東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【スイートプリキュア♪】第22話「ララー♪魂の調べ、その名はキュアビートニャ!!」

変身、アイテム、アイテム形態変化、必殺技と非常に豪華でしたね。
そんな感じで画像多め……いや、枚数自体はいつもと同じですが。

セイレーンがプリキュアに変身したことに、動揺を隠せない各陣営。
満面の笑みで受け入れたのはハミィのみでした。

【スイートプリキュア♪】第22話「ララー♪魂の調べ、その名はキュアビートニャ!!」

セイレーンの変身能力ではないかと言う奏。
これまでの経験をしっかり生かそうとしているのですね。
モジューレがないことにもちゃんと気付いていましたし、着眼点自体はいいと思います。

そして、そのことで一番衝撃を受けているのが、本人。
洗脳はほぼ解け、自責の念に駆られているようです。

そこへ、奏太とアコ。
本当に、奏太はいつも女の子と一緒にいますね……。
奏太のシチュエーションマジぎゃるげのたぐい。

プリキュアを姉に持ち、その相方は姉の親友で、プリキュアである可能性が高い(かもしれない)クラスメイトと頻繁に行動を共にし、そして今回、プリキュアになったばかりかこれから正式になる娘に粉をかけるとは……奏太のプリキュアセンサーマジ半端ない。

一度は手にかけたことのある奏太と出会ったことで、うろたえたセイレーンは、雨も気にせずにその場から走り去ります。
そして、変身能力を試用しようと試みますが……ネックレスを失ったせいか、猫にも人にも変身できなくなっていました。

そして雨の中、行き着いたのは音吉さんのパイプオルガン。
マイナーランドに属していたときとは異なり、既にこの音楽が苦痛ということはなくなっているようです。

隠れて聞いていても、音吉さんはすべてお見通し。
いつも厳しい顔をしている事が多い音吉さんですが、今回は終始笑顔。

【スイートプリキュア♪】第22話「ララー♪魂の調べ、その名はキュアビートニャ!!」

自分には音楽を楽しむ死角がないというセイレーンに、誰の心にも音楽はあると説きます。

再び飛び出したセイレーン。
雨は、既に上がったようです。

そして、ハミィと遭遇。
最初こそ自分にはプリキュアの資格がないといって別れようとするセイレーンでしたが、ハミィとフェアリートーンの雰囲気に飲まれたか、いっしょに歌いだします。
すると、その胸には光るものが。

そこに、響と奏も合流。
いわゆる絶対的な信頼というのはこの段階ではないのかもしれませんが、基本的に人のいい2人なので、セイレーン歓迎ムード。
セイレーンの名で呼ばれたくないといわれ、呼称も即座にエレンと改めます。

そのいいムードを破ったのは、トリオ・ザ・マイナー。
バスドラがネガトーンを繰り出し、響と奏は変身して交戦状態。

樹のネガトーンに拘束されるプリキュア。
ハミィもバスドラに捕まって人質となってしまいます。

バスドラの要求は、マイナーランドの歌姫として不幸のメロディを歌うこと。
もとより、メフィストがセイレーンを抱えていた理由はそれなので、余計なことさせなきゃこじれることもなかったんじゃないかな……。

しかし、要求を突っぱねるエレン。
自分が不幸のメロディを歌うことで、ハミィが不幸になることを嫌がったわけです。

そして、生身でバスドラに立ち向かうエレン。

【スイートプリキュア♪】第22話「ララー♪魂の調べ、その名はキュアビートニャ!!」

当然、払いのけられますが、それでも諦めるはずもなく。
「私はどうなっても構わない。でもハミィを傷つけたら絶対に……絶対に許さない!」
その言葉とともに、胸に現れるト音記号。

なんか、プリキュアに変身するのに必要なのはハートのト音記号といわれていますが、本当に必要なのは絶対に許さない激情なのではないかと思ってしまいますね……。

それはともかく、初変身バンクです。
「レッツプレイ!プリキュア・モジュレーション!」
使うフェアリートーンはソリー。

【スイートプリキュア♪】第22話「ララー♪魂の調べ、その名はキュアビートニャ!!」

「爪弾くは魂の調べ!キュアビート!!」

新プリキュアの名前はビートでした……いやまあ、それ自体はサブタイトルからも明らかですが。
いま思えば、『ワンダフル↑パワフル↑ミュージック!!』の2番ってエレンことをいっている歌詞だったのですね。

メロディやリズムの時は、変身と決めポーズの間には一呼吸あったわけですが、ビートの場合は完全につながっている感じですね。

そして、完全にうかつなバスドラからハミィを救出。
もともと猫だった運動神経を生かし、ネガトーンも圧倒。

過去の悪事を指摘するバスドラに対し、「私のやってきたことは消せない。それは私が一番わかっている。でも、もう誰も不幸にしたくない。大切な友達を守れるように、強くなりたい。私の心のビートが、そう願ってる!」と言って決別。

そしてアイテム召喚、アイテム変化、必殺技。
対応するフェアリートーンはソリー。

【スイートプリキュア♪】第22話「ララー♪魂の調べ、その名はキュアビートニャ!!」

「弾き鳴らせ、愛の魂!ラブギターロッド!!」
「チェンジ!ソウルロッド!!」
「翔けめぐれ、トーンのリング!プリキュア・ハートフルビート・ロック!!」

ビートのアイテムは音撃弦ラブギターロッド。
もしかしたらそのまま使う運用もあるのかもしれませんが、その初陣はソリーを用いた形態変化で、ソウルロッド形態。
ソリーだから「ソ」ウルロッドなのでしょうね。
恐らく、「ラ」ブギターロッドのまま使うときは「ラ」リーを使うのでしょう。
しかし……結構思い切った変形をしますね……。

そして、必殺技は『プリキュア・ハートフルビート・ロック』。
メロディやリズムの『プリキュア・ミュージックロンド』と同様、ロッドを一周させて作った円形のエネルギーを相手に飛ばすわけですが、この技は最後にトリガーを引いて射出します。
RockとLockをかけた技名なのでしょうか。

光の輪がネガトーンを捉えてからは、ミュージックロンドと同様。
「三拍子!1・2・3……フィナーレ!!」のかけ声とともに爆発します。

かくして、ネガトーンは倒され、音符はラリーへ。

めでたしめでたし……と行きたいところですが、今回の騒動はマイナーランドの歌姫を連れ戻しに来たということで、当事者であるエレンは自責の念に駆られ、また飛び出してしまいます。

【スイートプリキュア♪】第22話「ララー♪魂の調べ、その名はキュアビートニャ!!」

まだ、円満に仲間入りというわけにはいかないようですね。 
FC2 Blog Ranking
2011/07/17 18:19|TV・CD・本TB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.