東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

Windows 7 beta with VMware Workstation 6.5

以前の記事で、『Windows 7 β』を『VirtualPC 2007』で実行する試みをやってみました。
今回は、DirectX 9.0cが使えるということで、仮想化ソフトに『VMware Workstation 6.5』を使用してみました。

ホストPCはやはりメインPC
ファイル置き場は前回と同様にFドライブ(WD740GD)。

インストールは今回もラクチンでした。

システム画面(画像クリックで原寸大版表示。以下同)。
システム画面
VirtualPC 2007ではCPUはシングル限定でしたが、こちらはデュアルまで使用可能です。

WEI(Windows Experience Index)。
WEI(Windows Experience Index)
VirtualPC 2007ではWEIは実行できませんでしたが、こちらでは実行できたため、やってみました。
お気づきかも知れませんが、Windows 7ではWEIのスコア上限が7.9まで引き上げられています(Vistaでは5.9まで)。

CPUスコアが6突破しているのは、流石はVT(Virtualization Technology)搭載CPUといったところでしょうか。

逆に、ビデオ周りのスコアは相変わらず悲惨ですね。
Aeroはやっぱり無理か……。

因みに、『VMware Tools』をインストールするとWEIが完走できなくなりました。
「Windows Media Decode」から進まなくなります(キャンセルで中断可能)。

CrystalMark 2004R3[0.9.126.451]。
CrystalMark 2004R3[0.9.126.451]
VMware Workstation 6.5
(Win7β x86)
VirtualPC 2007
(Win7β x86)
ホストPC
(Vista x64)
CrystalMark 16196963339
ALU 293551529861871
Fibonacci 106615614
Napierian 75634026
Eratosthenes 37531889
QuickSort 73563747
FPU 378341410858969
MikoFPU 29571468
RandMeanSS 160547724
FFT 141462549
Mandelbrot 46552345
MEM349921187523959
Read13332.96 MB/s (13332)4916.83 MB/s (4916)
Write9233.52 MB/s (9233)2385.81 MB/s (2385)
Read/Write8516.22 MB/s (8516)2398.56 MB/s (2398)
Cache38899.84 MB/s (3889)21546.10 MB/s (2154)
HDD 5002510674
Read 520.81 MB/s (8104)58.14 MB/s (2325)
Write 719.75 MB/s (9098)68.10 MB/s (2724)
RandomRead512K 564.35 MB/s (8321)36.61 MB/s (1464)
RandomWrite512K 681.61 MB/s (8908)59.37 MB/s (2374)
RandomRead 64K 493.39 MB/s (7966)13.43 MB/s (537)
RandomWrite 64K 425.61 MB/s (7628)31.26 MB/s (1250)
GDI552622268489
Text 691993
Square 1073267
Circle 2925133
BitBlt 837833
D2D290678088106
Sprite 10 135.97 FPS (13)142.11 FPS (14)
Sprite 100 117.68 FPS (117)163.50 FPS (163)
Sprite 500 85.34 FPS (426)151.14 FPS (755)
Sprite 1000 59.17 FPS (591)106.91 FPS (1069)
Sprite 5000 17.03 FPS (851)53.53 FPS (2676)
Sprite 10000 9.08 FPS (908)31.31 FPS (3131)
OGL1331135043622
Scene 112911312
Lines (x1000)(163833)(166611)
Scene 1 CPU(32)(32)
Scene 2 Score4038
Polygons (x1000)(292)(277)
Scene 2 CPU(1)(1)
比較のため、前回の結果も併せて載せておきました。

CPUのスコアが倍になっているのは、使えるコア数が倍になったことを反映していますね。
大体ホストPCの半分くらいですし。
いやしかし、VT様々。

メモリとHDDが異常値ですね。
こんなに速いとは考えられないわけですが……。
HDDはエミュレーションの過程でメモリの影響が出たと考えることもできますが、メモリの方は全く不明です。

ビデオはやっぱり悲惨ですね。
ベンチを回している最中から、少し哀しい気分になります。

東方地霊殿 ~ Subterranean Animism.
東方地霊殿 ~ Subterranean Animism.
さて、DirectX 9.0c対応ということで、『東方地霊殿』の動作確認ができますね。
まあ、風神録でも良かったのですが、新しい方が、ねぇ?

インストール、起動は問題なく。

スクリーンショットにもありますが、640×480ではタイトル画面でフレームレートが60fpsを超え、70fps程度になってしまいました。
それはゲームを開始しても続き、弾幕の少ないところでは少しゲームスピードが速いです。

一方、ボス戦などではフレームレートは落ち、30fps程度になりました。
まあ、仕方ないところでしょうか。

取り敢えず、起動・動作はするのですが、致命的な問題もあります。
ゲーム中にポーズを掛けたり、ゲームオーバーになったりするとフリーズします。
こうなると、ゲストOSを再起動せざるを得なくなります。

以上のように、VMware Workstation 6.5では、VirtualPC 2007では動作させることができなかったソフトが動作したり、USBデバイスが使えたりと、沢山の利点があります。
しかし、安定性はVirtualPCの方が良いと思います。
上記のように、地霊殿でポーズを掛けるとフリーズしますし、付属のゲームは起動しただけでフリーズします。

まあ、可能なら、やはりWindows 7のテストは実機で行った方が良さそうですね。
まあ、いくら何でもRC版が出るまでにはサブPCを組んでいるとは思うのですが……。 
FC2 Blog Ranking
2009/02/05 06:56|PCTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.