東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話:APPENDIX

第19話の感想の付録。
提供、次回予告、ラッキー星座などについてです。

【今回の1枚】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話:APPENDIX-01

双子座のプリンセス。
御多分に洩れず、ふたりでひとつのプリンセスですね。

かわいい。

【前提供】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話:APPENDIX-02

今回も、前提供が独立に存在するパターンでした。

【次回予告】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話:APPENDIX-03

まず、来週は全米オープンゴルフのため、プリキュアはお休みのようです。
次回放送は再来週、23日ですね。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話:APPENDIX-04

そして次回は第20話「銀河に光る☆キュアコスモ誕生!」。

新たなプリキュアが誕生するようです。
キュアコスモ……一体何者なんだ……。

ここで1週ストップというのが、なかなかつらいですね。

【星座占い】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話:APPENDIX-05

今回のラッキー星座は、獅子座、射手座、双子座でした。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話:APPENDIX-06

【後提供】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話:APPENDIX-07

後提供も、独立に存在するパターンでした。
 
FC2 Blog Ranking
2019/06/10 00:00|TV・CD・本TB:0CM:0

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」

ブルーキャット回。
そして、謎に包まれていたレインボー星滅亡の謎が明かされます。

さて本編。

今回は宇宙パート!
プリンセススターカラーペンを探し、地球を飛び出します。

そうして、着いたのは惑星レインボー。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」01

ここ何度かのブルーキャット回で触れられた、謎の滅亡を遂げた星です。
どうやら、ブルーキャットのお宝の中に、新しいプリンセススターカラーペンがありそうです。

降り立ってみると、そこは花も木もない、寂しい土地。
そもそも、生き物の気配というものがありません。

あたりを見渡し、観察するひかる。
すると、土煙の向こうに、人影らしきものを発見します。

近づいてみると、それは石像。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」02

「レインボー星人ルン」と言うララ。
話にあった通り、レインボー星人は石になってしまっているようです。

レインボー星人は、猫の宇宙人のようです。
惑星レインボーは宇宙星空連合に入っていなかったこともあり、こうなってしまった原因は未だに謎。
人口およそ1,800人が全員石になってしまったという事実だけが、そこにあります。

それにしても、星ひとつまるごとの割りには、人口少ないですね。
これまで訪れた星も、閑散とした感じの場所はそういう小規模な星だったのでしょうね。

ショックを隠せない面々ですが、ここに来た目的、プリンセススターカラーペンは探します。
ペンダントの反応を追っていくと、そこは険しい岩山。

見るからに、越えるのは大変そうな岩山を前に、少し休憩。
そう言って、手ごろな岩に腰掛けるひかるですが……?

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」03

もたれた岩肌がすり抜け、岩山内部へ。
どうやら、ホログラムで偽装されていたようです。

そうして、今度は岩山内部を進む一行。
この場所は、『レインボー鉱石』の鉱山だった場所のようです。

レインボー鉱石の説明をしてくれる、博識なプルンス。
「レインボー鉱石は不思議な石でプルンス」
「石から出る電磁波が、エネルギーになるでプルンス」

ちょっと、『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』を思い出させるバックグラウンドですね。
そのレインボー鉱石を狙う輩は多そうです。

そうして進んでいくと、宝石が集められた場所に到着します。
ひかるの観察眼が、その一部は、ドラムスのところにあったものだと気付きます。
つまり、この場所はブルーキャットのアジトだったようです。

そして、そこにはプリンセスの力も。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」04

ペンダントの印から、これは双子座のプリンセススターカラーペンですね。
前回の最後にブルーキャットが持っていたものも、シルエットから推測すると双子座のものだったので、やはりここはブルーキャットの宝物庫と見て間違いなさそうです。

ペンを見つけて喜んでいると、もうひとつの笑い声が。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」05

アイワーンです。
アイワーンは、ひかるたちが持っている7本のプリンセススターカラーペンを追って来たようです。

そして、この場所は特殊で、アイワーンのレーダーは使いものにならない様子。
しかし、ひかるたちの反応が消えた場所を調べることで、同じく入り口を発見したようですね。

アイワーンに対抗するため、変身する一行。
争奪戦の開始です。

ここへ来て、ついに戦闘に参加するバケニャーン。
華麗な身のこなしで、プリキュアたちの攻撃をやすやすと回避します。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」06

