東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

RDL1238S-PWM

マザーボード(メーカー)を乗り換えたため、ASUSの独自技術である『Q-FAN』の恩恵を受けられなくなり、ファンがとても五月蠅いことになっていたのですが、ファンを換装してみました。

ファンコンをつけることも考えたのですが、『GA-X48-DS5』にはCPUファン以外にもう1つ4pinのファンコネクタがあったので、それを活用しようと思ったわけです。

今回チョイスしたのはXINRUILIANの『RDL1238S-PWM』。
φ12cm、厚さ38mm、PWM回転数可変(800-2000rpm)のファンです。
デカいファンをゆっくり回すのが好きなの。

設置した写真がこちら(撮影:LUMIX DMC-FX30,画像クリックで高解像度版表示)。
RDL1238S-PWM×2
メインPCスペック表はこちら。

CPUファンとケースリアファン(写真左)が今回交換したファン。
因みに、奥に見えるのが電源ファン(14cm)。

ケースファン(リア)の搭載は至って簡単。
まあ、場所的にそれなりに広い作業スペースが確保できますしね。

今回、折角なので防振のシリコンゴムシートを挟んでみました。
ケースとファンの間にある白いのがそれです。

恐らく、マザーボードのデザインとしてはフロントファンをPWMの4pin、リアファンを通常の3pinに接続して使うように設計されている気がしなくもありません(コネクタの場所的な意味で)が、僕はその逆を行ってしまったわけですね。
まあ、フロントファンに低~中速域の静かな奴を使っていて、フロントには38mm厚を搭載できないため、今回のような構成になったわけですが。

そして、折角の機会ですのでCPUファンも38mm厚に変更してみました。
以前から変更しようと思っていたのですよね。

僕はCPUクーラーにScytheの『ANDY SAMURAI MASTER』を使用しているのですが、これに限らずScytheの12cmファン搭載モデルの殆どは25mm厚のファンしか留められないクリップを採用しています。
このクリップのお陰で25mm厚のファンを使用する時は非常にラクチンなのですが、それとは異なった厚さのファンを使いたい時は加工が必要になります。
まあ、簡単な加工なのですが。

未加工のクリップを横から見ると、120°くらいに開いていると思います。
これで、25mm厚ファンの上辺とクーラーの切り込みを挟んで固定するわけです。
そこで、38mm厚ファン搭載のために考えられるアプローチは大きく分けて2つあると思います。
1つは、ファンの下辺から25mmのところにクリップを引っかける場所を用意する(スペーサーを挟む)ことで、もう1つはファンの下辺(5mm)で固定できるようにクリップを加工することです。
前者の利点はクーラー本体は殆ど無傷で済むことで、後者の利点は簡単なことです。
幸い、Scytheのクリップは単体販売しているので、後者を選択して失敗してもすぐに換えが効くので、今回はそちらの手段を使うことにしました。

加工自体は非常に簡単。
120°くらい開いているクリップをもっと狭角に折り曲げるだけ。
間隔的には45°くらいでちょうど良いと思いますが、30°くらいまで曲げて装着すると、ちょうど良い感じにテンションが掛かると思います。
具体的にどのようになるかは、上記の写真をご覧いただければ一目瞭然だと思います。

結局、ファンを2つ換装したわけですが、かなり静かになりましたね。
騒音的にはCPUファンは元々静かだったのだと思いますが、ケースファン(リア)を換えた効果は絶大でした。

まあ、ASUSの場合はCPU以外はあまり4pinを採用しないようなので、次にマザーボードを換える時にASUSに戻った場合、このファンは単なる2000rpmのファンになってしまうのかも知れません。
ただまあ、次にマザーボードを換える時というのは、トラブルがなければかなり先になると思うので、どちらにしてもその時には新調した方が良さそうですけど。

因みに、次に換える予定は『Nehalem』世代を考えています(必然的に総換え)。
一応、狙っているのは『Lynnfield』です。
『Bloomfield』は……スルーするつもりなのですが……もしかしたらスルーできない可能性も否定できない貴ガス。 
FC2 Blog Ranking
2008/04/13 16:14|PCTB:0CM:0

