東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

れらヂオ #243

さて、今日は我らがバーチャルネットWii長者、れらりんによる『れらヂオ #243』が放送されましたね。

今回の放送時間は11時~14時の3時間でした。

らぢきつね

今回、しおりんはほそくできなかった模様。
多分。

今回僕は、土曜昼間ということで外出していました。
しかしながら、たまたま歯車がかみ合ったので、急いで帰ってきて途中からでもほそくすることができました。
まあ、不幸中の幸いと思うことにします。

それにしても、放送日までのやり取り(>>237さん~>>252)……どういうことなの……。

上述のとおり、また、ほそく開始記事のとおり、僕が聞けたのは後半30分強でした。
前半も何やら楽しそうな話題だったようですね。

これ(>>267さん)が本当に誤爆なのだとしたら、相当なものですね。
Google先生やAmazon先生が解析するまでもなく、運命的なもので結ばれているキーワードなのかもしれませんね。

……で、僕が聞き出したころの話題は、地デジチューナーを買うとかそういう話でした。
まあ、見るだけなら、ドングリの背比べのような選択肢が無数にあるわけですが。

正直いうと、僕も今使っているチューナーカードを買ってからしばらくたちますし、これで満足しているので、現在市場がどうなっているかというのは余りよくわかっていないのですよね。
聞くところによると、僕が使っているやつも、現在流通しているものは仕様が変わっていて、いわゆる最大の長所がなくなってしまっているようです。

あとはまあ、小さくなったB-CASが使えて省スペースなやつとか、負荷が少ないのでノートやネットブックに最適とうたっているやつとかがありますね。
実際どうなのかは詳しくは知りませんが。

れらりんのWiiをどうするかという話。
まあ、そのまま使うのが一番いいんじゃないかと思いますね。
まったく使いみちがないというわけではなさそうですし。

……で、先程の地デジチューナーの話を加え、チューナー単体+キャプチャという話。
いわゆる著作権保護機能があるので、なかなかややこしい可能性も。
まあ、アナログで取り込むのなら問題ないのでしょうが。

偽@爆誕(>>329さん)。
ちなみに、>>315さんは僕ではありません。
ほかは……どうでしょうね?

絶滅危惧種れらりん(>>341さん)。
まあ、本当に危機にひんしているのは、れらりん以上にれらりんの(ry

終了を知らせる爆撃。
……いつもの人がいない!

そして、放送終了。
今回は、無声放送の部分がなかったようですね……喜ばしいことです。

無限ループって怖くね?(>>360さん) 
FC2 Blog Ranking
2009/12/12 14:50|ねとらじTB:0CM:0

『れらヂオ #243』ほそく

さて、今日は我らがバーチャルネットなんとかバニー、れらりんによる『れらヂオ #243』が放送されています。

らぢきつね

急いで帰ってきても結構かかりますね……やはり残念な立地。 
FC2 Blog Ranking
2009/12/12 13:23|ねとらじTB:0CM:0

とある科学の超電磁砲-第11話「木山せんせい」

『幻想御手(レベルアッパー)』編クライマックス(前半)ですね。

初春を拘束し、高速を疾走する木山先生。
『幻想御手』の目的について、言葉足らずですが語られます。

そして、『幻想御手』アンインストールプログラムを初春に託します。
完全にiPod nanoだこれ!

そして、そうこうしているうちに『警備員(アンチスキル)』が木山先生のPCにたどり着きます。
いつも後手後手なのに、今日は仕事が速い『警備員』!
しかし、当然のことながらセキュリティが仕掛けられているわけで……それによって『幻想御手』のすべてのデータが消し飛びます。
いつも通り何の役にも立たない『警備員』!

従って、『幻想御手』をなんとかできるのは、初春の持つiPod nano端末のみということに。

そして、役に立たないまでも、今回は迅速な行動がモットーの『警備員』、道路を封鎖して木山先生の足を止めます。
今度こそ役に立とうよ『警備員』!

しかし、『幻想御手』はその副産物として、使用した能力者の能力も共有できるという効果があり、木山先生も能力者になっていたのでした。

とある科学の超電磁砲-第11話「木山せんせい」

操られて同士討ちを始めるわ、風を起こされて吹っ飛ぶわ、水流を食らうわ、テレキネシスで持ち上げられるわで、まるでいいようにもてあそばれる『警備員』!
この学園都市の治安を守には、絶対的に力が足りない……!