執事キャラ特有の、お茶を入れながらの戦闘!
1滴たりともこぼしたりはしません。

アイワーンも、ビーム銃で参戦。
対するは、電撃を放てるミルキーです。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」07

「データ的には、あなたに勝ち目はないルン!観念するルン!」と言い放つミルキー。
この星の人々はみんな石になっているので、ノットリガーの素材がないと言うことですね。

アイワーンも、ミルキーの言葉の意味には気付いた様子。
しかし、余裕の構えを崩さず、不敵な表情で語ります。

「観念?あー、そっか。この星のヤツらは、石になってるっつーの」
「だからノットリガーにできるやつ、いないっつーの」
「確かにそうだっつーの」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」08

「だって、あたいが、みーんな石にしちゃったっつーの」

不意に明かされる、衝撃の事実!
レインボー星を滅ぼしたのは、アイワーンだったのです。

「滅ぼしたって……どうして!?」と問うスター。

それに対し、アイワーンが答えます。
「だってプリンセスのペンを探しに来たら、この星のヤツらが渡さないんで、ダークペンを使ったっつーの」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」09

「けど、実験段階だったから……」
「ペンが暴発したっつーの」

その結果、住民は皆、石になってしまったようです。
暴走とはいえ、恐るべきはダークペンのポテンシャルでしょうか。

そのペンは何のペンで、今どうしているのかというのも気になるところ。
アイワーンと初対戦時(第6話)に持っていたのは獅子座ですが……。

そうして、惑星レインボーにあったペンを奪取。
その後、ダークペンもキッチリ完成させ、現在に至るようです。

そう言うや否や、フワとプルンスに接近するアイワーン。
あれよという間にプルンスを弾き飛ばし、フワを抱え込みます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」10

人質……というわけではなく、ノットリガーの素材にするつもりのようです。

すると、横からスッとフワを持っていくバケニャーン。
曰く、「この生物も捕らえよと、ダークネストさまからのご命令です」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」11

バケニャーンに「フワを返してよ!」と言うスター。
「返してと言われて……返す愚か者がどこにいます?」と返事をするバケニャーン。

バケニャーンと睨み合うスター。
そのスターが、何か気付きそうになったとき……フワの表情が一変します。

「いい匂いフワー」と言うフワ。
「みんな同じフワー!ブルーキャットの匂いフワー!」

そう言われ注目が集まるバケニャーン。
誤魔化そうともせず、正体を明かします。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」12

フワの言う通り、バケニャーンの正体はブルーキャットでした。
「変化の状態を安定させる香水が、アダとなるとはね」

どうやら、香水は、それで変身しているのではなく、それを安定させるものだったようです。
では、変身自体はどうやって……?

「バケニャーンはどこだっつーの!?いつ入れ代わったっつーの!?」と問うアイワーン。
ブルーキャットは「本当におめでたいわね。いないのよ、もともと、バケニャーンなんて」と答えます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」13

「ずーっと、私が化けていたニャン」

登場時より以前、まさにアイワーンと出会ったときからずっと、ブルーキャットだったようです。
これには、流石のアイワーンもかなりのショックを受けた様子。

そして、自らレインボー星人であると明かすブルーキャット。
「星のみんなを戻す方法を探るため、あなたに近づいたニャン」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」14

激昂するアイワーン。
それは本当に騙されていたことについてだけなのか、それとももう少し複雑な想いもあったのか……。

アイワーンが、そのキャラの割りには、バケニャーンの言うことにはわりと素直だったので、色々邪推してしまいますね。

しかし、現在の構図で、追い詰められているのはアイワーンの方。
「こうなったら一か八かだっつーの!」と、ダークペンを使用します。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」15

その対象は、石化したレインボー星人。
驚くべきことに、その賭けは成功し、ノットリガーが誕生します。

形勢は逆転。
宝物庫の壁を破壊し、ブルーキャットのお宝を小脇に抱え、悠々と脱出するノットリガー。

それを、忸怩たる思いで追いかけるブルーキャット。
「まさか、石化したレインボー星の人を……」
「くっ……アイワーン、どこまで弄べば気が済むの!」

そんなブルーキャットに、ノットリガーの攻撃が迫ります。
非戦闘員であるブルーキャットに、それを受け止める術はありません……が。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」16

