東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

次元の混乱、公式カードプレビューレビュー08

今日は1枚。
いつものように、リンク先にソース。

Torchling (3)(R)(R)
Creature - Shapeshifter (R)
(R): Untap Torchling.
(R): Target creature blocks Torchling this turn if able.
(R): Change the target of target spell that targets only Torchling.
(1): Torchling gets +1/-1 until end of turn.
(1): Torchling gets -1/+1 until end of turn.
3/3
Illus. rk Post


赤い《変異種/Morphling(USG)》ですね。
タイムシフトではなくて、色々変わっています。

基本性能がダブルシンボル5マナ3/3なのは《変異種/Morphling(USG)》と同じ。
因みにクリーチャータイプも同じ。
ゲームには直接関係ありません(銀枠除く)が、イラストレーターも同じ。

第1の能力、アンタップも同じ。
このあたりが次元の混乱。

第2の能力は《変異種/Morphling(USG)》では飛行付与(回避能力付与)だったものが今回は逆。
可能ならブロックに参加させるというもの。
別に赤クリーチャーが飛んでても不思議ではないのになぁ……。

第3の能力は《変異種/Morphling(USG)》ではアンタッチャブル化だったものが今回は対象変更。
どちらにしてもいやらしいですが、多くの場合は今回のものの方がいやらしいでしょうね。
ただ、コントロールデッキのフィニッシャーとしてこれが登場した場合に良くあるであろう『これ以外に場にクリーチャーが全くいない』状況の時に除去を打たれると回避不能ですが。

第4と第5の能力は《変異種/Morphling(USG)》のものと同一。
第4の能力は非常に赤らしいですが、第5の能力が次元の混乱。
かつて《変異種/Morphling(USG)》がそうだったように、マナさえあれば5/∞クリーチャーのように振る舞うことも可能です。

さて、このカードは活躍できるでしょうか?
《変異種/Morphling(USG)》の弱点は対象を取らない単体除去と全体除去でした。
《変異種/Morphling(USG)》は青だったので、そのあたりはカウンターでカバーするわけですが、こちらは赤なのでそれは苦しいです。

現在、オリジナルの《変異種/Morphling(USG)》と言えど、そんなに楽観できる状況ではないです。
全体除去と言えば今も昔も《神の怒り/Wrath of God(9ED)》ですが、このセットには更に《Damnation》もあります。
そして個別除去ですが、同じブロックの《突然の死/Sudden Death(TSP)》も回避不能です。

今回のカードは総合的に《変異種/Morphling(USG)》には劣ると思います。
まあ、それは当然で、《変異種/Morphling(USG)》に勝るカードなんてそうはありませんし、《変異種/Morphling(USG)》を意識して作られたカードなら尚更です。
……とは言え、決して弱いカードではないと思います。
比較対象が悪いというのが1つと、それでさえ楽には生き延びられない除去が豊富な環境と言うことです。
逆に言えば、こんな除去が豊富な環境なので、モドキとは言え《変異種/Morphling(USG)》が復活したのでしょうね。

モドキと言えば、色は違いますが、《風を裂くもの/Windreaver(DIS)》との《変異種/Morphling(USG)》の後継者争いにどちらに軍配が上がるか見物です。
まあ、《風を裂くもの/Windreaver(DIS)》は既にあまり見かけない気もしますが。

赤には珍しい『自己アンタップ』能力と『タフネスを何処までも上げられる』能力を上手く活かせるかが鍵かも分からんね。 
FC2 Blog Ranking
2007/01/16 15:31|MTGTB:0CM:0

『次元の混乱ルール入門』カードレビュー

ソースは『MJMJ.info』さんサイト内『次元の混乱ルール入門』です。

いつもFAQなどで利用させていただいているサイトなのですが、今回は『ルール入門』に新カードの情報が幾つかそのまま載っていますね。
気付いたのは偶然でした。

このサイトの『Judge Handbook』は一度は読んでおきたい書類です。
少なくとも、『VFAQ』くらいは必読。
まあ、僕の場合はルール知っていてもそれを英語で説明できなくて相手ブチギレのまま幕引きという事態が……(ジャッジなんていない野良デュエル)。
言語能力って大事よね。

……というわけで、新カードのレビューです。
カードテキストはそのまま引用しますので、いつもと書式が違いますがご了承下さい。

《ケルドの匪賊》
{1}{R}
クリーチャー ― 人間・戦士
3/3
消失 2 (このパーマネントは、時間カウンターが2個置かれた状態で場に出る。あなたのアップキープの開始時に、それの上から時間カウンターを1個取り除く。最後の1個が取り除かれたとき、それを生け贄に捧げる。)
ケルドの匪賊が場に出るか場を離れるかしたとき、プレイヤー1人を対象とする。ケルドの匪賊はそのプレイヤーに1点のダメージを与える。


