東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【基本セット2012/Magic 2012(M12)】公式プレビューカードレビュー01

『新たなるファイレクシア』が出たばかりですが、7月発売となる新基本セット『基本セット2012/Magic 2012(M12)』の情報が出始めましたね。

今回は5枚(新規3枚、再録2枚)。
各カードのリンク先にソース。

Dungrove Elder (2)(G)
Creature - Treefolk (R)
Hexproof (This creature can't be the target of spells or abilities your opponents control.)
Dungrove Elder's power and toughness are each equal to the number of Forests you control
*/*


シングルシンボル3マナ*/*のツリーフォーク。
『基本セット2012/Magic 2012』の新能力『Hexproof』持ち。

新能力の『Hexproof』は、いわゆる一方通行。
被覆から遅れること4年……ついにキーワード能力化ですね。

基本セットで新能力が追加されるということを聞いたときは、セットの意味的にどうかと思ったりもしたのですが、これほど浸透している能力であるなら納得です。

クリーチャーとしては、マナ・コストが2マナ減って再生を失い、『Hexproof』を得た《ウークタビー・ワイルドキャット/Uktabi Wildcats(7ED)》
《ブランチウッドの鎧/Blanchwood Armor(10E)》と同じマナ・コストなので、お得感がありますね。

《ウークタビー・ワイルドキャット/Uktabi Wildcats(7ED)》には、MTGを始めたころに大変お世話になったので、個人的にはちょっと気になるカードです。

Gorehorn Minotaurs (2)(R)(R)
Creature - Minotaur Warrior (C)
Bloodthirst 2 (If an opponent was dealt damage this turn, this creature enters the battlefield with two +1/+1 counters on it.)
3/3


ダブルシンボル4マナ3/3狂喜2のミノタウロス・戦士。
『基本セット2012/Magic 2012』の再録能力、『狂喜/Bloodthirst』持ち。

そのまま4マナ3/3では少し残念ですが、5/5として出せることが見込めるならそれなりに効率のいいクリーチャーですね。
赤でダブルシンボル4マナだと、大体4/3がいいところですし。

Chandra's Phoenix (1)(R)(R)
Creatuer - Phoenix (R)
Flying
Haste (This creature can attack and (T) as soon as it comes under your control.)
Whenever an opponent is dealt damage by a red instant or sorcery spell you control or by a red planeswalker you control, return Chandra's Phoenix from your graveyard to your hand.
2/2


ダブルシンボル3マナ2/2飛行・速攻のフェニックス。

まず基本性能的には、《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire(RAV)》が2色で3マナ2/2飛行・速攻を実現していたことを考えると、なかなか高効率なのだと思います。

さらに、フェニックスらしく、墓地から回収できる能力もあります。
そのトリガーは、赤のソーサリー呪文やインスタント呪文か、プレインズウォーカーでダメージを与えること。
まさに、《チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar(M11)》と相性がいいクリーチャーですね。
……まあ、今のところ、《チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar(M11)》が再録になるかどうかは不確定ですが。

なんにせよ、墓地から回収できる能力と軽くて速攻があるというのはいい組み合わせで、過去のフェニックスと比較してそれなりに使いやすい部類に含まれると思われるので、全国のフェニックスファンには朗報ですね。

以下、再録カード。

《正義の執政官/Archon of Justice(EVE)》は、新用語『Die』を説明するために今回プレビューされたカード。

新用語『Die』が意味するのは、「is put into a graveyard from the battlefield」。
つまり、いわゆる『pig』を示す言葉ですね。

より直感的な言い回しになったことで、初心者にもわかりやすくなったと思います。
しかし、昔からのMTG的言い回しが好きなプレイヤーからは、反発もありそうですね……どうなることやら。

それにしても、この流れだとそのうち『埋葬/Bury』も復活しそうな気がしてきますね。

《ソリン・マルコフ/Sorin Markov(ZEN)》は、プレインズウォーカーが今回も収録されることを示すためにプレビューされたカード。

まあ、今回プレインズウォーカーが収録されること自体は、恐らく誰も疑っていなかったと思います。
ここで気になるのは、《ソリン・マルコフ/Sorin Markov(ZEN)》が収録されることで《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess(M11)》のクビは必至というところでしょうか? 
FC2 Blog Ranking
2011/05/23 20:12|MTGTB:0CM:4

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.