メインPCスペック080410

Sortilege-XII
分類メーカーパーツスペック備考
マザーボードGIGABYTEGA-X48-DS5Intel X48チップセット,ATX
CPUIntelXeon X3350Quad Core,2.66GHz,L2=6MB×23.20GHz(FSB=1600MHz)駆動
CPUクーラーScytheANDY SAMURAI MASTERトップフロー型,6mm径ヒートパイプ6本38mm厚ファン搭載可能加工
CPUファンXINRUILIANRDL1238S-PWM12cm辺,38mm厚,PWM可変800-2000rpm
メモリUMAXPulsar DCDDR2-4GB-800DDR2-800 2GB×2,5-5-5-18Dual Channel
メモリUMAXPulsar DCDDR2-4GB-800DDR2-800 2GB×2,5-5-5-18Dual Channel
ビデオカード玄人志向GF8800GTS-E320HWGeForce8800GTS(G80),320MB,96ps
ケースCooler MasterCenturion 532 RC-532-SKN1ATXケース
ケースファンScytheS-FLEX SFF21E12cm辺,25mm厚,1200rpmフロント
ケースファンXINRUILIANRDL1238S-PWM12cm辺,38mm厚,PWM可変800-2000rpmリア
電源ScytheENHANCE E.G.O 1000W定格1000W,Max1100W(12sec),135mmFAN
HDDSeagateST3320613AS320GB,16MB,7200rpm,320GB/P,SATA300Cドライブ,2nd SATA
HDDHGSTHDS721075KLA330750GB,32MB,7200rpm,250GB/P,SATA300Dドライブ,3rd SATA
HDDSeagateST3750640AS750GB,16MB,7200rpm,SATA300Eドライブ,4th SATA
HDDWestern DigitalWD740GD74GB,16MB,10000rpm,SATA150Fドライブ,5th SATA
光学ドライブPlextorPX-760SA/JPSATA150Gドライブ,1st SATA
ReadyBoostA-DATAPD7USBメモリ,4GB,200倍速Jドライブ,USB接続
オーディオIFEDIROLFA-66IEEE1394a接続
ディスプレイDELL3007WFP-HC30型WQXGA(2560×1600)
スピーカEDIROLMA-10D10W×2アナログ接続
ヘッドホンaudio-technicaATH-A500密閉型ヘッドホン
マイクSeidePC-Meコンデンサマイク
プリンタCanonLBP-2710カラーレーザー,22ppmメモリ512MB増設済み
スキャナEPSONGT-X75016bit/ch,4800dpiUSB接続
キーボード東プレRealforce 108UH静電容量無接点方式,日本語108KeyUSB接続
マウスMicrosoftNatural Wireless Laser Mouse 6000レーザー方式USB接続
OSMicrosoftWindows Vista Ultimatex64,Service Pack 1

以前のスペック表はこちら。

CPUファン、ケースファン(リア)を変更。
それに伴い、CPUクーラーに38mm厚ファンを搭載できるように加工。

CPUをオーバークロック状態で常用するため、それを反映。

ベンチマークテストなどの関連情報記事のアドレスは、適宜コメント欄に記載。 
FC2 Blog Ranking
2008/04/13 15:28|PCTB:0CM:2

れらヂオ #69

さて、今晩は我らがバーチャルネット有機溶媒、れらりんによる『れらヂオ #69』が放送されましたね。

今回の放送時間は22時~28時半の6時間放送でした。
相変わらず素敵な放送時間ですね。
Flashバナーが「OFFLINE」を表示してからが本番です。

らぢきつね

今回もしおりんは捕捉できていたようです。
放送中バナーが下げられるのが早かったのですが、もしかして引き揚げをFlashバナーに連動させていたりするのでしょうか?

