東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

MTG第10版、公式不完全カードリスト02

昨日、以下のようなことを書いたのですが……。

ヒントはあります。
この《地底の大河/Underground River(9ED)》、カード番号が362/383なのです。
恐らく364~383が基本土地なので、《地底の大河/Underground River(9ED)》より後に来る基本でない土地は1種類と考えられます。
……というわけで、さようならウルザトロン。
もし、その1枚が《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast(9ED)》であるなら……対抗色ダメージランドが来ることになると思うのですが……どうでしょうね?

来ましたね、《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast(9ED)》
ソースはこちら。

これでダメージランド10種類の再録は確定と見て良いでしょうね。
一部ではオンスロートのフェッチランドが来るとか、ラヴニカブロックのショックランドが早くも登場するとか囁かれていたりしましたが、蓋を開けてみれば続投でしたね。

さて、土地についてこれ以上予想するのは難しいので他のことを予想してみたりします。
予想というか、感想に近いわけですが、その対象は白のカードです。
現在分かっている中で最もカード番号が若いのが010/383の《不死の標/Beacon of Immortality(5DN)》です。
このリストは色別のアルファベット順なので、Aで始まる白のカードが10枚近く(最大9枚)存在することが予想できるわけですね。
第9版に照らし合わせると、《不死の標/Beacon of Immortality(5DN)》より前に来るカードは5枚(《慈悲の天使/Angel of Mercy(9ED)》《天使の祝福/Angelic Blessing(9ED)》《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser(9ED)》《エイヴンの群れ/Aven Flock(9ED)》《バリスタ班/Ballista Squad(9ED)》)なので、第9版には収録されなかったカードが結構来るのではないでしょうか。
天使/Angelやエイヴン/Aven関係のカードが多そうですが、どうなりますかね。 
FC2 Blog Ranking
2007/06/14 23:56|MTGTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.