東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【アヴァシンの帰還/Avacyn Restored(AVR)】公式プレビューカードレビュー05

MTG次期セット『アヴァシンの帰還/Avacyn Restored(AVR)』の公式プレビューが、いよいよ本格的に始まりました。

今回は13枚。
多いので、4つに分割して紹介しています。

この記事では、その4として4枚を紹介(13/13)。
その1(2枚)その2(4枚)その3(3枚)

ソースはこちら。

修復の天使/Restoration Angel (3)(W)
Creature - Angel (R)
瞬速
飛行
修復の天使が戦場に出たとき、あなたがコントロールする天使でないクリーチャー1体を対象とする。あなたはそれを追放し、その後そのカードをあなたのコントロール下で戦場に戻してもよい。
3/4


Flash
Flying
When Restoration Angel enters the battlefield, you may exile target non-Angel creature you control, then return that creature to the battlefield under your control.3/4


シングルシンボル4マナ3/4瞬速・飛行の天使。
いわゆる『明滅/Flickering』カード。

『明滅/Flickering』能力が任意なのがポイント。
つまり、完全にメリット能力なのですね。

そうでなくても《星明かりの天使/Starlit Angel(POR)》の完全上位互換で、《空乗りの見習い/Skyrider Trainee(GPT)》《つながれたグリフィン/Tethered Griffin(UDS)》なんかもう目もあてられない状態。
なかなかのクリーチャーだと思います。

灰口の悪魔王/Demonlord of Ashmouth (2)(B)(B)
Creature - Demon (R)
飛行
灰口の悪魔王が戦場に出たとき、あなたが他のクリーチャーを生け贄に捧げないかぎり、それを追放する。
不死(このクリーチャーが死亡したとき、それの上に+1/+1カウンターが置かれていなかった場合、それを+1/+1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)
5/4


Flying
When Demonlord of Ashmouth enters the battlefield, exile it unless you sacrifice another creature.
Undying (When this creature dies, if it had no +1/+1 counters on it, return it to the battlefield with a +1/+1 counter on it.)
5/4


ダブルシンボル4マナ5/4飛行・不死のデーモン。

高効率で不死まで持っていますが、当然デメリット能力もあります。
ほかのクリーチャーを生け贄にするか自身を追放するかなので、不死と相性がよくないのが難点でしょうか。

リミテッドではすごく強そうですね。

轟く怒り/Thunderous Wrath (4)(R)(R)
Instant (U)
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。轟く怒りはそれに5点のダメージを与える。
奇跡(R)(あなたがこのカードを引いたとき、これがこのターンに最初に引いたカードだった場合、あなたはこれの奇跡コストを支払うことでこれを唱えてもよい。)


Thunderous Wrath deals 5 damage to target creature or player.
Miracle (R) (You may cast this card for its miracle cost when you draw it if it's the first card you drew this turn.)


ダブルシンボル6マナのインスタント。
『アヴァシンの帰還/Avacyn Restored』の新能力『奇跡/Miracle』持ち。

『奇跡/Miracle』の5点火力。
この手のカードにしては珍しく、クリーチャーにもプレイヤーにもバッチリ打ち込めるのがいいですね。
そして、その『奇跡/Miracle』コストは驚異の1マナ。

《有毒の蘇生/Noxious Revival(NPH)》あたりと組み合わせると、なかなか面白いことになりそうですね。

鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Herons (2)(G)(W)(W)
Legendary Creature - Angel (M)
飛行、呪禁
あなたの対戦相手がコントロールする呪文や能力は、あなたにパーマネントを生け贄に捧げさせることができない。
5/5


Flying, hexproof
Spells and abilities your opponents control can't cause you to sacrifice permanents.
5/5


2色5マナ5/5飛行・呪禁の、伝説の天使。
神話レア。

まず、5/5飛行に呪禁がついているのがすごいですね。
除去するのは非常に難しいことでしょう。

生け贄の強制を回避できる能力は、なかなか難しいような気がします。
布告系除去や滅殺のようなものももちろんありますが、生け贄は自分の呪文や能力であることが多いと思うので、一筋縄ではいかないような……。
あるいは、これが生きるカードがこのセットに含まれているということなのかもしれませんね。 
FC2 Blog Ranking
2012/04/09 18:14|MTGTB:0CM:0

【アヴァシンの帰還/Avacyn Restored(AVR)】公式プレビューカードレビュー04

MTG次期セット『アヴァシンの帰還/Avacyn Restored(AVR)』の公式プレビューが、いよいよ本格的に始まりました。

今回は13枚。
多いので、4つに分割して紹介しています。

この記事では、その3として3枚を紹介(9/13)。
その1(2枚)その2(4枚)