まずは紳士ゲームからスタート。
幾つめかのヒントで、「服装の名前ではなくクラス(職業)名」というのがあったのですが、そこから正答を連想するのに少し時間が掛かった華乃音マジ鈍感。
今回は一緒に写っているカードも含めてかなりのアドバンテージがあったんジャマイカ……。

そして、今回明らかになったこと(これくらいはここに書いても良いよね?)。
  • 大文字と小文字は区別する。
  • ローマ字表記の場合はヘボン式。
次回以降のために覚えておくと良いでしょう。
まあ、ローマ字の場合は予期せぬ表記揺れが発生する可能性もあるので、色々試した方が無難だとは思いますが。

同時進行でレラカラ。
途中から始まるスーパーガンガンタイム!
何もかも懐かしい……。

パプワとか懐かしすぐる。
今思うと、女性が殆ど出てこない漫画だったのですね。
くり子は例外中の例外のような感じ。

そして、ちょっとだけ儚月抄(REX)の話。

「オリジナルを尊重し、そこにさらにオリジナリティを付加して残すのが、 我々魔法使いの誇りですから」

パチェの台詞ですが、この台詞は『魔法使い』の部分を色々変えても大体通じる名台詞だと思います。
永夜抄マニュアルでのアリスのキャラ紹介なども含め、神主はこの辺りには拘っているように見えます。

次にれらりんが口ずさむ曲を当てるクイズ。
『偽りのテンペスト』とか懐かしすぐる。

そして入浴タイム!
勿論風呂実況ではないのですが、流れる無音の中に何かしらの音が混入しているのではないかという淡い期待を抑えることはできず、紳士たちは固唾を呑んで全神経を集中させるのです。
この状況で大音量効果音とか使ったら、悶絶して死屍累々になるに違いありません。

その後復帰。
しかしれらりん風呂早いですね。
風呂上がりのペチペチ音に紳士たちはやはり期待を膨らませるのです。
しかしれらりん、風呂上がりだからって(だからこそ)あまり薄着だと風邪引くんだぜ?

その後ガレキタイム。
僕は全然詳しくないのですが、言葉を額面通り受け取るならもう少しで完成しそうなのでしょうか?
作業の実況を何故かネチョっぽくサービスしてくれるれらりんに乾杯。

シンナーの話題が出ましたが、主成分はトルエン(リンク先の左から2番目)の様ですね。
「薄めるもの」なので「thinner」です。

そして、紳士ゲームは携帯で参加できるのかという話に。
取り敢えず、僕がやってみたところ問題なくアクセスはできました(SH905i)。
ただまあ、PC上のブラウザのアドレスバーに直接入力することと比較してしまうと、非常に面倒であることは紛れもない事実ですが。
まあ、昨日の僕のような外出中でラジオ聞けない際の苦し紛れの参加方法としては良いのではないでしょうか。
ただ、肝心のヒントが聞けないので、ノーヒントを強いられますが。

僕の他にも、様々な人が実験を行い、概ね大丈夫のようです。
ただ、一部ダメだった環境もあるようですので、一度両方の環境が使える時に確認をしてみると良いと思います。

BBSでハイタッチを試みたらはね除けられた……。
これは……地味に効くな……。・゚・(ノД`)・゚・。

まさか、「ここまで○○の自演」に自分の名前が登場する日が来ようとは……。
勿論僕も色々書いてますけど、そんなに多くはないですよ?

そしてにせきつね=華乃音説が出ました(のですよね?)が、残念ながらハズレです。
確かに、今回の行動(曲リスト作成)には近しいものを感じたりしなくもないのですが、何より僕は絵的なものが全くできないので、一緒にするとにせきつねさんに失礼ですよ?

ネチョ話ですが、実はリスナー側から振ってもれらりんは概ねのってくれませんよね。
話がそっちに行く時のパヤーンは、れらりんがぽろっと零すとか、そんなつもりで書かれたわけではないレスを曲解するとかそういうのが多い貴ガス。

まあ、れらりん可愛いよね。

さて、次回予告は以下の通り。

次回予定:4月18日(金)22時前後?

予告自体はいつも通り。
油断してはいけないというのもいつも通り。 
FC2 Blog Ranking
2008/04/13 05:15|ねとらじTB:0CM:2

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.