東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

MTG第10版、公式不完全カードリスト18

今日帰れるとは思ってなかった……。

今日のプレビューカードは《ゴブリンの知識/Goblin Lore(S00)》
ソースはこちら。

4枚引いてランダムで3枚捨てる。
パッと見、赤にありがちな博打要素が高い上に博打に成功してもイマイチというカードに見えなくもありません。
しかし、確かにランダム要素が入ると使いづらくはなりますが、それでもなかなか強力なカードだと思います。

まず、4枚引くと言うところ。
2マナで4枚引けるカードなんてそうはありません。
ライブラリーを掘り進むのは勿論のこと、ドロー置換能力と組み合わせるのも良いでしょう。

次に、3枚捨てると言うところ。
現環境にはマッドネス、フラッシュバック、スレッショルド、発掘、墓地ストームといった相性の良い能力があります。
ランダムディスカードなのが非常に残念です。

そして、4枚引いて3枚捨てると言うところ。
内容は変わるでしょうが、使用の前後で手札の枚数が変わりません。
ストームを稼ぐことも出来ます。

最後に、点数で見たマナコストが2であるというところ。
《イゼットのギルド魔道士/Izzet Guildmage(GPT)》でコピーすることが可能です。
物凄い勢いでライブラリーを掘り進めることが可能です。

勿論、《盗用/Plagiarize(9ED)》喰らって涙目になるのはデフォですが。

現在の赤の不完全カードリスト。
193《ボガーダンの炎魔/Bogardan Firefiend(WTH)》
199《大地の精霊/Earth Elemental(4ED)》
200《炎のブレス/Firebreathing(9ED)》
New208《ゴブリンの知識/Goblin Lore(S00)》
211《ゲリラ戦術/Guerrilla Tactics(9ED)》
212《丘巨人/Hill Giant(9ED)》
213《火葬/Incinerate(5ED)》
214《ピット・ファイター、カマール/Kamahl, Pit Fighter(ODY)》
218《魔力のとげ/Manabarbs(6ED)》
219《モグの狂信者/Mogg Fanatic(TMP)》
231《シヴのヘルカイト/Shivan Hellkite(USG)》
239《ゴブリンの太守スクイー/Squee, Goblin Nabob(MMQ)》
241《突然の衝撃/Sudden Impact(9ED)》
244《抑えきれない怒り/Uncontrollable Anger(CHK)》
247《炎の壁/Wall of Fire(7ED)》
 
FC2 Blog Ranking
2007/07/06 23:16|MTGTB:0CM:2

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.