東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

ひだまりらじお×☆☆☆ 第4回

今回も、ある秘密が隠されているラジオに。
その秘密は、番組の最後に明かされます……。

『ひだまりらじお×☆☆☆』

今回のゲストは乃莉役の原田ひとみさんとなずな役の小見川千明さん。
なんだかわかりませんが、ものすごく楽しいラジオになっています。
ネタに対する食いつきがすげぇ……いったい何者なんだ……。

阿澄画伯的ウメス、せっかくなので僕も確認してみました。
ひだまりスケッチ×☆☆☆-OP

確かに……いる!
ウメス的な何かが……!

歌えて漫画も描けるトランセルはウメスだけ! 
FC2 Blog Ranking
2010/01/30 10:38|ねとらじTB:0CM:0

【ワールドウェイク/Worldwake】画像つきカードリスト/Visual Spoiler

今日はMTG新セット『ワールドウェイク/Worldwake』のプレリリーストーナメントですね。
参加される方のご健闘を祈ります。

それに伴い、公式サイトで完全版『画像つきカードリスト/Visual Spoiler』が公開となりました

これで、すべてのカードが閲覧できますね。
プレリ参加者の方は、可能なら、目を通しておくと情報戦で有利かもしれません。
これは間違いなく確定情報ですし。

さて、つまり、もう公式プレビューはないということですね。
当サイトでも、全16回にわたって75枚のカードを紹介してきました。
セット内容が145枚なので、実に半数以上だったのですね。

最後に、目次的にまとめておきます。

【ワールドウェイク/Worldwake】公式プレビューカードレビュー
  1. 1枚[2009/12/18]
    • 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
  2. 2枚[2010/01/12]
    • 《彗星の嵐/Comet Storm》
    • 《ジョラーガの戦呼び/Joraga Warcaller》
  3. 7枚[2010/01/14]
    • 《巨森のゼンディコン/Vastwood Zendikon》
    • 《帆凧の弟子/Kitesail Apprentice》
    • 《走り回るトカゲ/Skitter of Lizards》
    • 《無情な選刃/Ruthless Cullblade》
    • 《深遠の謎/Mysteries of the Deep》
    • 《ハリマーの採掘者/Halimar Excavator》
    • 《天界の列柱/Celestial Colonnade》
  4. 10枚[2010/01/18]
    • 《マナの座、オムナス/Omnath, Locus of Mana》
    • 《戦慄の彫像/Dread Statuary》
    • 《怒り狂う山峡/Raging Ravine》
    • 《ヘイラバズのドルイド/Harabaz Druid》
    • 《石の偶像の罠/Stone Idol Trap》
    • 《連鎖反応/Chain Reaction》
    • 《カラストリアの貴人/Kalastria Highborn》
    • 《竜使いののけ者/Dragonmaster Outcast》
    • 《獣性の脅威/Bestial Menace》
    • 《溶岩爪の辺境/Lavaclaw Reaches》
  5. 8枚[2010/01/18]
    • 《コーの火歩き/Kor Firewalker》
    • 《狡猾な火花魔道士/Cunning Sparkmage》
    • 《潮力の精霊/Tideforce Elemental》
    • 《忠告の天使/Admonition Angel》
    • 《風のゼンディコン/Wind Zendikon》
    • 《虚石の探索/Quest for the Nihil Stone》
    • 《兵員への参加/Join the Ranks》
    • 《梢の覆い/Canopy Cover》
  6. 3枚[2010/01/19]
    • 《新星破のワーム/Novablast Wurm》
    • 《ハーダの自由刃/Hada Freeblade》
    • 《皮背のベイロス/Leatherback Baloth》
  7. 4枚[2010/01/20]
    • 《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》
    • 《遺跡の賢者、アノワン/Anowon, the Ruin Sage》
    • 《食餌の衝動/Urge to Feed》
    • 《鼓動の追跡者/Pulse Tracker》
  8. 3枚[2010/01/22]
    • 《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》
    • 《宝物探し/Treasure Hunt》
    • 《破壊者のゼンディコン/Crusher Zendikon》
  9. 7枚[2010/01/25]
    • 《狼茨の精霊/Wolfbriar Elemental》
    • 《地うねり/Groundswell》
    • 《カルニの庭/Khalni Garden》
    • 《司令官の頌歌/Marshal's Anthem》
    • 《血鞘の儀式者/Bloodhusk Ritualist》
    • 《東屋のエルフ/Arbor Elf》
    • 《巡礼者の目/Pilgrim's Eye》
  10. 6枚[2010/01/25]
    • 《呪文の歪曲/Spell Contortion》
    • 《泥地の吸血鬼/Quag Vampires》
    • 《跳ね返りの罠/Ricochet Trap》
    • 《ジュワーの多相の戦士/Jwari Shapeshifter》
    • 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pits》
    • 《タジュールの力/Strength of the Tajuru》
  11. 6枚[2010/01/26]
    • 《焼酸のドラゴン/Mordant Dragon》
    • 《廃墟の幽霊/Ruin Ghost》
    • 《ナーリッドの群れ/Gnarlid Pack》
    • 《ぬかるみの代価/Mire's Toll》
    • 《テラストドン/Terastodon》
    • 《大巨人のスフィンクス/Goliath Sphinx》
  12. 3枚[2010/01/26]
    • 《マラキールの解体者/Butcher of Malakir》
    • 《セジーリのマーフォーク/Sejiri Merfolk》
    • 《方解石のカミツキガメ/Calcite Snapper》
  13. 2枚[2010/01/27]
    • 《崖の暴君、カズール/Kazuul, Tyrant of the Cliffs》
    • 《飛び地の精鋭/Enclave Elite》
  14. 4枚[2010/01/28]
    • 《選り抜きの記憶/Selective Memory》
    • 《焼尽の猛火/Searing Blaze》
    • 《バジリスクの首輪/Basilisk Collar》
    • 《ゴブリンの王の探索/Quest for the Goblin Lord》
  15. 5枚[2010/01/29]
    • 《活発な野生林/Stirring Wildwood》
    • 《エメリアの光守り/Lightkeeper of Emeria》
    • 《天頂の鷹/Apex Hawks》
    • 《解放の執政官/Archon of Redemption》
    • 《屈折の罠/Refraction Trap》
  16. 4枚[2010/01/29]
    • 《永久凍土の罠/Permafrost Trap》
    • 《護衛のゼンディコン/Guardian Zendikon》
    • 《くすぶる尖塔/Smoldering Spires》
    • 《刃のブーメラン/Razor Boomerang》
 