ミルキーが割って入り、攻撃を受け止めます。

そして、重要なことをブルーキャットに伝えます。
「ノットリガーは、想像力を塗りつぶすルン。ノットリガーになったってことは……」

言葉の先を察し、続けるブルーキャット。
「残っている!想像力が……心が……残っている」

「ルン!みんな戻せるルン!」
期せずして、希望を見出したようです。

覇気を取り戻したブルーキャット、「目を閉じて!」とプリキュアたちに指示します。
それに従い、みんなが目を閉じたところで……。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」17

閃光弾!
ことアイワーンにこれは覿面で、2本のペンを取り落とし、ノットリガーも後ずさり、崖から落下。

急ぎ、プリンセスの力を確保するミルキー。
スターもダークペンに手をのばしますが、即座に復帰したアイワーンとノットリガーが、それを阻止。

双子座のプリンセススターカラーペンを手にしたミルキーは、それを使用します。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」18
(画像クリックで高解像度版表示)

『プリキュア・双子座・ミルキーショック』!
双子をかたどった電撃がノットリガーを襲い、弾き飛ばします。

ミルキーショックはもともと2か所の触角から電撃を出す技なので、あまり双子座の意味はなさそうな感じではありますが、ふき飛ばしの威力はかなりあるようですね。

そして、フィニッシュはもちろん全員での『プリキュア・サザンクロスショット』!
かくして、ノットリガーは浄化され、アイワーンはダークペンを手に退却です。

浄化されたレインボー星人を見つめるブルーキャット。
ノットリガーからは解放されたものの、石化はそのままです。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」19

それをよそに、『双子座のプリンセス』が復活。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」20
(画像クリックで高解像度版表示)

久しぶりのフル版です。
ところで、このフワは双子というか三つ子のコスプレでは……?

ブルーキャットに「私たちも協力する!この星を戻すために頑張る!」と進言するひかる。
しかし、「ありがとう、でも……気持ちだけで十分ニャン!」と言い、煙幕を張るブルーキャット。

気付くと、ブルーキャットは消えていました。
それだけでなく、フワもおらず、プリンセススターカラーペンもありません。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」21

根こそぎ奪い去ったブルーキャット。
しかし、まだペンは全然足りないわけですし、どうするのでしょうか……?

ここで、ひかるの申し出を受けていればいいのに……と思うのは、僕がひかるたちのことを比較的よく知っていて、ブルーキャットのことを全然知らないからなのでしょうね。
ブルーキャットが人を信じ切れないのは、おそらく何かがあると思います。
 
FC2 Blog Ranking
2019/06/09 13:31|TV・CD・本TB:1CM:13

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話:APPENDIX

第18話の感想の付録。
提供、次回予告、ラッキー星座などについてです。

【今回の1枚】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話:APPENDIX-01

星奈ひかる(幼少期)。
成長しても、このころから変わらない笑顔、いいですよね。

【前提供】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話:APPENDIX-02

今回も、前提供が独立に存在するパターンでした。

【次回予告】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話:APPENDIX-03

次回は第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」。

ブルーキャット回。
登場から断続的に、集中的にスポットが当てられていますが、次回もその続きのようです。

舞台は惑星レインボーに。
そこには、ブルーキャットの宝物庫があるようです。

やはり、プリンセスの力を手に入れたことで、それがビーコンとなり、発見されやすくなった様子。
プリキュアの持つペンダントは優秀ですし、アイワーンのレーダーにも日々改良が加えられているのでしょう。

そろそろ、バケニャーンの正体あたりは、明かされそうな雰囲気ですね。


【星座占い】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話:APPENDIX-05

今回のラッキー星座は、水瓶座、天秤座、牡羊座でした。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話:APPENDIX-06

【後提供】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話:APPENDIX-07

後提供も、独立に存在するパターンでした。
 
FC2 Blog Ranking
2019/06/03 00:00|TV・CD・本TB:0CM:2

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」

家族回。
主人公の家族の露出がここまで少ないのは、かなり珍しいですよね。

だからこそ、色々気になるところもあり、待ちかねたともいえます。

さて本編。

夜深く、自室で作業する、ひかるのお母さん。
初の連載を目指し、漫画の原稿を描いているようです。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」01

なんという超今風。
これは90年代を風靡したことぶきつかさ先生やあらいずみるい先生……!

