東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【CrystalDiskMark 6.0.1】WD Black NVMe WDS100T2X0C

SSDを換装したメインPCのベンチマークテストです。

使用ソフトは『CrystalDiskMark 6.0.1』
いわゆる、「いつものやつ」です。

測定PC(メインPC)のスペックはこちら

【WD Black NVMe WDS100T2X0C】

WD Black NVMe WDS100T2X0C
【CrystalDiskMark 6.0.1】WD Black NVMe WDS100T2X0C
Sequential Read (Q= 32,T= 1)3,128 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1)2,843 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 8,T= 8)1,710 MB/s417,457 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 8,T= 8)1,357 MB/s331,415 IOPS
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1)600 MB/s146,372 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1)366 MB/s89,397 IOPS
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1)44 MB/s10,861 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1)185 MB/s45,266 IOPS

不揮発性テンポラリードライブのSSD。
一時的になファイルで、再起動などで消失してしまっては困るものを置きます。
例えば、ブログの下書きのテキストファイルなどですね。

シーケンシャルリードは、3,000MB/s超え。
高速タイプのSSDならきょうび珍しくもないラインですが、ちゃんと超えてくれました。

カタログスペックとしては3,400MB/sなので、それよりは少々遅い感じ。
何が足を引っ張っているかは……今のところ不明です。

シーケンシャルライトは、2,800MB/s強。
これが2,000MB/sを超えるあたりから最新世代という感がありますが、大幅に超えてくれました。
大容量モデル(1TB)を選んだ甲斐があるというものです。

ちなみに、カタログスペックは2,800MB/sなので、ちょうどそのくらいということになります。

ランダムリードは40万IOPS強で、ランダムライトが30万IOPSを大きく超えるくらい。
最近の高速SSDはここに力を入れていることが多いのですが、その中でもそれなりに大した数字です。

カタログスペックは50万IOPSと40万IOPSなので、それぞれ少しずつそれに足りません。
数字だけ見ていると、ちょうど1つ下の容量のモデル(500GB)の値であるのが気になるところ。

実使用環境なのでちょっと遅くなっているのか、ファームウェアに成長の余地があるということなのか……後者なら、アップデートで高速化が期待できるわけなので、そうであるとありがたいです。

そういう感じのベンチマーク結果になりました。 
FC2 Blog Ranking
2018/06/27 00:00|PCTB:0CM:0

WD Black NVMe WDS100T2X0C

SSD買いました。

【WD Black NVMe WDS100T2X0C】パッケージ
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

Western Digital『WD Black NVMe WDS100T2X0C』

メインPC用に購入。
特に不便はしていませんでしたが、気になる新製品だったので買ってみました。

WD Black NVMe WDS100T2X0C
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

WDのNVMe(PCIe x4)なM.2(2280)のSSD(3D NAND)で、容量は1TB。
高速SSDに1TBも必要ないのですが、SSDの例に漏れず、大容量ほど高性能なので、このチョイスになりました。

公称スペックは、シーケンシャルがリード3,400MB/sで、ライト2,800MB/s。
ランダムアクセスはリード50万IOPSで、ライトが40万IOPS。

シーケンシャルリードはいうに及ばず、ライトがとても速いのが魅力的。
ランダムアクセスも、かなり高速です。

作業は、ケースがミドルタワーなので楽々。
パーツ換装も、データ移行も、滞りなく完了しました。

……というわけで、今回の換装で、PCスペックはこうなりました。
お楽しみのベンチマークは……来週明けにでも。 
FC2 Blog Ranking
2018/06/15 01:00|PCTB:0CM:0

【メインPC】スペック20180614

概要

変更点
SSD
SSD 960 EVO M.2 MZ-V6E500B/ITWD Black NVMe WDS100T2X0C

以前のスペックはこちら。

ベンチマークテストなどの関連情報記事のアドレスは、適宜コメント欄に記載予定。 

FC2 Blog Ranking
2018/06/14 23:00|PCTB:0CM:4

【SSD換装】PCMARK 10

SSDを換装したメインPCのベンチマークテストです。


今回は、『PCMark 10』。
システムドライブの換装ですが、ほとんど同じような性能の交換なので、果たしてどうなるか。

測定PCのスペックはこちら。

PCMARK 10
PCMARK 10
今回前回
PCMark 10 Score5,8835,7851.02
 Essentials9,0678,9131.02
Productivity7,4077,6010.97
Digital Content Creation8,2287,7551.06
(画像クリックで詳細ページへ)

概ね予想どおり、ほとんど同じようなスコアになりました。

若干スコアが下がっている部分が、SSDのスペック差と思われます。
上がっている部分については、詳細を見てみると、CPUのターボ・ブースト周波数ががわずかに高くなっている(4.1GHz→4.2GHz)ので、その影響だと思います(こちらの方が仕様上本来の性能)。

以上、『PCMARK 10』でした。

ベンチマークの取り直しはこれでひと段落です。
気が向いたら、ほかにもやるかもしれませんが。 
FC2 Blog Ranking
2018/03/16 20:06|PCTB:0CM:0

【SSD換装】Windowsシステム評価ツール(WinSAT)V10.0

SSDを換装したメインPCのベンチマークテストです。


今回は、『Windowsシステム評価ツール(WinSAT)V10.0』(実行手順はこちら)。
システムドライブを替えたので、多少なりとも影響しているはずです。

測定PCのスペックはこちら。

WinSAT V10.0 Build-16299.15
Windowsシステム評価ツール(WinSAT) V10.0 Build-16299.15
今回前回
プロセッサ9.69.5
メモリ(RAM)9.69.5
グラフィックス9.29.2
ゲーム用グラフィックス9.99.9
プライマリハードディスク8.99.15
(画像クリックで結果詳細のXMLを表示)

やはり、『プライマリハードディスク』のスコアは若干低下。
SSDのカタログスペックの差と完全に対応している感じですね。

『WinSAT』は簡単に全体の評価ができて便利だと思っていましたが、この差をちゃんと反映できる、なかなか大したベンチマークのようです。
もちろん、スコアに上限(と下限)が存在するので、そこにぶつかると定量的な比較はできなくなりますが。

以上が『WinSAT V10.0』でした。
次回は『PCMark 10』の予定です。 
FC2 Blog Ranking
2018/03/15 20:00|PCTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.