東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PC、テレビ番組などについての話題や感想すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【Go!プリンセスプリキュア】第37回「はるかが主役!?ハチャメチャロマンな演劇会!」

学園の演劇会。
成長するプリンセスであるところのはるかの頼もしさを堪能できますよ。

さて本編。

学園での演劇会が開催されるそうです。
どうやら、クラス対抗で、賞とかもあるようです。

はるかのクラスの演しものは『ロミオとジュリエット』。
王道という感じですね。

【Go!プリンセスプリキュア】第37回「はるかが主役!?ハチャメチャロマンな演劇会!」

取り仕切っているのは、演劇部の『古屋りこ』(CV=植田佳奈)で、今回の担当は演出。
その古屋さんの推薦で、台本はゆいが書くことに。

さらに、古屋さんはロミオ役に演劇部の『平野ケンタ』(CV=小林裕介)を推薦。
そして、ゆいがジュリエット役にはるかを指名。

突然の抜擢に慌てふためくはるかですが、クラス内は好感触の様子。
ほかの役職も、立候補でトントン拍子に決まっていきました。

はるかのクラスは『ロミオとジュリエット』ですが、ほかの面々はどうでしょうか。
きららとトワのクラスは『シンデレラ』で、キララが魔女でトワがシンデレラ。
みなみのクラスは『竹取物語』で、みなみがかぐや姫をやるようです。

ものの見事に、全員主役級の配役に……さすがはハイスペック集団ですね。

そして、道具の製作や演技の練習がスタート。
はるかが大根役者なのと、古屋さんの熱意が合わさり、物凄く前途多難。

【Go!プリンセスプリキュア】第37回「はるかが主役!?ハチャメチャロマンな演劇会!」

己の未熟さを痛感したはるかは、ジュリエットになるため猛勉強です。

【Go!プリンセスプリキュア】第37回「はるかが主役!?ハチャメチャロマンな演劇会!」

入学当初、勉強に追いつこうとしていたころを思い出しますね。
やはり、努力と成長のプリンセスですよ。

それにより、はるかの演技は格段に向上。
しかし、古屋さんの理想はさらに高く、まだまだ足りないようです。

ジュリエットがわからないと、落ち込むはるか。
そこに、カナタが通りかかります。

台本を読み、物語を理解するカナタ。
はるかの前向きでまっすぐなところが、ジュリエットに似ていると言います。

それを聞いて、何かがつながったようです。
もしかしたら、少し考えすぎていたのかもしれませんね。

【Go!プリンセスプリキュア】第37回「はるかが主役!?ハチャメチャロマンな演劇会!」

そして、カナタを相手に、本読み。
記憶を失っているとはいえ、このプリンスもハイスペックですね。

翌日、心機一転、本番までラストスパートをかけます。

【Go!プリンセスプリキュア】第37回「はるかが主役!?ハチャメチャロマンな演劇会!」
(画像クリックで高解像度版表示)

クラスが一丸となり、準備を進めます。
1人のほころびも出さないのは、さすがはノーブル学園といったところ。

そして、練習を重ね、はるかもジュリエットを自分のものにできてきた様子です。
はるかと古屋さんの表情からもそれがうかがえます。

演劇会当日。
さすがにみんな緊張しているようですね。

外の空気を吸いに行った平野くん、そこには待ち構えていたストップとフリーズが。
さらに、みんなで手分けして探していた折り、古屋さんまでも犠牲者に。

2体のゼツボーグを相手に、変身して立ち向かうプリキュアチーム。
演劇会開始直前なので、時間がありません。

それをからかうように、70秒の制限時間を設定するストップとフリーズ。
ゼツボーグのストップウォッチが時限爆弾となり、70秒のタイマーが作動します。

制限時間がつく話は、『スイートプリキュア♪』を思い出しますね。
あちらは1話全体の時間が限られていましたが、こちらは戦闘のみ。
しかし、制限時間自体はこちらの方がはるかに短いです。

しかも、ゼツボーグは2体です。
錠前の数としては4つですね。

【Go!プリンセスプリキュア】第37回「はるかが主役!?ハチャメチャロマンな演劇会!」
(画像クリックで高解像度版表示)

分裂して襲いかかるゼツボーグには、トゥインクルとスカーレットが技をもって対処。
さすが、範囲攻撃に定評のある2人です。

合体し、再び巨体となって押し潰しにかかるゼツボーグ。
それに対しては、フローラが受け止め、押し返します。

そして、そのスキを狙って、マーメイドが水流を一閃。
時限爆弾を水浸しにし、タイマーを止めることに成功しました。

とどめはもちろん『プリキュア・エクラ・エスポワール』。
ゼツボーグを2体まとめて葬り去ることに成功し、2人の夢も無事に取り戻しました。

ストップとフリーズも撤退し、めでたしめでたし……とはいかないのが今回。
むしろ、ここから本番です。

【Go!プリンセスプリキュア】第37回「はるかが主役!?ハチャメチャロマンな演劇会!」

ストップやフリーズと遭遇した際、平野くんは足をくじいていました。
主役であるロミオの負傷に、絶体絶命の危機に陥ります。

不幸中の幸いにも、はるかの練習にずっとつきあっていたカナタがいたため、代役を立てることは可能。
平野くんも、これまでのみんなの頑張りを無駄にはしたくないので、涙をのんでカナタにロミオを託そうとします。

