東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

次元の混乱、公式カードプレビューレビュー06

病院行ったら完全に空振りでしたよ……。
また京王線の端から端まで乗らないといけないのか……マンドクセ('A`)

気を取り直して、次元の混乱のプレビューレビューです。
いつものように、リンク先にソース。

Magus of the Library (G)(G)
Creature - Human Wizard (R)
(T): Add (1) to your mana pool.
(T): Draw a card. Play this ability only if you have exactly seven cards in hand.
1/1
Illus. Wayne Reynolds
134/165


はい、《Library of Alexandria(ARN)》搭載のクリーチャーですね。
時のらせんの大魔術師サイクルは過去の強力アーティファクトのクリーチャー化サイクルでしたが、今回は過去の強力土地のクリーチャー化サイクルなのでしょうかね?

まあ、強力な土地というのは土地だから強力なのであって、土地でなくましてやクリーチャーであれば適当な落としどころを見つけることは可能でしょうね。

《Library of Alexandria(ARN)》と言えば、『パワー9』入りこそしていませんが、それに次ぐカードとして有名です。
最近では《開闢の巻物/Scroll of Origins(SOK)》としてリメイクされたのが記憶に新しいです。
まあ、自身がマナを出さないどころか、カードのプレイにも能力のプレイにもマナを要求するのであまり使われませんでしたが。

今回のカードは、能力は完全に《Library of Alexandria(ARN)》と同一ですね。
プレイコストが緑のダブルシンボルになったのは次元の混乱だからでしょう。
ラヴニカブロックならきっと青緑のカードだったでしょうね。

問題は使い途。
(G)(G)が出るデッキで、手札7枚を実現できるかどうかですね。
最悪、マナブーストとしては使えますが、(1)しか出ないことを考えると……。
あと、7枚丁度でなければ行けないというのも効いてきます。
『7枚以上』であれば、色々悪さも出来たのに……。

取り敢えず、《オーランのバイパー/Ohran Viper(CSP)》やら何やらを入れた青緑デッキなんかが投入の候補になりますか。

参考までに、時のらせんの大魔術師サイクルとその元ネタ。
《円盤の大魔術師/Magus of the Disk(TSP)》《ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Disk(5ED)》
《壺の大魔術師/Magus of the Jar(TSP)》《記憶の壺/Memory Jar(ULG)》
《鏡の大魔術師/Magus of the Mirror(TSP)》《Mirror Universe(LEG)》
《巻物の大魔術師/Magus of the Scroll(TSP)》《呪われた巻物/Cursed Scroll(TMP)》
《燭台の大魔術師/Magus of the Candelabra(TSP)》《Candelabra of Tawnos(ATQ)》
因みに、これらは全て大魔術師と元ネタのカードの点数で見たマナコストが同一。 
FC2 Blog Ranking
2007/01/12 16:35|MTGTB:0CM:2

ストーリー解釈ミス

OK分かった。
僕は英語読めないので、実はMTGのミニサイトはパズルくらいしか見ていなかったのですが、ミリーのストーリーを読んでみました。
そうしたら、前回のプレビューレビューでの記述が間違っていることに気付きましたよ。
ゲームプレイには関係のない部分なので、ゲームするだけなら一切問題はないのですが、ストーリー上の誤解でした。

《猫族の戦士ミリー/Mirri, Cat Warrior(EXO)》《呪われたクロウヴァクス/Crovax the Cursed(STH)》に噛まれて……」みたいなことを書きましたが、別にミリー(《猫族の戦士ミリー/Mirri, Cat Warrior(EXO)》)がクロウヴァクス(《呪われたクロウヴァクス/Crovax the Cursed(STH)》、後の《隆盛なるエヴィンカー/Ascendant Evincar(NEM)》)に噛まれてはいませんね。
それ以前に、この時がスパイラルして混乱した次元の中では、クロウヴァクスは呪われてませんね。

この世界ではミリーとクロウヴァクスの役割が入れ替わったようです。
セレニア(元々《庇護の天使/Angelic Protector(TMP)》、改造されて《闇の天使セレニア/Selenia, Dark Angel(TMP)》に、後に《荒廃の天使/Desolation Angel(APC)》として再登場)を殺して呪いを受け、吸血鬼になったのがミリーと。

それにしても、セレニアとクロウヴァクスは因縁というか感動物語があるわけですが、ミリーとは全然無関係ジャマイカ?
ミリーとクロウヴァクスだって、取り立てて関係が深いわけでは……正史で、ミリーがクロウヴァクスに殺されたくらいじゃないですか?

ミリーと関係が深いのは、何と言ってもジェラード(《ジェラード・キャパシェン/Gerrard Capashen(APC)》)ですね。
このまま物語が進めば、最終的にはミリーはエヴィンカーとなってジェラードと決戦するわけですね……うぉ、凄く燃える展開じゃないですか!

セレニアとクロウヴァクス周りの物語は好きです。
最終的には報われませんけども。
……というか、MTGのストーリーで報われた恋愛話ってオアリム(《サマイトの癒し手オアリム/Orim, Samite Healer(TMP)》)とチョー=マノ(《革命家チョー=マノ/Cho-Manno, Revolutionary(MMQ)》)の組み合わせしか知らない……。

エヴィンカーなミリーも見てみたいですが、ジャイ子は勘弁な!
……まあ、1つのブロックでそれは無理でしょうけど。

それにしても、英語読める人は良いですね。
こういうのをもっと楽しめるんだろうなぁ……。
僕には㍉ 
FC2 Blog Ranking
2007/01/12 02:52|MTGTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.