東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スーサイドリネッサ

某れらりんに感化され、《西風の魔道士リネッサ/Linessa, Zephyr Mage(FUT)》デッキです。
何かの参考になれば幸いです。

使えないカードを惜しんでも仕方ないのですが、それでも幾つかのカードに関してはタイミング的に残念と言わざるを得ません。
9版が使えれば、《奇妙な収穫/Weird Harvest(9ED)》が使えるのに……とか、ラヴニカブロックが使えれば、《ディミーア家の護衛/Dimir House Guard(RAV)》の変成が使えるのに……とか。

《西風の魔道士リネッサ/Linessa, Zephyr Mage(FUT)》デッキを組む場合、青黒か青緑のデッキになると思います。
黒はクリーチャーを墓地から回収することに長けた色ですし、種類を問わずライブラリーから持ってくることが可能です。
緑は種類を問わず墓地から回収することが可能ですし、クリーチャーをライブラリーから持ってくることが可能です。
今回は青黒で組みましたが、青緑で組むならマナブーストからの《喚起/Recollect(10E)》《ミラーリ/Mirari(TSB)》による無限回収がオススメ。

青黒で組む場合、1から専用デッキを組むか、フェアリーデッキに《西風の魔道士リネッサ/Linessa, Zephyr Mage(FUT)》を混ぜるかという選択肢になるわけですが、僕は前者を採用しました。
後者で組み出すと最終的に《西風の魔道士リネッサ/Linessa, Zephyr Mage(FUT)》が抜けるというのは、過去の歴史から明らかです。

組んでみて分かったのですが、これは《西風の魔道士リネッサ/Linessa, Zephyr Mage(FUT)》に対する余程の愛がないと苦しいです。
僕も、最後まで《西風の魔道士リネッサ/Linessa, Zephyr Mage(FUT)》を抜かない程度の愛はあったようですが……ベストなデッキを組むにはまだ足りないようです。

前置きが長くなりましたが、デッキはこちら。
フォーマットは現行スタンダード。

UB Suicide Linessa
メインボード(60)
3《地底の大河/Underground River(10E)》
2《涙の川/River of Tears(FUT)》
2《人里離れた谷間/Secluded Glen(LRW)》
3《フェアリーの集会場/Faerie Conclave(10E)》
1《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth(PLC)》
2《変わり谷/Mutavault(MOR)》
6《島/Island(10E)》
6《沼/Swamp(10E)》
3《ヴィダルケンの霊気魔道士/Vedalken AEthermage(FUT)》
4《西風の魔道士リネッサ/Linessa, Zephyr Mage(FUT)》
4《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》
3《影武者/Body Double(PLC)》
3《精神石/Mind Stone(10E)》
2《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem(TSP)》
4《苦花/Bitterblossom(MOR)》
3《思考囲い/Thoughtseize(LRW)》
4《滅び/Damnation(PLC)》
2《謎めいた命令/Cryptic Command(LRW)》
3《無残な収穫/Grim Harvest(CSP)》
サイドボード(15)
2《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir(TSP)》
2《誘惑蒔き/Sower of Temptation(LRW)》
3《叫び大口/Shriekmaw(LRW)》
4《根絶/Extirpate(PLC)》
4《名も無き転置/Nameless Inversion(LRW)》

基本戦略としては、各種ドローや《ヴィダルケンの霊気魔道士/Vedalken AEthermage(FUT)》のウィザードサイクリングで《西風の魔道士リネッサ/Linessa, Zephyr Mage(FUT)》を手札に集め、壮大を数回使用して多大なアドバンテージを得ようというものです。
今回、永続ロックではなく、数回使えれば十分という思想の下で組んだので、無限回収エンジンは搭載していません。

無限回収しない方針なので《無残な収穫/Grim Harvest(CSP)》を使用していますが、無限回収したければ《葬儀人/Undertaker(TSB)》を使用すると良いと思います。
また、人間力に自信があるなら《堕ちたる者の蘇生/Revive the Fallen(MOR)》を使用すると良いと思います。

このデッキは2ターン目に《苦花/Bitterblossom(MOR)》を出せるか、4ターン目に《滅び/Damnation(PLC)》が打てるかで大勢が決します。
特に《苦花/Bitterblossom(MOR)》は重要で、これのあるなしで世界が変わります。

