東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【スイートプリキュア♪】第42話「ピコンピコン!狙われたキュアモジューレニャ!」

定例では、クリスマスあたりからラストスパート。
では、今回が単なる箸休めのギャグ回かというと、決してそういうわけでもないようで……。

さて本編。

前回、ついに最後の音符がトリオ・ザ・マイナーの手に。
いよいよ不幸のメロディの完成、世界が不幸のズンドコに……かと思いきや、そういうわけでもないというアフロディテ。

【スイートプリキュア♪】第42話「ピコンピコン!狙われたキュアモジューレニャ!」

プリキュアの胸に宿ったハートのト音記号が、伝説の楽譜完成のための最後のピースのようです。
つまり、キュアモジューレがキーアイテムというわけですね。

アフロディテや音吉さんの企てにより、偽物のト音記号が紛れていたようです。
何という策士。
ノイズやファルセットはぬか喜びでしたね。

従って、キュアモジューレ防衛戦が始まります。
……とはいっても、響や奏は呑気そのもので、日常生活をエンジョイ。
まあ、モジューレには悪者は触れませんからね。

そんな感じですが、バスドラとバリトンによる奪取作戦が行われます。

まずバスドラ。
落とし穴にプリキュアを誘い込む作戦を立案しますが、穴を掘っている最中にバレてしまいます。

とっさに温泉を掘っていると言い繕うバリトン。
それは一発で看過されますが、水道管を破ったのか、水が噴き出し、どこかへ飛ばされるバスドラとバリトン。

意識を失ったバスドラの見たのは、温泉を掘り出してひと山当てる夢。
このあたりは完全にギャグなのですが、よく考えると、温泉事業で成功して感涙する姿は、マイナーランドから離れて社会生活を営みたいという願望の現れとも見ることができ、後半の引きになっていたのかもしれませんね。

続いて、バリトンの立案。
音吉さんを人質に取ろうということのようです。

そもそも相手が悪い上、今回もやはりアコに作戦を看過され、もちろん失敗に終わります。

最終的に、業を煮やしたファルセットの出撃。
さてはて、どうなるでしょうね?

くつろぐプリキュア勢の元に、あわてて駆け寄る和音。
聖歌がとらわれの身となったと知り、現場に駆けつける一行。

【スイートプリキュア♪】第42話「ピコンピコン!狙われたキュアモジューレニャ!」

そこには確かに聖歌が。
フェアリートーンの力で拘束を解き、無事に救出。

そこへトリオ・ザ・マイナー。
和音と聖歌を逃がし、変身して応戦……しようとしたその時。

【スイートプリキュア♪】第42話「ピコンピコン!狙われたキュアモジューレニャ!」

ノイズに操られた2人により、キュアモジューレが奪われます。
この時点で、ファルセットが素手でモジューレに触っている描写があるので、勘のいい人は気付いたかもしれません。

そう、このモジューレは偽物。
こんなこともあろうかと、アコがすり替えておいたようです。
まさに親子ですね。

……とはいえ、人質を取られている状況には変わりなく。
今度こそ、本物のモジューレが奪われそうになります。
しかし、ノイズの洗脳にあらがう2人の意志により、モジューレは両陣営の中間地点に落ちます。

争奪戦の結果、モジューレはバスドラとバリトンの前に。
そして2人がそれに触れた途端、光が包み……元の姿に戻る2人。

【スイートプリキュア♪】第42話「ピコンピコン!狙われたキュアモジューレニャ!」

そして、ファルセットではなく、プリキュア組の方にモジューレを渡す2人。
もともと離反寸前までいっていたところにモジューレの力が加わり、洗脳が解けたのかもしれませんね。

しかし、そんな2人を直接再洗脳するノイズ。
再び凶悪な怪物と化してしまいます。

変身して戦うプリキュア。
一瞬でも悪から解き放たれた2人を見ているためか、少々及び腰。

そこに、クレッシェンドトーンが。
プリキュアの技は相手を倒すものではないと説きます。

【スイートプリキュア♪】第42話「ピコンピコン!狙われたキュアモジューレニャ!」

その話は第32話でやっているので、クレッシェンドトーンではなくメロディに言って欲しかったところではありますが。

そして、それを信じての『プリキュア・スイートセッション・アンサンブル・クレッシェンド』。
しかし……。

【スイートプリキュア♪】第42話「ピコンピコン!狙われたキュアモジューレニャ!」

ノイズにより、防がれてしまいます。
いまだかつて、ここまで成功率の低い全員参加の必殺技があったでしょうか。

かくして、バスドラやバリトンも再び悪に染まったまま。
キュアモジューレ防衛戦にのみ勝利したという感じですね。 
FC2 Blog Ranking
2011/12/11 12:46|TV・CD・本TB:0CM:0

そらのおとしもの[13]

