東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【スイートプリキュア♪】第21話「ドックン!奇跡のプリキュア誕生ニャ!!」

すべての音符とフェアリートーンを奪取したマイナーランド勢。
もちろんまだ楽譜を完成させるには足りませんが、世界を一時的に不幸にするための作戦を予定通り決行することに。

メイジャーランド的にはかなりの危機的状況。
心配するアフロディテに対し、あくまでセイレーンを信じる姿勢を貫くハミィ。
結果、アフロディテもハミィを信じることに。

そして、第21話にして、プリキュア組がアフロディテと対面。

【スイートプリキュア♪】第21話「ドックン!奇跡のプリキュア誕生ニャ!!」

なんでこう緊急事態になるまで……もっと早くから会合は設けるべきだったのでは……。

ハミィとは違い、セイレーンを信用できない響と奏。
それを見てアフロディテは、ハミィとセイレーンの関係を響と奏に当てはめてみたとき、自分はどうするかと問いかけます。
珍しく上に立つ人らしいことを……。

一方のセイレーン。
フェアリートーンの言葉にも耳を貸しませんが、それでもバスドラやメフィストからはイマイチ信用されていない様子。

敵味方含め、ハミィ以外の誰からも信用されていないというのも、やはりすごい話ですね。
珍しいパターンというかなんというか。

そして作戦決行……いつの間にか囚われているハミィ。
ハミィが人質に取られているため、変身を試みることすらできないプリキュア。

この時点でドリーとレリーも囚われているため、変身できるかどうかは微妙。
前々回の話で、フェアリートーンの有無はクリティカルな問題ではないようなことが示唆されていたので、恐らくここでハミィが人質に取られていなければ変身できたのではないでしょうか。

そして、ハミィはプリキュアに対する人質というだけではなく、セイレーンに対しての人質でもありました。

当のハミィは、いつもどおりの天然風な感じで、あくまでセイレーンを信じ、その結果どうなってもいっしょに泣くとまで言い放ちます。
その目には涙。

【スイートプリキュア♪】第21話「ドックン!奇跡のプリキュア誕生ニャ!!」

恐らくハミィ自身、自分が言っていることに無理があること自体は承知しているのでしょうね。
それでも、あくまでセイレーンは信じ続けるのでしょう。

世界と友情を天秤にかけ、友情の方を取る(結果として世界も救われる)のは物語としては珍しくなく、またプリキュアでも頻繁に出てくるテーマではありますが、普通それは主人公たちがやることであって、マスコット妖精がやることではないですよね……。

また、この場合はもはや友情ではなく愛ですよね(響・奏に対して使うのとは別の意味で)。
友情なら間違っている友人を力ずくでも止めるシーンだと思うのですが、このシーンは間違いなく無償の愛。

その様、まさに聖人。
もともとただ者とは思っていませんでしたが、まさかここまでとは……。

その言葉と、歌で、揺らぐセイレーンの心。
洗脳はなりを潜め、胸が詰まって歌えないレベルにまで到達します。

そこで動いたのがメフィスト。

【スイートプリキュア♪】第21話「ドックン!奇跡のプリキュア誕生ニャ!!」

「お前を信じなくてよかった」
さすがはベテラン声優さんだ!ぞわっと来た!

人質のハミィに悪のノイズを流し込みます。
苦しむハミィを見て、セイレーンの取った行動は……。

【スイートプリキュア♪】第21話「ドックン!奇跡のプリキュア誕生ニャ!!」

楽譜の破壊。
もちろん本の破壊ではなく、集めた音符を再び放ちます。

しかし、今回は音符を逃がしてしまうようなことはせず、ネガトーン化するメフィスト。
そのゴタゴタに乗じて脱出したハミィとフェアリートーンは響と奏のもとへ。
変身して戦闘開始。