除去を《滅び/Damnation(PLC)》に任せていますが、今の世の中、所謂ミシュラランドが6種類もあります。
リネッサモードに入っていれば、ある意味カモ(土地の点数で見たマナコストは0)なのですが、そうも言っていられない時はサイドボードから《名も無き転置/Nameless Inversion(LRW)》をどうぞ。

《影武者/Body Double(PLC)》は使い終わった想起持ちクリーチャーや除去されてしまった《西風の魔道士リネッサ/Linessa, Zephyr Mage(FUT)》の回収に。
場合によっては相手の墓地から強力なクリーチャーを奪いましょう。
《目覚ましヒバリ/Reveillark(MOR)》があるなら迷わずそれを。

デッキタイトルを「スーサイドリネッサ」にしたわけですが、リストからはそれほどスーサイド臭を感じないかも知れません。
しかし、使ってみて分かるこのドM感!

上の方で、愛が必要というようなことを書きましたが、実際その通りで幾つかの越えなければならない壁が存在します。

まず、《西風の魔道士リネッサ/Linessa, Zephyr Mage(FUT)》のクリーチャーパフォーマンス。
タフネスが3で黒くないというのは、環境に存在するあらゆる除去(《名も無き転置/Nameless Inversion(LRW)》《恐怖/Terror(10E)》《叫び大口/Shriekmaw(LRW)》)が効いてしまいます。
そして、パワーも3で、2より大きく(《目覚ましヒバリ/Reveillark(MOR)》で拾えない)、4より小さい(殴りきるのに7ターン)数字。

更に、肝心なコントロール力も、本当にロックを成立させるには無限回収エンジンが必要。
そういう意味で本来は《葬儀人/Undertaker(TSB)》が不可欠なのですが、リネッサモードに入るのがそもそも大変なので、手札に余らせておいたり場に出して維持したりする余裕はないと言わざるを得ない!

逆に利点としては、コストがシングルシンボル4マナと多色に組み込みやすく、この手のキーカードとしては軽いので早めにプレイできる点、そして壮大のプレイにカード以外のコストを要求しないので手札が揃えば1ターンに数回プレイできると言うところでしょう。
つまり、マナの観点からするとかなり有利。

そうなると、カウンター増やして《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir(TSP)》をメイン投入して……というプランも悪くないでしょうね。
もう黒は《葬儀人/Undertaker(TSB)》《苦花/Bitterblossom(MOR)》程度のタッチ色にして。 
FC2 Blog Ranking
2008/04/07 22:38|MTGTB:0CM:0

『シャドウムーア』公式プレビューカードレビュー07

今日は6枚。
いつものように、リンク先にソース。

Shield of the Oversoul (2)(G/W)
Enchantment - Aura (C)
Enchant creature
As long as enchanted creature is green, it gets +1/+1 and is indestructible. (Lethal damage and effects that say "destroy" don't destroy it. If its toughness is 0 or less, it's still put into its owner's graveyard.)
As long as enchanted creature is white, it gets +1/+1 and has flying.
Illus. Steven Belledin
242/301

混成マナシンボル3マナのエンチャント(クリーチャー)。
緑や白の3マナエンチャント(クリーチャー)は時折非常に強力だったりするので、期待が持てます。

エンチャントされているクリーチャーが緑だった場合、強化されつつ破壊されなくなります。
最近、緑系で破壊されないをよく見る貴ガス。

エンチャントされているクリーチャーが白だった場合、強化と飛行が付きます。

これは明らかに、緑白のマルチカラーにつけろと言うことでしょう。
+2/+2飛行・破壊されないとなれば、大抵の除去を弾くことが可能です。
まあ、コントロールを奪われると結構悲惨ですが。

直接のライバルは《グリフィンの導き/Griffin Guide(TSP)》でしょうか。
状況(目的)に応じて使い分けると良いと思います。

関係ありませんが、オーバーソウルといえば「よみがーえーれー」ですね。
そういう目で見てみると、何となくイラストもそういう雰囲気が……。

Augury Adept (1)(W/U)(W/U)
Creature - Kithkin Wizard (R)
Whenever Augury Adept deals combat damage to a player, reveal the top card of your library and put that card into your hand. You gain life equal to its converted mana cost.
2/2
Illus.Steve Prescott