そういえば、最新刊が発売になっていました。
出張とかあって忙しく、なかなか時間がなかったのですよね。

そらのおとしもの[13]
撮影:Cyber-shot DSC-WX10(画像クリックで高解像度版表示)。

角川書店『そらのおとしもの[13]』

この作者のアニメ主題歌いじりのパゥワーは異常。
なにその見開き。

「私の距離」に入ったのに回避され距離をとられ滅多打ちにされるアストレアかわいい。
ニンフもいいですけど、やっぱり僕はアストレアが好きです。

そしてラストでイカロス=メラン登場。
それ以上に、外殻で可変ウィングの核の性能が制限されているという設定が気になるところですね。 
FC2 Blog Ranking
2011/12/10 23:43|TV・CD・本TB:0CM:0

東方求聞口授 ~ Symposium of Post-mysticism.(仮)

一迅社から、また東方関連書籍が発売となるようです。
タイトルは『東方求聞口授 ~ Symposium of Post-mysticism.(仮)』

タイトルからすると、『東方求聞史紀 ~ Perfect Memento in Strict Sense.』の系統の本と思われます。
一説には対談集とも設定資料集ともいわれ、続報が望まれます。

まあ、設定本だとしても、まさに求聞史紀でそうだったように、誰かの主観を介しての紹介になると思うので、あまりガチガチになりにくくていいですね。

そして、忘れてはならないことが1つ。
求聞史紀が発売されるまで、いったいどれだけ紆余曲折があったかを。
実際に購入するまで、発売したという情報は信じられないという事態だったことを。
今回は、果たして? 
FC2 Blog Ranking
2011/12/09 01:18|東方TB:0CM:3

【スイートプリキュア♪】OP比較[第41話]

OPが変わったとなれば、比較したくなるのが人のサガ。
いつものアレです。

僕の1週間の生きる糧、『スイートプリキュア♪』のOPが、今回(第41話)変更になりました。
第24話では曲も映像も変更となったわけですが、今回は曲はそのままで映像が(比較的)大きく変化した格好ですね。

まず、画像の見方を、差異のないシーンで説明します。

【スイートプリキュア♪】OP比較[第41話]

左が以前のもの、右が第41話、下がその差です。
差異がない場合、このように下半分が真っ黒になります。

ちなみに、このシーンは前回誤差が出た場面。
今回はここも含め、大きな差異のないシーンは誤差もなく完全一致しました。

1つめの差異は、44秒94から始まるシーン。

【スイートプリキュア♪】OP比較[第41話]

エレン単独だった場面にアコが追加され、背中合わせのポーズになりました。
本編でもそうですが、この2人は背中を預け合うことが多いですよね。

また、このシーンは、最初にエレンが登場するところから既に位置がズレています。
2つめの差異は、続く47秒91から始まるシーン。

【スイートプリキュア♪】OP比較[第41話]

メフィストが正気を取り戻したことで、敵幹部の集合絵が入れ代わりました。
アニメーション的にも、以前のものはメフィスト1人が目立っていた感じでしたが、新しいものはトリオ・ザ・マイナー全員がそれぞれ目立つ感じになっています。

3つめの差異は、更に続く50秒82から始まるシーン。

【スイートプリキュア♪】OP比較[第41話]

主題歌のクレジットの位置が、なぜかズレています。
これは、僕はこの方法で比較しなければ気付きませんでしたね。
ちなみに、新しい方が右下にズレています。

そして、6秒90から最後まで。
この一連の流れが、今回の変更のクライマックスですね。

【スイートプリキュア♪】OP比較[第41話]

まずキュアビート。
今回の変更はおおむねアコやミューズを差し込むためと思われるものが多いのですが、エレンやビートもいい感じに絡んできますね。

先程、以前はエレンのソロだった部分がアコとペアになったので、ソロはここだけですね。

【スイートプリキュア♪】OP比較[第41話]

キュアミューズのソロ。
以前のものも黒ミューズだったわけで、こういう対比は面白いですね。

【スイートプリキュア♪】OP比較[第41話]

ラスト。
4人+1匹の集合。
ハミィとミューズだけではなく、リズムの位置も変わっています。

以上のように、かなり大きく変わりました。
実にいい感じです。
しかし、OPが変わるということは話が進んでいるということで、数えてみればもう残り10話切っているわけですよね……大切に見ていきたいです。 
FC2 Blog Ranking
2011/12/05 22:56|TV・CD・本TB:0CM:0

【スイートプリキュア♪】第41話「ファファ~♪最後の音符はぜったい渡さないニャ!」

OPでの映画宣伝期間が終わり、今回から通常版。
……かと思いきや、映像が少し変わって新OPになっていましたね。

まあ、OP映像のマイナーチェンジは正直予想できていたのですが、期待以上の出来でとてもいい感じでした。

そして今回は脇役大集合。
ラストへ向けての最後の出番……ということなのでしょうか?