FC2 Blog Ranking
2010/01/30 06:29|MTGTB:0CM:4

とある科学の超電磁砲-第17話「夏休みのつづり」

今週から『とある眼鏡の学園都市』。
今回の主役は『警備員(アンチスキル)』の鉄装綴里。

『とある魔術の禁書目録』のサブキャラにフォーカスを当てるのが『超電磁砲』。
第1クールのメインが佐天さん(その合間合間に黒子と初春)で、その後、婚后さん、固法先輩ときて、綴里。
美琴は……まあ、タイトルで満足してくだちい。

ちなみに、今回はいろいろな意味でサービス回。

閑話休題

夏休みでも、職員室で仕事をする綴里。
『警備員』はボランティアで、本職は教員なのです(正確には、教員のボランティアで構成された自警組織が『警備員』)。

そして、電車に乗り遅れたり、それで『警備員』の仕事に遅刻したり、立てこもり事件の人質になってしまったり、それを同僚の黄泉川先生に助けられたりと、ドジッ娘全開な日常を送っていました。

一方、ゲーセンでパンチングマシンに興じるレギュラー4人組。
……あれは、マイクタイソンではあるまいか……?

どこまで本気かは測りかねますが、どうやら美琴より佐天さんの方がパンチ力がある模様。
能力を使わない身体能力では、体格のいい佐天さんの方が強いのかもしれませんね。
日ごろから『風紀委員(ジャッジメント)』で鍛えている黒子・初春のポイントも気になるところです。

あと、今回出番が少ないからか、4人組の絵がきれいね。

完全下校時刻により退去を命じようとして、逆に雰囲気に飲まれる綴里。
『幻想御手(レベルアッパー)』事件以来の再開らしいです。
……まあ、そんなに頻繁に会うべき人ではないでしょうしね。

そして、仕事後の銭湯。
入浴シーンですよ!

