東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【スイートプリキュア♪】第23話「ザザ~ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」

今回は演劇っぽい雰囲気でしたね。
何か暗示をしている部分が多い感じで、ほかの回とは少し違う感じを受けました。

さて本編。

マイナーランドとメイジャーランドの間で揺れるエレン。
受け入れようとする響、奏、ハミィにも素っ気ない態度を取ってしまいます。

行く当てもないエレンがたどり着いたのは、やはり調べの館。
続いてそこへやってきたのは、猫とマモル。
更に遅れてやってきたお父さんから、逃げ隠れるマモル。

マモルのお父さんは医師で、船医としてしばらく遠くへ行ってしまうようです。
それに対してマモルは反発して、お父さんの仕事道具を持って飛び出してきてしまったようです。

それでいて、そのお父さんを見るかぎり、飛び出したマモル自体を追ってきていて、カバンのことは基本的に眼中になさそうなのがいいですね。

まあ、展開としてはベタですが、僕はそういうのが大好きです。

そして、ここでも腕組みできないファリー。
そんな些末な設定も、まだしっかり生きているようですね。

マモルのお父さんの出発が目前に迫っていることを知り、なんとかもう一度会話の機会を設けようと探しに出る響と奏。
会いたくないのなら会わないようにと場所を移動するエレンとそれについていくマモル。
それを神妙な顔で見送るハミィ。

ここでのハミィの表情は印象的。
声をかけなかったのはマモルがいた手前というのもあると思いますが、信じて見送った感じもありますね。

逃避行の末、お父さんのカバンから不格好なぬいぐるみを発見するマモル。
それを見てお父さんの指の絆創膏を思い出し、それがお父さんがマモルのために作ったものだと気付きます。
そして、お父さんがマモルのことが好きで、マモルも間違いなくお父さんのことが好きであることを確認します。

憑き物が落ちたようなマモルは、エレンも自分と同じように、好きな人や好きになりたい人がいるはずだと言います。
エレンがそこで思い浮かべたのは、ハミィや響、奏の顔。

かくして、親子は和解。

【スイートプリキュア♪】第23話「ザザ~ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」

そんないいシーンに水を差すのは、もちろんトリオ・ザ・マイナー。
それに対して立ち向かう響と奏のたたずまいは、プリキュアが板についてきたというか既にプロの風格があるような……。

変身をためらうエレン。
響と奏がなぜ戦えるのか、なぜ自分に手をさしのべるのかという問いに、2人は自分の心に正直に、守りたいもののために全力を出しているにすぎないと答えるハミィ。
それこそハーモニーパワーであり、プリキュア。

これですよね。
プリキュアはメイジャーランド側に立って戦ってはいますが、本質的には自分の周りの守りたいものを守るために戦っているわけで。
もしメイジャーランドがそれらに牙をむくことがあれば、プリキュアたちがそれを黙って見ていることは絶対にないでしょうね。

マイナーランドの悪事に嘆くエレンに、同様のことをセイレーンとしていままで散々やってきたとなじるバスドラ。
それにうろたえるエレンに、ハミィは、いまどうしたいのかと問います。

【スイートプリキュア♪】第23話「ザザ~ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」

そして、その答えは……心のきずなを守ること。
「心のビートはもう、止められないわ」

前髪弾いてギュィーンは多少どうかと思いますが、すごくカッコイイですね。
ここ数話溜めに溜めたものが、総仕上げの段階に入る感じです。

ネガトーンを圧倒するビート。
不利と見るや、『トリプルマイナーボンバー』を繰り出して加勢するトリオ・ザ・マイナー。

【スイートプリキュア♪】第23話「ザザ~ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」

どう見ても超級覇王電影弾です。
本当にありがとうございました。

その必殺技も、ラブギターロッドにラリーを挿入しての『ビートバリア』で完全防御。
そして、『ビートソニック』で完全迎撃。

【スイートプリキュア♪】第23話「ザザ~ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」

『ビートソニック』は、周りに8分音譜状のエネルギーを展開、それが矢に変形し、敵に向かって射出される技のようです。
今回、標的が真上だったこともあってか、非常にカッコイイ感じでした。

そして、メロディとリズムのアシストを受け、フィニッシュ。

【スイートプリキュア♪】第23話「ザザ~ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」

『プリキュア・ハートフルビート・ロック』!
かくして、ネガトーンは浄化され、音符はレリーに。

そして、マモルのお父さんの見送り。
そこで涙を流すエレン。

その涙こそ、誰かとつながっているきずなの証だという音吉さん。

セイレーンとしてマイナーランドに与してしまった理由と、同様にプリキュアとして響や奏といっしょにやっていくことに不安を覚えていた事を吐露するエレン。

【スイートプリキュア♪】第23話「ザザ~ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」

海に向かって、これまでの謝罪とこれからの決意を叫ぶエレン。

禊ぎは済んだと見ていいでしょう。
これで、完全に仲間ですね。 
FC2 Blog Ranking
2011/07/24 20:23|TV・CD・本TB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.