そんなお母さんのところに、1本の電話が。
電話を取り、話を聞くや、慌てふためくお母さん。

これはまさか……の予想どおり。
「皆さま、わたくし星奈輝美は、来月発売の『月刊あさがお』に、新作漫画が掲載されることが決定しました!」

『月刊あさがお』とは、ひかる曰く「発行部数70万部の超人気漫画雑誌だよ!」とのこと。

70万部といえば、『週刊少年マガジン』と『週刊少年チャンピオン』の間くらいでしょうか
少女誌としては圧倒的で、『なかよし』『りぼん』『ちゃお』を足したくらいの数値みたいですね

ずっと連載を狙っていた雑誌のようで、その足がかりになればと、俄然気合いが入るお母さん。
ひかるも、テンションMAXです。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」02

翌日、その話をララたちにするひかる。
どうやら、惑星サマーンには漫画も存在しないようですが、その面白さは理解できるようです。

いったいどんなディストピアなんでしょうね、惑星サマーン……。

それにしても、学校への漫画持ち込みに何か言うことはないんですか生徒会長?
月と太陽が揃っているとなれば、生徒たちの耳目も集まるでしょうに……。

それはともかく、ハイテンションでいかにお母さんの漫画が大好きか語るひかる。
しかし、フッと不安げな表情に。

「でも、今のままじゃ連載なんて無理かも……」
「急に掲載が決まったからアシスタントもいなくて、お母さん、てんてこ舞いなんだよね」

困っているひかるを見て、手を差し伸べるえれなと、それに続くまどかとララ(とフワ)。
「あたしたちに、何か手伝えることないかな?」
「それぞれの特技を生かしたら、お役に立てるかもしれません」
「ルン!」
「お手伝いフワー!」

かくして、ひかるの家で原稿のお手伝い。
その現場で、皆が見たものは!

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」03

行き詰まったのか、すっかり自信をなくしてえぐえぐ泣くお母さん。
すかさず、「超優秀なアシスタントも連れてきたから!」とララたちを紹介するひかる。

お母さんは、ララを見て何かピンと来た様子。
「閃いた!」とペンを走らせると、『星空少女ルンちゃん』が!

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」04

絵柄はともかく、ララ周辺の状況が克明に反映されているイラストですね……。
何という才能か!

しかし、それに待ったをかける男の声が。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」05

夢を追いかける編集者『追川夢男』(CV=下崎紘史)だそうで。
もう第一印象から、猛烈に突っ走るタイプというのがわかりますね。

まあ、見るかぎりお母さんには、初動を引っ張り上げるタイプの編集が必要な気がするので、そういう意味では相性はよさそうですが……。

その編集が言うには、「うちの雑誌の読者に、SFやファンタジーは受けないって、あれほど言いましたよね?」とのこと。
雑誌のカラーは、結構重大なところではあります。

編集に「描きかけでもいいので」と言われ、漫画のネームを見せるお母さん。
しかし、編集の反応は芳しくありません。

お母さんの得意分野は、まさにSFやファンタジー。
そういうものであれば、スラスラ描けるそうですが……。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」06

リナ=インバースですよね?
30年前なら、一世を風靡できていたかもしれませんね……生まれる時期を間違えたのか……。

「いい加減、売れるものを書いてくださいよ……」の言葉が、突き刺さります。

ちなみに、『あさがお』で売れるものとは『イケメン』『恋愛』『医療モノ』だそうです。
……全部合わせると、『HUGっと!プリキュア』になりますね?

それを聞いて、全部盛り込むことに。
お母さんはそういうの苦手らしいのですが、そこはコスプレで雰囲気を盛り上げます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」07

やはり、スターとさえ切れれば筆は速いのがお母さんの特長。
湧き出る泉のようにコンテを切っていきます。

お母さん(とひかる)が暴走したら止め、展開も考える編集。
「病院を舞台に描かれる三角関係……あぁ、キュンキュンするなぁ!」
「タイトルはズバリ!『恋せよ!イケメンドクター』!絶対にヒットしますよ!」

この編集は編集で、突っ走るきらいがありますね……。
見た感じ若そうですし、情熱を持て余しているのでしょうか。

何はともあれ、方向性は決まりました。
ひかるは釈然としない表情ですが、『売れる漫画』で連載を勝ち取るため、お仕事開始です。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」08