さて本編。

不幸のメロディが完成するまで、音符はあと1つ。

 【スイートプリキュア♪】第41話「ファファ~♪最後の音符はぜったい渡さないニャ!」

つまり、現在プリキュア組が持っている音符が、その最後の1つというわけですね。
争奪戦も最終盤です。

音符を持っているのは、お調子者のファリー。
非常に不安ですね……そして案の定、バスドラに捕獲されそうになります。
その危機はハミィのヘッドスライディングで事なきを得ましたが……。

ファリー防衛戦について、作戦を考えるプリキュア組。
そして響が映画館のポスターをヒントに立てた作戦は、映画撮影の体で加音町住民の協力を得るというものでした。

一般人を巻き込むのは危険極まりないと思いますが、ファリーの偽物をたくさん用意し、危なくなったらそれを手放して逃げるということで一応の安全を確保している様子。
基本的に相手がファリー1点のみを狙っているということからなのでしょうが、やはり危ない作戦だったのではないでしょうか……。
メフィスト時代に、トリオ・ザ・マイナーが加音町になじんでいたということがあるので、視聴者的には多分大丈夫だろうと思えますけどね。

まずは奏太。
『太陽マン』なるものに扮し、バスドラとバリトンを翻弄します。

ところでこの太陽マン、今回ポッと出ではなくて第33話で響に変装のアイデアをひらめかせたきっかけだったのですよね。
まさかの再登場。

作戦はおおむね成功。
しかしファリーはお調子者なので、ピンチを招きます。

そこで、響による和音召喚。

 【スイートプリキュア♪】第41話「ファファ~♪最後の音符はぜったい渡さないニャ!」

『プリキュア・ファイヤー・ストライク』『ハイパースペシャルシュート』!
ああ、やっぱりりんちゃんさんだったのか……。

追撃の聖歌先輩。

 【スイートプリキュア♪】第41話「ファファ~♪最後の音符はぜったい渡さないニャ!」

『プリキュア・シューティング・スター』
ノリのいいバスドラとバリトンの動きを、一時的に止めます。

フィニッシュは王子隊+親衛隊。

 【スイートプリキュア♪】第41話「ファファ~♪最後の音符はぜったい渡さないニャ!」

王子隊が縛り上げ、ファン軍団でひきつぶす。
何というカリスマ……。

そんな体たらくに、しびれを切らしたファルセット。
ファリーの性格を利用して、茶番でおびき寄せます。

ファルセットにとらえられ、今度こそ絶体絶命。
しかし、加音町住民の総力により、ファリーは宙に。
つかみ取るべく跳ぶ響とバスドラ。

なにこの響めっちゃ飛んでる!着地も成功。
制服着ててもむちゃくちゃタフなのは初代からの伝統ですね。

ところが、響がつかんだのは偽物。
本物は、意趣返しをなしたバスドラの手に。

しかし、そこは響パパや王子隊の音楽演奏で。
ここまでほぼ全て、プリキュア組がミスしても加音町住民がフォローするという格好だったわけですが、やはりいいですね。
物語の舞台が加音町で、本当によかったと思います。

二転三転した音符の行方ですが、最後はファルセットによる強制ネガトーン化。
おそらく、ファリーが特定できて至近距離にいれば使えた手段なのでしょうね。
そう考えると、今回の響の作戦は大当たりだったのだと思います。

ここまで大健闘だった加音町住民ですが、ネガトーンにより無力化。
以前はものともしていなかった響パパにも聞いているところを見ると、ネガトーンもパワーアップしているのですね。
まあ、それでも一般人よりははるかに耐性がありそうな感じではありますが。

ファリー防衛戦で加音町住民の力を借りたからか、ネガトーン戦に注力できている感じで、数で押してくる偽ファリーネガトーンを攻めます。

 【スイートプリキュア♪】第41話「ファファ~♪最後の音符はぜったい渡さないニャ!」

そして、仲間のアシストを受けたメロディにより、ファリー救出。
フィニッシュは、必殺の『プリキュア・スイートセッション・アンサンブル・クレッシェンド』。
個人的には、せっかくのファリー回なのでファンタスティックベルティエ使って欲しかったのですけどね。

かくして、無事にファリーと音符を回収……かと思いきや。

 【スイートプリキュア♪】第41話「ファファ~♪最後の音符はぜったい渡さないニャ!」

最後の最後でノイズが奪い去ってしまいます。

争奪戦には終始参加せず、この機会をずっと伺っていたのですね。
ノイズ……これまでのラスボスとはひと味違うなにかを感じます。
現状、人語を操らないのも不気味さを増していますし。

これで不幸のメロディは完成したわけですが、歌姫の代わりにファルセットでもいいのかなど、疑問は尽きません。
今後どうなるのか、まさに目が離せませんね。 
FC2 Blog Ranking
2011/12/04 11:34|TV・CD・本TB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.