシンボル3マナのエンチャント。
『イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad』の新キーワード処理『調査/Investigate』持ち。

トークンでないクリーチャーが死ぬとトークンが出てくるエンチャント。
このカードは新能力『調査/Investigate』により、『手掛かり/Clue』トークンが生成されます。

そして、『手掛かり/Clue』生け贄誘発能力も持っていて、それによりクリーチャー・トークンが生成されます。
2つの能力の組み合わせで、クリーチャーの数は減らない……という感じのデザインなのでしょう。

『手掛かり/Clue』によるドローでクリーチャーを引いて出す体制に持って行ける感じのデッキで、トークンをためて攻撃したり、トークンで時間を稼いでいる間に何か大きなことを準備したりしたいですね。 
FC2 Blog Ranking
2016/03/22 03:54|MTGTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.