東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【アヴァシンの帰還/Avacyn Restored(AVR)】公式プレビューカードレビュー13

今回も6枚。
前後半に分けて紹介しています。

この記事では後半として4枚を紹介(6/6)。
前半(2枚)はこちら。

ソースはこちら。

解放の天使/Emancipation Angel (1)(W)(W)
Creature - Angel (U)
飛行
解放の天使が戦場に出たとき、あなたがコントロールするパーマネントを1つオーナーの手札に戻す。
3/3


Flying
When Emancipation Angel enters the battlefield, return a permanent you control to its owner's hand.
3/3


ダブルシンボル3マナ3/3の天使。

パワーが増えてコストが重くなった《コーの空漁師/Kor Skyfisher(ZEN)》
パーマネントを戻さなくてはいけない代わりに、高効率です。

デメリット的に、中盤以降の方が使いやすいと思うので、悪くないと思います。
また、戻すことを逆に利用するようなデッキにすれば、もうなにも怖くないでしょう。

なかなかいいクリーチャーだと思います。

幽霊のゆらめき/Ghostly Flicker (2)(U)
Instant (C)
あなたがコントロールするアーティファクトやクリーチャーや土地を2つ対象とし、それらを追放し、その後それらのカードをあなたのコントロール下で戦場に戻す。


Exile two target artifacts, creatures and/or lands you control, then return those cards to the battlefield under your control.


シングルシンボル3マナのインスタント。
いわゆる『明滅/Flickering』カード。

プレインズウォーカーには使えませんが、cip能力の再利用、除去の回避、オーラのはぎ取り、土地やアーティファクトのアンタップ、ダメージやカウンターのリセットなど、なかなか便利なのではないでしょうか。

石大工/Stonewright (R)
Creature - Human Shaman (U)
結魂(このクリーチャーか他のまだ組になっていないクリーチャーが戦場に出たとき、あなたはそれらを組にしてもよい。それらのクリーチャーは、あなたがその両方をコントロールし続けるかぎり組である。)
石大工が他のクリーチャーと組になっているかぎり、それらのクリーチャーはそれぞれ「(R):このクリーチャーはターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。」を持つ。
1/1


Soulbond (You may pair this creature with another unpaired creature when either enters the battlefield. They remain paired for as long as you control both of them.)
As long as Stonewright is paired with "(R): This creature gets +1/+0 until end of turn."
1/1


1マナ1/1の人間・シャーマン。
『アヴァシンの帰還/Avacyn Restored』の新能力『結魂/Soulbond』持ち。

組になると、その両方に《炎のブレス/Firebreathing(M12)》
是非、先制攻撃や二段攻撃を持ったクリーチャーと組になりたいですね。

ほかの『結魂/Soulbond』持ちにもいえることですが、戦闘に関係する能力でも、自身が参加する必要がないというのは利点だと思います。
このクリーチャーの場合は特に、マナを消費する能力なので、攻撃するクリーチャーは絞りたいという状況が往々にしてありそうですしね。

狩られる者の逆襲/Revenge of the Hunted (4)(G)(G)
Sorcery (R)
クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+6/+6の修整を受けるとともにトランプルを得て、このターンにそれをブロックできるすべてのクリーチャーは、それをブロックする。
奇跡(G)(あなたがこのカードを引いたとき、これがこのターンに最初に引いたカードだった場合、あなたはこれの奇跡コストを支払うことでこれを唱えてもよい。)


Until end of turn, target creature gets +6/+6 and gains trample, and all creatures able to block it this turn do so.
Miracle (G) (You may cast this card for its miracle cost when you draw it if it's the first card you drew this turn.)


ダブルシンボル6マナのソーサリー。
『アヴァシンの帰還/Avacyn Restored』の新能力『奇跡/Miracle』持ち。

修整値も大きくトランプルもつきますが、個人的には《寄せ餌/Lure(M12)》部分は少し余計です。
活用するなら、接死持ちあたりと併用したいところです。

そして、『奇跡/Miracle』で使えばそれが1マナになります。
序盤であれば、相手のアンタップ状態のクリーチャーを壊滅させることもできそうな感じですね。 
FC2 Blog Ranking
2012/04/13 15:04|MTGTB:0CM:0

【アヴァシンの帰還/Avacyn Restored(AVR)】公式プレビューカードレビュー12

今回も6枚。
前後半に分けて紹介します。

この記事では2枚を紹介(2/6)。
各カードのリンク先にソース。

聖戦士の進軍/Cathars' Crusade (3)(W)(W)
Enchantment (R)
クリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたがコントロールする各クリーチャーの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。


Whenever a creature enters the battlefield under your control, put a +1/+1 counter on each creature you control.


ダブルシンボル5マナのエンチャント。

クリーチャーが戦場に出るたびに《ティタニアの加護/Titania's Boon(USG)》
このエンチャントを出した時点では盤面にはなにも影響しませんが、非常に強力な効果ですね。

全体強化系ですが、重いこともあってウィニー系には向かないような気がします。
マナを伸ばして、トークンなどを一気に大量展開するのがよさそうです。
《白の太陽の頂点/White Sun's Zenith(MBS)》なら、X=4で致死量に達します。

悪鬼の血脈、ティボルト/Tibalt, the Fiend-Blooded (R)(R)
Planeswalker - Tibalt (M)
[+1]:カードを1枚引き、その後カードを1枚無作為に選んで捨てる。
[-4]:プレイヤー1人を対象とする。悪鬼の血脈、ティボルトはそのプレイヤーに、そのプレイヤーの手札にあるカードの総数に等しい点数のダメージを与える。
[-6]:ターン終了時まで、すべてのクリーチャーのコントロールを得る。それらをアンタップする。それらはターン終了時まで速攻を得る。
2


+1: Draw a card, then discard a card at random.
-4: Tibalt, the Fiend-Blooded deals damage equal to the number of cards in target player's hand to that player.
-6: Gain control of all creatures until end of turn. Untap them. They gain haste until end of turn.
2


ダブルシンボル2マナ忠誠度2のプレインズウォーカー。
神話レア。

2マナということで、現状もっとも軽いプレインズウォーカーですね。
初期忠誠度も最下位タイですが。

プラス能力は、小規模な《燃え立つ調査/Burning Inquiry(M10)》
赤らしく、手札がランダムに回転するので、なかなか難しいところです。
能力なので手札が減らないのは利点だと思います。

小マイナス能力は《突然の衝撃/Sudden Impact(10E)》
なかなかに強力ですが、初期忠誠度の低さからすぐには使用できないのが難点ですね。
まあ、即時使用できたら割と鬼畜過ぎますからね。

大マイナスは《暴動/Insurrection(ONS)》(厳密には少し違います)。
非常に強力で、呪文ならまさに一発逆転を狙える効果ではあるのですが、この能力を起動できる状態でどれだけの威力が期待できるかは少々怪しいと思います。

使用するしばらく前から見えてますし、忠誠度をためることができる状態では効果が薄いような……。 
FC2 Blog Ranking
2012/04/13 14:24|MTGTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.