東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回(最終回):APPENDIX

第49話(最終回)の感想の付録。
フィニッシュ、次回予告、次回作、エンドカードなどについてです。

【今回の1枚】

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

フォーエバーラブリー。

『世界を照らす、永遠の愛』は、つまり天照ですよね。
今作の、意識させない程度に神話の雰囲気を漂わせるのは好きです。

【フィニッシュ】

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

本編感想でも触れたとおり、今回の、そして今作のフィニッシュは『プリキュア・フォーエバーハピネスシャワー』。

レッドとのバトル自体はその前にほぼ決していたようなものですが、まさに文字どおりのフィニッシュと、状況の解決へ向けての世界の浄化のための技でした。

【バトンタッチ】

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

来週から始まる新シリーズ『Go!プリンセスプリキュア』の、キュアフローラへのバトンタッチ。
ちなみに、第1話は「私がプリンセス?キュアフローラ誕生!」です。

【エンドカード】

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

最終回エンドカードは、キャラクターデザインの佐藤雅将さんのイラスト。
最終回の作画監督でもあります。

主要キャラの集合ですね。
そんな中、ちゃっかり潜り込んでいる増子美代は本当にたくましい。

本当に、こちらこそ1年間ありがとうございました。

【今回のひめ「元気そうで、よかったですぞ」】

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

【スマホアプリ】

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回) 
FC2 Blog Ranking
2015/01/26 00:00|TV・CD・本TB:0CM:0

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

ついに最終回!
2014年2月2日に第1話が始まって丸1年、思い返せば、いろいろなお話がありました。
はたして、今作はどのように最後を締めくくるのでしょうか。

さて本編。

前回、『エターナルゲージ』に閉じ込められた仲間たち、そして地球の仲間たちからも愛の光を受け取り、
『世界を照らす、永遠の愛』である『フォーエバーラブリー』に変身を遂げたラブリー。

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)
(画像クリックで高解像度版表示)

全体的に基本のフォームを踏襲しつつ、神々しくなっています。
そこまで華美なデザインではありませんが、その代わりきちんとアクションができるようになった感じですね。

すべての愛を守るためのプリキュア。
しかし、自分には既に愛はなく、ないものは守れないと言い放つレッド。

そんなレッドに、まだ愛はあると説くラブリー。
愛は心にある。
たとえ滅んでも、この星で幸せだった思い出は、いつまでも心の中にあり続けると言います。

それは実際とのとおりで、だからこそ苦しみ、それが反転し、地球に牙を向いたということなのでしょうね。

そして、フォーエバーラブリーの大いなる愛の光を受け、『エターナルゲージ』が解除されます。

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

ここで仲間が解放されても、もはや神の領域に踏み入ることのできるものはいないので、結末を見届けるのが役割でしょう。
また、「愛は無力」と言い続けるレッドに愛の力を示すため、解除不能の『エターナルゲージ』(地球で敗北し囚われたプリキュアは、テンダー以外そのまま)を解いて見せたのかもしれません。

それでも愛を信じないレッド。
もはや意固地の領域かもしれませんね。

そうして、レッドは愛が無力であることを示すため、ラブリーは愛の力を示すため、最後の全力のバトルが始まりました。

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

最終回の最終バトルで、ちゃんと迫力あるバトルが描かれるのは大変すばらしい。
前回ちょっといろいろセーブ気味だったのは、ここに力を注ぐためだったのですね。

攻撃や防御の時はそれ相応の表情をしつつ、要所要所で笑みを投げかけるラブリー。
愛で戦い、レッドに愛を思い出させるのが目的の戦闘なので、殺意や害意といったものとは無縁だからこそ……なのでしょう。

互角の戦闘が繰り広げられ、舞台は上空……宇宙空間へ。

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

感情が発露しはじめ、徐々に押しはじめるレッド。
悲痛な叫びは、地球と惑星レッドの滅び去る、滅ぼす運命を呪います。

最後にはすべて滅ぶ、永遠など存在しない。
失うくらいなら、愛などいらない。
いっそのこと、はじめから自らの手で消してしまおう。

きっと、レッドの行動はそんな思いからだったのでしょうね。

レッドが吐き出した心の内。
劣勢の中、それを聞いたラブリーは。

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

それでも、自分の力が及ぶかぎり、元凶であり敵であり神であるレッドでさえも、助けようとします。
レッドの言葉から、滅びた惑星レッドに対する消えない思い……つまり愛を感じ取ったようです。

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)
(画像クリックで高解像度版表示)

永遠に消えない愛、つまりフォーエバーラブリー。
もはや、この時点で勝敗は決していたのかもしれませんね。

先程まで押されていたラブリーですが、みなぎる力……ひとつひとつは小さくても、伝わって、集まって、つながっていく愛の力で、ついにはレッドを押し返します。

そして……。

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

抱擁。
これは、前回抱き着かれたとき何もできなかったこととの対比ですね。

「愛を信じて。幸せになることを諦めないで」
『プリキュア・フォーエバーハピネスシャワー』!