とある科学の超電磁砲-第17話「夏休みのつづり」

そしてまさかの小萌先生キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

屋台で酒を飲み交わす3人。
そこでも元気のない綴里。
黄泉川先生が、綴里をなんとか元気づけようとしているのが見て取れますね。
でもまあ、黄泉川先生、強キャラだから……。

明くる日も、失敗続きの綴里。
ゲーセンで、前日にも見た顔(鴻野江遥希)を見かけ、今度こそはと張り切ります。
遥希はいうことを聞いて退去しますが、それほど相手にはされていない様子。

その日も、仕事が終わったら黄泉川先生・小萌先生を交えて銭湯。
どうやら、日課のようですね。
そこでももの憂げな表情の綴里。

銭湯が終われば屋台。
明らかに気落ちしている綴里を、なんとかして励まそうとします。

しかし、綴里のいうとおり、そこはなんの屋台なんだ……。
なんかいろいろと出てきます。

翌日、仕事が片づかず、『警備員』の方へ行けない綴里。
黄泉川先生は、綴里に『警備員』の方は1日休んで仕事を終わらせろと指示。

その帰り、またゲーセンで遥希を発見。
『警備員』としてではなく、1ゲーマーとして遥希に接する綴里。

遥希がやっていたのは、時代遅れの格闘ゲーム。
いわゆる、昔ならしたレトロゲーというやつですね。

そしていざプレイとなったその時、小萌先生から電話が。
どうやら黄泉川先生に何かあったらしく、呼び出しの電話でした。

突然の呼び出しに、泣く泣く応じる綴里。
裏技で出した隠しキャラのエンディングの素晴らしさを熱弁し、小萌先生のもとへ向かいます。

黄泉川先生は酔いつぶれていました。
それを背負って搬送する綴里に、小萌先生が諭します。

とある科学の超電磁砲-第17話「夏休みのつづり」

本当に、小萌先生は格好いいな!
さすが、年の功だけのことはある!

しかし、この時点で小萌先生の家の屋根が吹き飛んでいるらしいですね。
そういう時系列。

心機一転、張り切る綴里。
そしてここで再登場枠。

とある科学の超電磁砲-第17話「夏休みのつづり」

インなんとかさんと姫神が。

仕事を続ける綴里の前に、ペンダントを落とした女の子が。

とある科学の超電磁砲-第17話「夏休みのつづり」
(L字テロは切除しました)

あらやだなにこの娘かわいい。

ところで、今どきの子って『ロケット』っていわないのですか?
ちなみに、飛ばすロケットは『Rocket』で、写真を入れるのは『Locket』です。

ロケットを探していると、地震が。

とある科学の超電磁砲-第17話「夏休みのつづり」

このタイミングのL字テロは見事としか。

そうこうしているうちに、女の子は自力でロケットを発見、そのまま立ち去ってしまいました。

それにしても、この娘、とても思わせぶりな登場をして、名前もないというのが逆に怪しすぎる貴ガス……。
いったい何者なんだ……。

その後、ゲーセンで例の格ゲーに興じる綴里。
ジェイミーの同キャラ乱入にヒートアップ、その昔『大宮ジェイミー』の名をほしいままにしていた過去が明らかになります。

地名+キャラ名って、もうそれ自体が懐かしいですよね。
今でもそういう人っているのでしょうか?

善戦むなしく、敗北する大宮ジェイミー。
そこに現れたのは対戦者……遥希。

遥希を送り届ける大宮ジェイミー。
そんな中での、「続編が出ないかなー」という会話。
実際、制作会社の状況からも、世の流行からも、それは難しいようです。

とある科学の超電磁砲-第17話「夏休みのつづり」

そしてお別れ。
何このラブコメ。

その後、例のゲーセンで一堂に会する2人+4人。
これ、どういう状況なんだろう……?

そこで、遥希が転校したということが明らかに。
どうやら、ゲーム制作会社『WEED』が母体となっている『雑草学園』に行ったようです。

遥希は、あのゲームの続編を作るという目標を得、一歩踏み出したようです。
そしてそれは、綴里にもしっかり伝わったようです。

今回のお話、ストーリー的にはあってもなくても同じというか、まったく進行していないわけですが、非常にきれいでしたね。
僕は好きです。 
FC2 Blog Ranking
2010/01/30 04:03|TV・CD・本TB:4CM:4

web拍手レス

今日はもうプレリですね。
参加される方の健闘をお祈りしますわ。

web拍手レス(画像クリックで原寸大版表示)。
web拍手

1月29日09:19『J.M.P.D』の文字の順番をちゃんと覚えてない俺は
外出先で覗こうと思った時は、『華乃音』で検索するぜ!!

そういうあなたは……まさか……!

ちなみに、ご存じのとおり『華乃音』でも検索順位は1位(1/91,100)
主なアクセス先は『J.M.P.D.』(トップページ)

同じ字で違う読みの方と激闘(?)を繰り広げたりもしました。

1月29日10:53>エロサイト
せめて、アダルトサイトって言おうぜ…

だ が 断 る 。 
FC2 Blog Ranking
2010/01/30 00:21|web拍手TB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.