ソースはこちら。
メカニズム説明をしているので、一度目を通しておくといいと思います。

吠え霊/Howlgeist (5)(G)
Creature - Spirit Wolf (U)
吠え霊よりもパワーの小さいクリーチャーでは、これをブロックできない。
不死(このクリーチャーが死亡したとき、それの上に+1/+1カウンターが置かれていなかった場合、それを+1/+1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)
4/2


Creatures with power less than Howlgeist's power can't block it.
Undying (When this creature dies, if it had no +1/+1 counters on it, return it to the battlefield with a +1/+1 counter on it.)
4/2


シングルシンボル6マナ4/2不死のスピリット・狼。

自身よりパワーの小さなクリーチャーにはブロックされません。
もともとが4と大きめで、不死で帰ってくると5まで上がるので、なかなか侮れないと思います。

おそらく、《乱打するワーム/Battering Wurm(GPT)》の亜種。
使い勝手は向上しているのではないでしょうか。

悪魔の監督官/Demonic Taskmaster (2)(B)
Creature - Demon (U)
飛行
あなたのアップキープの開始時に、悪魔の監督官以外のクリーチャーを1体生け贄に捧げる。
4/3


Flying
At the beginning of your upkeep, sacrifice a creature other than Demonic Taskmaster.
4/3


シングルシンボル3マナ4/3飛行のデーモン。

デメリット持ち高効率クリーチャー。
毎ターンの生け贄を要求しますが、《奈落の王/Lord of the Pit(10E)》などとは違って生け贄に捧げられない状況になっても特に悪さはしないというのがポイントでしょうね。

1体になったとき活躍する『単騎/Looners』クリーチャーとのこと。

雲隠れ/Cloudshift (W)
Instant (C)
あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それを追放し、その後そのカードをあなたのコントロール下で戦場に戻す。


Exile target creature you control, then return it to the battlefield under your control.


1マナのインスタント。

《ちらつき/Flicker(UDS)》亜種。
あるいは、即座に、コントロールが変わることなく戻ってくるようになった《解放/Liberate(INV)》

対象が限定されていますが、緊急回避やエンチャントのはぎ取り、cip能力の使い回しなど、いろいろ使いみちはありそうな感じです。

この手のカードにしては珍しく、コントロールがオーナーに戻らないため、《反逆の行動/Act of Treason(M12)》の様な一時的なコントロール奪取と組み合わせ、コントロールを永続的なものとするのも面白いかもしれませんね。

このような、一時的に追放して戻す行為を『明滅/Flickering』というそうです。 
FC2 Blog Ranking
2012/04/09 17:23|MTGTB:0CM:0

【アヴァシンの帰還/Avacyn Restored(AVR)】公式プレビューカードレビュー03

MTG次期セット『アヴァシンの帰還/Avacyn Restored(AVR)』の公式プレビューが、いよいよ本格的に始まりました。

今回は13枚。
多いので、4つに分割して紹介しています。

この記事では、その2として4枚を紹介(6/13)。
その1(2枚)

ソースはこちら。
メカニズム説明をしているので、一度目を通しておくといいと思います。

払拭の一撃/Banishing Stroke (5)(W)
Instant (U)
アーティファクト1つかクリーチャー1体かエンチャント1つを対象とし、それをオーナーのライブラリーの一番下に置く。
奇跡(W)(あなたがこのカードを引いたとき、これがこのターンに最初に引いたカードだった場合、あなたはこれの奇跡コストを支払うことでこれを唱えてもよい。)


Put target artifact, creature or enchantment on the bottom of its owner's library.
Miracle (W) (You may cast this card for its miracle cost when you draw it if it's the first card you drew this turn.)


シングルシンボル5マナのインスタント。
『アヴァシンの帰還/Avacyn Restored』の新能力『奇跡/Miracle』持ち。

そのまま使うと、色拘束が軽くなってトップではなくボトムに置くようになった《消失の命令/Banishment Decree(MBS)》
そう考えると、普通に使うのもアリ……なのかもしれません。

『奇跡/Miracle』で使うと、1マナになります。
これは明らかに破格な疑似除去として機能しそうですね。
対象に困ることも少ないでしょうし。

翼作り/Wingcrafter (U)
Creature - Human Wizard (C)
結魂(このクリーチャーか他のまだ組になっていないクリーチャーが戦場に出たとき、あなたはそれらを組にしてもよい。それらのクリーチャーは、あなたがその両方をコントロールし続けるかぎり組である。)
翼作りが他のクリーチャーと組になっているかぎり、両方のクリーチャーは飛行を持つ。
1/1