これは消失/Vanishing能力持ちの一例。
前回の僕のレビューでも出てきた能力ですね。

これはシングルシンボル2マナ3/3です。
攻撃することを考えると、単体では1回しか殴れません。
そういう意味では、良くある2マナ3点±αの火力の親戚かも分からんね。
そして更に、1点を2回放てるので、都合5点分のポテンシャルを持っているわけですね。
結構優良クリーチャー。

《ウークタビー・ドレイク》
{G}
クリーチャー ― ドレイク
2/1
飛行、速攻
エコー {1}{G}{G} (あなたのアップキープの開始時に、これが直前のあなたのアップキープの開始時よりも後にあなたのコントロール下になっていた場合、それのエコー・コストを支払わないかぎり、それを生け贄に捧げる。)


時のらせんでのルール改正で登場することは予見されていた、マナコストとエコーコストの違うカードですね。

1マナ2/1で飛行・速攻・エコー(1)(G)(G)です。
つまり、概ね2点火力としては期待できるわけですね。
そして、ここで《原初の腕力魔道士/Primal Forcemage(TSP)》の出番ですよ。

割と緑には似つかわしくないテキストですが、次元の混乱ですしね。
次元の混乱じゃあしょうがないな。
……とは言え、このブロックは一見大混乱しているように見えて、『似つかわしくないが要素的には出来ること』『最近はしないが昔は出来たこと』『本職は別の色だがその色でも出来なくはないこと』をやっているだけで、実は『出来ないこと』は結局出来ないままだったりしますよね。

《時間の恐喝》
{B}{B}{B}{B}
ソーサリー
あなたが時間の恐喝をプレイしたとき、どのプレイヤーもライフを半分支払ってもよい(端数切り上げ)。いずれかのプレイヤーがそうした場合、時間の恐喝を打ち消す。
このターンの後に追加の1ターンを行う。


次元の混乱の黒に幾つかある(らしい)恐喝(/Extortion?)カードの1つ。
恐らく《恐喝/Extortion(MMQ)》は関係ない。
これは《Time Walk(2ED)》もしくは《時間操作/Temporal Manipulation(P02)》或いは《荊州占拠/Capture of Jingzhou(PTK)》ですね。

黒コン始まったな。
相手がどっちを選んでも美味しい気がします。
序盤からガリガリ削っていくタイプには向かないと思いますが、序盤凌いで中盤コントロールに徹して終盤に決めるタイプのデッキにはピッタリだと思います。

境界線はライフ7点でしょうか。
7点以上のライフがあるならどちらを選ばれてもお得です。
6点以下だと、損した気分ですね。
でも、相手のライフが3点以下ならそのまま勝てる貴ガス。

《白たてがみのライオン》
{1}{W}
クリーチャー ― 猫
2/2
瞬速 (あなたはこの呪文を、あなたがインスタントをプレイできるときならいつでもプレイしてよい。)
白たてがみのライオンが場に出たとき、あなたがコントロールするクリーチャーを1体、オーナーの手札に戻す。


次元の混乱の白に幾つかある(らしい)救出(/Rescue?)カードの1つ。
対象を取り、更にそれがパーマネントである青の《救出/Rescue(UDS)》とはちょっと違う。
昔あった開門に近い気もしますが、色の指定はありません。

シングルシンボル2マナ2/2瞬速。
近年の白ならこのくらいかな?と言ったところ。
つまり、救出能力をプラスに見るかマイナスに見るかで評価が決まります。
……というより、これをプラスに出来ないデッキでの採用はないでしょう。

まだ公式に発表されていない白の消失/Vanishing持ちのクリーチャーに期待ですね。
一説にはタイムシフトしたブラスt(ry
他にも、《アイケイシアの投槍兵/Icatian Javelineers(TSB)》なんかが相性良いでしょうね。

もしかしたら、最も重要な点は『2マナ』で『cipで自己バウンスが出来る』『クリーチャー』であることかも分からんね。
まあ、《魔の魅惑/Aluren(TMP)》絡みの話ですけどね。
Let's無限コンボ!