そうして、クラスの雰囲気が代役案に決まりそうになったとき、声を上げたのははるかでした。

【Go!プリンセスプリキュア】第37回「はるかが主役!?ハチャメチャロマンな演劇会!」

はるかは、たとえ劇がうまくいかなくても、失敗しても、自分たちのクラスで劇をやり遂げたいと言います。

それを聞いて、やはり自分でロミオをやりたいと涙ながらに告白する平野くん。
まあ、ここまで頑張ってきたのですからね。
また、直接は描写されなかったわけですが、おそらく囚われていた平野くんの夢もそういう感じだったことは想像に難くありません。

これで風向きが変わり、クラス全員で平野くんをフォローして劇を成し遂げることを決めました。

そして、劇『ロミオとジュリエット』が開始。
応急処置と本人の気迫で、ロミオを演じる平野くん。
ケガのせいで余分に掛かった時間は、場面転換などを速やかに行うことでフォローします。

そしてクライマックス。

【Go!プリンセスプリキュア】第37回「はるかが主役!?ハチャメチャロマンな演劇会!」
(画像クリックで高解像度版表示)

ここまで頑張ってきた平野くんですが、ついに倒れてしまいます。
万事休すか……と思われたその時、はるかがアドリブでその場を切り抜けます。

完全にジュリエットを自分のものにできていなければ、アドリブは難しいので、これまでの練習や思い悩んでいたことが見事に実を結んだ感じですね。

かくして、演劇は大成功のうちに幕を閉じました。

はるか自身の能力と、周りを引っ張る力の成長をまじまじと感じます。
まさに成長するプリンセス……。 
FC2 Blog Ranking
2015/10/18 10:59|TV・CD・本TB:1CM:0

web拍手レス

よくならない。

web拍手。
web拍手
(画像クリックで原寸大版表示)

【web拍手】2015年10月16日
01:33( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーンする事をためらわない!
01:34ちなみに( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーンは暴力行為ではなく愛情表現だという説が無かったり無かったり
01:35まぁ、その、なんだ、色々あるけど、とりあえず・・・( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

言うと思ったよ!。・゚・(ノД`)・゚・。
でも だ め よ!。・゚・(ノД`)・゚・。 
FC2 Blog Ranking
2015/10/17 23:59|web拍手TB:0CM:0

Nexus 9 (16GB)

タブレット買いました。

【Nexus 9】パッケージ
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

Google『Nexus 9 (16GB)』

HTC製、Google取り扱いのAndroidタブレット。
『9』の名が示すとおり、9インチ(8.9インチ)サイズの本体です。

僕は現在『Nexus 7 [2013]』を愛用していますが、そろそろ新しいタブレットも試してみたいと思い、購入しました。
選択肢としては、ほかにASUS『ZenPad S 8.0』があり、おそらくそちらが正解だということはわかってはいたのですが、Nexus端末にこだわって、こちらをチョイスしました。

非常にシンプルな外箱ですが、内容物も至ってシンプル。

【Nexus 9】パッケージ
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

単体で成立する最小限度という感じですね。

さて、この端末はNexusで、比較的新しい製品(2014年)なので、もちろん『Android 6.0 Marshmallow』が使用可能です。
プリインストールは『Android 5.0 Lollipop』でしたが、オンラインアップデートですぐさま更新が可能でした。

Nexus 9
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

Nexus 9
スクリーンショット(画像クリックで原寸大版表示)

『タブレット情報』でも、ちゃんと『Androidバージョン:6.0』になっています。

例によって、イースターエッグを確認。

【Nexus 9】Android 6.0 Marshmallow
スクリーンショット(画像クリックで原寸大版表示)

マシュマロが表示されます。
何か生えているのは、ドロイド君の触角なのでしょう。

さらに、Flappy Bird は今回も健在。

【Nexus 9】Android 6.0 Marshmallow
スクリーンショット(画像クリックで原寸大版表示)

くし刺しのマシュマロの間をドロイド君が通過する感じになっています。
そして、やっぱり難度は高いです。

まだまだ使い始めたばかりですが、使用感としては、やはり、よくも悪くも大画面です。
もちろん10型や12型と比べると小さいわけですが、7型と比べると、その差は歴然。