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

大いなる愛の光はレッドを包み、死滅していた惑星レッドに小さな光を灯し、地球のサイアークを浄化しました。

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

フォーエバーラブリーの、どれほど痛めつけても諦めず、憎んでも決して揺るがない愛の力をついに認めるレッド。
かくして、戦いは終わりました。

愛が反転した憎しみは消えましたが、一度失う悲しみを知り、また次に失うことを恐れるレッド。
そんなレッドに、語りかける存在が。

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

ブルー。
レッドとブルーは兄弟で、星も兄弟星だったようです。

失われるものであるからこそ、守り、慈しみ、愛おしい。
そうブルーに諭されたレッドは、惑星レッドをよみがえらせる決心をします。

そしてブルーは……地球を去ると言います。
レッドを助け、ともに惑星レッドの再興を目指すようです。

そしてそれは、ラブリーたちとの触れ合いで芽生えた気持ちでした。
確かに、当初のブルーであれば、地球を可能なかぎり淡々と見守ることに傾注し、離れるなどとは絶対に言いださなかったでしょうね。

ミラージュを巡ってのエピソードの終着点が、これなのでしょう。

神のひとりではくじけるかもしれない。
でも仲間がいれば、どんな困難も乗り越えられるかもしれません。

そして、もう1つの別れ。
ミラージュはブルーたちとともに行くことにしたようですが、ファンファンは地球に残るようです。

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

ミラージュのことが大好きで、ずっとそばにいたファンファンが、見送る側に。
ファンファンもミラージュも、瞳に涙を浮かべつつ笑っていました。

別れを済ませ、地球に帰還。

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

惑星レッドは、どこか遠いところへ流れていきました。
それを見て、かつてブルーに恋していたラブリーも気持ちの整理がついたのか、その表情は晴れやかに。

そして、平和な日常が戻ってきました。
ぴかりが丘では、どこかで見た人々が活動を再開していました。

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

3幹部も人間に戻り、日常に戻ったようです。
どうなったか気がかりでしたが、幸せそうで何よりです。

そして、ファンファンはゆうゆうのところで働いているようです。
見込みのある腕をしているようですね。

ハピネスチャージ組の手には、ブルーからの餞別の愛の結晶が。
愛の結晶は、今作の始まり。
たまたま、ひめが投げた愛の結晶がめぐみにあたり、物語が始まりました。
そういう縁が、愛なのかもしれませんね。

【ハピネスチャージプリキュア!】第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)
 
FC2 Blog Ranking
2015/01/25 11:09|TV・CD・本TB:3CM:0

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回:APPENDIX

第48話の感想の付録。
フィニッシュ、次回予告、次回作などについてです。

【今回の1枚】

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

フォーエバーラブリー。
バンクのようでバンクでない、少しバンクっぽい変身シーン。

髪型も変わって大きなリボンでかわいいですね。

【フィニッシュ】

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

本編感想でも触れたとおり、今回は『プリキュア・イノセントプリフィケーション』を繰り出すも神には効かず、浄化はできませんでした。

フォーエバーラブリーとなったことで、どうやって解決するのか……楽しみです。

【次回予告】

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

次回は第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」

1年続いた『ハピネスチャージプリキュア!』も、次回で最終回。
今回は最終回手前なのに微妙に尺に余裕がありつつ、それでいて力をためている気配も感じられたので、どんな最終回になるか楽しみです。

まあ、新作と春映画にリソースが割かれているだけという可能性もあるわけですが……。

【次回作予告】

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

次回作『Go!プリンセスプリキュア』の番宣。

3人目は星のプリンセス『キュアトゥインクル』。
黄色プリキュアらしく、非常にキャッチーな感じになっていますね。

よくある、「黄色のピークは初変身」とならないことを祈るばかりです。

【今回のひめ「わたしは、みんなの愛で強くなれた」】

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

【スマホアプリ】

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」 
FC2 Blog Ranking
2015/01/19 00:00|TV・CD・本TB:0CM:0

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

最終形態!
いよいよラストが近いですね。

さて本編。

誠司を正気に戻し、あとはレッドを残すのみ。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

そうしている間にも、赤い星は刻一刻と地球に迫りつつあります。

「幸せは一瞬、愛は幻」と絶望を口にし続けるレッド。
愛によって力を手にしたプリキュアと、憎しみによって力をふるうレッドの、決戦です。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

イノセントフォームの4人に対し、まったく引けを取らないレッド。
ブルーと違って、自身の戦闘能力もかなり高いようですね。

しかし、ついにはまっすぐな思いと連携で、必殺の『プリキュア・イノセントプリフィケーション』を命中させます。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