学園都市の能力開発では、能力は1人1つ。
1人で複数の能力を所持するものを『多重能力者(デュアルスキル)』といい、『幻想御手』によって木山先生がそれに至ったのではないかという黒子の案に対し、木山先生本人は方式が違うので『多才能力(マルチスキル)』だといいます。

実現不可能とされている『多重能力』ですが、原理自体は解明されているのでしょうか。

そして、脳筋であり今作のヒーローたる美琴は、「こまけぇこたぁいいんだよ!!」という感じで戦闘に突入。

戦闘は『多才能力』による多彩な攻撃で、木山先生のペース。
ただ、木山先生の方に美琴をどうこうしようという意思はないわけなので、基本的には手加減している感じですね。
もちろん、美琴側も木山先生を殺してしまわないように抑えているわけですが。

木山先生の口から語られる、『幻想御手』の真の動機であり、学園都市の根幹にかかわる問題提起。
能力開発とはいったい何なのか。

……しかし、美琴は、やはりバトル優先。
さすがは戦闘狂だ!そこにシビれ(ry

気になったのは、ここであるはずの木山先生のセリフがなかったことですね。
なくてもクリティカルな問題にはなりませんが、『欠陥電気(レディオノイズ)』へつながる、いいセリフだったと思うのですが。

美琴 vs 木山先生も、『量子変速(シンクロトロン)』が出てきて大詰め。
弾幕で前方に注意を引き寄せ、瞬間移動系の能力との組み合わせにより死角からの爆撃というコンボをやってのけます。
これはいいリープ・レールガンですね……作品違いますけど。

原作では、美琴は電磁波ソナーで周囲の状況がわかるので、死角からの攻撃は利かないという感じでしたが、アニメでは単純に反射的防御が間に合ったという感じになってますね。

とある科学の超電磁砲-第11話「木山せんせい」

ともかく、やられた振りでスキを突けた美琴は、見事勝利を収めることができたのでした。
その際、密着して電気を流したことによるものなのか、木山先生の意思が美琴に伝わります。

個人的には、単に電撃を流したことによる効果だけではなく、木山先生(+『多才能力』)の方でも心のどこかで理解して欲しいという感情があったからだと思いたいです。

そして、『幻想御手』の目的・動機が語られます。
つまり、回想シーン。

とある科学の超電磁砲-第11話「木山せんせい」

『けいおん!』の律だこれ!
佐藤聡美さん的な意味でも。

とある科学の超電磁砲-第11話「木山せんせい」

回想の木山先生かわいいですね。
やはり、若さが重要なのか……。

ところで、研究室の名前が『KIHARA』でしたね。
これはあの木原と何か関係あるのか……それとも、無関係なのか……。
ちなみに、原作では前半が隠れていて、『HARA』の部分のみが見えます。

そして、木山先生爆誕。
『置き去り(チャイルドエラー)』を観察・育成し、実験するらしいです。

生徒のイタズラによりバケツの水をかぶり、例の脱ぎ癖を発動。
この脱ぎ癖は、もともと持っていたものなのですね。

それはともかく、この木山先生をして「ペチャパイ」はないと思います。
今作きってのボリュームである可能性すらあるのに。

そして、時間とともに仲良くなり、きずなが深まったところで、目的の実験。
これはもう確実に失敗するフラグ。

そして、当然のように事故発生。
騒然とする研究者たち。
ただ、木原教授だけは落ち着いています……どうやら、これは筋書き通りだったようです。

とある科学の超電磁砲-第11話「木山せんせい」

かん口令を敷く木原教授。
ただ、これが筋書き通りで、かん口令を敷くつもりだったのであれば、初めからそういう打ち合わせをしておくべきだったと思うんだ。
自己に浮き足だった研究員により、失敗して元も子もなくなる可能性だってあるわけですし。

結局、表向きはAIM拡散力場の制御実験として行われた実験は暴走能力の解析用誘爆実験でした。
その被害者である子どもたちはまだこん睡状態で、救い出すためには『樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)』が必要であるものの、使用許可が下りない。
そのため、『樹形図の設計者』の代わりの演算能力を得るための手段として『幻想御手』を作った……というのが、事の経緯のようです。

回想シーンが終わると、木山先生に異変が。

とある科学の超電磁砲-第11話「木山せんせい」

ネットワークが暴走し、怪物が出現。
OPで登場している、アレですね。 
FC2 Blog Ranking
2009/12/12 04:04|TV・CD・本TB:0CM:0

とある“ラジオ”の超電磁砲 第13回

伝説のトナ回から1週間……今週も放送日がやってきました。

ついにあいなまさんが帰ってきた!
これでかつる!

『とある“ラジオ”の超電磁砲』はwebラジオです。
とある“ラジオ”の超電磁砲


……まさかの続・トナ回。
まあ、前回ほどのカオスにはなりませんでしたが……。
トナカイマジ奥深い。
まだ、深淵の入り口にいるだけなのかもわからんね。 
FC2 Blog Ranking
2009/12/12 00:03|ねとらじTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.