みんなで手伝い、制作は順調。
かくして、原稿はほぼ完成したようです。

みんなと別れ、自室のベッドで横になり、ひとりつぶやくひかる。
「お母さんの新作、お父さんにも読ませてあげたいなー」

ようやく、お父さんの話が!
自室がお父さんの書斎だったということで触れられはしたものの、それ以降、消息すら話題になっていなかったので、ずっと気になっていました。

「お父さんどこフワー?」と尋ねるフワに、「仕事で世界中を旅しているんだ」と答えるひかる。
「だから、1年に1度しか会えないんだよね」とも。

その、1年に1度会える日が重要なイベントになるのは、もう日を見るより明らかですね。
この手の物語でよく使われるのは七夕ですが、メタ的な都合で全然別の日かもしれませんし、要注目です。
ちなみに、ひかるの誕生日はもう過ぎました(4月12日)。

そのとき、何か思い出したひかる。
本棚から、1冊の本を取り出します。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」09

それは、手作りの本。
「子供のころ、お母さんが私のために描いてくれた、世界で1冊だけの漫画だよ!」

それを手に取り、思い出す昔の風景。
3人の男の子に、その漫画でからかわれたことがあるようです。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」10

悔し泣きするひかるに、「どうしたの?ひかる」とお母さんが駆け寄ります。
「大好きな漫画を読んでたの。そしたらね、そんなのはお子ちゃまの読むものだって……」と事情を話すひかる。

それを聞いて、お母さんは諭すようにひかるに語ります。
「ひかる、好きなものが人と違ったっていいじゃない」
「ひかるが好きなものは、ひかるだけの宝物なのよ」
「だから大事にしてね」

これが、今のひかるの原点ですね。
このころからすると、大分たくましくなったものです。

そう言ってくれたお母さんだからこそ、ひかるにとって今の状況は見ていてつらいものがあるのでしょうね。
もう現実的な事情がわからないような年齢でもないので、余計に。

そして……ついに、掲載!

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」11

お母さん、絵柄も結構変えられる人なのですね。
超今風だったのに、大分今風に。

それを祝して、今日はパーティーです。
アシスタントとして手伝ったみんなも、星奈家に勢ぞろい。

そこに、お母さんも帰宅。
喜ばしい日のはずなのに、なぜか気落ちしています。

どうやら出版社で、編集と『編集長』(CV=飯島肇)の会話を耳にしてしまったようです。
なんでそんなところで立ち話してるの……。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」12

編集長曰く「やっぱり、星奈輝美の実力じゃ、うちの雑誌は無理だったんじゃないか?」
「話も絵も、繊細さが足りないんだよ。この程度じゃ、連載なんて程遠いぞ」

それがショックだったようです。
傍目からすると、雑誌と編集と作家が、それぞれちょっとずつ噛み合ってない感じでしょうか。

いたたまれなくなり、「ちょっと、外の空気吸ってくるね」と席を外すお母さん。
公園のブランコで、ひとりたそがれます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」13

そこに、ひかるが駆けつけます。
さすがひかるというか、やっぱりまわりの人のことをよく見ていますよね。

弱音を吐くお母さんに「私、お母さんの漫画、好きだよ」と言うひかる。
感極まったのか、「好きってだけじゃダメ。連載が持てなきゃ、漫画家は続けられないのよ」と涙声で話すお母さん。

そのとき、テンジョウがふたりの前に現れます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」14

今回は、プリキュアの持つペンを狙っての襲来でしょうか。
既に何本も集まっているわけで、新たに所有者のいないペンを探すより、ハイリスクハイリターンな選択肢を取ったのでしょう。

もしかしたら、このテンジョウの選択も、今回のお話の要素として組み込まれているのかもしれませんね。
もちろん、メタ的な視点なので、テンジョウ自身は知る由もないことですが。

ノットレイたちがお母さんを取り囲み、変身させ、テンジョウが巨大化させます。
そこにみんなが集まり、変身して戦闘開始です。

今回の巨大化ノットレイ『編集ノットレイ』は、画材と漫画的アイコンで戦闘するスタイル。
スターの『牡牛座・スターパンチ』も、フキダシに防がれてしまいます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」15

戦闘の最中、大事な本を落としてしまうスター。
編集ノットレイが追撃に来ますが、避けるわけにもいかず、意を決して攻撃を受け止めます。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」16

やはり、デカい分だけパワーはあるようで、ひとりでは押し潰されそうになるスター。

スターのピンチに駆けつけようとする仲間たちですが、もちろんノットレイたちの妨害に遭います。
通常のノットレイなど千切っては投げできるのですが、数が多いため、流石に手間取ってしまいます。