大量の音符からできていてボスが作ったネガトーンと言うだけあり、それなりに強力で苦戦するプリキュア。

同時に、ハミィに再び魔手を延ばすマイナーランド勢。
ハミィの危機に、セイレーンは……「もうこれ以上、ハミィを悲しませないで!」。

【スイートプリキュア♪】第21話「ドックン!奇跡のプリキュア誕生ニャ!!」

叫びとともにネックレスが砕け、プリキュアの姿となるセイレーン。
ずっとエンドカードで登場が予告されてきた、今作4人目のプリキュアですね。

よく見ると、キュアモジューレは装着していない様子。
また、とっさにハミィを助けようとはしたものの、まだ正義の戦士というには程遠いメンタリティで変身できたのは疑問が残るところですね。
恐らく、サブタイトルの『奇跡のプリキュア』とは、そういうことなのでしょう。
多分、今後キュアモジューレ出現イベントがあって、そこで正式に仲間になるのでしょうね。

結果としてハミィは救えたものの、状況に対して一番驚いているのはセイレーン自身のようで、その場を逃げるように去ってしまいます。
これは追加メンバーとしてはかなり珍しいパターンで、初期メンバーにありそうな感じの流れですね。

そして、まだ自分の気持ちと向き合えないセイレーンとは対照的なメロディとリズムは、諦めない心で形勢逆転、『プリキュア・ミラクルハート・アルペジオ』『プリキュア・ファンタスティック・ピアチェーレ』でフィニッシュ。

すべての音符はプリキュアサイドへ。
こういう取り合いをしているかぎり、全部まとめてなので非常にダイナミックですね。

マイナーランド勢は退散し、ひとまずの危機は去りました。

そしてセイレーン。
変身を解いた姿は、なぜか猫ではなくて人型。

【スイートプリキュア♪】第21話「ドックン!奇跡のプリキュア誕生ニャ!!」

次回が非常に気になる引きですね。

ちなみに、本編終了時点ではこの新プリキュアの名前は出てません。
しかし、その直後のCMでしっかりバッチリ『キュアビート』の文字が……。
そして、EDのキャストでも『キュアビート』でクレジットされていますね。
せめて、次回予告(つまり次回サブタイトル)で名前を出すまでは我慢できなかったのでしょうか……。

そんな感じで、今回はキュアビート初登場。
しかし今回のメインはそれではなく、ハミィであったことは今更言うまでもないでしょう。

次回は間違いなくビート回。
予告によると変身バンクも期待できそうですし、非常に楽しみです。 
FC2 Blog Ranking
2011/07/10 13:08|TV・CD・本TB:0CM:0

【秋葉原シュタゲ祭り】蒐集品

去る6月12日に開催された、『秋葉原シュタゲ祭り』で入手したもの、いわゆる戦利品の紹介です。
今回は少数精鋭なので、ABSTRACT/INDEXはありません。。

イベントレポートはこちら。

【秋葉原シュタゲ祭り】戦利品
撮影:Cyber-shot DSC-WX10(画像クリックで高解像度版表示)。

『にのこや』さん

『恋するクリスティーナは岡部のことを想うと切なくてすぐHしちゃうの!!(仮)』[写真:左]

18禁マンガ本。

タイトルなげぇ!
……しかも、本歌から語順を微妙に変えてあるという……配慮?

内容は、まさにタイトルどおり。
そういう意味でも、ナイスネーミングですね。

僕の解釈による紅莉栖は大体こんな感じなので、かなりすんなり読めました。
助手はこんなこと言う。

今作は未完成バージョンとのことで、完成が待たれますね。
夏コミ(C80)あたりで完成版頒布……でしょうか?

『MMM37番地』さん

『土下座覚悟のスマートほん』(写真:右)

18禁イラスト本。

こちらもナイスネーミングだとおもいます。
シュタゲ界隈は、なかなかタイトルセンスに恵まれている印象。

缶バッジの絵柄も紹介されています。
これを見てコンプに走るもよし、コンプできなかったものをこれで見て地団駄を踏むもよし……という感じでしょうか?
ただし、シークレットは黒塗り……それは頑張って引き当てるしかないわけですね。

『シュタゲ缶バッジ』

グッズ。
全8種(ノーマル7種+シークレット1種)。

今回入手した2つは、ともにノーマル。
まゆしぃと助手ですね。

一応シークレットを含む全種類の絵柄を確認する機会に恵まれたのですが、個人的にはまゆしぃが一番いい感じだと思います。 
FC2 Blog Ranking
2011/07/10 00:35|同人誌即売会TB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.