……ですが、それを耐え抜くレッド。
さすがは神を名のるだけのことはあるようです。

そして、レッドの反撃が始まります。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

その圧倒的な憎しみと絶望の力にプリキュアは敗れ、イノセントフォームが解除されてしまいます。

その上、『エターナルゲージ』で、プリキュアを鏡の中に閉じ込めようとします。
プリンセス、フォーチュン、ハニーが捕らえられ、ラブリーにも魔の手が迫ります。

そこに、誠司(とリボンとぐらさん)が割って入ることで、辛うじてラブリーだけは助かりました。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

レッドの絶望の正体。
それは、自らが愛していた惑星レッドを失ったことによるもののようです。

詳しくは語られませんが、どうやら、相当理不尽な感じで滅んでしまったようですね。
だからこそ、地球も同じように、理不尽に滅ぼそうとしているようです。
まさに悲しみの連鎖。

愛に満ちていた神があるきっかけで反転し、自らが受けた仕打ちと同じようなことを、特に関係のない次のものにもたらす……神さまらしいといえば、確かに神さまらしい行動のような気もします。

それでいて、自らが不幸のどん底を感じているとき、幸せそうな人を見て嫉妬を覚えるというのは人間的。
その神的な要素と人間的な要素を組み合わせ、理不尽な絶望と愛を描こうとしたのが、この作品ということなのかもしれませんね。

そんなレッドの話を聞き、むしろレッドを哀れむラブリー。
なんとかレッドも助ける方法を模索します。

ならば自分を愛してみろとラブリーに抱き着くレッド。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

とっさにはねのけるラブリー。
この反応は予想どおりだったようで、やはり愛ですべてを包むのは不可能だったと確信するレッド。

しかしラブリーは、ここでレッドと一緒に地球と心中しても、肝心のレッドの苦しみは消えることがないからこそ、抱き返すことをしなかったのです。
そして、レッドに本当の願いがあることを察し、それを尋ねます。

愛に絶望し、かたくなになってしまったからこそ、ここに至ってしまっているレッドは、その問いかけに応えることはできず、つらいことを思いだしてしまったのか、激高してラブリーに攻撃を仕掛けます。

一方、地球では世界中のプリキュアがラブリーたちを信じ、祈りを捧げていました。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」
(画像クリックで高解像度版表示)

そして、そんな小さな愛の光が星を越え、惑星レッドのラブリーに届きました。
みんなの愛に力をもらったラブリーの手に、最後のプリカードが出現。

【ハピネスチャージプリキュア!】第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」
(画像クリックで高解像度版表示)

「世界を照らす、永遠の愛!フォーエバーラブリー!!」

フォーエバーラブリー誕生です。
映画版強化フォーム『スーパーハピネスラブリー』とは違ってモコモコしておらず、さらさらな感じですね。
羽があるあちらも好きですが、個人的には、どちらかといえばこちらの方が好みでしょうか。
 
FC2 Blog Ranking
2015/01/18 10:35|TV・CD・本TB:3CM:0

【ハピネスチャージプリキュア!】第47回:APPENDIX

第47話の感想の付録。
フィニッシュ、次回予告、次回作などについてです。

【今回の1枚】

【ハピネスチャージプリキュア!】第47回「ありがとう誠司!愛から生まれる力!」

ラブリーと誠司。

とりあえず、誠司のエピソードも完結というところでしょうか。
この後、物語終了後どういう関係になっていくのか、それを想像するのがいいと思います。

ところで、そのコスチュームが継続なのは……?
まあ、この状況で真人間が解放されても、生きていられないような気がするのでこれでいいのかもしれません。

【フィニッシュ】

【ハピネスチャージプリキュア!】第47回「ありがとう誠司!愛から生まれる力!」

本編感想でも触れたとおり、今回も『プリキュア・イノセントプリフィケーション』でフィニッシュ。

ラブリーと心ゆくまで語り合い(拳で)、浄化を受け入れて解決です。

【次回予告】

【ハピネスチャージプリキュア!】第47回「ありがとう誠司!愛から生まれる力!」

次回は第48回「憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!」

最終決戦、最終形態になるようです。
なんだかんだいっても相手は神なので、それを包み込む愛となると、特別な変身が必要なのでしょう。

【次回作予告】

【ハピネスチャージプリキュア!】第47回「ありがとう誠司!愛から生まれる力!」

次回作『Go!プリンセスプリキュア』の番宣。

2人目はマーメイド……人魚姫ですね。
なんか、かれんさんと同じく中学生には見えない風格を醸し出している気がしますが……。

【今回のひめ「うおぉぉぉー!」】

【ハピネスチャージプリキュア!】第47回「ありがとう誠司!愛から生まれる力!」

【スマホアプリ】

【ハピネスチャージプリキュア!】第47回「ありがとう誠司!愛から生まれる力!」 
FC2 Blog Ranking
2015/01/12 00:00|TV・CD・本TB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.