Soulbond (You may pair this creature with another unpaired creature when either enters the battlefield. They remain paired for as long as you control both of them.)
As long a Wingbonder is paired with another creature, both creatures have flying.
1/1


1マナ1/1の人間・ウィザード。
『アヴァシンの帰還/Avacyn Restored』の新能力『結魂/Soulbond』持ち。

新能力『結魂/Soulbond』は、組を作る能力。
そして、その組の両方に影響を与える能力が登場するようです。
このクリーチャーの場合は両方に飛行が付与されるということですね。

単体で使うなら《西風のスプライト/Zephyr Sprite(M10)》の方がマシ、組を作れるなら《西風のスプライト/Zephyr Sprite(M10)》《飛行/Flight(M12)》なのでお得……ということでしょうか。

銀刃の聖騎士/Silverblade Paladin (1)(W)(W)
Creature - Human Knight (R)
結魂(このクリーチャーか他のまだ組になっていないクリーチャーが戦場に出たとき、あなたはそれらを組にしてもよい。それらのクリーチャーは、あなたがその両方をコントロールし続けるかぎり組である。)
銀刃の聖騎士が他のクリーチャーと組になっているかぎり、両方のクリーチャーは二段攻撃を持つ。
2/2


Soulbond (You may pair this creature with another unpaired creature when either enters the battlefield. They remain paired for as long as you control both of them.)
As long as Silverblade Paladin is paired with another creature, both creatures have double strike.
2/2


ダブルシンボル3マナ2/2の人間・騎士。
『アヴァシンの帰還/Avacyn Restored』の新能力『結魂/Soulbond』持ち。

こちらは、組に二段攻撃を与えます。
《熟達した戦い/Battle Mastery(LRW)》が3マナということを考えると、なかなかいいカードなのではないでしょうか。

個人的に二段攻撃は好きなので、注目したいところです。

連携攻撃/Joint Assault (G)
Instant (C)
クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。それがいずれかのクリーチャーと組になっている場合、そのクリーチャーもターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。


Target creature gets +2/+2 until end of turn. If it's paired with a creature, that creature also gets +2/+2 until end of turn.


1マナのインスタント。
『アヴァシンの帰還/Avacyn Restored』の新能力『結魂/Soulbond』に関するカード。

いつもの《巨大化/Giant Growth(M11)》亜種。
修整値が下がった代わりに、セット独自の能力がついているというアレです。

このインスタントは、自身は『結魂/Soulbond』を持っていません(非パーマネントなので当然)が、組になっているクリーチャーに使うと組の相手にもプラス修正がつきます。

『結魂/Soulbond』による組は1対1でしかできないので、こういったカードをうまく使って更に強化していきたいところですね。 
FC2 Blog Ranking
2012/04/09 16:29|MTGTB:0CM:0

【アヴァシンの帰還/Avacyn Restored(AVR)】公式プレビューカードレビュー02

MTG次期セット『アヴァシンの帰還/Avacyn Restored(AVR)』の公式プレビューが、いよいよ本格的に始まりました。

今回は13枚。
多いので、4つに分割して紹介します。
この記事では、その1として2枚を紹介。

各カードのリンク先にソース。

グリセルブランド/Griselbrand (4)(B)(B)(B)(B)
Legendary Creature - Demon (M)
飛行、絆魂
ライフを7点支払う:カードを7枚引く。
7/7


Flying, lifelink
Pay 7 life: Draw seven cards.
7/7


クアドラプルシンボル8マナ7/7飛行・絆魂の、伝説のデーモン。
神話レア。

色拘束を含め、コストは非常に重いものの強力なクリーチャーですね。
絆魂持ちなので、攻撃がブロックされてもアドバンテージは大きいです。

そして、ドロー能力。
コストさえ支払えれば、まさにあふれんばかりの手札が手に入ります。

《騙し討ち/Sneak Attack(USG)》と組み合わせたくなりますね。
問題は、これらをあわせて使える環境が……。

Temporal Mastery (5)(U)(U)
Sorcery (M)
Take an extra turn after this one. Exile Temporal Mastery.
Miracle (1)(U) (You may cast this card for its miracle cost when you draw it if it's the first card you drew this turn.)