辛うじて片手で掴めるサイズではあるのですが、やはり、『Nexus 7』とは持ち方を変えた方がよさそうです。

大画面で高解像度(2048×1536)なのに加え、アスペクト比が4:3なので、電子書籍や書類などはかなり見やすいと思います。
 
FC2 Blog Ranking
2015/10/16 21:49|TV・CD・本TB:0CM:2

web拍手レス

すごく調子悪い。

web拍手。
web拍手
(画像クリックで原寸大版表示)

【web拍手】2015年10月13日
11:23愛・・・愛って何だ?( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

ためらわないことさ。
だから暴力行為はすっぱりやめよう!。・゚・(ノД`)・゚・。 
FC2 Blog Ranking
2015/10/15 21:56|web拍手TB:0CM:0

Canon PowerShot SX710 HS

デジカメ買いました。

【PowerShot SX710 HS】パッケージ
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

Canon『PowerShot SX710 HS』

キヤノンの、高倍率ズームコンパクトデジタルカメラ。
現在、僕はコンデジとしては『FUJIFILM XQ1』を使用していますが、その乗り換え(予定)です。

当初の予定としては、『FUJIFILM XQ2』が出たら買い換えを検討しようと思っていたのですが、ビックリするほどほとんど何も変わらない製品だったのでそれはパスしました。

そして、その次はソニーの裏面照射積層型CMOS搭載の高倍率ズームコンデジが出たら買おうと思ったわけですが、まだしばらくかかりそうだったので、その繋ぎに。

僕にとってキヤノンのカメラは、フィルムカメラを含めても初めて。
コンデジくらい、いろいろ試してみたいなという思いもあって、この製品をチョイス。
リーズナブルで、その上キャッシュバックキャンペーンもやっているので、お手ごろでした。

ちなみに、以前の記事のSDカードは、このカメラで使います。
まあ、おそらく、この次のカメラでも引き続き使うことになると思いますが……つまり、常時携行するコンデジ用ということでした。
もちろん、次のカメラがUHS-IIに対応していたら、SDカードも買い換えるかもしれませんけどね。

本体外観はこんな感じ。

【PowerShot SX710 HS】パッケージ
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

個人的な持ち運び要件として、厚さ35mm以下(縦横は常識的なコンデジの範囲内)というのがあったため、この製品はかなりギリギリ。
まあ、ギリギリ最大というのは、ある意味でベストなチョイスという言い方もできるわけですが。

そんなわけで使い始めたわけですが、使用感をば。
ファーストインプレッション的な。

画質的には、最大値はやはり『XQ1』に分があるのではないでしょうか。
これはそもそもカメラのタイプが、『XQ1』は大型センサー低倍率ズームで、『SX710HS』が高倍率ズームという棲み分けなので、致し方ない部分だと思います。

ただし、実使用上では、設定を完全にカメラに任せ、ズームも使えるということを考慮すると、この『SX710HS』の方が結果的にいい写真が撮れるというシチュエーションもかなり多いです。
持ち歩いて普段撮りにする分にはこちらの方がいいかもしれません。

I/Fは、『XQ1』の方が使いやすいような印象を受けます。
ただし、購入直後であり、その上初めて使うメーカーであることを考えるとこの比較はフェアではないので、慣れてくるとどうなるかわかりませんけどね。

ではフジの方は使いやすかったかというと、お世辞にもすごく使いやすいとはいえませんし。
まあ、昔に比べたら天と地ほどの差があるほど使いやすくなってはいたのですが。

印象的には、使いにくさのタイプが異なっていて、フジは単純に不親切で、キヤノンはどこかちょっとズレているという感じがします。

このカメラの具体的な不満点としては、AUTOモードでフォーカスタイプの変更ができないことと、画質:スーパーファインが選べないこと、また、撮影の流れの中でモードダイヤルの操作やフラッシュのポップアップがしにくいことでしょうか。
それ以外は概ね満足です。

NFCとWi-Fiによるスマホ連携も好感触。
まあ、結局リンクに若干の時間を要するので、待ち時間としてはあまり変わらないのですが、カメラのモードを切り替え、スマホのアプリを立ち上げ……という手間がなくなるので、落ち着いて操作がしづらい状況では威力を発揮すると思います。

ただ、NFCを併用しない、Wi-Fiのみの連携がボタン1つでできるようになっているのですが、おそらくセキュリティの都合で、毎回SSIDが変わる仕様になっていて、スマホと組み合わせると使いづらい……というか、実質使いものにならないのは難点ですが。

そんな感じで、いくつか不満点はありますが、それ以外は使いやすいデジカメだと思います。

最後に定番の、このカメラで撮った、前のカメラでは撮れない写真です。

FUJIFILM XQ1(撮影:PowerShot SX710 HS)
撮影:PowerShot SX710 HS(画像クリックで高解像度版表示)
 
FC2 Blog Ranking
2015/10/14 00:00|カメラTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

X(Twitter) 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.