《シヴ山の隕石》
{3}{R}{R}
ソーサリー
クリーチャー1体を対象とする。シヴ山の隕石はそれに13点のダメージを与える。
待機 2―{1}{R}{R} (これをあなたの手札からプレイするのではなく、{1}{R}{R}を支払ってゲームから取り除き、その上に時間カウンターを2個置いてもよい。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、あなたはそれをマナ・コストを支払わずにプレイする。)


ダブルシンボル5マナのソーサリーでクリーチャー限定13点火力です……13点!?
因みに13点のダメージは、定まったタフネスを持つクリーチャーであれば銀枠を除いて耐えられるものは《土着のワーム/Autochthon Wurm(RAV)》ただ1体だけです(銀枠を入れても2体)。

取り敢えず《ぬいぐるみ人形/Stuffy Doll(TSP)》デッキでも考えてみましょうか。
赤黒で、《堕落の触手/Tendrils of Corruption(TSP)》なんかも入れて。
その際は、待機も上手く使えたら良いですね。

《永劫の年代史家》
{3}{U}{U}
クリーチャー ― アバター
*/*
永劫の年代史家のパワーとタフネスは、それぞれあなたの手札のカードの枚数に等しい。
待機 X ― {X}{3}{U} Xは0にできない。
永劫の年代史家がゲームから取り除かれている間にそれの上から時間カウンターが取り除かれるたび、カードを1枚引く。


ダブルシンボル5マナの青い《マロー/Maro(9ED)》
勿論、それだけではなくて待機Xがついてます。

待機中はカウンターを取り除く毎にカードが引けるわけですが、それはつまりペースとしては通常1ターンに1枚増加です。
このペースをどう見るかですね。
待機コストは《天才のひらめき/Stroke of Genius(USG)》より(1)重いだけなので、全て解決し終わったことだけを考えるならコスト対効果は悪くありません。

手札を増やしつつその手札によって肥えたフィニッシャーが登場するのは良さそうに見えますが、個人的にはドロースペルとクリーチャーを別個に用意した方が良いと思うのですがどうでしょうか?

《死亡》
{R}
インスタント
クリーチャー1体を対象とする。死亡はそれに2点のダメージを与える。

--------------------------------------------------------------------------------
《退場》
{2}{R}
インスタント
あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。


今回の分割カードは完全に単色のようです。
単色で色拘束も同じならキッカーでも表現できたと思うのですが……まあ、今回の場合は分割カードの方が自然ではありますね。
《死亡》はクリーチャー限定の《ショック/Shock(9ED)》で、《退場》は限定付きの赤い《送還/Unsummon(8ED)》ですね。
小物なら焼いて大物ならお帰り願うという、『何とかしてクリーチャーの攻撃を通す』という赤らしいカードではあります。
まあ、その手段の片方がバウンスというのが次元の混乱。

両方インスタントですし、便利と言えば便利ですが……どうでしょう?
僕なら《ショック/Shock(9ED)》(と言うより《炎の印章/Seal of Fire(DIS)》)と《黒焦げ/Char(RAV)》をそれぞれ入れたいですね。
やはり、プレイヤーに飛ぶことは『《死亡》としても《退場》としても使える汎用性』より重要だと思うのですよ。

このカードが活きるのは中速の赤緑デッキか何かでリアニメイトデッキと当たったときでしょうか。
この場合、リアニメイトされたクリーチャーは通常焼けないサイズだったりするので、バウンスの方が良いです。
でもきっと他のカードで速度を上げた方が良い結果に結びつくと思いますけど。
《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath(TSB)》やら何やらを釣り上げられたらどの道アウト。 
FC2 Blog Ranking
2007/01/16 04:42|MTGTB:0CM:0

仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE

本当は映画館で観たかったのですけど、逃してしまったのでDVDレンタルしてきました。

本当は、プリキュアの劇場版第2作もレンタルしたかったのですけど、レンタル中でした。
もうリリースして随分経つのに未だに新作のコーナーにあって(劇場版プリキュア2作とも)、更にいつ行ってもレンタル中と言うことは持ち逃げされたのかも分からんね。

以下折り畳み。
まあ、折りたたんでも今回クリティカルなネタバレはしないつもりなので、見てしまっても問題はないかと思いますが。
 

FC2 Blog Ranking
2007/01/16 01:08|TV・CD・本TB:0CM:0

C71戦利品記事訂正

神より天啓を賜りました。
訂正してお詫びします。

冬コミ戦利品の『きのこが足りない』『東方魔界観光案内』『鏡像少女』の発行元は『ぎんのしずく』さんでした。
『神無の雫』さんは委託先のサークルさんですね。

サークルチェックの時点では気付いていたのですが、戦利品紹介記事作成時に記述を誤ってしまいました。
『ぎんのしずく』さんにはご迷惑をお掛けし、『神無の雫』さんには大変失礼を致しました。
ごめんなさい。

ところでこの神、思ってるんじゃなくて喋ってね?
思ったことを口にしてしまうのか……やっぱり神は可愛いな! 
FC2 Blog Ranking
2007/01/16 00:24|東方TB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.