ダブルシンボル7マナのソーサリー。
『アヴァシンの帰還/Avacyn Restored』の新能力『奇跡/Miracle』を持った神話レア。
そのまま使うと、2マナ重くなった上に使用後追放される《時間操作/Temporal Manipulation(P02)》
いうまでもなく、このソーサリーの真価は『奇跡/Miracle』にあります。

『奇跡/Miracle』は、それがそのターンで初めて引かれたカードであれば、それを公開して代替コストで唱えることができるというもの。
このソーサリーの場合、『奇跡/Miracle』で使用すれば《Time Walk(2ED)》のようなコストで使える……というデザインなのでしょうね。

手札からライブラリーに戻すカードやライブラリー操作、インスタントの軽量ドローとうまく組み合わせて使いたいところです。 
FC2 Blog Ranking
2012/04/09 15:51|MTGTB:0CM:0

【スマイルプリキュア!】第10話:APPENDIX

第10話の感想の付録。
OP、アイキャッチ、じゃんけん、フィニッシュ、ED、次回予告、エンドカードについてです。

【オープニング】

【スマイルプリキュア!】第10話「熱血!あかねのお好み焼き人生!!」

オールスターズNSの宣伝バージョンも前回までで終わり、今回から通常版に戻りました。

通常版はこれまで5回(正確には4回)しかやっておらず、そのまま映画宣伝版に移行してしまったので、逆に新鮮な気すらしますね。
まあ、僕の場合は録画したものをかなり頻繁に見ていたので、あまり久しぶりという感じもしなかったのですが……。

今後、イレギュラーが発生するまでこの項目はスキップします。

【アイキャッチ(A)】

【スマイルプリキュア!】第10話「熱血!あかねのお好み焼き人生!!」

今回はサニー。
まあ、バランス的にも話の中心人物的にも妥当なところ。

【スマイルプリキュア!】第10話:アイキャッチ(A)

これで、2巡ですね。
順周りで1周した後、マーチ→ビューティ→ハッピー→ピース→サニーときました。
次はおそらくマーチなのだと思いますが、それはこの順番が守られるということなのか、それともメイン人物が登場するということなのか……。

いずれにしても、次回と次々回待ちですね。

【アイキャッチ(B)】

【スマイルプリキュア!】第10話「熱血!あかねのお好み焼き人生!!」

アイキャッチ(B)はキャンディ固定かと思っていたのですが、アカンベェパターンもあるようです。

【スマイルプリキュア!】第10話:アイキャッチ(B)

これは、もしかしたらバッドエンド王国のパターンもあるのかも知れませんね。

【ぴかりんじゃんけん】

【スマイルプリキュア!】第10話「熱血!あかねのお好み焼き人生!!」

今回のじゃんけんはパー。
しばらくあいこが続いていましたが、今回は僕も勝つことができました。

ちなみに、絵的にはこのパーが一番好きです。

【スマイルプリキュア!】第10話:ぴかりんじゃんけん

今回ので、グーとパーが同率になりました。
しかしやはり、チョキ率はいまだにトップ独走。

また、同日放送のサザエさんはグーだったそうです。
この勝利で、通算戦績は8戦5勝2敗1分。

【スマイルプリキュア!】第10話:対サザエさん

まだまだ先は長いです。
油断せずにいきましょう。

【フィニッシュ】

【スマイルプリキュア!】第10話「熱血!あかねのお好み焼き人生!!」

今回のフィニッシュは本編感想でも触れたとおり、『プリキュア・サニーファイヤー』。
まあ、中心人物が決めるというのは想像に難くないわけで、予告から予想は容易ですね。

しかしまあ、どうしてこんな大開脚なんでしょうね……?

【スマイルプリキュア!】第10話:フィニッシュ

後述の通り、次回はなお回のようですので、フィニッシュはきっとマーチなのでしょう。

【エンディング】

【スマイルプリキュア!】第10話「熱血!あかねのお好み焼き人生!!」

今回はビューティ。
これはもう完全に順周りのローテーションですね。

【スマイルプリキュア!】第10話:エンディング

次回はきっとハッピーでしょう。
今後、イレギュラーが発生するまでこの項目はスキップします。

【次回予告】

【スマイルプリキュア!】第10話「熱血!あかねのお好み焼き人生!!」

今週の河合杉流枠。
次回のメインはなおのようです。

そして、小さくなって大冒険回のようです。
親指姫的モチーフだと思うのですが、5GoGoのときとどういった違いを見せてくれるのか、期待ですね。

【エンドカード】

【スマイルプリキュア!】第10話「熱血!あかねのお好み焼き人生!!」

今回はサニー。
まあ、バランス的には妥当なところですね。

【スマイルプリキュア!】第10話:エンドカード

この項目も今回で2巡。
順周りで1周したあと、ビューティ→ハッピー→ピース→マーチ→サニーと来たので、この順番で来るなら次はビューティですが……。

ローテーションの確認的な意味では、次回もっとも気になるのはこのエンドカードだと思います。 
FC2 Blog Ranking
2012/04/09 00:00|TV・CD・本TB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.