スターは、押し潰されそうになりながらも、ノットレイの中のお母さんに語りかけます。
「お母さん、私はお母さんの漫画、大好きだよ!」
「たくさんのイマジネーションが詰まってて、ドキドキハラハラの連続で……」
「主人公は、どんな逆境にも負けない!」
「そんなお母さんの漫画に、私は勇気をもらったんだ!」

それを聞いたテンジョウは、一笑に付します。
「漫画だって?」
「そんな落書きのために必死になるなんて、あんたはお子ちゃまねぇ!」

奇しくも、あの時と似たようなことを言われます。
しかし、もう、あの時泣いていたひかるではありません。

「誰に何て言われても、好きなものは好き!」

理解できないテンジョウは、トドメの指示を出します。
そこで、仲間たちが到着!

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」17

みんなで力を合わせ、編集ノットレイを押し返します。
いつもの、押し返す構図です。

そうして、編集ノットレイがひっくり返ったところで、フィニッシュはもちろん『プリキュア・サザンクロスショット』!
かくして、編集ノットレイは浄化され、テンジョウは撤退です。

意識を取り戻したお母さん、落ちていた本を拾います。
それを眺め、「ひかるに読んでほしくて、夢中で描いたっけ」とつぶやくお母さん。

そこに、ひかるが声をかけます。
「お母さん……ありがとう!」

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」18

それを見て、小さかったひかるの笑顔を思い出すお母さん。
お母さんの原点は、そこだったわけですね。

そして、「よし、決めた!私、もう一度、連載目指す!」と宣言します。
「自分の好きなものは、その人だけの宝物だもん!」
「その気持ちを大事にすれば、きっと読者にも伝わると思うから!」

そうして、母娘二人三脚で、『自分らしい』初連載を目指して、ネームを切ります。
編集にそれを見せると……評価は絶賛!

「ボクもいけなかったんです」
「作品をヒットさせるために、大事なことを見失ってました」
「本当に、すみません!」

これで、ようやく歯車が噛み合い始めたようですね。
連載が勝ち取れるかどうかはわかりませんが、前に進み始めた感じです。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」19

めでたしめでたし……かと思えば、一方そのころ。
惑星レインボーにて、何かの装置を前にするブルーキャット。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」20

その手には、プリンセスの力。
これで、各陣営に少なくとも1本以上のペンがあることになりましたね。
 
FC2 Blog Ranking
2019/06/02 12:54|TV・CD・本TB:1CM:22

【スター☆トゥインクルプリキュア】第17話:APPENDIX

第17話の感想の付録。
提供、次回予告、ラッキー星座などについてです。

【今回の1枚】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第17話:APPENDIX-01

星奈ひかる。

お宝を手に入れてウヘヘ……ということではおそらくなくて、ブルーキャットのポーカーフェイスの下を汲み取っての反応。
そもそも過程から必死なのは気付いていたのでしょうね。

【前提供】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第17話:APPENDIX-02

今回も、前提供が独立に存在するパターンでした。

全然拝めないと嘆いていたら、うってかわって3連発です。
逆にいえば、第15話からようやく平常状態に突入したということかもしれません。

【次回予告】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第17話:APPENDIX-03

次回は第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」。

家族回。
ついに、ひかるの家族にスポットが当たるようです。

徹夜明けという描写はありましたが、お母さんの職業はどうやらマンガ家のようです。
なんというか、絵柄が超今風ですね……?

こうなってくると、やはりまったく触れられないお父さんについても気になるところ。
ここまで影も形もなく、話題すら、第2話でひかるの部屋がもともとお父さんの書斎だったと触れられたのみなので、もう気になって気になって……。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第17話:APPENDIX-04

服装に何の脈絡もないので、コスプレでしょうか。
えれなさんがイケメンすぎる。

【星座占い】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第17話:APPENDIX-05

今回のラッキー星座は、牡羊座、獅子座、射手座でした。

【スター☆トゥインクルプリキュア】第17話:APPENDIX-06

ものすごい露骨に、バランスを取りにいっているように見える……。

【後提供】

【スター☆トゥインクルプリキュア】第17話:APPENDIX-07

後提供も、独立に存在するパターンでした。
 
FC2 Blog Ranking
2019/05/27 00:00|TV・CD・本TB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.