東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PC、テレビ番組などについての話題や感想すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【ハピネスチャージプリキュア!】第42回「幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部!」

3幹部と決戦!
手下を使わず、1対1での勝負です。

さて本編。

幻影帝国本拠地、ブルースカイ王城に突入。
そこでは、大量のチョイアークがお出迎え。

しかし、もはやサイアークすらあしらえるほどに成長したハピネスチャージ組を前に、ただ数を頼りにした戦闘員ではどうしようもありません。
通常攻撃、『プリンセス・カッター』、『ハニー・バトンクリスタルソング』、『プリキュア・パッションダイナマイト』、『プリキュア・アラベスクシャワー』、『プリキュア・リボンハートエクスプロージョン』、『プリキュア・オリエンタルドリーム』で、フロアを覆い尽くす勢いで配置されていたチョイアークをすべてなぎ払います。

【ハピネスチャージプリキュア!】第42回「幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部!」

そして、ミラージュの待つ建物に乗り込もうとしたその時、ナマケルダ、ホッシーワ、オレスキーの3幹部が行く手を阻みます。

ブルーとラブリーをミラージュの元へ向かわせ、この場を引き受けるプリンセス、ハニー、フォーチュンの3人。
奇しくも3対3、人数が均衡した構図ができましたね。

戦闘は3対3ではなく、1対1の決闘。
フォーチュン対オレスキーの高戦闘力対決、ハニー対ホッシーワの食べ物対決、プリンセス対ナマケルダの因縁対決ですね。

本気で覚悟を決めた3幹部は、やはり強力。
あるものは攻撃をかわし、あるものは怒濤の攻撃を仕掛け、またあるものは片腕で攻撃を止めてみたりします。

【ハピネスチャージプリキュア!】第42回「幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部!」

力の差はあれど、あきらめないのがプリキュア。
3幹部の心に共通する、孤独にも似た「自分だけ」という思いが、他人との触れ合いで得られる幸せや、協力することで得られる大きな力を見逃していることに気づき、それを伝えようとします。

それがイノセントな思い、イノセントフォームです。

【ハピネスチャージプリキュア!】第42回「幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部!」

敵幹部の心すら救おうという気持ちを帯びたイノセントフォームが、弱いはずはありません。
形勢逆転……ちょうど、この戦闘の初めの構図と対比するかのような逆転が起こります。

そして、今回の話で僕が一番好きな会話。
「ナマケルダ…わたし、みんなのおかげでここまで強くなれたよ」
「まったく、大したものですぞ…」

【ハピネスチャージプリキュア!】第42回「幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部!」

今作において、最初からある戦いの組み合わせで、初期のプリンセスがひたすら弱かったことを誰よりもよく知っていて、そこからの成長をある意味見守ってきたからこそのセリフですよね。

そして、フィニッシュ。
『プリンセス・ウインディーウインク』!
『プリキュア・ハニーテンプテーション』!
『プリキュア・エメラルドイリュージョン』!

【ハピネスチャージプリキュア!】第42回「幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部!」

かくして3幹部は、自らの心の弱さを認め、大切なことに気付き、浄化されていきました。

そのころ、ラブリーはミラージュの元へ到達。

【ハピネスチャージプリキュア!】第42回「幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部!」

同時に、ブルーとミラージュの邂逅でもあります。
はたして、どうなるでしょうか……? 
FC2 Blog Ranking
2014/11/30 10:16|TV・CD・本TB:4CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

X(Twitter) 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.