東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

『人形遣いのTea Party』『大図書館の読書会』蒐集品その1:『my doll』

アリスオンリーイベント『人形遣いのTea Party』ならびにパチュリーオンリーイベント『大図書館の読書会』で入手したもの、所謂戦利品の紹介です。

集合写真(撮影:LUMIX DMC-FX30,画像クリックで高解像度版表示)。
『人形遣いのTea Party』『大図書館の読書会』戦利品

『海運』さん

『my doll』(写真左)

導入部分はWeb漫画『常夏湖』から繋がっているように見える。
見えるのですが、実際どうかは分かりません。
僕としては繋がっていても良いんじゃないかなと思う。

でも実は、『雨降り紅魔館』との対比かも分からんね。

「面白いものを見せてあげる」
「寝顔?」
……の流れに吹いた。
やはりこうばさんはさり気なく吹かせるのが上手いな。

「後ろから押し倒したく~」
今回、咲夜さんが全く出てこないのは驚異の対お嬢様聴力でこの台詞を耳にし、昏倒していたからだと予想。

招待されざるものの迫力は夜の王すら怯ませる!
なんという驚異の薄幸属性。

パチェの強引な話題転換に吹いた。
乗せられそうになるアリス可愛いよ!

フランの手を引いている、見返りアリスが可愛すぐる。
そして1コマで撃沈……。

それにしても、妹様のなんというInnocent。
それを受け止めるのにはアリスは大人すぎたのかも分からんね。
寧ろ、受け止めきれるのは幻想郷に魔理沙だけかも。
他の候補は橙・チルノ・ルーミア辺りでしょうか……『喫茶THE WORLD』を見るに、チルノとの関係は悪くなさそうですが……。

「………ああ、時々」
冷静になれば思い出せるのか……。
咄嗟の判断だといつも酷い目に……。

「どれでも好きなのをどうぞ♪」
このシーンで3/4しか選択肢がないのが……。
当たりのない宝くじ、正答のない多肢選択式問題、既にBADルートに入ったノベルゲーム。

「仕事じゃないんだぜ?~」
なんという一撃必殺ソリューション。
これを素でやるから魔理沙は魔理沙ですね。

「送り狼」
あながち、完全に間違っていないというのが何とも。
まあ、単に最後のトリガーというだけで、フラグはそれまでに全部立てて(あるいは折って)しまっていたわけですが。

そして一筋の光明END。
この後、それを活かせる展開も活かせない展開も考えられてしまうので、続きが非常に気になってしまいますね。

あとがきでご本人も書かれていますが、いくらか途中を削っているようです。
この展開だと中間が暗くなるのは不可避なので、いっそ削らない方が良かったのではないかと思ってしまいます。
まあ、削った部分がどうなっているか知らないので、推測の域を出ませんが。

ご本人様が誤字がどうのいっていたのですが、取り敢えず「裏表紙の奥付の発行日が1年間違っているよ!」という新年一発目恒例のものがあるくらいじゃないですか?

それにしても、アリスの行動と結果が秀逸すぐる……。
Web漫画『楽しい提灯屋台』の時も思ったのですが、ただならぬチカラを感じます。 
FC2 Blog Ranking
2008/03/08 08:35|東方TB:0CM:0

『人形遣いのTea Party』『大図書館の読書会』蒐集品:Abstract

アリスオンリーイベント『人形遣いのTea Party』ならびにパチュリーオンリーイベント『大図書館の読書会』で入手したもの、所謂戦利品の紹介です。
イベントレポートはこちら。
今回は「Abstract」が示すとおり、今回は何を入手したのかの紹介のみ。

集合写真(撮影:LUMIX DMC-FX30,画像クリックで高解像度版表示)。
『人形遣いのTea Party』『大図書館の読書会』戦利品

『海運』さん
  • my doll(写真左)

『れいてぃ屋』さん
  • 十二の月(写真右)

以上2冊が2つのイベントで手に入れた作品の全てです。
2冊とも戴いてしまったものなので「戦利品」と書くには些か心苦しいのですが、慣例に従う(主としてブログ内検索のため)ということでご容赦下さい。

近頃稀に見る少なさですが、以前はイベントに参加して手ぶらで帰ってくることもあったのでそれほど珍しい事態ではありません。
まあ、確かに最近では珍しい光景ですが。

個別感想は例によって次回以降。
2回のシリーズになるでしょう、確実に。

正直、いつもならAbstractとIndexを省いて1回で済ませるところですが、今回は敢えて分けて1作品ずつ多めに書いてみようかと。 
FC2 Blog Ranking
2008/03/08 02:12|東方TB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.