東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

最終形態!
いよいよラストが近いですね。

さて本編。

誠司を正気に戻し、あとはレッドを残すのみ。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

そうしている間にも、赤い星は刻一刻と地球に迫りつつあります。

「幸せは一瞬、愛は幻」と絶望を口にし続けるレッド。
愛によって力を手にしたプリキュアと、憎しみによって力をふるうレッドの、決戦です。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

イノセントフォームの4人に対し、まったく引けを取らないレッド。
ブルーと違って、自身の戦闘能力もかなり高いようですね。

しかし、ついにはまっすぐな思いと連携で、必殺の『プリキュア・イノセントプリフィケーション』を命中させます。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

……ですが、それを耐え抜くレッド。
さすがは神を名のるだけのことはあるようです。

そして、レッドの反撃が始まります。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

その圧倒的な憎しみと絶望の力にプリキュアは敗れ、イノセントフォームが解除されてしまいます。

その上、『エターナルゲージ』で、プリキュアを鏡の中に閉じ込めようとします。
プリンセス、フォーチュン、ハニーが捕らえられ、ラブリーにも魔の手が迫ります。

そこに、誠司(とリボンとぐらさん)が割って入ることで、辛うじてラブリーだけは助かりました。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

レッドの絶望の正体。
それは、自らが愛していた惑星レッドを失ったことによるもののようです。

詳しくは語られませんが、どうやら、相当理不尽な感じで滅んでしまったようですね。
だからこそ、地球も同じように、理不尽に滅ぼそうとしているようです。
まさに悲しみの連鎖。

愛に満ちていた神があるきっかけで反転し、自らが受けた仕打ちと同じようなことを、特に関係のない次のものにもたらす……神さまらしいといえば、確かに神さまらしい行動のような気もします。

それでいて、自らが不幸のどん底を感じているとき、幸せそうな人を見て嫉妬を覚えるというのは人間的。
その神的な要素と人間的な要素を組み合わせ、理不尽な絶望と愛を描こうとしたのが、この作品ということなのかもしれませんね。

そんなレッドの話を聞き、むしろレッドを哀れむラブリー。
なんとかレッドも助ける方法を模索します。

ならば自分を愛してみろとラブリーに抱き着くレッド。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

とっさにはねのけるラブリー。
この反応は予想どおりだったようで、やはり愛ですべてを包むのは不可能だったと確信するレッド。

しかしラブリーは、ここでレッドと一緒に地球と心中しても、肝心のレッドの苦しみは消えることがないからこそ、抱き返すことをしなかったのです。
そして、レッドに本当の願いがあることを察し、それを尋ねます。

愛に絶望し、かたくなになってしまったからこそ、ここに至ってしまっているレッドは、その問いかけに応えることはできず、つらいことを思いだしてしまったのか、激高してラブリーに攻撃を仕掛けます。

一方、地球では世界中のプリキュアがラブリーたちを信じ、祈りを捧げていました。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」
(画像クリックで高解像度版表示)

そして、そんな小さな愛の光が星を越え、惑星レッドのラブリーに届きました。
みんなの愛に力をもらったラブリーの手に、最後のプリカードが出現。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」
(画像クリックで高解像度版表示)

「世界を照らす、永遠の愛!フォーエバーラブリー!!」

フォーエバーラブリー誕生です。
映画版強化フォーム『スーパーハピネスラブリー』とは違ってモコモコしておらず、さらさらな感じですね。
羽があるあちらも好きですが、個人的には、どちらかといえばこちらの方が好みでしょうか。
 
FC2 Blog Ranking
2015/01/18 10:35|TV・CD・本TB:3CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.