これのソースは公式サイト右ペインの「Shadowmoor Preview」。

混成マナシンボル3マナ2/2のキスキン・ウィザード。

これは、言ってみれば《ディミーアの巾着切り/Dimir Cutpurse(RAV)》の亜種。
色が変わったのでディスカードではなくなり、ライフを得るようになった感じです。
勿論、厳密に言えば色々違いますが。
ドローではなく、手札に加えるだったり。

エルフの集団/Drove of Elves (3)(G)
Creature - Elf (U)
Drove of Elves' power and toughness are each equal to the number of green permanents you control.
Drove of Elves can't be the target of spells or abilities your opponents control.
*/*
Illus. Larry Mcdouga
112/301

シングルシンボル4マナのエルフ。
パワーとタフネスはコントロールする緑のパーマネント数。
取り敢えず、自身を数えるので通常は0/0で即死というパヤーンはありません。

比較するなら《頓着無き者/Heedless One(ONS)》でしょうか。
エルフデッキにおいては似たようなパワーやタフネスになることでしょう。
まあ、エルフのミラーマッチだった場合は別ですが。

緑に良くある、一方的な被覆が付いています。
単体除去が効かなくなるので、フィニッシャーとしては良い能力だと思います。

石の顎/Jaws of Stone (5)(R)
Sorcery (U)
Jaws of Stone deals X damage divided as you choose among any number of target creatures and/or players, where X is the number of Mountains you control as you play Jaws of Stone.
Illus. Zoltan Boros & Gabor Szikszai

シングルシンボル6マナのソーサリー。
分割できる不特定火力。

ダメージの総量はコントロールする山の数なので、《大地の飛礫/Spitting Earth(7ED)》の亜種と考えることもできそうです。
《大地の飛礫/Spitting Earth(7ED)》《Eternal Flame(DRK)》からデメリットを取り除いて分割可能にしたら6マナになった感じでしょうか。

曲がりくねりのロシーン/Rosheen the Meanderer (3)(R/G)
Legendary Creature - Giant Shaman (R)
(T): add (4) to your mana pool. Spend this mana only for costs containing (X).
4/4
Illus. Aleksi Briclot
214/301

混成マナシンボル4マナ4/4の伝説の巨人・シャーマン。
癖のあるマナ能力付き。

そもそも、赤単色から出せる4マナ4/4は立派。
流石は伝説のクリーチャーですね。

マナ能力は一挙に(4)生み出せるもの。
コストに(X)を含む呪文や能力にしか使えませんが、何かしら悪さができそうです。
取り敢えず、《猛火/Blaze(10E)》《溶鉄の災難/Molten Disaster(FUT)》《突風線/Squall Line(TSP)》《砕岩を食うもの/Detritivore(PLC)》《燭台の大魔術師/Magus of the Candelabra(TSP)》の出番でしょうか。

マナ能力を持つ4/4というと、《水蓮の守護者/Lotus Guardian(INV)》を思い出しますが……アレよりは役に立つでしょう、きっと。

スズメバチの槍兵/Wasp Lancer (U/B)(U/B)(U/B)
Creature - Faerie Soldier (U)
Flying
3/2
Illus. Warren Mahy

混成マナシンボル3マナ3/2飛行のフェアリー・兵士。
他に能力はありません。

3マナパワー3は素敵。
青や黒の単色では実現が難しいです。

クリーチャータイプは今を時めくフェアリーを含みます。
昆虫は含みません。

このカード、《アッシェンムーアの抉り出し/Ashenmoor Gouger》(黒赤、4/4ブロックできない)《萎れ葉の騎兵/Wilt-Leaf Cavaliers》(緑白、3/4警戒)とサイクルをなしているのでしょう、きっと。
そうなると、白青や赤緑が気になるところですね。
特に白青に関しては、飛行がここで出てきてしまったのでどうなるのか楽しみです。 
FC2 Blog Ranking
2008/04/07 17:04|MTGTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.